シャトー・ディケムのような日本酒高尾山口をのぼった懐石料理店で忌明け

August 17, 2019

まごがおぼっちゃまになる

土曜日のルーティン&風呂と水撒き。外はぎらぎらしている。暑いというより痛いという感じ。12:30に出て、くるまで二子へ。まず、昼食はベトナム料理。ココナッツカレーとスープ。妻の牛肉のフォーをちょっといただく。りつが髪を切つてもらっている間、妻と6階の屋上庭園へ。さすがになこの暑さのなか、屋上に出ようなんて思う人は少ししかいない。子供連れが数組。木陰のベンチに座ってコーラを飲む。なつから髪切り終了メール。妻と行くと現れたのは、おぼっちゃん。さっきまでの乳児がとたんに幼児になった感じ。頭が一回り小さくなったように思う。一緒に屋上庭園へ。手をつないで歩く練習。ゆるやかな坂のある芝生の丘を歩き回る。食品売り場へ。妻の運転で帰宅。夕方の水撒き。エンタメ論の採点。毎年人数にかかわらず、SもしくはSに限りなく近いAがいるものだが、今年はゼロ。みなさんまじめで話はよく聞いていたが、積極的に発言や討論をふっかけてくる者は、確かにいなかった。夕餉は、すきやき。二階が実家から牛肉をもらってきたので、そのご相伴にあずかる。高級黒毛和牛は、やはり美味い。りつと遊ぶ。ゆりちゃんから妻へtel。wakaさんのこと。11日に緊急入院。choheisokuらしいが、ほかに転移もあって、もう病院からもどれないという。まだお店にも行ってないのに、しめてしまうらしい。

cauliflower at 23:41│Comments(0)  | 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

シャトー・ディケムのような日本酒高尾山口をのぼった懐石料理店で忌明け