取材ノートを読み、音声データを聞くやっぱり4本はムリだった

February 13, 2020

まるで予期しなかった訃報

自宅作業。結論から言うと(なんの結論?!)、3本どころか1本もできなかった。ただ、テキストに肉付けするには即効性のあるデータ起こしをつくる。急がば回れになると思う。9時にkashiwadaさんにネットで予約。47番。結局のところ、薬だけもらうのであれば、早く診察を受けるために、わざわざ早起きして並ばなくてもいいわけで、これからこの方法にしよう。データ起こしを順番に潰してゆく。ざっと聞き流して使えないなぁと思っていた音声データをもう一度聞くと、案外使えるところがあったりする。12時をまわる。娘は参観日が雨でキャンセルになったのに、陽が出てきたので、妻とトウッティへランチしに行く。順番がきそうなので、kashiwadaさんへ。おなかのほうはよくなった? と聞くので、薬が強すぎなんじゃないか、飲むのをやめて再び飲み始めたら、吐いてしまったと告げる、軽いめまいもして。しかし先生は因果関係があるかはわからないと。そりゃ、そうだ、そんなこと認めたくないもの。帰りにすみれさんで唐揚げ弁当。妻はすでに帰宅していた。1人で食事をしていたらスマホをみていた妻が悲鳴。naviちゃんが亡くなったって。14歳。半年の間に2人も送ることになるなんて、yurimuは不運だ。再び続きをやる。りつが帰ってくる。急に風呂を嫌がるようになったと聞いていたが、その実態を見た。夕餉は、さわらの味噌漬け焼きとけんちん汁。最後は、残りの4本分のcapをつけてしまうことに。

cauliflower at 22:25│Comments(0) 原稿書き | 他界

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

取材ノートを読み、音声データを聞くやっぱり4本はムリだった