依頼書とテキスト、資料を分冊して整理管理することにちょっと贅沢なタンゴとフレンチのごはん

December 06, 2019

アポを一気にとると、一勝一敗。

印刷所入稿用データのPDFをプリントアウトし、もう一部を財団に送る。月曜日に色校出校の予定。
確約した発行日には間に合わなかったが、1日遅れで納品できそう。今までの納品日の中では最短ではないか。昨日のアポどり、一夜明けてMr Osawaから快諾の返信。彼の著作の中でも、これまであまり言及がなかったもの。しかし、僕はすごく注目していた。じつは、彼の膨大な著作の中では、彼自身が語っているように愛着のある著作で、10年経った今、この著作に注目し、その極めて野心的なテーマをあらためて解題してほしいという申し出を二つ返事で引き受けてくれた。まぁ、そういうだろうなと思っていたので、僕は驚かないけどね。でも、今回の3人の中で、中心となるのはやはりMr Osawaのインタビューなので、胸をなでおろす。そしてもう1人、タイムトラベルの話の人。残念ながら辞退されてしまった。理由はインタビューが苦手だから。わかりやすいといえば、それまでだが、分野が哲学で物理ではないところに期待したのだが、潰えてしまった。そのあと、ネットサーフィンしてみると、けっこう強烈な批判もあって、そんなことにめげる人ではなさそうだけど、そういう事情も関係していないとは限らない。そこで、急遽次点候補の物理系の人にアポ。じつは、もう1人の物理の人から返信がなく、ダメならダメでこの選択でいいのだが、仮にOKとなるとちょっとだぶるかなとやや心配もある。

cauliflower at 13:32│Comments(0) アポどり | 日程調整

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

依頼書とテキスト、資料を分冊して整理管理することにちょっと贅沢なタンゴとフレンチのごはん