いろいろな支援のやり方があるもので、同級生から送られてきたYouTubeにアクセスするだけで寄付になるとは驚いたぐりこのおまけをみつけられてしまった

April 26, 2020

夏まで今の状態が続くとほんとうにやばくなる

9時に目覚ましをかけたが、8:30に起きてしまう。本日の卵は茹で卵。日曜日のルーティン。その前に、冬仕様のシーツをはがして洗濯。夏仕様と交換。ほんとは春秋仕様のミディアムが2ヶ月ほど入るのだが、今年は一気にニトリのNクールへ。もうこれでいいはず。今日は、風呂洗いも。原稿の続きを少しやり、fuliくんがファミマでざるそばを買ってきてくれた。午後、妻と2階はりつを連れてお散歩。めびうすまでいったらしい。りつは走り回っていたと報告。ここ数日でまた一気に成長したように思う。りびんぐのソファによじ登るし、りつは自分の椅子(じつは踏み台)にちゃんと立てるようになって、机にたてるようになるのも時間の問題だ。荷造りテープを持ち出して、転がして遊ぶことは覚えた。僕は、あえてコマのように回してみせると、すぐにまねをする。まだうまく回らないが、すぐに真似しようとするところが進歩。このすぐに追従というのがこの数日の成長。再び原稿に。ここでノムさんからtel。支払い調書にマイナンバーのコピーを添付しろと書いてあるけど、どうすればよい? という問い合わせ。番号を手書きで書いておけばいいんじゃないかしらと助言らしからぬ助言。そのあと、映画館が軒並み閉まっていて、新宿・渋谷・銀座にでていないという報告から、本屋が閉まっていて、単行本はともかく、雑誌が売れないのはかなりやばいという話になる。テレビドラマもいよいよストックがなくなってきた。すでに撮影はできない状況で先がまるで読めないと嘆く。テレビの場合、スポンサーがどんどん降り始めているらしい。僕はテレビまできたら相当に深刻だと思っていたので、この話を聞いてゾッとしてきた。すべての授業がオンライン授業化するなかで、いまごろになってGSの申請が受理されました、というすっとんきょうなお知らせがきたと報告。6月だけど、自宅にきてもらって、一緒に講義しましょうと依頼する。そのあとくわにtelして、おなじようにGSの依頼。くわはいま編集作業に忙しいらしいのだが、スタジオこそ三密で、まいにち怯えていると。くわにも、自宅にきてもらってなかよく講義しましょうとお願いをする。とちゅうでわかのはなしになる。かれはなぜあんなにエキセントリックになるのだろうか。それと野球がなぜtohoで上映が決まったのか。製作委員会方式が当たり前の今、パートナーが少ない映画はリスクも少ないからではないかという仮説。確かにそんな感じはする。妻たちがが帰ってきて再び原稿。その後いなげやでプレモル。夕餉は、漬け丼を久しぶりに3人でいただく。レビューは最終回、ふじいだいすけさんだ。

cauliflower at 22:36│Comments(0) 映画 | 舞台芸術

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

いろいろな支援のやり方があるもので、同級生から送られてきたYouTubeにアクセスするだけで寄付になるとは驚いたぐりこのおまけをみつけられてしまった