映画の舞台化は、意外に敷居が高い白い光の映画

June 28, 2019

現場好き派と苦手派

dカードの登録はうまくいったが、アプリが見つからない。それで、ドコモショップへ。モバイル通信がoffになっていただけ。恥ずかしい。西口の居酒屋のランチ。TVでアジフライをやっていたので、定食を注文。普通に美味しかった。始まる前に、kanekomariの画像を流したが、まったく反応なし。エンタメこそ嗜好性が命だとあらためて思った。一緒にギター弾いているchahも反応ゼロ。もっとも、講義中になぜこの人なのか説明したが、ほとんど反応なし。まあ、そういうもんなんだろう。講義もおなじで、なぜエンタメにまち歩き⁈ を自分では力説したつもりだが、理解はされなかったようだ。 タウンサーベイは、履修生によってまったく反応が異なる。たぶんフィールドワークスが好きなやつもいれは、都市論が専門でも、好きじゃないやつもいる。現場好き派と苦手派がいるのとおなじなのだろう。来週一緒に歩いてみて、そのあたり、よく見えてくるはずだ。ある意味楽しみ。終了近くなってyaさんがくる。かれは、やはりすぐに食いついてきた。みんなに雑誌配って、なんでくれる⁈というみんなの反応が面白かった。いつもより40分早く切り上げる。新宿かbenitonか、結局下北沢に軍配。いつもの軟骨と厚揚げ、それと冷やしトマトにマカロニサラダ&焼きとん。

cauliflower at 22:49│Comments(0) まち歩き | 講義

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

映画の舞台化は、意外に敷居が高い白い光の映画