ひさしぶりに濃いオタク話に耳をそばだてるビジネスの前にまず聴くこと

May 09, 2019

思想をやるにはトレーニングが必要

りつを見送って朝食。事務所についてまず本日提出用の資料をつくるにあたってoinさんにtel。最終ページの見開きを加えてPDFにして持参することに。しかし、どうやっても印刷できないページがあるのはなぜだろうか。11時30分過ぎにここすでカレー。大人のスパイシーカレーなるメニューを食す。なるほど、こうなったか、という感じ。ここすはスープカレーもメニューにしていたが、上手な模倣は本物をこえることもあるという見本。眠眠打破のワンクラス上をホームであける。なのに、電車のシートに座るなりとろんとしてくる。うつらうつらしながら新宿駅。少し早めにものりすへ。oinさんに、朝一で対応してくれたことに感謝の挨拶。彼女が産休から復帰。うちの娘も今週復帰したところ。なんだか嬉しい気持ちになる。会議は、まず全体の進捗状況を報告。olyから例のいりょうかんけいにかんして、いつぐらいにできるかという報告をsekiさんから。yamadaさんと彼女から写真機関係の確認。休憩を挟んで、今度は僕の担当のコミュニケーション関係。olyと印刷所及び弊社とのやりとりで、ズレが生じていたことが判明。お互いに話し合うことで、穴はうまく埋まったようだ。会議終了後おすぎと執筆原稿について話し合う。彼いわく、今度のはむつかしいと。しかし、従来そっちの方向でやってきていた。たまたま最近の特集がそっちでなかっただけだ。しゃべってないことは書けませんよとかsatoさんのあたまのなかにはいることはできませんとか、とにかくできませんの一点張り。まあ確かにわからないではない。というかよくわかっている。gendaishisoはそれなりに訓練が必要だし、まがりなりにもぼくはそのトレーニングを少しはやってきた。それと同じ水準で書いて欲しいということ自体が無謀なのかもしれない。とわいえ、もう少し足してもらうことにした。帰りにスウェードの質感を持つ ポリエステル100%の半袖シャツを買う。色はうすいブルー。さらにタワーによってジャズピアノのコンピ3枚組1500円を購入。帰宅してりつとぱくぱくコミュニケーション。ほんとうにこれは、ふたりでしかやらない挨拶だ。

cauliflower at 00:20│Comments(0) 思想・哲学 | ミーティング

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ひさしぶりに濃いオタク話に耳をそばだてるビジネスの前にまず聴くこと