データ読解に終日使える日は今日しかないツェッペリンの日本公演を見た時にしたこととは?

May 16, 2019

難しい話をしようよ、という珍しいオーダー

りつを夫婦で送り出す。母は、昨夜熱がでてまだ寝ている。朝食後、ジェンヌの掃除とご飯。事務所に出てすぐにこりん星人が出社。あれっ?と思ったら、おすぎも来社。そうか、打ち合わせをやることになっていたことを思い出す。axの全体構成について考えつつ、イントロのhataさんの撮り方を議論する。本来なら、この時点でデザイナーさんに加わってもらい、一緒にアイデアを出し合うのだが、クライアントはそれを望んでいない。あくまでも編集サイドで構成案は考えて欲しいというスタンスなのだ。そこで、話し合った結果、おすぎにサムネールをつくってもらうことになった。サムネールをつくることで、全体および各ブロックのコンセプトや狙いも見えてくる。おちよさんも一緒にランチ。あかうおの中華風煮物。本日もまた新メニュー。そのまま、hataさんのアトリエへ。最新刊を贈呈してもらう。もちろんサイン入りで。まず、今回依頼する仕事の内容がわかる当該物件のパンフレットを見せると、一言カッコ悪いねと。コピーや物件それ自体も一昔前のもののような印象を持ったようだ。まぁ、そう言うだろうと思ったが、案の定だった。ただ、前向きに対応してくれて、とりあえず、事前に見学会をしようということになった。打ち合わせの合間に、脱線もあって、蔵前の坊さんと本をつくった話とか、今回の案件のミュージアムに知り合いが勤めた話とか史上最悪のお二階さんの話とか、時々天井をはう水道管から奇妙な音がしたり、いろいろ面白いことがあった。佐藤さんから安倍さんへいって、ついに丸山さんへ辿り着いてしまった、というのが僕的にはウケた。今度、近くにある呑み屋で会いましょうと約束して、アトリエを後にした。一旦事務所へ寄る。おすぎの書き上げた原稿を最後まで読む。今度は、僕からチェックに出しても問題のないレベルの原稿でまずは一安心。

cauliflower at 20:10│Comments(0) ミーティング | 映像

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

データ読解に終日使える日は今日しかないツェッペリンの日本公演を見た時にしたこととは?