パキスタンの伝統音楽と下町バルでラムチョップとイベリコ豚のパエリアおんぶにだっこの企画案と聞きたいことリストの作成

August 14, 2019

Dの哲学は、僕の中に完全に根付いた、かもしれない。

事務所に出て、メールのお掃除とか、取材の関連資料をコピーしたり読んだり。星人は、雨がひどくなったので、急遽自宅に変更。12時過ぎに出ると雨は止んでいる。ビーフボールを食して、渋谷-東横線で関内へ。公園近くの道に面してありました。まじにジャズクラブ。ピアノとドラムセットがありました。お店のオーナーに挨拶して、厨房とかには入らないとかの注意事項を確認してOK。本日の主役が時間ぴったしに登場。全員揃ったところでインタビュー開始。ほぼ、質問シートに沿って進行する。若いのに、論理的でわかりやすく話してくれる。メディアへの露出は好きなようだし、ジャンルにこだわらず批評活動をしたいらしい。彼ならできると思うし、2年後3年後が楽しみだ。インタビュー自体は2時間強。趣旨を十分汲み取ってくれて、面白く展開してくれたと思う。時期が時期だけに、具体的な話となると愛知が話題になる。そのスタンスは、ぼくもほとんど同じで、あらためて愛知の問題の核心がつかめたように思った。唐突にシュレディンガーの猫を持ち出してはみたが、new materialismへの傾斜を考えると、案外この唐突さは正解だったかもしれない。araiくんに二子まで送ってもらう。調布駅南口行きのバスに乗って、狛江駅で降りる。案の定半分は眠っていた。今日は行きも帰りも活字を読まずに睡眠を貪った。夕食は、ハヤシライスとプレモル。

cauliflower at 23:59│Comments(0) 映画 | インタビュー

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

パキスタンの伝統音楽と下町バルでラムチョップとイベリコ豚のパエリアおんぶにだっこの企画案と聞きたいことリストの作成