半径500m圏内の街歩きを楽しむ質問事項が構築されすぎていると、かえって書きては困るかもしれない

June 30, 2020

久しぶりにエディトリアルのミーティングに参加する

午前中にDysonのクリーナーヘッドのローラーとクリアビンが届く。ヘッドを早速セッティング。スイッチ一発。果たしてノイズは。なんと残念ながら変わらずガリガリとけたたましい音を炸裂させる。わざわざお客様相談室の男性担当者に、実際に音を聞かせると「う〜む、確かに聞こえますね。それではすぐに交換用を送ります」。そもそもは、クリアびんの赤いパッキングが外れてどうにも元どおりにならない。その直し方を聞いたのだが、わざわざ説明するのもめんどー。いっそのこと新しいのと交換しちゃえとという対応。こっちも段ボールを開けて、早速見てみると、赤いパッキンはお尻の部分に収まっている。入れ方は間違っていなかったようだ。なぜかカチッとハマらずに、ブラブラとだらしなく浮いていた。新品はもちろんそんなことはなく快調だ。Dyson流の合理主義はいいのだけれど、それにしても壊れすぎ。事務所へ。12時を回っているので、先にランチをしてから行くことにした。例の豚汁の店。アジフライと定食。生卵付き。汁がうまいのは当たり前だろうけど、ご飯を入れたくなる誘惑に駆られる。それを抑制するための生卵! なるほど、そういうことか。事務所に出ると、mima先生から新刊の贈呈。感染病関連。後書きを読むと、企画が持ち上がったのが今年の三月。わずか3ヶ月で上梓されたわけだ。先生の筆力に改めて脱帽。すぐに出て六本木へ。AXで打ち合わせ。レイアウトの新提案をデザイナーが我々にプレゼン。こういうエディトリアルのミーティングは久しくやっていなかったなと思う。今日のポイントは、余白を活かすデザインの方向性とグラビアページの構成(ページ展開)と書体。2時間で終了。帰りに新宿のタワーに寄る。haimの新譜とaliciaの旧譜。帰宅後すぐに聴く。いい買い物をした。

cauliflower at 23:27│Comments(0) ミーティング | デザイン

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

半径500m圏内の街歩きを楽しむ質問事項が構築されすぎていると、かえって書きては困るかもしれない