それは突然やってきたseason2講演慣れしている人は話の運びがうまい。見習うべきこと大だ

March 25, 2020

外に出たのは、ねこのごみすてともーちゃんのえさやりのみ。

目が覚めてトイレに行くと7:30だ。めざましがならないと目が覚めない日だったみたい。はな・ゆき・つきのトイレ掃除とごはん。りつがパンを頬張りながらおりてくる。ご機嫌は悪くなかった。昨日飲みきれなかったコーヒーを冷蔵庫から取り出し、牛乳をたっぷり注ぎ、雪平で沸かしてカフェオレにする。案外美味しかった。朝食のあと、自宅作業。dの人選がfixした。猿から霊長類へ。男性から女性へ。このながれは、かえってよいかもしれない。ひーさまが定年退職。退職後は、音楽の道を志すという。いくらぼくより若いとはいえ、この年代であらたなことにチャレンジしようというその気持ちがすごいじゃないか。陰ながら応援しよう。これで、古くからお付き合いのある人は、たまたまJに在籍していた頃知り合い、もう10年前か、今、異動してきてまた一緒に仕事をするようになったohさんだけとなってしまった。お祝いの言葉を贈る。妻にコンビニでおにぎりを買ってきてもらう。午後は、データ起こしを読む。inoue先生とsato先生の2本。そのあと、hasegawa先生の近著を読む。今回のテーマならば、帰って彼女の方が良かったかもしれない。こういうこころが通う論文にしばらく出会えてなかったので、なんか新鮮だ。りつが帰宅して食事の様子を見る。本来のりつが帰ってきたようないい食べっぷりだ。保育園の先生も食欲のないりつはりつくんじゃないといわれているらしい。われわれは、ホウトウ。猫たちの爪とぎを新しくする。おまけについてきたマタタビを振り掛けると。はなとつきが猛烈に反応した。今夜はヅカナイト。

cauliflower at 23:26│Comments(0) 資料読み | わんちゃんにゃんちゃん

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

それは突然やってきたseason2講演慣れしている人は話の運びがうまい。見習うべきこと大だ