東西自由通路と大目玉これぞ和と洋の完璧なるフュージョンだ

November 20, 2020

インタビューはやはりリアルがいい

朝イチで三菱UFJのサービスビューローへ。ベストインカムの解約。市ヶ谷に来たので、麹蔵でランチ。鶏飯と唐揚げの定食。鶏飯の感動は薄れたが、ここの唐揚げは美味い。タレがいいのだろう。その後御茶ノ水のyamanoueホテルへ。1時間早く着いたので予習を少し。カメラマンを筆頭に、スタッフが順番にやってくる。最後に先生。わりと背が高く、ネットに公開されているポートレイトのイメージとはだいぶ異なっていた。インタビューは、ほぼレジュメの順番に進める。人柄なのか、話っぷりもソフトだが、内容は相当に高度だ。一通り話が終わり、ハッシーが質問。それに答えながら、最近の若者意識の傾向を分析し合う。蘇る60〜70年代になるのもなぁと思っていたが、そうはならなかった。それでよかったと思う。さかもっちゃんに新宿まで送ってもらう。帰宅して、風呂へ直行。こういうのはいいですね。りつと新幹線で遊ぶ。DのTのHの原稿チェックが済んだものを、saito先生とshinohara先生に送る。


cauliflower at 00:52│Comments(0) インタビュー | 思想・哲学

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

東西自由通路と大目玉これぞ和と洋の完璧なるフュージョンだ