ひさしぶりのひと二人からtelもらう衣替え第二弾と引越しの梱包の手伝い

November 17, 2018

年に一度のライブ。今年は残念ながら二人だけ

土曜日のルーティンを終えて、2階の3人とベビーカーひきながらkomae駅まで。マルシェのカレー屋へ入る。りつを寝かして、ぼくはタンドリーチキンとカレー2種セット。豆とチキンにナンとご飯とサラダ。駅で別れて僕は新宿へ。はすかけのバックのひもの付け根が切れかかっている。このタイプはきれるとやばい。ちょうどハンズがあり時間もあるので、バックを探す。はすかけとショルダーで探すが、いまいちこれだというのがない。ビジネス用の肩掛けで今使っているより薄手で軽いナイロン製のものを見つける。これなら、出張時にも使えるし、値段も手頃だったのでこれにして、今まで使っていたものは廃棄してもらい。さっそく中身をつめる。そんなことをやっていたいい時間になってしまった。南口だと新都心線という選択肢もあったが、大江戸線にした。しかし、これは誤った。南口から乗ると一旦都庁前へ行きそこで乗り換えなければならない。そのため、約束の時間をきっかり10分おくれる。たけきょと真昼へ。一番乗り。すでにさよちゃんは来ている。というか、omachimanと一緒だから。ところが、こまえくらぶは僕たち二人だけ。ちょっと寂しいライブとなった。てっかろびの関係者の異常な盛り上がり。一部はみねそたから2曲&昭和歌謡1曲。休憩を挟んで2部に名曲メドレー。ウェイトの日本語の歌詞は、わかばやしすみおの訳だと教えてもらう。終了後、たけきょは明日の市民祭りのボランティアの準備とかで直帰する。8人で予約したさいぜりあにさよちゃんとふたりでいく。きゃんてぃのボトルが1080円は安過ぎ。つまみも安い。そのうちomachimanとchinaとkimuramakotoさんが楽器持ってやってくる。本格的に2次会。同世代のまことみのる兄弟2組が住まいもちかいところに住んでいた話で盛り上がるが、これは毎年のことだ。kimuraさんは神保町のやきにくれすとらん勤めていることを知る。それとchinaくんがついさいきんりこんしていたという衝撃的報告を聞く。新年会はだいこんくんちでとおもってtelすると奥さんが出る。kimuraさんをシェフで連れて行く案は、即却下される。omachiman
夫婦はロマンスカーの予約をしているというので、タクシーで新宿へ。ぼくはchinaと帰宅。今回のライブあと四人お客さんがくれでトントンだったそうだ、chinaは悔しがってました。

cauliflower at 00:00│Comments(0) ロック | 同級生

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ひさしぶりのひと二人からtelもらう衣替え第二弾と引越しの梱包の手伝い