コルティで経堂駅に出入りする電車を見て愉しむ本物のダンスを見た

January 20, 2020

原稿チェックに追われ、肝心の執筆作業がスタートできない

妻も朝スポーツで、ほぼ一緒に出る。事務所について、まずおすぎの原稿をプリントアウト。それから、昨日プリントアウトして一読したsunsno先生の原稿、少し朱を入れることにした。ついでにコメントも。Mr HIに送る。お千代さんが下書きしてくれた金融公庫の書類に自署する。お昼はカムイへ。日替わりはカリフラワーと鶏肉の炒めものだったのに満席で諦める。Ohshoへ。餡掛けラーメンと餃子。この餡掛けは、12月の特別メニューだったが、人気ナンバー1で1月まで延長。具がたくさん麺もたっぷり。でも汁は少なめ。餡掛けぶっかけというところ。事務所に戻るとMr HIから返信。塩のオオバタンからKANDA先生の執筆辞退の返信。まあ仕方ないので、また別の機会にお願いします、と返信することに。おすぎの原稿を詳細に読む。全体的に読みやすく、趣旨は通っている。彼は、理数系の原稿の方が上手いような気がする。とはいえ、シナプスはエントロピーの不可逆の法則に従って成長し、それが時間意識を生むという仮説とタイムパラドクスは可能という2つのコメントに言葉を補ってもらうことにした。データ起こしはかなり拾ってあるが、そのままペーストしてもうまくいかないはず。彼はどう補うか、腕の見せ所だ。

cauliflower at 19:25│Comments(0) 原稿整理 | 仕事

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

コルティで経堂駅に出入りする電車を見て愉しむ本物のダンスを見た