イベント

November 24, 2018

演るには10年早い

土曜日のルーティン。2階の親子が、fliくんのご両親と仙川で写真を撮るというので、クルマで送って行く。ところが、出がけにりつくん突然もよおす。待ち合わせに遅れると母は愚痴るが、撮影中にそうなるよりずっとよかったんじゃなかろうか。直接、スタジオへ。ando建築のコンビニの並び。3人を下ろして帰る。今度は、妻と自転車でtutiへ。ぼくはキャベツのプッタネスカ。妻は、日替わり。シーザーチキン・ロール。どっちも美味しかった。サミットで買い物していったん帰宅。妻はHORIGUCHIさんへ、ご両親への手土産を買いに。ぼくも出ようとしたら、娘親子がご両親のクルマでやつてきた。コーヒーは?と言われたが無視。大江戸線経由で、練馬駅へ。そこから徒歩10分。Mr.Hiraiの所属する劇団の第2回公演。レミゼをやり、なんとバルジャンをの役。無料公演だからか満員御礼。17時スタート。休憩挟んで、彼のバルジャンとして出演するのは後半。始まってすぐに、了解した。やはりアマチュア公演である。いくらプロが混じっていても、役者の大半は素人。パンフレットを見ると、小学生から4.50代まで、ミュージカルが好きだ、ということで、集まった劇団であることがわかる。歌がどうだとか、芝居がどうだとかいうのはこの際やめよう。そんなことは、先刻承知だ。それより、問題なのは、まるで役者の感情が伝わってこないこと。笑い、怒り、泣き、悲しんでいるのに、その感情が伝わってこないのである。顔から笑みがほころび、涙が溢れるのを必死でこらえながら歌っている、のはわかる。しかし、まるでその気持ちが見えないのだ。そうか、これが哲学的ゾンビなのだ。感情ゼロの笑いであり泣きであり怒りである。後半は、いよいよMr.Hiraiのバルジャン。正直期待もありました。ところが、彼の歌、科白からも、気持ちの息遣い、感情のほとばしりはまったく感じられなかった。そもそも、歌もはっきり言ってうまくない。日常の彼と変わるところがない。いつも感じる彼の言動ヘの違和感が、舞台でも同じように感じられるのだ。これでは、感情の特集をやってる意味もない。nobuhara先生が言うように、感情とはその人自身であり、だからこそ感情は成長する。残念ながら、彼の感情には、成長もない。というか、今まさに演じているバルジャンが彼自身の姿なのだ。だとしたら、そこで歌っているのは彼自身であり、彼の感情それ自体である。にもかかわらず、感情はないに等しい。たんなる感情の容器であり、虚ろな骸である。まさにそこに立っていたのは哲学的ゾンビであった。後半も最初はそんなことを考えながら見ていたが、終演が近づくにしたがい、不満は怒りに変わっていった。一応招待なので、カーテンコールまで見届けるが、早々に帰路に着いた。大江戸線で8駅目が新宿。南口出口を出て、甲州街道沿いの回転寿司へ。冷酒とともに、マグロ3種盛り(三貫で600円)、イカ、アジ、サーモンなど。22時に帰宅。

cauliflower at 13:45|PermalinkComments(0)

November 20, 2018

講演会と待ちに待ったゴアのハーフブーツ

談話会。本日は、tsutsui先生。簡潔で読みやすく、何より1時間以内にピッタリ収まる量にまとめてあるのがよい。で、肝心の講演だが、またとてもわかりやすく、聞き取りやすい。おかげさまで、受けもよかった。万々歳である。いつもこういきたいですね。ハッシーは、先生と学会で一緒にやっていたこともあって、お友だちという感じだった。理事さんが、リカさんのファンだったり、イケメン好きだったり、懇親会では驚くことがよくある。ブルームテックは電子タバコではなく加熱式たばこということを担当者に教えてもらう。それにしても、彼女はスレンダーだな。懇親会終了後渋谷のりーがるによる。本当にその日が来るとは思っていなかった。あのハーフブーツのゴアが発売されたのだ。それも、デザインがシンプルで完全に僕好み。早速試着。当初はブラウンにしようと思っていたが、黒が案外良いので、こっちにする。いつものトランジスタレディ(古い!)に「どんなに待ったものか」と何回もいう。

cauliflower at 00:06|PermalinkComments(0)

October 26, 2018

再会続きの今週だが、今夜のお方とは13年ぶりの再会

7時起床で豊島市役所取材。隈の建物意外によかった。豊島区の演劇都市構想、けっこう気に入った。本気なのが良い。在籍20年なんでも1番が好きな区長。あと4年やってもらって事業の成功を確認してもらいたい。終了後、屋上庭園へ。これがなかなかよかった。荒川に棲息する水生生物が観察できる水槽もある。メンテもちゃんとされていて好感度よし。事務所に帰ってお千代さんとパスタ。なんと財布には小銭しかなくて焦る。コリン星人に写真DLの方法を教示してもらう。初めておりたブルーライン阪東橋。横浜までは湘南ライナー。改札出てから迷う。どこにもブルーラインの表示がない。駅員2名に聞いて、やっとブルーラインの表示を見つける。これは、横浜市営地下鉄だということがやっとわかる。で、阪東橋。ところが、駅おりたらまた方角がわからなくなる。危うく逆走しそうになる。でも、ちゃんと着きました。araiくんのスタジオで藤原さんのトークショウ。17年ぶり?の再会。15人も入れば満杯のスタジオだが、ちょうどいい感じかな。トークショウは、給食の政治性について。彼の議論の組み立ては、ベースに世の中の事象は、常に/すでに両義性を孕んでいるということ。貧困対策から始まった給食食は、紆余曲折を経て、再び貧困対策がその目的として見直されつつあるという。トークショウ終了後、給食は基本昼食で、栄養改善が課題だとしたら、朝食で実践するという選択肢もあったのではないかと質問。その後、懇親会。白ワイン。演奏家の奥方を紹介され、キュレーターの男性、岩波と新潮社の編集者を紹介される。途中で退席し、横浜下車。名古屋コーチンの店でビール親子丼。

cauliflower at 00:04|PermalinkComments(0)

October 25, 2018

35年の時を挟んでの再会&45年前の同級生とのいつもの例会

lりつに挨拶して、事務所へ。今日の取材の予習を少し。ゆうこりんと渋谷の中国料理店でランチ。チンジャロースとスープに十穀米。tonuma先生のインタビュー。虎ノ門の財団へ。すでに、財団の二人は来ている。多分40年ぶりの再会。さすがにすっかりおじいさんになっていた。ただ、こっちの質問に答える時に見せる表情、みを乗り出して聞き入る仕草は、40年前の30歳代の姿を思い出させてくれるものがあった。tascの話題を出したが、もとより先生は覚えているわけもない。いったん事務所に戻って、明日の取材や事務的な仕事をして、19時にnagata。行く途中で、omachiman夫妻とkuwaに会う。nagataのドアを開けると、すでに、わかとたけきょ、といかわさんが来ている。oneくんも。畳の部屋は、今回貸切状態。なので、テーブルを4つくっつけて、一つにしてくれる。再会の乾杯のあと、自動的につまみは出てくる。ビールから燗酒に。ここは、銘柄で注文できなくて、冷酒か燗酒。迷わず燗酒。いつものくわの恋愛話だけど、今回は新ネタもあり。毎回、あきもせずに同じ話ばかりしているわけだが、なかに、ときおりハジロて聞く話がぽろっとはいってくるので、じつは聞き漏らしてはいけない。わかも新ネタを披露。と書きながら、すでに忘れている。はっととの話で昨日もりあがったことを、はっとに伝える。料理が次々にやってくる。煮物と 白貝、牛肉のアスパラ巻き、山芋の上に魚卵と半熟卵。まだいろいろ食べたが、すっかり忘れてしまった。燗酒は、銘柄はわからないが、美味しいので問題なし。次回は、年明け4日に我が家で新年会を開くことになってしまった。妻やははのお許しを請わなくてはならないので、そのOKを待ってということになったけれど、今の調子だとやらざるを得ないだろう。歩いて、11時に帰宅。

cauliflower at 00:23|PermalinkComments(0)

October 07, 2018

2度目のたまりば

頻尿ならぬ頻便。加齢からくるものか、それとも何か深刻な事態か。日曜日の起床時刻まで寝る。まず、はなとシスターズのトイレ掃除。なんか朝食まで下ばかりのネタになる。日曜の朝食はスクランブル。なので、レタスにソーセージとたまごでサンドイッチにしようと思ったが、今日はベッカライの食パン。ここのは、やわらか系で、食パンでは一番好き。やはり、トーストしてバターをたっぷり塗って食べるのがよろしい。とくにみみが美味いのじゃ。それとコーヒーはコスタリカ・インペリオ・ロホのハイロースト。しばらくフレンチが多かったのでハイローストが恋しくなった。これ、めっちゃ美味いです!  日曜日のルーティンを駆け足で済ませ、2階のファミリーと和泉多摩川下車でTAMARIBAへ。去年より出店数が増えたみたい。TAMARIBAグリルで牛タンと豚、籠屋ブルワリーでゴールデンエール、早摘み狛江ホップ2018、ブルーベリーセブンの3種、ドライカレー、ピッツァ、サイアムチャンのジェラート。しかし、炎天下は暑い、暑すぎる。風はあるんだけれど、日差しが半端ない。ぜったい10月ではない8月の太陽だよ。りつはペピーカーで寝ているが、顔がまっかだ。で、どれも美味かったの言うまでもありません。帰りに、お土産用に早稲田の火の鳥食堂のオムライス。サミットと信濃屋で買い物。帰宅後風呂洗い。突然眠くなって寝ました。やっと待ちに待った原稿チェックが帰ってきました。夕餉は生姜焼き。

cauliflower at 23:24|PermalinkComments(0)

August 18, 2018

となりのプロジェクションマッピング

朝一でまず半分を見る。朝食後土曜日のルーティン。HORIGUCHIさん明日から夏休みなので、コーヒーを600g購入。するとスタウトコーヒーを一杯無料サービス。スタウトかコエドビール。テイクアウトにしても、すぐ飲まなければならないだろうから、ビールではなくスタウトにした。窒素入りの冷たいコーヒー。いわばコーヒー界の黒ビール。帰ってすぐ飲む。これは、夏のアイスに最適。本日が締め切りなので、rikyoの採点。授業の終わりに毎回ご一緒したからではまったくないが、二人のレポートは他の学生のと比較して頭一つ抜け出ていた。なにより、レポートの体をなしている。これは実はとても大きいことだ。留学生も内容の吟味より、まず「レポート」なるものを書いて欲しい。論文の書き方指導を必修科目にして欲しいくらいだ。それでもなんとか11人の採点を終える。あらためて見直すと、春1の成績上位者が、今回も上位をしめる。昼食は、妻が買ってきたパン。カレーパンとか、ソーセージパンとかツナパンとか。15分ほど昼寝をする。りつのミルクが終わったところで、くるまでヨーカドーへ。野菜を中心に食材を調達。メインは刺身にする。母は赤身嗜好なので、マグロの中落ちとかいっぱい盛ってあるものと、それ以外。くるまを車庫に入れて、みんなで五小へ。子どもフェス。屋台が出ていたりワークショップがあったり芝生ではライブもやっている。限りなくアフリカンなおじさんとお姉さんと子どもが太鼓のリズムに踊り狂っている。これは確かにフェスだ。こんなカルチャーが根付きつつあるとはびっくり。りつが入学する頃には、夏休みのイベントとして完全に定着しているといい。夕餉は、刺身と豚肉と野菜炒め。茄子の味噌汁に茄子のお漬物。プロジェクションマッピングをやるというので、食後りつを母に見てもらって、四人で五小へ。fuliくんは風邪にもめげずついてきた。後者の窓側壁面をいっぱいに使った大掛かりなもの。花や自然や機関車が走り回っていた。花火大会は仕込みも大変だが、これはけっこういけてた。五小おやじの会、ぜひ来年もよろしく。

cauliflower at 23:53|PermalinkComments(0)

July 29, 2018

ディランはロックンローラー

7時に目が覚めてしまったので、風呂へ入ることに。頭も洗う。そのあと朝食。昨日より沢山採ったような気がする。カレーなんかもチョイスしたり。さて、天気を心配しながら、スタート。時間はあったので、まずは、苗場食堂でもち豚丼&八海山。吟醸冷を昼のみ。グリーンに居場所を確保。PAのコンソール横正面の向かい右側。まず、Anderson.Paak&TheFree Nationals。今回1番見たかったライブ。期待どうり、いやそれ以上だった! CDとはだいぶ印象は違っていたけれど。始まると同時に雨が激しくなってきたけれど、大盛り上がりの終盤には、陽までさしてきて、最高のステージになった。ジョバと合流。そのあとJack Jhonson。雨はやみ再び日が差してきた。Jackを聴くのには、最高。そしていよいよBob Dylan。開始時間前なのに、みなさん立ち上がる。なんて気が早いんだと思っていたら、本当に始まっていた。ステージ右寄りにキーボード。その前で立ちながら歌う。あいからず、なんの曲かわからない。ドントシンクトワイスではじめて合唱。一曲歌うごとに照明が落ちる。そしてまたキーボードにスポット。うまいんだかへたなんだかわからない弾き語り。しかし、これがだんだん良く聴こえてきたから不思議。そうなんだ、ロックンロールやブルーズ、カントリーウェスタンをベースに、詩を載せて歌う。そして、これがロックだと最初に宣言した男こそ、BOBだった。何もないところから、ロックを立ち上げたのがBOBなのだ。そう考え始めると、ますます面白く聴こえてきた。そして、最後には感動すらしてしまった。MCの一つもなければ、あいさつもそこそこに16曲歌いあげて去っていった男。しかし、彼こそ真のロックンローラーだサービス精神も歓待もない、ないものづくしのステージ。。エンターテイメントとしては最低の代物。なのに、感動させてしまう。BOBから、あらためてエンタメの懐の深さを教えてもらった。ジョバと別れて、われわれはヘブンへ。Greensky Bluegrassのライブは始まっていた。最後はチルとアウトで…という思惑は外れ。猛烈がんがんのブルーグラスだった。アメリカにはこんなアーティストが山ほどいるらしい。しかし、われわれのフィナーレとしてはよかったかもしれない。適度な高揚感が身体に立ち込める。そして、月を見ながら、FUJIにサヨナラ。

cauliflower at 01:17|PermalinkComments(0)

July 28, 2018

4万人に一人で挑むラマー

半分、青い。をみてから、朝食。オーロラのバイキング。和食をメインに、てんこ盛りになってしまった。でも、いつものように妻の方がmore。テイクアウトのコーヒーを持って部屋へ。ルームクリーニングの女性に、ベッドセッティングをしてほしいというと、嫌そうな顔。しぶしぶやりました、という感じ。これは、マイナスポイント。クレーム出しちゃうぞ。昼すぎに出発。天気はよく、暑い。会場について、さてどこに行こうか。色々迷った末ヘブンへ。Rancho Aparteのライブは始まっていた。コロンビアのクンビア。ブラスが入っていて、とにかく陽気。というよりも、陽気すぎる。チェァに座って見ていると、やがて眠くなる。強い日差しの下で、激しすぎるリズム。眠くなりますよ。終了をまたずオレンジへ。アンフェア・グラウンドのRANS・KAMAKURA。鎌倉バーガーのブース。黒毛和牛と鎌倉野菜とバンズも美味しい。中央に大きなテントがあって、その日陰で食べました。さてそのあとどこへ行こうか。Superorganismを見にレッドへ行ったが、正面はすでに観客が溢れているので、横から入ろうと苗場食度を進む。ところが、こっちもいっぱい。諦めて、ふたたびヘブンの方へ。ヘブンからアバロンを通ってホワイトへ向かう途中につくられたニュー・ボード・ウォーク。その横に、日陰空間。切り株もたくさんあって、そこで、くるくるソーセージとクリームスープ。ルヴァンのハニー付きパンを食べる。そのあと、レッドへ。MGMTを見る。5年ぶりのニューアルバムをもって参戦。でっかいキャラクターの人形とギリシャ風コラムが2本。なんかチープだなと思っていたが、演奏はとても良かった。エレクトロニックとポップ。観客席からは見えなかったが、一人はエアロバイクに乗っての演奏だった。アンコーもやってくれました。その間屋根の下に空いた窓から時折激しい雨水。終了後すぐにグリーンへ。本日のヘッドライナー、ケンドリック・ラマー。ステージの背後に大スクリーン。これまでのPBで作られた映像を大写し。炎上するクルマ、闘争シーン、野犬など政治的メッセージを強く打ち出す。たった一人のラッパーが、4万人を相手に歌いきる。なにより、その存在感と説得力。さすが、世界に影響を与える100人にはいるだけはある。雨は小降りになったので、妻も足が痛いというので、終了前に引き上げる。ところで、その前に出たSKRILLIXは、with Y0shikiだった。雨が激しくて、ジョバくんテント張り大丈夫かなと心配すると、大丈夫だった。帰りのクルマの運転でいつものようにもめました。



cauliflower at 11:05|PermalinkComments(0)

July 27, 2018

一年空いたので、なんか新鮮なFRF

いつもと同じ起床時間。衣類をつめたりpcをつめたり。ルーティンをこなし、風呂も洗う。クルマに荷物を積み、りつに挨拶して、娘夫婦に留守をよろしくと伝え、いざ出発。仙川でガソリンを満タンにする。157、ずいぶん上がった。関越に乗るまで、一般道は妻が運転。西武線が立体になったり、東映の複合施設の先が大規模開発。去年通らなかっただけなのに、大きく変化している。関越に入って、まず高坂SA。ランチタイム。どでかい皿のあんかけ焼きそば。じつは、そんなに大盛りではなかった。妻のゴマ風味の担々麺も美味しかった。いつものようにそのままノンストップで湯沢まで。NASPAに直行。すでに、チェックインできる時間。今回の部屋は、ガーデンタワー棟。ベッドルームタイプ。荷物を整理し、苗場へ出発。台風は西へ進路を変えつつあり、苗場は晴れ。今年は、駐車場は場内1。初日は空いているのか、2本松より会場方面。シューズを履き替えて、リストバンドをして、会場に入る前に、公式グッズ売り場で、Tシャツを購入。スキレリックスとFUJI2018。会場グリーン着くと、すでにイヤーズ・アンド・イヤーズが始まったところ。オリーくんがこんなに可愛いとは。サウンドもいい。妻は、オリーくんの単独プロジェクトだというけれど、じつはスリーピース。マイキーくん、目の上下に青い太いライン。73の髪型とあごひげと相まって、なんか滑稽でかわいい。幸福感溢れるライブだった。ところ天国へ。はじめてハイジカレーに挑戦、カツカレーはsoldout。揚げ物ですと唐揚げはどうですかとすすめられる。で、どうだったかというと散々でした。レトルトカレーの方がよっぽどまし。ハイボールも頼むが、こっちはニッカのカン。ということで、もう絶対にいかない。まだ時間があるのでオレンジへ。アンフェアランド。グラストンの名物アトラクションらしいが、人はまばら。はっきり言って、グラフィックもふくめて、日本じゃあまり受けそうにない感じ。グリーンへ移動。しばらくまって、いよいよヘッドライナーのNERD。ファレルが40越えと聞いて、その熱いパフォーマンスにただただ感動。それと、バックの女の子のダンスにも驚愕。1時間10分の間、静止することを忘れたかのように、ひたすら踊る。すごいパワフル。ラップ・HIP-HOPのライブは、初めてだったけれど、ビートにやられた。ドラムンベースのトラック、実は僕好み。ずっと立って身体動かしていました。いつもより、2時間以上早く山を降りる。ホテルについて12時というのは、初めてではないか。ゆっくり露天とジャグジー、60台にはこのぐらいのペースがちょうど良い。

cauliflower at 11:25|PermalinkComments(0)

July 15, 2018

毎年開催の同期会に参加

おきてすぐに、水撒きをする。日曜日のルーティン。昨日はぼくの布団を干したので、今日は妻のを干す。メールの反応が遅い。ライティングもスムースにいかない。なんかどもるような感じ。2万通も溜め込んでいるからと思い、削除の作業を始める。本当にしょもないメールをよくも溜め込んだものだと我ながら呆れる。12:20頃出る。登戸のガードをくぐってというところでつまづく。階段を降りきったら、その左横を反対方向にまっすぐにいく、とかの方がよくないか。ともあれ、ほんとうにこっちかと不安ながら歩くと、柏屋という大きな看板がビルの屋根にかかっていた。すでに幹事さんの何人かは来ていた。ざわちんは実家から来たと言っていた。おとうさまが食事がまずいというので、今日は実家にとまらるらしい。toikawaさんは、総合司会だった。写真をもらったりしていると、あまのっちゃん、わか、裕子さんなどがくる。ゴリからメール。熱中病の疑いもあるので本日欠席。歓談の後一人づつ近況報告。sugiさんの娘さんは総合格闘技の選手とのことで、さっそくググってみたら出てきました。綺麗な娘さん、でも格闘家。katoriくんが声をかけて来た。背の順で二人とも前だったから気があったのか。くわから電話、まよったらしい。看板をさがしてといったら、みつけたみたい。食事は、まあまあ。鮎の塩焼きは多摩川で取れたのと女性にきくと、ちがいますときっぱり。寿司とそばが出た。もっぱらビールとワイン。散会の後、狛江へ移動。D組だかが予約していた大庄水産に追加4名。くわのちちもみのはなしから、じつはおれもとあかしたのはあまのっち。いわさきくんに手を掴まれて、そのままマヤさんの胸へ。だから、自分からやったんじゃないと強調するが、あのふっくらした感触は、今でも忘れられないと、何やら自慢そうに語る。でも、人数でいうとくわは3人でくわの勝ちだ。わかがいうのは、海外でオンナをつくった場合の手口を教示してもらう。刺身も枝豆も美味かった。ここでは、ずっとハイボール。そんなたわいもないことをはなしているうちに、18:00になり解散。帰りに、喜多見でシーブリーズを買って帰宅。夕餉は、ちらし寿司と刺身。中落ちがうまかった。


cauliflower at 23:25|PermalinkComments(0)

May 20, 2018

今年のバラ鑑賞は生田緑地

朝一から日曜日のルーティン+水撒きと風呂洗い。終了後、りつくんに会ってから、自転車で生田緑地へ。バラを見る。向ケ丘遊園の中華料理屋。ぼくは冷やし中華。妻はあんかけ海鮮焼きそば。そのあと、バラ園へ。1週間ほど遅かった。だいぶ枯れているが、ゆっくり散策して堪能。いいバラがタイムサービスで購入できたが、自転車なので諦める。少し仕事。夕餉はチャプティ、イカとセロリの炒め物、マグロの漬け、わかめと生姜のスープとプレモル、ホッピー黒。そのあと再び仕事の続き。

cauliflower at 01:31|PermalinkComments(0)

March 30, 2018

利き酒会、最後は何を飲んでいるのかわからなくなる

朝一でshinanoya。乾き物を中心につまみを買う。
出社するとまずaraiくんの贈呈品が届く。
チナくん来社。南口が廃止されて、散々迷ったらしい。報告の後、倉庫代の今後の方針について。目的を再確認して、倉庫を借りるにしても別の方法もあるんじゃないかという意見を検討。来月の報告会までに結論を出す。
麻婆豆腐。唐辛子が5本も入っていれば辛いはず。でも、この辛さは中国山椒?
本日の酒6本が届く。うち1本は、さかもっちゃんの個人様。の鼎談の続きをやるもうまく進んでいかない。停滞しているうちに、yukorinが出社。
寿司を買って例のサラミを持参。お千代さんとダイソーで紙の皿とうどん店で天ぷらのテイクアウト。
物色中のわれわれを見つけて、モリッシーが店に入ってくる。
娘さんの彼氏さんからもらったという酒を1本ぶら下げて来る。
事務所に次々とやってくる。eriさんは今回も迷って、外まで迎えに行く。
yamaちゃん以外そろったところでスタート。●貧から。最初から美味い。デイリーで飲むのにいいかもしれない。だいたい2杯づつのペースで新しいのを開けて行く。
今回は、どれもまろやかでふくよかな味わいのが多いようだ。
前回はほとんどつまみを食さなかったが、今回はできるだけ箸をつけるようにした。
eriさんが持参した大山の豆腐と味噌豆から。いぶりがっことサラミ&チーズは意外に美味しい。
20時前に小諸からやまちゃん来社。長野の酒を2本持参。
結局すべての酒を開けて、11時すぎにお開き。eriさんとvinで一杯やろうと約束。


cauliflower at 12:32|PermalinkComments(0)

March 14, 2018

世紀末の怒涛の2年間を回顧する

朝一で母から公的年金の源泉徴収票2通(厚労省と東京都の共済組合)を出してもらい、さらにかんほ゜の支払い証明書も一緒にして、母の確定申告を作成する。
今年は、青色申告も必要。ただし、去年度のと一部用紙が違うので悩み、結局12時すぎまでかかる。
市役所の窓口は、待ってる人が一人しかいなくて、受付はあっという間に済む。
昼過ぎに事務所。メールや印刷などしてお千代さんとランチ。
カムイの日替わりは、ハマグリとニラのリゾット。これがまた美味かった。
原稿のチェックや資料の整理などして、17時に出る。タワーとか寄って行こうと思ったが、やはり、先についていた方がいいと思い、一番に到着。さかもっちゃん、ゆこりん、モリッシーの順番で来店。
ご苦労様会を始めたら、本人から私たち3人にハンカチのプレゼント。まずはビールで。
日本酒を、豊盃、鼎、美酒の設計、亀齢、凡、玉川、〆張鶴、花の香。今回のサプライズは鼎。
新筍の土佐煮、メヒカリの唐揚げ、くじらのたれ、うなぎだし巻きなど。
モリッシーは、週4日勤務。二地住居にして、実家の2階は趣味の部屋にして、10万円の自転車も買ってて余生の過ごし方を思案中に社史編纂の話が持ち上がったらしい。
何年になるかわからないけれけどと言いながらも、楽しそうだった。
スキマと利き酒の例会に、また誘うというと、ぜひonoさんを誘って欲しいと頼まれてしまった。
それと利き酒の方は、奥さんも誘ってほしいと。
9時でお開きにして、さかもっちゃんとゆこりんの3人で、2件目。多古菊。
ハイボールで口直しっていっても3杯は飲んだ。98年からの怒涛の2年間の思い出話。
20年も経てば、リアリズムで話し合えるのが、いいんだか悪いんだか。
さかもっちゃんはゆこりんのあの頃の事情はあまり知らないらしい。
ぼくたちは、ライバルだったんだ、とあらためて納得。しかし、悪い女だね。


cauliflower at 20:44|PermalinkComments(0)

March 12, 2018

誕生日は自前で揃えるのが大人の流儀ってほんとう ?

朝一で三菱東京UFJの成城支店。外構費の残り半分を振り込む。
あとは、インターロッキングの工事のみとなる。玄関の階段手すりの工事も週末になるようで、いよいよ新築工事の完了間近。
そのあとコルティの三省堂で何冊か買って事務所へ。
メールをいくつか送って、ろあんは満席、ダイニングで照り焼き定食。
olyの整理、プリントアウトなどしているとお帰りの時刻。
成城で下車して、アルプスで誕生日ケーキ。石井でスパークリングワインCAVAを購入。
すべて自前。そういえば、エノティカで眼鏡屋のオーナーとばったり。
10本1万1千円のセットを買って帰るんだとニコニコ。彼の自宅は駅から1分だそうだ。

cauliflower at 00:14|PermalinkComments(0)

March 06, 2018

感情を特集しようという人がこんなに感情的になっていいの?

朝一で業平。DANのオリエン。狙いと目的を整理して、来年度の年間テーマが知らされる。
僕はぜんぜんOKだけど、動物と食の特集は今後ないな、というので、このラインもありではないかと、かるく食いついたら、Mr.HIRAIはカッとなってしまった。
こんなに君をたてててあげて、お膳立てもしているのに、それに文句をつけるのはおかしい、といわんばかりにご立腹、のように僕には見えました。
Tには、すぐに頭に血がのぼる人が、約2名いる。感情が今年のテーマなら、まず自身の感情をコントロールすることに務めるべきでね〜の。
帰りにスカイツリーに立ち寄る。Takarazuka in Skytreeを見ようと思ったけれど、今度にした。
東京焼きそばの黒をいただく。焼きそばのつけ麺。まぁ、つけ麺である必要はないというのが僕の感想。押上駅と接続しているので、次は六本木へ。ABCで住宅の本を物色。いい参考書を発見。
さっそく、ルノアールで拾い読み。
六本木・ABC、やっぱりリアル本屋は面白い。哲学、現代思想がまだ生存しているという事実。
ラブレスは感情の特集をつくるために見たみたいなものだった。
一組の夫婦の二組のカップル、こんなに罵倒できるのか。というくらい嫌な関係。
感情をストレートに表現した映画。ミニマル系の音楽もすごくあっていた。
下北に18:30着。この時間なら食事しちゃえと思って、ハンバーグとサイコロステーキ。そしてハートランド。
それから、事務所に出て仕事。買ってきた本を読んでチェック。
で、レジュメをつくるはずがタイムアウト。帰宅。
rikyoの時間割と裸体と脳科学。それと買ってきた猫の家づくり。爪とぎは基本的にやめさせられないとさ。


cauliflower at 01:21|PermalinkComments(0)

February 19, 2018

塩の実験と塩の可能性

朝一で図書の整理。ブリッジに乗って作業をしていると、だんだん足がわなわなしてくる。
下を見ると、激しい動悸。飛び降りたらどうなるかって考えちゃう。
階段室も掃除。コーヒーを飲んで出かける。業平へ。新宿都営地下鉄で。
たばこと塩の博物館。塩の講演会。簡潔で、飽きない展開。
予定より早く終了。館のtakanashi、kamezakiそれとおーばたん。
スカイツリー通りを錦糸町方向へ。
振り返ると、通りのど真ん中の延長線上にスカイツリーの威風堂々。
駅そばの味噌屋がやってる居酒屋「蔵みそら屋」で酒宴。いい店を紹介してもらった。

cauliflower at 01:00|PermalinkComments(0)

January 14, 2018

3回忌と墓じまい

父の三回忌。アルプスで予約しておいたお菓子をピックアップし、母と妻を乗せてお寺さんへ。
八王子の墓を墓じまいして烏山のzonmyojiさんに移すために、住職さんに受け入れ証明書の発行のお願い。すぐに対応してくれたが、あとで、納骨は2名でなく3名だと発覚。
父の命日は2016年1月29日、90歳。ていきちおじさんの命日は1967年12月24日、75歳。はなばあちゃんの命日は、1976年11月10日、70歳。
13時ジャストから始まる。さかいよしひと住職のお経は、また一段とツヤが出てきて、思わず聞き入ってしまう。いつものように、歌も飛び出す。今回の法話は、糞掃衣という姿。
終了後寺内の個室で会食。私が三回忌の挨拶。お弁当箱をあけてびっくり。にぎり寿司が中心。
furiくんは寿司が苦手。みんなから天ぷらをたっぷりもらう。
ぼくには海老のしっぽが届く。ビールがノンアルコールビールになっていた。
furiくんを仙川で降ろし、我々は神戸屋とやおこう。
買い物をして帰り、墓じまいの確認をしていて、はなばあちゃんの存在を忘れていたことを思い出す。
それで、正しい人数を伝えるが、受け入れ証明書を修正して再発行してもらことに。
緑の〜のcapづくり。横浜のアーティストより快諾のメール。そうとうな呑んべいさんらしい。
oliの件でメールや電話。夕餉は、カツ丼。

cauliflower at 00:03|PermalinkComments(0)

January 13, 2018

内覧会とファミリーへレストラン

朝一でyamamuさんからメールがきた。洋ダンスのサイズがしりたいと。
おっこれはみゃくがありそうと、さっそく計った写真と一緒に送る。
ところが、もうそれっきり。中身の入った洋ダンスでイメージが狂っちゃったのかもしれない。
土曜日のルーティン。緑の〜cap書き、1本だけ。どんどん遅れてまう。
妻は相変わらず腹がいたいというのでkondoさんへいく。腸炎と判明。
お昼はカップ麺と昨夜のおかず。
HOTIGUCHIにコーヒーを買いに行く。新年の挨拶。それにしても繁盛している。
司法書士が来宅。抵当権を設定するために、父から母が相続した土地登記識別情報通知の番号を知る必要があるため。はじめて、封筒に入った状態の登記識別を見る。
番号のところはしっかり糊付けされている。それを破って取り出す仕組み。
番号はコピーしてもとの封筒の中に。
inageyaで列席者用にイチゴと供物用のあんぽ柿を購入。灯油を入れに行く。
16:00より現場で内覧会。の前に、aqがきてローンの他に必要な自己資金が足りないので増額してほしいとのこと。何寝ぼけてたこいってんだと思ったけれど、とりあえず承諾。
tanakaさんと一緒に各部屋をまわる。傷や不具合、疑問点を施主が施工業者に伝える場。
奥の階段部屋にストッパーをつけてもらう。
傷も何箇所か発見。しかし概ね満足。仕上げがきれいで嬉しくなった。
Yaさん来宅。aqの一件を伝える。仮住まいに保管してあったエアコンと室外機を現場へもっていってもらう。
furi夫婦と火災保険について決める。彼らを送りがてらでに〜ずへ。
ファミレスはほとんどの客がこどものいる若夫婦。なんか独特のたたずまいだ。
娘たちもあ〜なるのだろうか。

cauliflower at 23:16|PermalinkComments(0)

January 04, 2018

ふっくらおだいこんで新年会

朝食は、今日からパン。妻が宮益坂と明治通りの交差点角にあるパン屋で買って来た甘いパンと食パン。フランス語のおしゃれな佇まいなのだが、お味の方は、う〜む、さほどでもなかった。
お米をつきに行く。10kg200円。そのあと、風呂と部屋の掃除。
コーヒーを飲みつつ、本日のミッションにとりかかる。初っ端の質問だけつくる。
モンテプルチアーノ・ダルッツォ2015 カサーレ・ヴェッキオとカチョカバロピッコロ、スナックサラミを持参してだいこんちへ。
もうみんな来ていた。ワカもね。ほどなくしてたけきょとはしもとくん。
料理は今日も美味しかった。白トリフとバターを練りこんだディップとかムール貝とか。
今日は語り合うというよりは、料理を楽しんだ日だった。


cauliflower at 11:42|PermalinkComments(0)

January 02, 2018

招き猫のお寺へ初詣。

久しぶりに目覚まし時計の音でお目覚め。8:30なので、褒められた時間ではないけれど、すっきり感は、いつもよりありますね。
日本TVをつけっぱなしにして箱根駅伝。賀状を出して、お雑煮とおせち料理のあと休みの日ルーティン。
13時49分豪徳寺に下車すると娘夫婦も降りてくる。毎年恒例の豪徳寺へ。
なぜか招き猫の最中を売ってない。代わりに招き猫どら焼きを購入。
お参りして、おみくじをひくと、40番末吉。しかも、妻も同じ。
吉の中の一番したかと落胆するが、あとで調べて見ると、そう単縦ではないらしく、要は末広がりの末なのだそうな。
今は相違でもないが、やがて未来が開ける、きわめて前向きなおみくじなのだ。
持ち帰らずみんなと一緒に木に縛る。豆招き猫を買ってもらう。
例年同様招き猫たちを撮影。増殖中。次に世田谷八幡へ。毎年同じコース。
今年はなぜか参拝客が多い。世田谷八幡も同じ。階段の下から列ができていた。
先にたこ焼き屋へ。ソースと塩それてカレー。fuliいわく駄菓子感強し。
参拝の後、お守りお札を入手。経堂まで歩く。
フレッシュネスでホットチョコレートとオニオンリング。
カルディでブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、喜多見の信濃屋でチーズとサラミソーセージ。
外構工事の契約書をつくりSetagayaへ郵送する。
夕餉は、またまたおせちと白いご飯。炊いた白飯の美味いのなんのって。いくらで食べる。
香りエールを飲みながら。

cauliflower at 21:39|PermalinkComments(0)

January 01, 2018

家族とお正月、幸せなり

元旦は、お雑煮から始まる。テーブルをリビングに移動。母の机もリビングへ。
2階の勉強机の椅子とキャスター付きの黄色の椅子をリビングへ。
これで、準備は整った。なにせ9人が一同に座れないといけないわけだから。
お猪口やワイングラスを棚の奥の段ボール箱から引っ張り出す。
まず娘夫婦が到着。宴会の前に、外構工事の契約をするので表札のロゴをきめる。
次に妹夫婦獺祭持参で来宅。黒豆やら林檎入りの金とんやら手作り料理もいくつか持ってきた。
向かいに行くはずだったあっちゃんとれいちゃんには自力で来てもらうことに。
彼女たちがくる前に始める。ビールで口をしめらせてから獺祭を開ける。
ホシノのおせちを中心に煮豚、角煮、松風焼、筑前煮に柿なますは妻と母の手作り。
今年も黒豆対決。やはり軍配はわかさんに。材料が丹波篠山黒枝豆だもの、勝つに決まっている。
豆そのものの味がしてかおりも良い。母のは、なにより仕上がりが美しい。味だって悪くない。
しかし、格が違う。きんとんがまた美味い。林檎とよくあうのだ。
ようやくあっちゃとれいちゃんが到着。おまわりさんに道聞いていてワインを落として割ってしまったらしい。でも、シャンパーニュを1本持参。スパークリングワインではなくシャンパン。
やっぱり美味しい。あっちゃんは黒豆と
学生時代のあっちゃんの話は娘にはたいそう面白かったようだ。巨大つば付き帽子と全裸とB&B笑ってる場合ですよととぎす教団でがっぽがっぽ。
わかさんはとうだいきってのズラ探偵。こーねりあすもほしのも疑惑。
大先輩であるかまやつさんの話になって、のーのーの礼賛、しんちゃんの卵焼きから金太郎温泉へ。そして、スパイスコレクターであるわかさんの話になって大団円。
日本酒は匠の心に。


cauliflower at 01:34|PermalinkComments(0)

December 31, 2017

大晦日、今年もよく働いた

休みの日のルーティンの前半。10時になったので、まずshimizuyaさんへ。
例年通りテントが張られていて、未成年と思しき女子2名と小学生男子1名が対応中。
年越しそばと天ぷらの追加ができるかと尋ねるとOKと、よかった。
妻とくるまでほしのへ。おせちのピックアップ。すでに店先には何人か並んで待っていた。
妻曰く、ほとんどが常連さん。お店の常連さんなのかおせちのじょうれんさんなのかはわからない。
帰宅後すぐに白い2段重をあけてみる。
中央の大きな伊勢海老を囲んで、数の子やかまぼこ、いくらなどのおせちの定番が並んでいる。
シンプルでほっとする感じ。でも、これは3人分ですね。
昨日積んでおいたのでタイヤやかたへ。冬タイヤと交換。作業を待ちながらスピノザを読む。
灯油を入れに行く。また、少し上がった。お昼用にセブンで肉まんと豚まん&唐揚げ。
ルーティンの後半戦。ついでに風呂洗いも。自転車でプリント用の紙を買いに行く。
そこで、年越しそばをピックアップしにいく。
shimizuyaさんのお店の前にはお店で食べる人が並んでいる。テントの前にも数名。
スピノザの解説の続きを読む。ほんとうに自分でも驚くほど胸に落ちてくる。
娘夫婦が来宅。写真撮った新居のクロスなどを見せると二人は喜ぶ。
女の子バージョンにしたところはちょっと後悔していたみたいだけど。
娘の夫が面白いチーズとスモーク、グルメ缶詰を買ってきたので、ワインを飲もうとしたのに、コルクスクリューがない。自転車飛ばして買いに行くがどこにもない。結局数年前ど同じで酒屋にもらう。
夕餉は、年越しそば。もちろんか寒いのでみんな汁蕎麦にする。
くるまで送って行って、風呂上りにおすぎの原稿を読む。
紅白のアムロちゃんを見る。デビュー25周年ってすごくないですか。もう子供は二十歳過ぎですよ。


cauliflower at 00:50|PermalinkComments(0)

December 22, 2017

今年最初で最後の利き酒の会

朝一で日本女子大へ。生田キャンパスの方。向ケ丘北口からスクールバス。
おすぎはきたけれど、だいぶつらそう。転んだのが原因で坐骨神経痛を発症したのだという。
運転手に行き先と自分の所属を伝えると入構証をくれる。そのまま東門をスルーして研究棟へ直行。
たかしさんと合流。おそるおそる先生の研究室へ。心配は取り越し苦労だった。
非常にいい人で、話も弾む。質問事項の通りに話してくれた。そして、なんとポートレイト撮影もOK。
ダメモトでたかしさんに同行してもらって正解。ただ、自然光で撮ることになったけれど。
成城で下車して、石井で買い物。生春巻きとかシューマイとか。
成城飯店で餃子定食。あんがいっぱいが6つ。
スープは中華そばつゆっぽいが、杏仁豆腐もついて890円は安い。
事務所に出て、今夜エントリーする酒のリストをつくる。
ゆこりんがきたのを確認後、おちよさんとまるがめで天ぷらとコンビニで水を購入。
モリッシーが一番乗り。続いてoin、さかもっちゃん。すでに開始時間を過ぎているので始める。
oinさんは、自宅の近くの鮮魚店でいかにもあてというようなナマコとかあみとか。美味し。
まず、醸し人から。これは差し入れ。すっきりと爽やかなワインのような味わい。
それから、2杯づつ。遅れてeri。1時間間違えていたらしい。彼女は聚楽第を差し入れ。しかも、うんと高い方を200mml、2本。確かに美味い、そしてなにより優雅な味わい。


cauliflower at 23:47|PermalinkComments(0)

December 19, 2017

ランチをやめて昼のみ可の店で忘年会

朝一でオリ。ゆうこりん担当の原稿のFB。たーさんから口頭で聞きながら。
そのあとセッキーから1の医療のFB。フッジーは、c.c.がつかない自身のメールに驚く。
岩盤焼きハンバーグはマジ美味し。
事務所に戻る。簡単な事務作業の後、若林へ。からだの一部のめがねやさんと打ち合わせ。
ちあきさんとやまさん1年ぶりの再会。やまさんはあいかわらず話すことが好きなひとだ。
15時に初めて終わってみれば17時半。博物館をちらっと覗いて、そそくさと事務所へ。
お千代さんとちあきさんとでつくしていへ。今年の忘年会、おすぎは自転車で転倒し負傷。
ダゲはダブルブッキング。なぜうちの方を選ばないのか。
日本酒を飲みまくる。冷やと燗酒。
りさくさんはたけやまさんさかもとちゃんいなちゃんダゲさんの話で盛り上がる。
りつおさんはいまいち覇気がなかった。やっさんが途中から参加。のんあるびーる派だった。
かわりにちあきさんは、オリの仕事をなぜ自分にまわさなかったとしつこくからんできた。
ゆうこりんちあきちゃんさかもっちゃんでざじで2次回。

cauliflower at 00:09|PermalinkComments(0)

November 12, 2017

いつも食べるためにだけ行く市民祭り

日曜日のルーティンをこなし、本日予定しているミッションの確認。
妻から市民祭りのお誘い。こういう誘いは二つ返事で応じる。
自転車で向かうも市役所の駐輪場はいっぱいなので、市民グランドにとめてほしいとポリスマン。
半分引き返して、臨時の駐輪場に置き、まずは1小グランドへ。
野菜の宝船の前には、すでに列ができていた。
新潟の牛カルビのくし焼と燻製鶏。屋台に直行するのが我々の流儀、なんちゃって。
福祉団体の屋台でカレー焼きそば。これは後悔でした。
妻が茶葉を買いたいというが、今年はその手の店がないみたい。
会場は市民グランドでスポーツ競技やこどものためのプレイ、一中では市民団体や友好都市の屋台。
それとライブ会場に野菜の品評会。
品評会には、大家さんも出品していた。さすがに入賞した農作物はどれも形が綺麗で色艶もいい。
市役所前の鉄板焼きの出店で牛すじの煮込み料理やソーセージのホットドッグ。
やっぱり食べるのが中心の市民祭りでした。
帰宅後、ミッションに取り掛かる。夕食を挟んで、仕上げて、先生に送って終了。


cauliflower at 09:46|PermalinkComments(0)

October 15, 2017

みなさん満身創痍、ぼくは元気で酒がうまい

日曜のルーティン後、仕事を少々。
例のデザインレイアウトの再考。もうちょっと極端なアイデアでもよかったんじゃないか。
14:12発ではるひ野へ。北口を出て10分ほど歩くとありましたキャラバンサライ。
ドアを開けるとりっちゃんが一番のり。ここはペルシャ絨毯のほかに雑貨も扱っていて、
りっちゃんは娘さんにプレゼントすると綺麗な小箱を購入。
続いて尚子さん(じつはこの店の上層階に住んでいる)、ぎんこ、少し遅れてmasakiさんと奥方登場。
彼は奥さん曰く病気のデパートだそうだ。腎臓で一つ摘出、糖尿で治療中。
顔色はいいしあいかわらず朗らか。言われなければわからない。
奥方は著述家。ぼくの好みそうな本を書いている。
ぎんこは、胃を全摘。いがないからだ。聞くと、胃は消化器官の一つではあるけれど、
もっぱらためる場所。とっちゃっても飲んだり食べたりできるらしい。
もう飲めないようと悲しい声をだしていたはずなのに、最近は酔っ払いとして復活を遂げたらしい。
りっちゃんは顔面神経痛(ほんとうはそういう病名ではないが、症状は似ているらしい)。
はぎまこちゃんは、会うたびに夢中になっているものが異なる。今彼をとりこにしているのは登山だ。
やれ穂高だ槍だとりっちゃんに話すが、りっちゃんは楽しそうだ。
ヘラブナはあっとうまにりっちゃんを超えたし、今度も山男でりっちゃんを超えるのだろう。
ベルギービールに始まりチリワインから焼酎へ。
さすがに酔っ払った、おひらきになった後のことをほとんど覚えていない。
妻に怒られて目をさます。布団に大の字で寝ていたらしい。
風呂に入ってすぐに寝る。しかし、どうやって帰ってきたのか、われながら感心。


cauliflower at 23:01|PermalinkComments(0)

September 10, 2017

はじめで最後の地鎮祭に施主として参列

朝一でジョバとヘインが来宅。こたつと絵をぴックアップ。ジョバくんの家にもっていく。
掃除などのルーティンの後、娘夫婦の来宅を待って、妻母も一緒に現場へ。
すでに神主さんは来ていて、祭壇も設営済み。神様へのお供え物やお神酒もすでに準備されている。
Aquraのtokoさんと現場監督に挨拶。
地鎮祭を行う。施主へのおめでとうの言葉。なんだか、変な感じがする。
祝詞をあげ、お祓いをして浄め、施主と施工業者が立砂に斎鍬(鍬入れ)斎鋤(鋤入れ)をする。
「えいっ!」と大声をあげながらやるものらしいが、施主の2人は、恥ずかしがり屋で小声。
再び祝詞をあげ、今度は列席者全員で玉串奉奠(たまぐしほうてん)。
これは、榊の小枝に紙垂(しで)をつけたものを神様に捧げる儀式。
二礼二拍一礼。そのあと、施主が土地の四方に紙吹雪をまく。
全員がお神酒を口にして、終了。
これから、もうやることもないだろうが、一度は経験してみるのも悪くない。
現場で、今後のスケジュールを確認。現場監督から、工期が延びる可能性のあることが示唆されると、みんな一斉に反発。とくに母は、強く反対の意をとなえる。
おそらく外構工事がポイントになる気がする。
いつものように、shimizuyaさんで食事。
今日は、土日限定の小そばをいただく。そばの絶滅種らしい。
やや黒く強いコシと細切りが特徴。ほのかに蕎麦の香り。
少し昼寝などして、玄関のニッチの変更をtokoさんに伝える。
LC北見が平昌五輪出場を決める。
桐生の9.98秒とfujisawaさんのカーリングがスポーツのトップニュース。


cauliflower at 18:32|PermalinkComments(0)

August 19, 2017

一枚板の座卓の貰い手がつく

朝一で妹がやってくる。旧宅で座卓とエレクターをheinが自宅へもっていくため。
旧宅へ行くと、もはや柱だけ、といった感じ。壁もない。
玄関側の木は、オリーブの木のみ残すことを確認。
南側は、梅と擬木と灌木を撤去してあとは残す。仮住まいの段ボールの中身をチェック。
2階の洋室を整理。猫どものトイレの位置を変える。
12時前にジョバ来宅。納戸の整理。
父の絵を棚の上に移動。保存し、新宅へもっていくものを奥へ、廃棄するものは手前に。
TVの工事が終了し、上下2系統。Rikyoの成績付け。


cauliflower at 23:20|PermalinkComments(0)

August 13, 2017

借り住まいへ引越し

引越しの日。8時過ぎにサカイ来宅。4t2台。4人あとで2人追加招集。それから夕方にかけて、次々に持ち出す。母の居室には、まだ全然手がつけられていないところがいっぱいあった。それから、日が落ちるまで、サカイは猛烈に働く。そして、仮住まいは、あっというまにダンボールの山岳地帯に。

cauliflower at 23:02|PermalinkComments(0)

July 20, 2017

イラストが上がったきた

fujiさんからメール。ueysmaさんの原稿のフィードバックの準備ができたとのこと。
sugiさんの原稿もフィードバックできると。25日か26日。
彼らは一人づづ個別に、でもぼくもfujiさんも両方に付き合わなければならない。
お昼にオマチマンとサヨちゃん来社。大須のイラストが完成。
緻密度は、過去最高かも。サヨラマ面目躍如。
オマチマンは23時間走って東京だって。
スペイン料理へ連れ立って行ったら、秋田でも行きつけのスペイン料理店があるとのこと。
ラテンアメリカのtamuraさんから執筆快諾のメール。
ラテンアメリカとコーヒーはよく合う。

cauliflower at 01:09|PermalinkComments(0)

April 17, 2012

告別式、出棺、そして初七日

朝 菓子パンとコーヒー
昼 鶏の照焼き弁当
夜 刺身と寿司


cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)