たまには愚痴もいうお湯がやさしい。

November 10, 2018

ちょうど1万歩のパン屋散歩

まんぷくに合わせて起きる。はじめにジェンヌのお掃除をしてご飯もあげる。その後食事。土曜日のルーティンを済ませて、ちゃぴのディナーショーを見る。アイドルもやれるし、ドレスで大人の歌も。ダンスはやはり上手だな。でも、ディナーショーはやはりライブで見るもの。ハイタッチができるような距離感がいいのであって、モニター越しに等身大の顔が映ってもやはり物足りません。客席降りの時にお客さんを見ると、やはり圧倒的に女性。男性らしき頭が見えたけれど一人二人。りつをベビーカーに乗せてベッカライまで。駅で妻の知り合いが犬の散歩。ごぶさたですね、というと激しく頭を打って入院していて、ようやく退院して散歩に出られるようになったらしい。初めて行った時は、自転車でも遠く感じたものだが、今日は徒歩で行く。野川沿いがいいのだけれど娘は虫がいるから嫌だというので、世田道と並行している道を行くことに。それでも、40分ちょいで着いた。食パンを予約したからあったけれど、オーナーの立つカウンターの後ろには、予約ととかかれたメモがついた食パンがずらっと並んでいた。甘いパンは、新しく焼いたものを買う。前から飲みたかったノンアルのアップルタイザーを帰りがけら飲む。ネパール料理の店でランチ。僕と娘は野菜カレー&チキンカレーとナンのセット。妻は、チャーハン。この前は、焼きそばを大ベタので、今回はこれだそうだ。でも、これがなかなか美味しいのだ。りつはじっと僕の顔をみているけれど、いつになったら一緒に食べられるのだろうか。帰路は、野川沿い。1帰宅後今度は、くるまでガソリンを入れに出る。先に途中のさみっとで買い物。食材とキンミヤとつばきのコンディショナー&シャンプーの詰め替え用など購入。本日の夕餉は鍋。その前に、味噌麹味の鯖缶をつまみにプレモル。鍋は、詰塩レモンの鍋の素を使う。先日も食べて気にいったので。僕は吟の瞳で晩酌。これで無くなる。冷蔵庫が空いて妻は喜ぶ。スケート男子を見ながら寝る。

cauliflower at 23:14│Comments(0) ヅカ | 妻・娘

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

たまには愚痴もいうお湯がやさしい。