自転車で深大寺へ。3年経つのに1万キロにもとどかないクルマにドラレコは本当に必要なの?

November 25, 2019

お腹の赤ちゃんに子守唄を聴かせるなんて、なんてしゃれているんだろう

今にも雨が降りそう。でもあったかい、りつはくつを履きたがる。なつと2人で保育園へ。朝食。いつもの仕事を片付けて事務所へ。南口商店街でお千代さんと出食わす。銀行へ行く途中。着いてコーヒーを淹れはじめるとちなくん来社。決算書提出前の数字のチェック。今回もわずかだが赤字。借り入れの決断をする。3年近く経って、120くらい。これをへんさいして、差し引いた金額を新たに借りる。これから5年だとすると、返済が終わると70歳。今後のことを考えなくちゃならんだろう。旧アルシの話。お千代さんがプロジェクトが記されたノートを引っ張り出してくるものだから、思い出話に花が咲く。売り上げが3億に届く時期のこと。創業時は右肩上がりでどんどん仕事がきたし、取りにもいった。つくづくバブルだったんだなと思う。クライアントの事情だとおもうけど、原価なしの売り上げうんびゃくという仕事があった。例の事業仕分けのおかげで、富籤をひいたわけだ。なんて話を、するとちなさんへ興味深く聞いていた。3人でランチはかむさん。豚の軟骨の野菜煮込み。豚の軟骨? これが美味しかった。事務所に戻ってまずみずほにtel。なんと引き継いだ担当者も異動。決算書ができた段階で会いましょうということに。駅前のレイアウトが、上がってきた。ところが、イラストの右上の部分が一部欠けている。あわててさよにtelすると、原画にはあると。印刷所のミス。やりなおしてもらうことに。olyの支払いのけんでまずおすぎとoinさんにtel。夕方くあとろへ。エミさんのライブ。会場に入ると、フロアにパイプイス。座って聴ける!せっかく買ったドリンクチケットをなくす。1時間近くあるので日記をつけてしまう。19:30ジャストに始まる。かるく挨拶をして、すぐにピアノ前に移動。歌い出す。この気取りのなさ、一瞬にして彼女の世界に引き込まれる。MCなくまたたくまに4曲ほどを歌う。あらためて挨拶、ジャパンツアーの最終日ということで、すごくのっている印象をうけた。それから、最新アルバムとその前のアルバムから何曲か歌い、デビューアルバムからもリクエストのあった曲を歌う。そもそも、彼女がすでに8枚もアルバムを出していたことを知らなかったし、デビュー当時は、レゲーの楽曲をや多く歌つていたことも初めて知った。休憩なしで1時間半、その後アンコールが2回。4曲を歌い上げた。モノクロームを制作中に第一子がお腹にいたこと、最新アルバムをナッシュビルで録音中に今度は第二子がお腹にいたこと。ナッシュビル・ララバイを歌いながら、そんなエピソードを披露した。お腹の赤ちゃんがちょうど耳がでけき上がる時期で、子守唄を聴きながら胎児が成長したと嬉しそうに語った。

cauliflower at 09:57│Comments(0) ジャズ | 舞台芸術

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

自転車で深大寺へ。3年経つのに1万キロにもとどかないクルマにドラレコは本当に必要なの?