進まない、でも進めたい、このジレンマ床を泳ぐ孫

December 06, 2018

ようやく書き上げる

シスターズのお掃除をていねいにすると時間がかかる。そしてりつ。こっちもお尻のお掃除。事務所に出て、まず、写真をチェックする。おすぎさんが、えっ6点だけ?! しかももっともフォーカスしなきゃならないところがないし。それは、表紙に使ったのじゃ、といっても伝えてないから、誤解されて当然。そこで、アザーのヨコイチがあったので、それと新たに2点ほど加えて送り直す。もちろん、口頭でその旨伝えました。さかもっつぁんには、おんたいのdaimaruyuの原稿の下に敷く写真がわからないというといあわせ。確かに、ナンバリングがほかとちがい、どうやら文字化けらしい。結局最後は肉眼でデータを凝視し、レイアウトと照合するというきわめてローテクな方法を使う。こりん星人とパスタや。もどって、おすぎの原稿の入稿準備。すると、メールでキャプションがあがってきた。デルハヤでやってくれた。さかもっつぁんもデルハヤで対応してくれたし、みんないいやつだ。一番最後になったが、原稿アップ。じつは、昼過ぎには上がっていたのだが、どうも最後がきまらなくて。それで、やはり最後に一つ話題を入れて、〆ることにした。創作したので、チェックで削除されるかもしれない。本日ここまで。帰宅すると、りつがお座りしていた。赤ちゃんから小児に昇格した感じ。夕餉は餃子とトマト入り中華スープ、鶏のささみときゅうりとトマトのサラダ。映画に提供されたシャーデーの新曲を聴く。確かにみごとにシャーデー節。

cauliflower at 23:44│Comments(0) 原稿書き | 都市

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

進まない、でも進めたい、このジレンマ床を泳ぐ孫