第第二弾を戻し、次号の企画会議にのぞむカッコだけ見れば一端のラッパー。

August 14, 2020

企画書づくりよりまずは成績評価

昨日中に色校関係は済ませてしまったので、本日は自宅作業に切り替える。水撒きなどもやってしまう。企画書作成を本日のミッションとしていたが、その前に採点をやってしまおうと思い、急遽予定変更。締め切りを改めてみたら18日。方針を変えて良かった。何かあったら、成績評価できず、それこそ不測の事態だ。未了が4人いて、そのうちの2人は、1ではちゃんと提出していたのに、2は諦めた、なんてことは絶対にないと思って、もう一度確認したところ、ちゃんと提出していたことが判明。危なかった。責任取らされるところだった。その二人のも含めて丁寧に読み込む。どの学生も、それなりに問題意識が明確で、いちおう文章にはなっている。とはいえ、残念ながら完璧な論文はない。やはり、2000字前後とはいえ、いやだからこそ、問われるのは構成力だ。主旨を読み手に確実に伝えるためには、なによりも文章の組み立てが大事。これができていれば、誤字脱字があっても、てにをはがへんでも、とにかく読んではくれる。その意味で、1はBが多かったが、2はAが多かった。テーマもあったと思う。今回のコロナに絡めた出題は、たぶん書きやすかったはず。リアリティがあり、講義でもしゃべったしね。ということで、とんでもものはなくて、みなそれなりに書いていた。もしも、来年もやることになったら、この方向から出題するのもいいかもと思った。イッシーに配送リストを転送しようとこまかくみたら青ざめた。部数が同じではないか。あわててまつさまにtelしたが、やはり勘違いしたのはこっちだった。イッシーにtel。なんとか100部かき集めてもらうようお願いした。やはり、週3日出勤は、連絡面で支障をきたす。自宅でもオンラインで連絡がとれるようにしてほしい。夕方、妻と薬屋まで散歩。やはり歩くのはよい。鶏をつまみにプレモル。夕餉は、ハヤシライス。りつとクローゼットで遊ぶ。ひるま遊ぼうときたのに断ったら、みるみる顔が泣きべそに変わる。前に一度同じようなシチュエーションで泣き出したが、りつには悪いけれど、客観的に見ているとかわいいものだ。風呂上がりについついアリシアのタイムズスクェア1時間バージョンを見てしまう。そういえば、ヅカの花は、8月いっぱい中止になりそう。チケットが取れた星の東京もあやしくなってきた。

cauliflower at 23:33│Comments(0) 講義 | ソウル

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

第第二弾を戻し、次号の企画会議にのぞむカッコだけ見れば一端のラッパー。