異常なクオリティの作品たちを観たせっかく行ったのに、ミニカーはすでになし

August 28, 2020

熱中症か?

1度トイレに早く起きたが、再び寝て8:30に目覚ましでおきる。シャワーを浴びて顔も洗い、ホテル1階のカフェで朝食。トーストと目玉焼きのセットメニュー。期待もしなかったが、なんか味気ない。野菜がたらないな。部屋に戻って、macん立ち上げメールとdialyの続き。財団から青山の取材の件で日程が決まったという連絡をもらい、それに返事をして、ついでにkuraさんのケータイ番号を教えてもらう。2階ロビーでさかもっつぁんと合流。しばらく待っているとラフな着こなしのkuraさん登場。シャツ出し。3人で歩いてhakuro小中へ。正門で先生が迎えてくれる。早速校長さんに挨拶。ざっと今回応募の経緯などを伺う。そのあと、今回の担当者で元教頭でいまはコミュニティスクールのコーディネーターをやっておられる方からさんにインタビュー。応募の詳細な概要を伺う。丁寧かつ要領よくはなしてくれた。そのあと、外に出て、実際の場所を撮影する。たくさん抜殻が、ついている。確かに、播州皿屋敷の××が、括られているように見える。それから、学校の裏に回り、生徒さんが自作した看板や蜜の花を見る。学校の外の堤のような場所から、手前に植栽、アゲハチョウと看板、それに奥には姫路城がみえる。自慢のビューポイントとのこと。残念ながら、さかもっつぁんしか見ていないけど。炎天下の取材撮影をおえて、アーケードないの食べ物屋へ。生ビールとハイボール。穴子丼を頼むも、まったく食欲がわかない。熱中症か?


cauliflower at 21:55│Comments(0)  | インタビュー

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

異常なクオリティの作品たちを観たせっかく行ったのに、ミニカーはすでになし