講演慣れしている人は話の運びがうまい。見習うべきこと大だ同じ演目ならばやはり本公演の方がいいにきまっている。なのに荷物は来ない?!

March 27, 2020

あわてもの二人が作業をするとかならず時間内には終わらない、そういうものなのだ

朝一でhoriさん。星人の分と我が家の分、それとフィルター小。事務所について早速お千代さんに請求書類をつくってもらおうと思っていたのに、somaさんのメールをよく読むと、新たに作ってもらうものはない。むしろ、僕がつくらなきゃいけないのは見積もりだ。そして、もっと読むと印刷費の見積もりをイッシーに作成してもらわなきゃいけなかったのだ。あわてて、イッシーにtelしてつくってもらう。あと昨年度の見積もりをもとに、初後部数や印刷費を書き直す必要があり、それらは僕の仕事。いずれにしても、イッシーの作業待ち。ランチは、三人でパスタ屋。僕は桜海老と春キャベツのビヤンコ。桜海老が美味しい。意を決して手をつけていなかった連載の執筆依頼。そもそも、この著者のことよく知らないし、6回連載のタイトリングはおおばたんがつくってくれたものの、それをそのままメールに転記して、依頼をかけるのは、意に反している。とはいえ、深く読む気にはなれないし。これはやはり、僕の仕事ではないとはっきり言えば良かった。後悔先に立たずだ。とにかく、依頼書メールを作って送ってしまった。イッシーからやっと見積もりが送られてくる。ところが、まず発行部数が違っていた。あわててtelして修正してもらう。が、書き直してもらった見積書にさらに間違いが発覚。ページ数が違う。ぼくはぼくで、金額を間違える。まったく、ぼくらはあわてものだ。なんとか、作り終えたのが17時少し前。確か、14時までに送ってと言われていた。3時間も遅れて出したことになる。案の定うんともすんとも言わない。やはりタイムアウトだったのだろう。しかたなく、お千代さんに相談して、PDFでの確認を待たずに、原本を送ってしまうことにした。19時前に帰宅。りつの大食漢ぶりをながめて、夕餉につく。あんかけ豆腐ハンバーグ。スペインの赤を飲みながら。食後、りつとYouTubeのロマンスカー。もう少し大きくなったら、ぺーぺーに乗ろうねと約束をとりつける(笑)。

cauliflower at 22:41│Comments(0) 仕事 | 執筆依頼

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

講演慣れしている人は話の運びがうまい。見習うべきこと大だ同じ演目ならばやはり本公演の方がいいにきまっている。なのに荷物は来ない?!