外食

April 12, 2021

月に1回のタイピングの日

朝一で確定申告をやろうとしたが、それならいい機会なのでマイナンバーを登録することに。スマホでできるようになったのと、iPhoneのカメラでポートレイトを撮って申請用紙に添付すればいいので、ようやく踏み切れたのだ。国税局にメールして、一先ずOK。次に月一のタイピングのお仕事。焼肉の原稿。お昼は、娘が世田道沿いのイタリアンに行こう我々を誘う。3人なので、車を出すことに。ここは、ずいぶん昔に1回だけきたことがある。まだ、パンやデニッシュが並ぶ売り場があって、レストランというよりは、イートイン式のパン屋といった感じだった。それを居抜きで、本格的な窯のあるピッツァリアに改装したのだ。アドベ風の内装は、そこそこおしゃれ。僕は、パンツェッタと春キャベツのトマトソースのパスタにした。かつて時々入った、環七のイタリアンと似ている。パスタの量が2割増ぐらい。いかにもトマトソースでからめてありますよ、的な味付け。悪くはないが、よくもない。しょせんkoyoshaの敵ではなかった。帰ってタイピングの続き。アップしてプリントアウトすると、なんと打ち間違いの多いこと。本当に、こういう作業は得意じゃないですね。自分が情けない。送って、依頼の仕事1にとりかかる。が、2もスタートしないとならない。でも、3も早くしなければ、ということで3に取り掛かろうとすると、星人からメール。企画書をチェックする。さらにもう2つ。一つは、今度出る企画の続編。いわばその実例集。もうひとつは、これまでのパラダイムからの離脱を促す意欲的な企画。早々にOKを出す。夕餉は、2階からカレー。月曜日はカレーの日だから。これとサラダ。毎回カレーの味付けが変わる。どろっとしたタイプかびしょびしょタイプか。野菜ごろごろか、きざみか、インド風か欧風か、といった違いではなく、基本どろっとタイプだが、風味が微妙に異なり、スパイス使いにこだわりがあり、香りも毎回ちょっとずつ違う。なかなかなものだ。りつもかレーだけれど、りつ用特製カレー。先に出したら、あっというまにたいらげで、おかわりをせがむ。金曜日から、りつも大人と同じテーブルで食べるようにした。いすは子ども用だけど。いつもひとり、もりもり楽しそうに食べている。食事が終わると、とたんに眠くなるらしく、電池が切れたように力がなくなる。そして、眠くなった、2階へいくと。ここのところずっとこのパーターン。子どもはやはり、これでいいのだ。本日は休肝日。

cauliflower at 23:05|PermalinkComments(0)

April 08, 2021

コーラで薬を飲むという暴挙にでてしまった

おちょやんが始まる前に自転車を飛ばしてカッシーへ。早く出たつもりだったが22番。はなが妻の上掛け布団に吐く。なんということを。れいこを途中まで。カッシーの受診。咳はほぼ治ったが、1日に数回発作のような咳が出ると報告。ただ、1週間近く咳が出ておさまってからも発作のようにでるのは、いつものことだと先生に伝える。のどをみせると、「あらもうきれいよ」と喜んでくれた。このシーン、jikeiidaのギャル先生を思い出す。彼女の場合は、「わ〜い、よくなったわ」と拍手までしたけれど。自宅へ一度帰り事務所へ。その前にマックにより、ベーコンレタスバーガーセット。やはり、レタスとトマトはあったほうがいい。いつもえぐちばかりじゃね。本日もらった風邪薬をコーラで流し込むという暴挙に出てしまった。事務所に着くと色校がとどいている。おちよさんが作ってくれた、緑の資料を確認する。きれいにできている。おしりにつけたA3の地図に提案をしてくれた。帷子のようにたためば、開けやすいという。なるほどそうだ。来年は、その方式を採用しよう。表紙写真を半分にして、左側を表1に左半分を表4に使用。つまり、左右逆に使う。その許諾をもらってくれと星人に頼まれる。メールにPDFを添付して送る。すぐに電話がきた。使用方法についてではなく、この写真は、すでにM書房の月刊MというPR誌の表紙に使用しているというのだ。PR誌は表紙だけだが、レイアウトはぼぼ同じ。しかも、4月号ですでに販売されている。結局、ダミーとしてつくったもう一つの方を採用。クライアント、デザイナー、そして作家本人から許諾をもらう。きけば、向こうには30点あまりを送った上でのこの1点。それがバッテイングしたのだから、そういうことがあるのですね。彼の写真は、常に批評的スタンスをたもっている。そこが同系列の写真かと違うところ。だから今回の作品はコロナ禍のなかの日常をあえてバグにして撮ったわけで、ほんとうは使いたかったのだけれど残念だ。星人の色校と付け合わせる。これを明日印刷所に戻す。簡易校正だけれど、表紙の差し替えも明日もってきてくれることに。帰宅しようとすると外は雨。引き出しにしまっておいた置き傘を使う。夕餉は、大好きな三食そぼろ丼と揚げ出し豆腐。りつは、今日も8時半になると、自分から2階に行くと。やはりお疲れかも。

cauliflower at 23:03|PermalinkComments(0)

April 06, 2021

〆切日を誤って3周後に。

本日も尋常でない寝汗をかく。枕カバーなんて絞れるほどだ。即洗濯。乾燥機は、50分+15分+40分。これでなんとか日常に近づいた。でも、あくまでも近づいただけで、敷布団の肩甲骨が当たっていた箇所は、いまだ生乾きのような感じが残る。れいこのあと、途中でストップした塩の依頼をかけようと思った時だ。今日が締め切りのジローさん、督促を出そうととしてぶったまげた。なんと、〆切が26日になっていた。あわてて、失態を詫び、本日〆切で督促を出す。それにしても、なぜこんな間違いをしたのだろうか。まったく思い出せない。妻と娘がkoyoに行こうというのだご一緒することに。ただし自転車を1台使われたので、行きはむすめとぼくがつかうことにした。つくと満席。外のベンチで待つ。その間ちかくにできた、テイクアウト専門店をのぞく。きぞんのガレージにひとまわり小さいコンテナのような箱をつくる。ただそれだけでお店ができてしまうのだ。そういえば、このまえ妻がここのスコーンを買ってきてくれたことを思い出す。今日は、ポロネーゼ。基本美味しいのだけれど、ちと塩辛い。帰りは、僕が歩き。帰って、ゲラ校正をチェック。クライアントの朱をまとめ、デザイナーに戻す。ぼくは、駅を戻す。著者は、じつはゲラ校正というかゲラ攻勢で、〆切はいつかとたずねられた。以前一度、なるはやでと頼んだら怒られた。編集者でもあったので、スケジュール管理はよく知っている。さすが、「あしたまでに」とはいかないのだ。そのあと、サイドテープルに積み上げられたファイルを整理する。夕餉は、ラザーニアと昨日の筍ご飯。食後、りつに絵本3冊読み聞かせるが、途中であきちゃったみたい。さして、ねむくなったらしく早く2階へいこうとママを誘う。ヅカの深夜席は、花男の続き。

cauliflower at 23:31|PermalinkComments(0)

March 30, 2021

4か5といわれて少しやばいかもといわれたら、ステージ4か5って普通思うでしょ。

10:15ぐらいにでるのでよろしく、と妻に伝えたすぐあとでzaidanからメール。greenの請求書の正本はあとでいいので、先にメールで送ってくれと。仮でつくったものがある。紙はあるもののデータが見当たらない。したかなく、ochiyoさんにtelするとこれから出社すると。ぼくは、妻にクルマで送ってもらう、関中まで。予約の11時より早くhinyokikaにエントリー。なんであれ、まず尿の採取。すぐに順番が回ってくる。しきり直しだからか、前回の繰り返し。MRIの画像を見せられて、「このあたりに何かあるんだな」と、がんを疑いたくなるらしい。MRIは5段階の4から5。「えっそれってやばいんじゃないですか」「そうだよ、やばいかもしれない」「そんな、ステージ4、5って末期じゃないですか」「いや、それは違う。そもそもステージとはまったく関係ない、あくまでMRIの評価基準」とあっさり否定された。それは、よかったけれど、生検はするわけで。だったら、5段階評価とは別にA、B、Cにするとか、なんかやりようがあるんじゃないのかなあ。入院日を決めて、センターで予約をとる。前開きのおむつが義務続けられる。院内のファミマで購入。店員のお嬢さんに売り場をどこかと尋ねると、棚まで案内してくれて、指差しでここにありますと。なんかはずかしかった。そのまま駅に向かう。途中で、精算するのを忘れたことに気づく。さすがに自分は馬鹿じゃないかと思った。慌てて戻り、精算する。チトフナからしもきたへ。事務所についたらすぐに請求書と見積書。ochiyoさんが去年のを基にデータをつくっていたので、今年度の数字に修正する。それを確認して、ochiyoさんから先方に送ってもらう。そのあとひさしぶりに新装なったかむいへ。全てのテーブルがカウンター式に変わっていた。券売機で発券。海鮮五目焼きそばはかた焼きに変わる。これにスープがついて1300円はちょっとお高い感じ。あいかわらず味は確か。美味い。kuraさんから、表紙の写真が巻き1点と表1と表4、1点ずつで2点使用の意味をご教示する。そのまま自宅へ。夕餉は、さんまのなめろうをフライパンで焼いてもの。食後、りつと少しあそぶ。

cauliflower at 23:08|PermalinkComments(0)

March 25, 2021

みどりの下版

9時ちょっと過ぎたところで、taitokuyakushoへtel。担当者と直接話して、校正を確認する。印刷所より内校が来た。朝食&れいこをすませて、早速色校と付け合わせ。それを持参して事務所へ。2日続けて出社するのは1年ぶり。12時を少し回ってしまったのだが、イッシーはすでに来社。付け合わせた色校を戻しながら確認する。製版をやり直すページが半分以上。お金もかかって確かにムダだけど、チェック漏れとかないし、間違いも出にくい。イッシーにとってはいいはずだ。終了後、おちよさんとパスタ屋へ。アンティパストはキャロットラペとバケット。きもち盛りがよくなった気がするが。パスタは自家製ソーセージのポマドーロ。久しぶりだが、相変わらず美味しい。エスプレッソもBuono。事務所に戻って、jinzaiと探索の請求書作り。おちよさんが見本を作ってくれていたのでそれを参照にして。いきなり正本は送らずにPDFにしてメールで送り確認してもらう。すぐに両方ともOK。jinzaiはともかく、探索はちょっと揉めそうな気がしたが取り越し苦労だった。16時半頃事務所を出る。ココカラに寄り、ダイレクトとシーブリーズ。帰宅するとすべてOKだった。今夜は11年ぶりの日韓戦。


cauliflower at 18:14|PermalinkComments(0)

February 12, 2021

好青年を絵で描いたような男子だった

昨夜の問いかけの応答がきていた。今一緒にやっているバンドのメンバーらしい。ここのところ、女性アーティストばっかり。僕的にも表紙としてもいいけどね。朝一でタイピング。ちょうど1年前にこの仕事を始めたわけだが、手書き原稿をそっくりキーボードでトレースすることが、たぶん苦手で、ものすごく時間がかかると思っていた。なので、iPhoneの翻訳機能を使い、読み上げで印字する方法でやってみた。ところが、予想に反して、結構時間がかかる。しかも、聞き取り間違いがかなりある。それを修正するために、もう一度読み直して…、なんてことをやっていたらいい時間になってしまったのである。それで、3回目から、意を決して手書きの文字のリライトに挑戦した。ところが、この方法は、案外早いことがわかった。それからずっとこれでやっている。今日もす〜い、す〜いだ。お昼は妻・娘ととつてい。妻はパスタ。トマトソースのジェノベーゼ。この組み合わせは考えつかなかった。ベースはトマトソースなのだが、バジルの香りが加わって、独特な風味を醸し出している。ぼくは、しらすのピッツァ。娘はキッシュプレート。帰宅して転記終了。moriさんに送る。夕方の準備。16:45入室して、ミーティングが開始するのを待つ。星人とおすぎ、そして最後に本日の登壇者。好青年だ。正しいことを正しい佇まいで実行する人。好感が持てる。今回の特集の理念とその困難さも知り尽くしている。saito先生よりよかったかもしれない。りつはまた爆食。ごはんを3杯ペロリとたいらげる。そして、いつものように「おなかいたい」で妻のベットに横になる。おなかがいたいんじゃなくて、おなかいっぱいということじゃないかなと妻が解読。当たっているような気がする。プリンターのインクの補充サイン。無視していたら印刷できなくなってしまった。まだ、少し残っているが、プリンターの言うことを聞いて補充する。今夜は休肝日。

cauliflower at 23:29|PermalinkComments(0)

December 18, 2020

いろいろ前進しているんだと思う

昨夜N先生が快諾してくれたことをさっそくohbatanに報告。ピーチ先生本人から快諾の連絡をもらう。さっそく、hatsuさんへメールする。なんてことをやってたら午前中がすぎてしまった。妻からtel。べっかから直接maruyaへ向かうから現地で待ち合わせることに。ちょうどtaguchiの駐輪場で揃い踏み。まるmaruyaで妻はカレー南蛮、僕は野菜たっぷりカレーうどん。ぼくのには、なすやねぎのほかにズッキー二やレンコンなども入っている。ここの特徴は、なんといっても野菜が賽の目状に細かいこと。器も丈の低い皿のよう。午後はいよいよhirakawa先生の原稿作成のためのデータ起こしを読み始める。インタビューの時はわりと大づかみな話だなと思ったが、こうして読み直すと、けっこう細かい語りをしている。先生の他の著作やぐれーばーなどを参考に読んでみる。さかもっつぁんからさしこみ候補の作品とテキストが送られてきた。2階がりつをピックアップして帰ってくる。彼らは休みで銀座のitoyaへいったその帰りだ。夕餉は、ロールキャベツ。残っていた赤を飲む。ありしあの新譜が届く。

cauliflower at 23:08|PermalinkComments(0)

December 04, 2020

内視鏡検査は、やはりムリだと思う

朝一で原稿執筆に取りかかるぞ、と威勢だけはいいが、昨日の夜にお願いしておいた発行日遅延の返事がきた。1日前倒しを条件に承認してもらう。1日早めたとはいえ土日が入るのでほとんど同じ。そのお礼や関係者にメール。昨日送った請求書類に関する返事とコメント。PDFに変換して送ったつもりがJPEGだった。交通費の在来線分の領収書をもらい忘れたいたことが発覚。それらの対応とデータ起こしはまだ上がらないのかという督促のようなコメントをもらう。無理強いしたことと腱鞘炎を患っていてそれを知っていてさらにおいうちをかけることはできないととりあえずコメントしておく。妻は朝食を摂らずにお昼まで内視鏡検査。なんと鼻からカメラを入れたらしい。ぼくは、その報告の触りだけ聞いて、ぶっ倒れそうになった。彼女はそのためめずらしく鼻血を出した。ぼくは、ぜったいできないといよいよ確信した。ラフェリチタディトゥッティでランチ。ほんとはkouyoshaがよかったのだけれど、満席でした。でも、僕的にはトゥッティでよかった。ハンバーガーがくわかいな的ボリュームでgood。ポタージュと紅茶。小皿にニョッキも。妻はワタリガニのパスタ。ワタリガニの甲羅の大半をいただく。帰ってからようやく原稿に取り掛かる。夕餉は、餃子。fuliくんが必死で羽付き餃子に、なんとも涙ぐましい努力である。りつが今日は餃子頂戴を連呼。昨日は、湖畔頂戴を連呼だった。

cauliflower at 23:13|PermalinkComments(0)

November 18, 2020

押し花は怪しい

朝イチで続きを始める。で、今日中に送ると誓った。だが、いつものように、無理だった。また呆れられるだろうな。お昼は、12時前に出る。3人でkouyosha。すでに2組。そして、さらに男性が1人。壁には、新しく始まった珍しい押し花の展覧会。昨日たまたま書棚からひっぱり出してきた眼球譚の1pに挟んであった。エロスと押し花。プレスフラワーと英訳すると、なんだかそれらしくて、ちょっとニヤニヤしてしまう。ポロネーゼ、美味しかったけれどちと味が濃かった。本日はスープがなくなり、今月のパスタも品切れ。帰って、シスターズにご飯を再び続き。

cauliflower at 01:42|PermalinkComments(0)

October 27, 2020

沖縄の定番料理を一応すべていただきました。

朝イチで本日の出張の準備。あっという間に終わると思っていたが、結構時間がかかってしまった。でも、取材といってもインタビューはないし、撮影の立ち合いだけなので、楽というば楽だ。お昼は、妻と娘と一緒にkouyousha。2度目。今日は、ペペロンチーネ。妻は、ナポリタン、娘はたっぷりキャベツとトロ〜り肉味噌。3人ともコンソメスープとサラダ。&僕はホットコーヒー。最初にナポリタンがきたが、これが美味い。ナポリタンは、B級グルメ的なところが僕は好きなのだが、ここのは、そういう風味を生かしつつ、それをワンランクアップした感じ。思わずやるなって思いました。ペペロンチーネも具が結構多いのにもかかわらずアルデンテと塩味がベストに近い。ここは、本当に美味しい。1週間に1どは行きたいですね。帰宅後、出発。今日は、何十年ぶりかで新宿→山手線経由→品川乗り換え京急線。じつはこのルートは、時間も早く、しかも値段もやすい。今後このルートを使うことになりそうだ。少早く羽田着。保安検査場に。コロナ禍の特別処置なのか、荷物の中のCPはそのまま。待合スペースで待っていると、すぐに搭乗手続き。座席につくと、ほどなくしたさかもっちゃん。離陸してから、いつもと同じように、しゃべくりまくる。saito先生の話をどう理解するか。さかもっちゃんは微妙な年代だ。アイルシートの男性は、隣に移動してしまう。マスクをしているのに、うるさかったのだろうか。沖縄まで3時間弱。ちょっとした海外旅行だ。那覇空港の出口で、onoさんと合流。さかもっちゃんが予約したレンタカーでホテルへ。daiwaroiynet hotelはモノレール駅に直結。チェックイン後すぐにフロントで待ち合わせしてとうばらーまへ。ラフティー、炙りスチキー、ミミガー、フーチャンブルー、島ラッキョ、もずくの天ぷら、ソーミンチャンプルー、イラブチャーの刺身、沖縄の定番料理を満喫。龍泉ゴールドグラス、龍泉ブルーグラス、オリオンビール生。美味しかった。

cauliflower at 00:44|PermalinkComments(0)

October 21, 2020

ワンプレートのランチ

朝一でナポリとオンラインインタビュー。パンデミックがなければ、朝からナポリとインタビューなんてしませんでしたよ。なんでも、ポジティブに受け止めましょう。お昼は、カフェでわんぷれーと。午後から仕事。

cauliflower at 01:20|PermalinkComments(0)

September 28, 2020

3週間ぶりに出社する

目を覚ます直前まで夢を見る。昨日がそうだったが、今日も。仕事の整理をしていたら、お昼になってしまった。りつは保育園を休んだので、1階に降りてくる。12時半前に出る。3シーズン用のスーツ。アンクルパンツだが、靴下を見せるようにワインレッドにする。そして、数ヶ月ぶりの革靴。ただし、ショルダーは普段使いのにした。なんでもかんでも詰め込んで、重い重いと言ってるんだから世話ないよ。ワイヤレスイヤホンとマスク。本を読もうと思ったが、うつらうつらしてしまう。新宿から都営地下鉄で市ヶ谷へ。3駅はJRより少ない。所要時間も短い。鹿児島料理の店は、地下鉄出口のそばだった。楽しみにしていた冷や汁と鶏飯がない。しかたなく赤魚の照り焼き。美味しかったので、満足したのだが、帰り際にもう一度よくメニューを見たら鶏飯はちゃんとランチメニューに入っていた。残念。三菱UFJのオフィスへ。リンク債が償還しちゃったので、デジタルクーポンを継続することに。今度は、持ちこたえてほしい。ノックインしたわけじゃないからいいけれど、できれば100%償還でいきたい。帰りに事務所へ。たぶん3週間ぶり。冷蔵庫に飲みかけのペットボトルが入っていたので、即廃棄。郵便物を整理する。お千代さんが写真で送ってくれた聞いたことのない送り先からの封筒。開いてみたら、なんてことないMr Araiからだった。請求を代行する業者からだった。資料をまとめて持って帰る。
今までだったら自宅から本を持ってきた会社で仕事というパターンだったが、まったく逆になってしまった。自宅で質問シートの修正をやろうと思ったが、思うように進まず、いつのまにか夕食の用意になってしまった。こうなったらビール。夕餉は、ショウロンポーとしめじと鶏肉のポン酢炒め。fuliくんがいないとき用のメニュー。りつと遊ぶと足腰が疲労するのはなぜだろうか。歯磨きが上手にできるようになった。「パパかいしゃ」と言えるようになる。赤いフレームのビンテージサングラスをかけさてみたら、けっこうはまったらしく、何度もかけて鏡を見る。かっこいいよ、というとまんざらでもない顔をする。子供が成長する姿を見ているのは面白いし楽しい。

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)

September 17, 2020

再生ではなく、新たな発見だ

10:00仕事開始。といってもメールをかくことからだが、威張っていうことでもない。昨夜中に出す予定だったが、harajukuでいけるという決定打が欠けていた。それが一夜開けて、そういう思いが払拭された、というわけではないが、harajukuだっていいじゃないかと思えるようになったのである。単に気持ちが変わっただけだ。で、ウィキで駅舎のほうからアプローチしてみた。リニューアルしたことは、確かにトピックだけれども、別にそこだけに注目しなくても、けっこう話題があることがわかったのだ。まずその立地。東口側は都内でも群を抜く商業地域。逆に西口側には、明治新宮の森と代々木公園という広大な緑地空間が広がっている。お召し列車専用のホームがあったり年始の時だけに開くホームもある。山手線しか乗り入れていないけれど、東京メトロの明治神宮前と直結していて、交通の結節点的な要素ももっている。であれば、先生もかけるのではないか、と思い直したわけだ。で、メールを書くことにした。妻がカーの帰りにkitamiにいくので、tuでランチしようということになった。自転車で待ち合わせ。あいにく満席だったが、外のテーブルで食べることにした。パリだったら店に背を向けて座るところだが、ここは道に並行して座る。妻はリガトーニ、僕はしらすのピッツァのランチセット。どちらも美味しかったです。ダイソーによって、ケーブルタイの小とテーブルタッブを購入。帰宅後、本日到着したsaito koheiさんの最新刊を読み始める。まず、ちゃんと文章の書ける人。しかも、論をきちっと組み立てられる人。それだけでも、十分だが、今の時代にまるさんに注目しようとしたこと自体が驚きだ。この著書にぼくも新たな発見をしないといけない。でも、できそうな気がする。

cauliflower at 19:07|PermalinkComments(0)

September 10, 2020

一里の世界の動物巡り

朝大急ぎで掃除を手伝い10時に出発。主役は、りつだが、喜んでいるのは妻と娘だろう。世田道・環八に経由で用賀から東名。下川井IC→保土ヶ谷バイパス→16号でズーラシア。北口入り口は封鎖中で正門のパーキングに駐車。予約時間の11時に入園。アジアの熱帯林のインドゾウからスタート。ちょうど飼育員がホースで水を飲ませていた。鼻にも水大量に送り込むと、それを地面に放水。2回目は鼻の水を口に流し込む。器用なものだ。スマトラトラの隣のジャングルカフェで早めのランチ。フレッシュネスのカフェなので、ハンバーガーとポテト、コーラという定番メニュー。りつは、ポテトとパンを頬張る。再び、インドライオン見て、亜熱帯の森へ移動。ボルネオオランウータン、マレーバクを見る。亜熱帯の森の目玉はフンボルトペンギン。プールも大きく、水中をもぐったり、陸上を歩いたりするぺンぺンを楽しむ。オセアニアの草原、中央アジアの高地をめぐり、日本の山里でコウノトリを見て、オージーヒルでりつはぺンぺンのぬいぐるみと指人形を買ってもらう。アマゾンセンターからアマゾンの密林へ。オオアリクイを見てアフリカの熱帯雨林。ここでは、断然オカピだ。チンパンジーのお尻の形状に改めて驚く。最後は、アフリカのサバンナ。サバンナテラスでソフトクリームとお土産。じつは、りつはこの間ベビーカーでぐっすり寝ていて、やっとリカオンで目を覚ます。ミーアキャット、ライオンは、それまでじっと座っていたが、われわれが凝視していたからか、突然起き上がり歩き出し、数回大きく吠える。なんというサービス精神だろう。そのあとは、また元いた場所で何事もなかったようにに腰を下ろす。りつは、はじめてライオンの吠えるのを聞いて、少し怖くなったみたい。アフリカのサバンナはだだっ広い草原を模した丘。ン高木の上の方にくくりつけられたカゴに入った餌を食べ続けるとキリンと微動だにしないエランド、一列に並んで歩くグラントシマウマ、ヒガシクロサイ、チータなど。ここまで歩いてきて、15:45の園内バスに乗って正門へ戻る。帰る途中、IKEAヘよる。fuliくんはワーキングチェアを買い妻はミートボールを買う。17:30になったので、夕食を食べていくことにする。僕は、ミートローフとサラダとソーセージにノンアルのフリー。のむさんから自宅にFaxが届いたようだが、エラーがでて送れないと。帰りは、妻の運転で第三京浜で帰宅。帰宅後確かめると、インク切れだった。明日朝イチで買いに行かなくっちゃ。

cauliflower at 00:14|PermalinkComments(0)

September 07, 2020

お寿司のランチは握りで。

月曜日から自宅作業。早速随想の執筆者ピックアップ。資料を集めてあるので、あとはねらいを書くだけだ。昨夜ハッシーにメールを送ったが、返信はこない。たとえ遅れるという連絡であっても、正直に実情を説明すると、納得はしてくれるようだ。お昼にほしのにいくことになった。寿司の苦手さんが仕事続行中なので、3人で自転車でいく。12時15分ごろだったので、女性の二人組とおやじが2名。奥の座敷を案内される。にぎりの上のランチ。女性店員がお吸い物をこぼす。ぎりぎり大丈夫だったが、娘の腕に熱いお吸い物がかかるところだった。やけどするようなことにはならなくてよかったが、すみませんといって、すぐにペーパータオルをなげてよこすのはどうだろうか。われわれがクレーマーでなくてよかったね。でお味の方は、美味しかった。鉄火巻きも甘海老もしらすもいくらもおいしゅうございました。妻も娘も満足したご様子。ちょうど食事中に大雨が降った。furiくんが2階の窓越しから雨の様子を写した画像を送ってくれた。しかし、ほんの10分くらい。店を出る頃にはすっかり止んで陽まで出ていた。午後はまた続き。少しペースが落ちる。妻は歯科医へ。夕餉は、2階からいただいたカレーを一緒に食べる。りつと妻のベットの上で遊ぶ。今日はミニタオルを使った手品ごっこ。

cauliflower at 23:35|PermalinkComments(0)

August 11, 2020

色校の第一弾がでた。

2週間ぶりに事務所に出る。郵便物がたまっている。まずそれらをチェックしてから、映画と…のタイピング。そのうちイッシーが自ら色校をとどけてくれた。ますTに寄っての帰りだ。本日Tは研究員全員自宅。kuroさまだけ出社だったようだ。お千代さんとランチ。パスタ屋は休み。kamuiへ行こうと思ったら、なんとつげがランチを始めたので、思わず入ってしまった。炭火焼焼き鳥重。これが美味かった。炭火のいい香りと焦げ具合がたまらない。小鉢は、茄子の煮物、しめ鯖、小松菜。味噌汁は油揚げの他ににんじんなど入っている。ドアの外を自転車に乗ったおすぎ。思わず、外に出て声をかける。すでに電話してあったので、そのまま先に事務所に行ってもらう。事務所に戻って、Dの校正作業。眠くて、まともに文字が読めません。おすぎは17時過ぎに校正終了。それを閉じてない校正紙に転記する。19時過ぎに帰宅。きんやのソーダ割りを飲みながら夕食の餃子。りつとクローゼットで任意の名前呼び遊び。幻想体系づくりと位置付けたプログラムだ。

cauliflower at 22:50|PermalinkComments(0)

July 31, 2020

頭の良さと書記能力はしばしば乖離する

7月も今日でおしまい。今日のミッションは…、というところで、メールが2通。todaさんとこのhamauraさんから返信。香典などは固辞されました。とうぜん弔問も。すぐにおすぎと星人に転送する。その星人から目次の原案とアイデア。作家からはタイトルがあがってくる。なんとしゃれたタイトル。こういう謎解き系はいいですね。水辺と山辺、ようく見れば直喩にちかい。横位置は、ありうべき本について。okazakiさん的にいうとまさに襟を正すようなタイトル。お昼は、2回とkoubeya。海老のマカロニグラタン。午後は、校正ゲラのチェック。星人がダメ出しに近い修正要求。もちろんぼくにではありません、超学歴の高い学者。なのに作文は超苦手らしい。ミッションであったはずの原稿執筆までに至らずエンドマーク。夕餉は、豚バラの焼肉。少しカリカリ気味がおいしい。プレモルでいただく。今日のりつ語は「スターショ」。

cauliflower at 00:39|PermalinkComments(0)

July 26, 2020

展示品ががなく代わりに光で満たされた美術館

連休も今日が最後。日曜日のルーティン。午後から、2階とクルマでSETABIに行くことにした。今、「作品のない展示室」というユニークな展覧会をやっている。要するに、一点の作品も展示しない展覧会。コロナへの批評も兼ねているのだろう。所有している作品もあるし、ちゃんとした展覧会を見たかったのだけれど、これはこれで面白かった。セタビはuchida先生の代表作。その建築としての美術館を見る試みだ。最初に入った空間はRのついた部屋。窓が広く取られていて、Rのついている壁は、その3分の2がガラス窓。普段はホワイトキューブの空間で、光は照明だけだが、今日は、自然光あふれる開放的な空間としての側面を見せてくれた。普段の展覧会では、外光はNG。光は100%コントロールされていなれければならない。ところがここは、けっこう開口部がたくさん取られていて、展示物の一切ない今は、まさに光あふれる空間となっていた。uchida先生の「生活空間としての美術館」というこコンセプトは、普段われわれが生活している空間と陸続きの空間を意味している。光が取り込まれていて全然OKなのだ。入場無料のいい試みだった。娘にせがまれて図録(といっても建築雑誌のuchida特集号)を購入する。展覧会の地下にあるカフェでトーストサンド。トマト入りポテトサラダのサンドイッチがうまかった。オープンエアーの中庭のアンブレラの下でいただいたのだが、途中から強い雨に見舞われる。クルマで帰宅途中、雨も止んだので、こうべやとヤオコーで買い物。夕餉は、ポトフをバケットと赤ワインで食す。2階も一緒。食後、昨日同様、りつと遊ぶ。今日は、からだや床をトントントンと叩く遊び。夜は、再びヅカ。


cauliflower at 23:11|PermalinkComments(0)

July 21, 2020

崖っぷちは一つ解決。でも、すぐに次がくる。

今日はいったい何曜日? この頃こんなことを自分に問いかけることがある。毎日が日曜日といういいかたがあるけれど、すこしそういう感じに近づいている。午前中はちゃんとやることがあるので、そう思ってもすぐに我にかえり、ちゃんと正しく曜日を思い出す。まず、予定より1日早くデータ起こしがあがってきた。感謝のメールをする。次はおすぎにがんばってもらわねば。連敗に待ったをかけるべく新規の依頼。妻と娘とお昼をたべにhoshinoさんへ。目玉焼きの乗ったミートソースをいただく。それてアイスティ。妻は贅沢ナポリタン。なにが贅沢かというと、いろいろな野菜がはいっているから。現地解散で、各自思い思いに帰る。帰宅後、c&lの残り二人の原稿整理。それと画像収集。これがけっこう手間取る。そして疲れる。夕方までになんとか仕上げる。四人目にしてやっとヒットがでた。やっと胸を撫で下ろす。もとは、サロン用に頼むつもりだった人。ゼロサムだから、だれかをサロンにコンバートしなければならない。夕食は、土曜の丑の日。盛況のうなぎをみんなでいただく。生協のうなぎで妻は心配していたが、ふっくらして結構美味しかった。ありしあをiPhoneに取り込む。これも明日の準備?! 心配事は一つなくなったが、すぐにあらたなミッションが浮上してくる。

cauliflower at 22:44|PermalinkComments(0)

May 24, 2020

隣の真似してデッキでビール

9:30に起きる。妻は起きてシスターズのごはんとかお掃除をしている。朝食はスクランブルの他に昨夜のけんちん汁。日曜日のルーティン&風呂洗い。妻と散歩を兼ねた買い物。またマスク売ってたよなんてLINEしたら、毎日ゆにでぃかい?! とリプライされそう。猫の小さい方のシートとアルコールとかいろいろ買う。そのあとばあみやんでお昼。ぼくは冷やし中華、妻は冷やし坦々麺と餃子。冷やし中華は焼き豚でもハムでもどっちでもいいけれど、レタスではなくやはりここはきゅうりでいってほしかった。薬屋でシーブリーズとnosemint。ほんとはこれではなくて、マスク用の消毒用スプレーがよかったけど、まあしかたない。スカイステージで2011年の初舞台生のロケットのお稽古風景を見る。みんな胸に名前が縫い付けられているのでひとこはすぐにみつかった。化粧気がないとふつうの女子高生。もともと造作がはでな子ではないが、あまりにつるんとしていて、確かに世田谷っ子かもしれない。女子校ぽさはなかったですね。あとうみも同期。そのあと小柳さんのトークを見るも寝てしまいあらためて見ることにする。りつが降りてくる。パパに赤いホンダNSXを買ってもらった。それとワーゲンのバス。それを持ってデッキに出て少し走らせて遊ぶ。となりはご主人が誕生日で、テントに折り紙の輪がたくさんかざってある。ぼくたちはヘリノックスを持ち出して、fuliくんとプレモル。豆と柿の種をつまみに。5月の風がきもちよい。となりは、パーティが始まった。そろそろ蚊がでてくるので、こうやってそとで飲めるのはあと一週間くらいかも。ぼくはどうしてもクラフトビールがのみたくて、shinsnoyへ自転車飛ばしてkoedoビールを買い、夕飯前に妻と飲む。夕飯は、山芋をかけた鮪の漬け丼。わかめの明太子あえが居酒屋メニューで旨かった。

cauliflower at 23:21|PermalinkComments(0)

February 12, 2020

取材ノートを読み、音声データを聞く

ランチから帰ってデータおこしを読む。まったくの早口で、しかも再生は10分ちょっと。もーれつな睡魔。というか半分寝ているような感じ。次の神戸は、話も面白いし、狙いははっきりしている。でも、こまかいところをチェックされそうな気がする。こういう人、じつはあまり得意じゃない。カエルの学校、じつは当日肝心のカエルがいない。記録的な水不足。さて、なにをどう書けばいいのか。三者三様、きようなひとなら、ちゃんと書き分けられるのだろうけど、とても不安だ。夕方から、何故か胃腸が緩くなっている。プランチェなわけはないだろうが、ほかに考えられない。

cauliflower at 10:05|PermalinkComments(0)

February 08, 2020

成城のカフェで二階とランチ

起き抜けスカーレット。朝食は、普通にパンとコーヒーを食す。そのあと土曜日のルーティン。乾燥機×2なので、12時過ぎまでかかる。妻は、その間に近藤さんに行く。13時半を回っていたが、2階と成城へ。HQカフェ。BBQサンドイッチ。妻はグリーン&レッドのカレー。本屋で、のりものにのってパパと出かける絵本をりつに買う。ジョージでケーブル・タイ。帰りはコマエへ。HORIさんで豆×2×2。うちは、カードのポイントを使う。先に1人帰る。洗濯物たたんだり。chiakiちゃんが昨夜送ったediと書物の入稿レイアウトをふくむ、全ページ分を送ってくれる。校正をする。夕餉は生ハムとほうれん草のクリームパスタ。いつもは、生ハムから軽く炒めるのだが、少し足りないこともあって、ベーコンを最初に炒める。そのあと、玉ねぎとかほうれん草とか生クリームとか入れて、最後に生ハム入れて軽く煮立てる。少し粘度が少ないので茹で汁を足す。オーストラリアDBの赤を飲む。やはり、すぐにお腹がいっぱいになる。サラダをほとんど残してしまう。これは、明日の朝。食後、りつと一緒に二階が降りてくる。僕は、chiakiちゃんが送ってきたレイアウトを見て、一部修正を入れて送り返す。ちなつを少し見る。

cauliflower at 23:07|PermalinkComments(0)

December 18, 2019

みんな地方取材に憧れていたんですね。

本日昼までにmatsu先生の質問シートがほしいというので、事務所に着くなりまず質問シートづくりから始める。今回は、いつもとちょっと違って、質問の前にいくつかの概念を共有しあって、始めるという方法をためしてみた。今号の中心は、第8章。そこまでに至るプロセス。できるだけわかりやすく表現する必要がある。なんとか、1時前に終了。taへ送る。ランチは千代さんとOSHO。あんかけラーメン。餃子おごってもらう。お千代さんは銀行へ行くというので、事務所に1人で戻る。資料を作成し、日比谷へ。企画委員から、今日はいろいろな意見が出た。とりあえずクラウドで行くことに。クラウドは、rとlの違いで、意味が異なる。群衆の方は知らなかった。終了後懇親会。今日わかったことは、委員の先生方はみなフィールドワークをしたがっていて、編集部がぽんぽん地方取材に行くことに、羨望の眼差しをむけていたのだ。考えてみれば、たとえまちづくりを専門にしていて、それでも地方へいく機会が少なくない人でも、われわれのようには出かけていかない。せっかく企画委員になっているわけだから、特集で取材することになった場所は、自分の目で見たいと思っている。今日の懇親会で、その気持ちが一気に噴き出したのだ。で、市場という企画や屋台という企画が提案されて、連載にしようかという話になっていったのである。毎号ひとつの市場を取り上げて、企画委員の先生と一緒に見て回る。これは、確かに面白そうだ。盛り上がるのも無理もない。みんなの力である。ところが1人の先生は、日本にまだ市場はあるのかと。とんでもない素っ頓狂なことをいう。年はとりたくないな、と改めて思いました。開始が早かったせいか、お開きになって、帰宅したのは21時をちょっとまわったところ。早く始めて早く切り上げるというのは、とてもいいことだ。

cauliflower at 23:21|PermalinkComments(0)

December 14, 2019

和泉多摩川でMSEを見てVSEを運転する

7:35に自転車飛ばしてkashiwadaさん。24番は、遅くはないがそう早くもない。朝ドラ見て朝食。土曜日のルーティン。乾燥機は2台分。レイコップは、フルを×2。時間がかかる。りつは、保育園で餅つきをしてきた。昼前にママが迎えに行った。つまも一緒に、ベビーカーにのせて狛江へいくが、箱そばもうどんやもベビーカー同伴はムリ。あきらめてそのまま歩いて和泉多摩川へ。りつが寝たのをいいことにモスでランチ。妻のライスバーガーを少しもらう。何年ぶりだろうか。微妙に美味い。そのあと、たまりばの会場になる河川敷方向へ。りつはようやく目をさます。たっきゅーが時々駆け抜けていく。眩しいので、反対側へ移動。一回MSEが通過する。反対側からみてもやはり眩しい。和泉多摩川駅舎にあるTRAINSに入って、ジオラマのVSEを運転する。5分100円。りつは、一生懸命みている。妻は、小田急線のシールを購入。狛江方向へ歩いて戻る、カルディをみて帰宅すると、ジョバが来ている。ジョバはのぶちゃんところへ行くというので、りつ&ママと妻、母とで銚子丸へ。30分待って、テーブル席がとれた。りつようにうどんやポテト、おいなりさんがあった。ぼくはいろいろまんべんなく食べて、生とぬる燗。行き帰り徒歩。ちょうど適度の運動になってよかった。

cauliflower at 17:30|PermalinkComments(0)

November 29, 2019

返信が次々にきて、僕の担当分は週明けには入れられそう。

鼎談出席の1人からまだ原稿が戻ってこない。携帯へショートメールをすると、すぐに返事が来た。朱はなしとのこと。だったらはやく返事をくれればよいのに、と思いつつ、感謝メールを送る。さかもっちゃんにほんちゃん用の写真を上げてもらうためセレクトする。おちよさんとカフェへ。今日は、dairsndoriのトマトソース・ペンネにする。この鶏肉はパスタ、とくに小型パスタしかもトマトソースに良く合う。ただ、ちょっと塩味がきつかったように思う。じつは、ペンネはいつもイマイチだ。この前は、アルデンテすぎたし。

cauliflower at 23:07|PermalinkComments(0)

November 26, 2019

3年経つのに1万キロにもとどかないクルマにドラレコは本当に必要なの?

朝一でいろいろ片付けものをしていたら出遅れてしまって事務所に11時。プジョーと連絡取れる。12ヶ月点検の日にちとドラレコの説明。キャンペーン期間のものは、やはり高機種で、前後2つカメラ搭載。担当の方が言うには、ピンキリのきりの方を買って1年で壊れてしまったらしい。画像が見えにくくなったり、録画をセーブできなくなったり。肝心の時に録画していたはずの画像が検証できなければ、そもそも搭載する意味がない。こういうセキュリティものは、普段何もしなくて、緊急時にのみ活躍する。その時はいつくるかわからない。もしかしたらその日は永遠にこないかもしないし、5分後にくるかもしれない。未来のことはわからない。やはりその来たるべき未来のために、常に最適状態でスタンバッてくれないと困る。となれば、誰でもハイスペックのものを搭載しておきたくなるもの。で、結局7万円台のものを購入することにした。イラストの修正画像を取り込んだレイアウトが届く。imao先生に校正ゲラを送る。塩の先生に督促。上がってきた原稿はおみごとと言う他ない素晴らしいもの。やはり、この人こそ随筆家の名に恥じない人だ。ランチは、ステーキ丼。ここはやはりステーキにしておくべきだった。100gというのは僕には適量だが、暖かくないのはいただけない。事務所に戻って、原稿を書き始める。台割りには語り下ろしなっているが、Q&Aにする。理由は後ほど(笑)。昨日と同じ19時15分に退社。帰宅するとリビングのドアにバリケート。りつが一人で階段を上ってしまうかららしい。りつが僕を部屋へ案内。ベットの上でミニカーを走らせてちょっと遊ぶ。夕餉は、オムレツ。形も美しく、とても美味しい。店に出してもおかしくないと褒める。ほんとうです。夜は、忘年会のお知らせ。それと、クロネコのユーザー登録でもたもたする。結局うまくできず仮登録でジ・エンド。

cauliflower at 01:13|PermalinkComments(0)

November 24, 2019

自転車で深大寺へ。

9時前に起きる。朝食後日曜日のルーティン。昨夜も暖かくよく眠れたそうだ。これから、一週間に一度乾燥機にかけることにする。陽が出てきたので、傘を干す。2階は、娘が夕方からいつもの友だちと会食をするので、3人で成城へ。ケンタに行くといってた。ソファを使えるようにした。一つは、いままでのように枕などは置いたままに、もう一つはちゃんと座れるようにしたのだ。そして、ミニデスクもかたづけて、コーヒーなどを置いて、しばらくぶりに新聞を読む。妻がバラをみにいこうという。ところが、神代植物公園も生田緑地ももう終わっている。しかたがないので、自転車で深大寺へ。着いてyusuiで昼食。ざる(のり付)と野菜天(茄子、大葉、かぼちゃ、シシトウ)、深大寺ビール。waka・ゆりの馴染みの店。確かにうまいけど、うちのそばのshimizuyaさんは、申し訳ないがここの上をいく。十割そばで天ぷらがまたうまい。ぼくのなかでは、shimi、roan 、yusuiの順。クラフトビール(ピルゼン)はほんのり甘みも感じられて美味しい。動物霊苑へ。にゃんとミルゥのお参り。そのあと本堂へ。境内の無患子と紅葉を鑑賞。もみじかかえでか。葉の切れ込みが5、6なら紅葉。楓は7〜9と多い。で、ここのはどっちか、こんど来た時にはっきりするだろう?! お煎餅やであおさのせんべいをいただく。きたろうちゃやをのぞいて元来た道を帰る。ヨーカドーでつまみと豚バラなどを買う。夕餉は、fuliくんとりつも加わって、蒸し野菜。豚バラと白菜、葱、青菜。塩麹たれなど。鴨の葱塩ダレ、明太子、高菜漬けにプレモル。りつは夕飯を食べたのに、また野菜やごはんをねだる。いくらなんでも食べ過ぎだろうと思う。けど、指差してくれくれいわれるとあげてしまうのだよ。そして、ほんとうに嬉しそうに食べるのだ。踊ったりしながら。

cauliflower at 23:18|PermalinkComments(0)

November 21, 2019

ひさしぶりの天ぷら屋さん

やはり、連絡がとれない。もしかしたら、本当にフィールドに出てるのかもしれない。Qさんに督促メール。追うものあれば、追われるものもある。座談会の確認が送られてくる。もう一度チェックして、3人に送る。ランチは、一人なのでひさしぶりに北口の天ぷら屋。お客さんが誰もいない。えっつぶれた? もちろん、そうではなかった。本当に誰もいなかったのだ。天ぷら定食を注文すると、冷奴をもってきてくれて、すこしおまけしておきましよ、といつもの返事が返ってくる。天ぷらは、鱚1と海老2、それとピーマン、茄子である。お会計の際に、財布がぱんぱんね、とかなんとか言われたが、「いや、ないもないですよ」などと適当に応答した。久しぶりに来ましたというと、またてきてくださいねと言われた。三省堂で、でぷとひっつき虫。果たして効果があるか。事務所にもどると無茶苦茶に眠くなる。机にうっぷとあっという間に睡眠。爆睡ではないけれど、気分的にはそれ。時間にして20分くらいか。大宮のリードをつくるが、けっこうかかってしまって、今日はこれでおしまい。19時に帰宅。りつはつまのあしにつまづいて大泣きしたらしい。TVのところさんをじいじいといってたというが、ぼくの顔を見ると機嫌がなおったみたい。夕餉は豆腐ハンバーグ。風呂上がりのメール。

cauliflower at 00:34|PermalinkComments(0)

November 04, 2019

いくら贈答用とはいえメロン1万円は高くないか

スカーレットを見るために起きる。朝食後、休日のルーティン。お昼過ぎにりつとパパを誘ってお買い物散歩へ。まず、ぷれ・どぅ・ら・リヴィエールでケーキと生菓子をチョイス。妻がとりさんちにいくというので、お供えように。horiguchiでコーヒー。自宅用の他に、星人と会社用。ハッピーホリデー登場で、自宅用星人用ともに、一つはこれにする。今年は、エチオピア-フンダ・オリ、コスタリカ-アルバラード・ブラザーズ、エチオピア-ナノ・チャラをブレンディング。次にkomaecafeの前にベビーカー、今日は入れるかと時間を聞くと11時59分。ギリギリで開いていた。ところが人数がいっぱいで、前回同様となりのあるかでいあへ。オーナーさんの女性が覚えてくれていて、「きょうは寝てるのね」と。僕は、ドリア、妻はたらこスパ、fuliくんはチョコレートパフェ。ここは普通に美味しくて、うれしい。店を出る頃に、目をさます。電車で成城へ移動。石井のメロン10000円に驚く。結局ぶどうとりんごの組み合わせにする。りつとパパママとは、いったん別れる。ぼくたちは、歩いて帰ることにした。駅でぐすちゃんの飼い主さんと立ち話。男の子と元気がよいという話。ここふぁいんでファブリーズ猫トイレ用購入。帰宅、して夕餉は、昨日同様2階と一緒に。やおこーさんのと生協さんと冷凍の餃子食べ比べ。さながら餃子パーティだ。

cauliflower at 18:29|PermalinkComments(0)

October 29, 2019

写真捜索、ただ鍵がかかっている?!

朝から雨。りつはベビーカーのカバーが嫌で、かけるとすぐに取ろうとする。まだ霧雨程度でよかった。事務所に出て、コーヒーを2杯分淹れる。昼食後2杯目を飲むため。JINさんに原稿依頼。いつもの都市・まちづくり・建築とはまったく無関係の塩について。といってもイタリア。ラグーナ地域は、塩焼きが盛んだったという記述を発見したからだ。星人からメール。本日の撮影後、緑の写真の件で、その対応で出社するとのこと。ぼくはmisakikouでランチ。あら汁はアサリ汁と値段は変わらないが、せっかくだからと300円の皿をふたさらたのんでしまったら、お会計が1500円越え。かといって、100円の皿だけじゃ、わざわざ寿司屋に来る意味はない。と言っても回転寿司だけど。シーブリーズと生茶。店によって、随分値段が違うのに今更おどろく。生茶が100円割っているとは。戻ると、星人がきている。例の写真の件。共有ホルダーが2人とも開かないのは、外付けHDの問題だと思う。星人はsakamotoくんに、再送を頼む。ぼくは、自宅のMACを調べてからにする。yayoi先生に原稿依頼。言葉を選ぶため、大幅に時間を費やしてしまった。寿司の後はコーヒーでしょ、星人に断って2杯目も僕がもらう。写真の捜索。結局見つからず。

cauliflower at 00:48|PermalinkComments(0)

October 23, 2019

今度は、webデザイナーに助けられる

りつはちょっと風邪気味。だけど、元気(のようにみえる)に保育園へ。てっきり、今日は1人だと思い込んでいたが、おちよさんも星人も出社する。Dの配送でトラブル発覚。21日にうちとsuiyoshaに納品の予定が、うちにはこなくて、不在届けもない。おちよさんがイッシーに電話すると、運送業者(宅急便)は朝早くに出て、届けると言っていたとのこと。おちよさんは昼食も取らず待っていたが、結局21日には届かなかった。うちの分は、イッシーが届けてくれた。今日改めて、イッシーに連絡すると、suiyoshaには届けたが、うちは不在だったので(そんなことはないとおちよさんは主張しているが)、いったん持ち帰ってあらためて届けようと思っていたが、一旦置いた社内の棚が指定のところでなかったため、次にどどけるつもりでいた担当者はからの棚を見て、ほかの人が届けたと勘違い。それで、21日はうちだけ来なかったというのだ。結局、本日午後に運送業者がもってくる。ここのところDとc&lの両方で、配送トラブルが起こった。3回続くとなると、ここは問題にしないといけないだろう。ランチは、kamuiで日替わり。新生姜とエビのチャーハン。これがなかなかに美味かった。まったくよく考えるシェフだ。付け合わせのクラゲも美味かった。Dのwebサイトのテストサーバーをチェック。引用・参考文献がそっくり抜けていたので、昨日朱字をいれたPDFを送っておいた。プリントアウトすると、タイトルに誤植が見つかる。あわてて修正をしようと思ったが、よくよくみると、ぼくの原稿が間違いで、らぴすさんは修正して加筆してくれていたのだった。今回は、印刷屋さんとweb担当者さんに救われた。まったく恥ずかしい限りだ。hiraiさんから緊急連絡。明日の待ち合わせ場所とか伝えていなかった、というか決めていなかったので、大急ぎで決めて連絡。カフェのインタビューの人とも時間と場所をチェックする。帰宅すると、りつがぴょこぴょこやってくる。すぐに遊んでやりたいが、ぼくも夕飯食べないといけないんでね。明日検診をする予定なので、この後検診終わるまで断食。

cauliflower at 23:57|PermalinkComments(0)