確かに的確な助言だ。真摯に受け止めて臨むことにしようどうしていつも、普通にスタートできないのだろうか、疑問。

September 17, 2020

再生ではなく、新たな発見だ

10:00仕事開始。といってもメールをかくことからだが、威張っていうことでもない。昨夜中に出す予定だったが、harajukuでいけるという決定打が欠けていた。それが一夜開けて、そういう思いが払拭された、というわけではないが、harajukuだっていいじゃないかと思えるようになったのである。単に気持ちが変わっただけだ。で、ウィキで駅舎のほうからアプローチしてみた。リニューアルしたことは、確かにトピックだけれども、別にそこだけに注目しなくても、けっこう話題があることがわかったのだ。まずその立地。東口側は都内でも群を抜く商業地域。逆に西口側には、明治新宮の森と代々木公園という広大な緑地空間が広がっている。お召し列車専用のホームがあったり年始の時だけに開くホームもある。山手線しか乗り入れていないけれど、東京メトロの明治神宮前と直結していて、交通の結節点的な要素ももっている。であれば、先生もかけるのではないか、と思い直したわけだ。で、メールを書くことにした。妻がカーの帰りにkitamiにいくので、tuでランチしようということになった。自転車で待ち合わせ。あいにく満席だったが、外のテーブルで食べることにした。パリだったら店に背を向けて座るところだが、ここは道に並行して座る。妻はリガトーニ、僕はしらすのピッツァのランチセット。どちらも美味しかったです。ダイソーによって、ケーブルタイの小とテーブルタッブを購入。帰宅後、本日到着したsaito koheiさんの最新刊を読み始める。まず、ちゃんと文章の書ける人。しかも、論をきちっと組み立てられる人。それだけでも、十分だが、今の時代にまるさんに注目しようとしたこと自体が驚きだ。この著書にぼくも新たな発見をしないといけない。でも、できそうな気がする。

cauliflower at 19:07│Comments(0) 読書 | 外食

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

確かに的確な助言だ。真摯に受け止めて臨むことにしようどうしていつも、普通にスタートできないのだろうか、疑問。