亀の甲より年の功とはよく言ったものだ言説をつくること。その重要さにもっと気がつくべきだ

March 19, 2019

つるちゃんの娘さんの作品を観る

りつはごぎげんがいい。りつの笑顔をみて出社。本日は、一人。三省堂で新書2冊フリクションのマーカーをたくさん買う。あと、デルプ・セリーという紙製のクリップ。これは優れもの。とりあえず気に入った。フードショーで握り寿司。4月の出張の緑の取材先を地図で確認。大阪といっても、奈良とほとんど県境。その前日は、天王寺といってもほとんど谷町。じつは、メトロと近鉄が乗り入れていて、ほぼ直通で行ける。なので、谷町一泊でどうかと財団に提案。すぐOKサイン。社内で寿司ランチ。楽しみにしていたのに、所詮はスーパーで買った寿司。しかも、冷蔵庫に入れたのでつめたくてあまり美味しくなかった。そのあとも、ホテルをリサーチ。15:40頃出る。テアトルでkumakoを見る。つるちゃんの娘さんの劇作品。うちの娘が小学生の時に、いっしょにキャンプしたはず。彼女も覚えていた。なんだか、地続きの感じで普通に観れたのがかえって不思議。やはり、映画の見方が変わったようだ。夕餉は、ハヤシライス&赤ワイン。

cauliflower at 23:43│Comments(0) 映画 | 映像

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

亀の甲より年の功とはよく言ったものだ言説をつくること。その重要さにもっと気がつくべきだ