同じ演目ならばやはり本公演の方がいいにきまっている。なのに荷物は来ない?!よそのうちのカレーはなぜ美味しいのか

March 29, 2020

外は雪、ディスプイを30度斜めに立てて作業をすることにした

どうせ荷物はこないだろうから8:30に起床。外はすでに雪に変わっていた。3月末の雪はじつに32年ぶりらしい。macはやはり真っ暗なまま。ねこどもの清掃やら食事の世話やらやって、僕らの朝食。配送先にtelすると、本日の10:30〜11:30のあいだにきてくれるとのこと。いろいろお片づけとかしていたらdysonがきた。昨日なぜこなかったと聞くべきだっかもしれないが、終わったことはしょうがないし、現実にすでに目の前にものがあるのだから、なにも言わずに帰す。早速新しい方をとりだす。全体の仕様はかわらず、クリーナーヘッドの回転部分がフェルトからブラシタイプに変わつた。そのため、回転音が少しうるさくなる。充電中に、商品の入っていた段ボールをボートに見立てて、りつを乗せて遊ぶ。まず妻が使う。クリーナーヘッドの回転部分が立体に稼働するようになって、彼女はそれが帰って使いにくいと。ひととおり掃除し、今度は僕の番。妻の評価とやや違い、ぼくは取り回しがスムースに行くようになって、使いやすくなった気がする。ノズルをいろいろ取り替えてみた。fuliくんにmacをみてもらう。ディスプレイバックライトの不具合は以前から指摘されていたらしく、サイトをみると、対象機種は無償で修理してくれるらしい。fuliくんがおりてきて、「ちょっとためしていいですか」というので、試してもらうと、ディスプレイ面を全部たてずに、30度くらいにすればバックライトは通常通りにひかることがわかった。結局その状態にしてキーボードを操作することに。ものすごく目が疲れるし、肩が凝る。でも、この状態で作業を続行する。お昼はカップ麺の鴨南蛮。バックライト修理プログラムのサイトにアクセス。そこに表示されている該当機種だったので、さっそくアクセスする。エントリーして、シリアルナンバーを入力すると、今回の無償修理には当たらないかもしれないという曖昧なメッセージ。それで、思い切ってAppleサポートに音声で問い合わせる。担当の女性がとても親切に対応してくれた。いろいろ言われる通りに試してみる。約50分ちかく話して、結局配送修理の手配をとてもらうことに。明日、宅急便産が引き取りに来てくれる。梱包する必要はない。宅急便産が用意してくれるしのこと。予定通り無償の修理になるかもしかすると有償になる可能性もある。夕餉は、厚揚げと野菜のキムチ炒め。牛肉と野菜炒め。うちにはIT大臣がいる。それがどんなに心強いか改めて認識した。スーパーボヤージをもう1本見つけた。


cauliflower at 16:08│Comments(0) アクシデント | 天候不順

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

同じ演目ならばやはり本公演の方がいいにきまっている。なのに荷物は来ない?!よそのうちのカレーはなぜ美味しいのか