年に一度のライブ。今年は残念ながら二人だけ玄人はだしと椅子のくつした

November 18, 2018

衣替え第二弾と引越しの梱包の手伝い

8:40ごろ起床。シスターズのお掃除の後、衣替え第二弾。ランニングを半袖に交代。半袖のポロをしまう。小屋裏から冬用のジャケット、コートとヘリンボーンのパンツ。昼過ぎに2階の3人は、市民祭りに。ぼくたちも毎年行ってたのに、今年はパス。wakaさんちの引越し準備のお片づけをするため。jobaくんがきたので、ピックアップして三鷹へ。部屋の中は家具の間に高く積まれたダンボール。そのやまをよけるようになびくんと再会。なんとなく歳とった感じ。それもそのはず、なびくんは新築マンシヨンに入居した今から13年前に入居と同時に暮らし始めた。わんちゃんを撫ぜるのもひさしぶり。まず、CDとコミックの荷造り。そのあとオーディオなど。コーラで休憩後、キッチンで妻が食器類の梱包をしていたので、それをjobaと手伝う。今時の引っ越し屋さんは、割れ物専用の強化プラスティック製の梱包ケースを持ってきてくれる。なかじき付き。ヒラ皿専用とかマグカップ用とか食器の形状に合わせて数種類あって、それに詰め込むようになっている。ただ、そうはいっても形状は千差万別、数量もさまざまなので、すべてそれに詰め込めるわけではない。そういうものは、やはり新聞紙とかに包んで入れることになる。なんだかんだで、とりあえず梱包できたのが17:00過ぎ。お昼も食べずにがんばった。お見舞いと一緒に渡した母からの「なんかとって」のお金が還流して、それで帰りに食事をする。wakaさんのカツ丼を食べなさいを無視して、ファミレスへ。jobaと僕はボジョレー・ヌーヴォ。ぼくはドミグスの目玉焼きハンバーグとシーザーサラタ。帰宅後、りつをつれて娘たちがおりてくる。市民祭りにはきゅんたもきていて、りつはきゅんたの小さいぬいぐるみを買ってもらった。はじめりつはjobaのことを忘れていたらしく、人見知っていたが、次第に慣れて、みんなも参加してしばらく遊ぶ。

cauliflower at 23:20│Comments(0)  | お手伝い

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

年に一度のライブ。今年は残念ながら二人だけ玄人はだしと椅子のくつした