横浜駅前のファッションビル内にある居酒屋でぬる燗をいただく中華を堪能、初のビンテージ紹興酒

March 18, 2020

みんな僕より年齢が上というのは、近頃なかった企画

昨夜宮さんがOKだしてくれたんだったら、そのまま進めてもらっていいわけで、わざわざご足労いただなくてもいいですよ、と昨夜メールしておいたら、ちゃんと読んでくれて、「そうします」とのこと。これで、僕も事務所に行かなくて良くなったので自宅作業にした。たすかろらの続き。校正とかやってたら、somaさんからメール。午前中に送ってくれるはずじゃなったんですか、午後14時から中止じゃなかったら会議していたはずですよ。至急送ってくださいというキツイイメール。すぐに企画書のそれぞれのインタビューに狙いを書く。お昼はニョッキをクリーム系ソースにあえて。ソースが濃厚でうまかった。でもニョッキは賞味期限が半年も前に切れている。ぼくはこれでたらしたが妻は、パスタを少し茹でで残りのソースで食べた。僕は、必死こいて、なんとか16時前に仕上げてsomaさんに送る。この時点で気がつく。4時ではなくて14時だったことを。そのあと、なんとなくだらだらと仕事を続けていると、somaさんから返信。企画書はOKだが、確認事項があるようだ。それに答えていたら、すっかり時間が経ってしまった。しかし、うちだ・やまぎわ・はせがわを並べて成熟の年齢というナイスなアイデアが浮かぶ。今日は母の誕生日。88歳になった。なので、夜はみんなでお刺身をいただいた。

cauliflower at 23:16│Comments(0) 資料作り | 母親

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

横浜駅前のファッションビル内にある居酒屋でぬる燗をいただく中華を堪能、初のビンテージ紹興酒