唯一作家論を書かせてもらった方が逝去された土曜の仕事は日曜の安息、これって常識!?

July 31, 2020

頭の良さと書記能力はしばしば乖離する

7月も今日でおしまい。今日のミッションは…、というところで、メールが2通。todaさんとこのhamauraさんから返信。香典などは固辞されました。とうぜん弔問も。すぐにおすぎと星人に転送する。その星人から目次の原案とアイデア。作家からはタイトルがあがってくる。なんとしゃれたタイトル。こういう謎解き系はいいですね。水辺と山辺、ようく見れば直喩にちかい。横位置は、ありうべき本について。okazakiさん的にいうとまさに襟を正すようなタイトル。お昼は、2回とkoubeya。海老のマカロニグラタン。午後は、校正ゲラのチェック。星人がダメ出しに近い修正要求。もちろんぼくにではありません、超学歴の高い学者。なのに作文は超苦手らしい。ミッションであったはずの原稿執筆までに至らずエンドマーク。夕餉は、豚バラの焼肉。少しカリカリ気味がおいしい。プレモルでいただく。今日のりつ語は「スターショ」。

cauliflower at 00:39│Comments(0) 校正作業 | 外食

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

唯一作家論を書かせてもらった方が逝去された土曜の仕事は日曜の安息、これって常識!?