過去を改竄。すると素敵と言われた。熱中症か?

August 27, 2020

異常なクオリティの作品たちを観た

朝方激しく雨が降った。りつが出る頃には、青空。本日の出張準備。たて続けにメールが来たので、その返事や対応。12:30に妻と出る。千代田線一本なので、寝ていける感じだったが、なぜか眠くならなかった。妻はいつものように寝たが。根津下車。釜炊きごはんと生姜焼きが売りの店。ぼくは一押しのそれにする。妻はメンチと生卵がけ釜焚きごはん。注文すると、すぐに生卵がオリジナルの醤油と出てくる。サラダが来る。豚しゃぶだ。生卵を少しもらう。そのあと生姜焼きを少しあげる。確かにご飯は美味い。でも、うちの電気釜も相当にし優秀で、そんなに違いはない。メンチは硬く身かそがしまっていた。これも美味しい。ここからさかをのぼっていく。30分早く着く、キャリーをうけつてくれたので、会場内に持ち込まなくてよくなった。会場内に入るとスマホで解説が聞けるようになっていた。これは新しいスタイル。定着するといいと思ったが、第二会場に入ると、途端に電波が切れるようになる。まだまだだね。今回どの作品も異常にクオリティが高い。これまで見たなかでも、一番と言ってもいいんじゃないか。特にfujiokayukiさんのハサミとsuzukimarieの女性を点描で描いた作品に衝撃を受けた。今回図録が無いのが残念。上野駅で妻と別れる。僕は東京駅へ。少し時間ができたので、ビアタイムにする。フィッシャ&チップスをつまみに。ホームでさかもっつぁんと合流。間に10席空いているけどね。ohsawaさんとkokubunさんの対談を読み切る。姫路到着後、ホテルに直行。チェックイン後、ホテル前の飲み屋街で食事。荒川流域カルチャーと多摩川流域カルチャーの話は面白い。さかもっつぁんにはこういうひらめきがあるんだな。荒川流域のひとびとは、だれもみんな毒つく。あんなに毒づいていいものだろうか、という人の住んでるところや出身地を探ってみるとみんな荒川だという。そしてこの二つの川は、素直に北方地域を源流にしていない。西方向に源流はあるのだ。つまり、最北部から流れているのである。あろうことかさかもっつぁんも星人も荒川流域人だったのだ。

cauliflower at 10:48│Comments(0) アート | 出張

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

過去を改竄。すると素敵と言われた。熱中症か?