外に出たのは、ねこのごみすてともーちゃんのえさやりのみ。あわてもの二人が作業をするとかならず時間内には終わらない、そういうものなのだ

March 26, 2020

講演慣れしている人は話の運びがうまい。見習うべきこと大だ

13時からなので、12時45分くらいを目指して行ったら、ひーさんはすでに入り口前のバルコニーで食事をしていた。ぼくもランチを頼む。ほどなくして星人がくる。なんとなくインタビューが始まる。が、話し始めると、ものすごいスピードで話す。そういえば、ずっと前に対談をやってもらったときに、頭の回転の早い人だなと思ったことを思い出した。ずっと、その調子で話す。途中、気持ちを切り替え質問をかえると、ちゃんと対応する。インタビュアーとしては、かなり優秀である。1時間の予定が、1h40minになってしまった。僕が注文したランチ、チキンとライスは、終了時には冷えきっていたが、それもまた良し。二人だけだとやはり実務の部分が物足りなく、その分ケーススタディに頼らざるを得なかったが、ひーさまの談話が入ったことで、その欠如感は大幅に解消されたと思う。ひーさまが帰ったあと、ゆっくりコーヒーを飲んで出る。彼女は自宅、僕はカメラを携えて事務所に戻る。nanamiさまからの新連載のぎゃら、発送先などの問い合わせにメールで返答。ところが、結構時間を取られることに。他のメールの返信をしているうちに、いい時間になってしまった。というか、予約時間を20分ほど遅れることに。他にやりたいことがあったのに残念。Pちゃんはお客さん一人。なぜかコーヒーの話。雑誌ありがとうといわれたが、送ったことをまるで忘れている。しかも、嗜好品のコーヒーだと思っていたら、c&lだった。

cauliflower at 01:10│Comments(0) インタビュー | ヘアカット

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

外に出たのは、ねこのごみすてともーちゃんのえさやりのみ。あわてもの二人が作業をするとかならず時間内には終わらない、そういうものなのだ