超絶技工の世界を垣間見た30年使った机も、傷めば同じ。

September 20, 2020

ミニマルテクノにDVDが付いていたのを15年ぶりに発見

9時起床。すでに母がモーにご飯をあげていた。お皿がわからなくて、ラップの上にのせてあげたようだが、ラップの上はからっぽ。全部きれいに食べたのか、あるいは風に飛ばされてぶち撒いたのか、定かではない。朝食後、日曜日のルーティン。比較的涼しい。お掃除終了後、妻と2階は、仙川へ。ぼくは、カップ麺シーフード。この前も同じもの。というのも、別のものを探していたら、たまたま賞味期限が9月16日。ちょっぴりすぎているが、順番からいってこれをやめるわけにはいかない。しかし、最近カップ麺が少々苦手になってきた身としては、このさっぱり味はよい。食後はいつもの和紅茶。shinoharaさんの本を読む。改めて思うことは、この人の書くものは、僕のレベルにちょうどよいということ。ただ、レジュメ執筆まではいけそうもない。BGMは何にしようかと探していたら、Richi HawtenのCDのなかに、DVDがもう一枚入っているのを発見。時々こういうことがあるのよ。で、そのミニマル・テクノをかけながら読書。17:30頃ご一行帰宅。夕餉は、赤身、鯵、烏賊の刺身。ゴーヤチャンプルー、なっとう、しじみ汁。風呂上りにRichi Hawtenを見る。2005年発売。FRFのグリーンでレジャーシート(こんなの持っていったのだった)に座っていたら、男の子に話しかけられた。それがDJやってる田中くん。その彼から教えてもらったのがRichi Hawten。田中くんは、たぶんオールナイトフジに出演するRichi Hawtenをみたくて東京からバイクできていた。東京に帰ってさっそくRichiを2 枚買った。けっこう気にいって、最後に買ったのがこのDE9|Transition。もう15年も前のことだ。そして、本日DVDを初めて見たというわけ。

cauliflower at 23:34│Comments(0) テクノ | movie

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

超絶技工の世界を垣間見た30年使った机も、傷めば同じ。