グルメ

March 30, 2020

よそのうちのカレーはなぜ美味しいのか

朝方トイレに何度も起きる。7:20起床。シスターズとお祖母様のお掃除とご飯。請書類の確認をするため、10:30に出社。何度もメールの文面を読むが、やっぱり意味がわからない。お千代さんにこんなメールが来たんだよ、と伝える。これは、soさんが昨年の見積もりの数字を見間違えたんじゃないか、つくまり、営業費とかの数字を消費税と勘違いして、それで税込みの合計を見積もりに記載してしまったと問いわけだ。確かにその可能性はある。それで、Tへtelするがやはりリモートワークで出社していない。すぐに、ケータイにtelするが不在。仕方がないので作業をする。enちゃんが原稿を上げてきたので読む。期待通り。こういうエールを送るエッセイが、このコーナーには一番ふさわしい。昼過ぎたところで、macを持ってでる。バーガーでランチ後帰宅。途中shinanoyaでデュアーズ2本。帰宅後、soさんにtelして判明。電話番号が違っていたのだ。soさんと話すと、やはり彼の勘違いだった。金曜日に本ちゃんを送っておいてよかった。あれがそのまま生きるから。これで解決。家のmacの発送準備。といってもほとんどやることはない。改めて原稿を読む。その後浅草の資料を読む。リードはやっぱり被っても鉄道のことを書くべきかもしれない。夕餉は、fuliくんのお手製カレー。辛い中に、ほのかに果物の甘みが混じって美味しい。家庭のカレーはどれも違っていて面白い。明日は、妻が作るようだが、黒豆ならぬカレー対決が定番になるといいと思う。何年振りかでann sallyのニューオリンズ・ジャズを聴く。夜は、昨日の続きでヅカ。

cauliflower at 22:49|PermalinkComments(0)

March 21, 2020

多摩川の五本松まで、散歩はひさしぶり。13000歩。

スカーレットを見るために起きる。朝食は、昨夜の残り物がたくさん。ポトフに、イカフライにソーセッジ。土曜日のルーティンはフルバージョン版。たっぷり時間をかけて。途中でりつをつれて男三人集で家の周りを散歩。はじめohzekiさん家の方へいくが、引き返したというので戻る。今度は5小の方へいくが、すぐに抱っこをせがむのでパパがだっこして桜の下へ。おろして歩かせるが、もう戻りたいというので、Uターン。まぁ歩かないよりはいいが、もう少し歩いてもらいたいとじじは思うのであった。かえって、ルーティンの続きをやる。午後は、二階とkomae方面。ベビーカーで寝るかと思ったら、なかなかしぶとい。残念ながら、ペーペーはとうらず、たっきゅうばかり。ふろんてぃあでらんち。僕はペペロンチーネのセット。パスタにはソーセージも入ってました。スープとドリンクとデザートもついてきた。生クリームがのったスポンジケーキ。りつは、ようやくいつもの調子が出てきたみたい。なつのサーモンクリームと妻のカルボナーラをもらったスプーンでくちにかきこむ。りつに少しあげる。そのあと、いずみたまがわへ。odakyuのグッズ屋へ。ママにテツシタと乗車員の制服をぷりんとしたTシャツ。ぼくは、くじ引きをまわして、odakyuシールセットがあたる。komaeまでもどる。OXのカルディで買い物。2階は図書館に行くもコロナ対策で入館禁止らしい。途中で合流。帰宅後。本日の夕餉は、OXでかった宇都宮餃子とコロッケ。がんもどき・にんじん・蕪の煮物&赤ワイン、プレモル。食後にfuliくんが母の誕生日にとケーキを買ってくれたので、ご相伴にあづかる。ぼくはショートケーキ。りつに生クームの部分を少しあげたら、何度ももらいにくる。あげくのはてに、キッチンにかくれてじいじいと呼ぶ。ぼくが探しに行くと、うれしそうにそんなぼくをからかうようにテーブルに向かいショートケーキを摘もうとする。なかなかこさかしいてを使うものだ。ワル知恵に目覚めさせてしまったらしい。夜は、おしんの最終回。最後の最後で、店をむ買い取ってもらって、イチ文無し、借金地獄し免れたが、ゼロからの再スタート。母は昭和53年に退職し、朝ドラを見ることができるようになって、昭和55年のこの放送はずっと見ていたらしい。高度成長期からオイルショックまでの激動の時代を描いたドラマとして、じつに良く描けていたと思う。橋田壽賀子の本の勝利だ。

cauliflower at 22:53|PermalinkComments(0)

March 20, 2020

お彼岸なので父の墓参り、帰りに苺大福

休日のルーティン。kinoshitaさんから快諾をいただいたが、内容について、提案もいただいた。僕だけの判断でもないだろうと星人にメール。助言をもらうが、彼女もいいのではと。率が降りてくる。昨夜もどして、家族や妻を心配させたが、今は少し元気を取り戻した。外を少し散歩するが、すぐに引き返す。fuliくんがマクドへいくというので、ぼくらのお昼も買ってきてもらう。てりたまとポテト。そのあと、返信のあったメールに再び返事を書いて、自転車で出かける。しまほに自転車をおいて、京王線で次の駅まで。そこから、徒歩でzonmyojiさんへ。途中花を買う。寺町通りだからか、花屋が5軒近くあった。あと果物屋が2軒。今時果物屋自体がないのに。これもお供え需要か。徒歩だと20分くらい。まず、会費を払い。それからお参り。マンションタイプだとなんか墓参りした気がしない。再び徒歩で引き返す。お寺の前のバス停でひとりおばあさんが待っている。ずいぶん遅れているらしく、定刻をすぎているのに来ない。ぼくらは、そのまま歩いて帰ると、旧甲州のあたりでやっとバスとすれ違う。遅れていてのではなく、バスは定刻通り走っていて、次のがまだきていなかっただけだったようだ。おばあさんは甲州街道が渋滞らしいと誰かが言っていたというが、おばあさんはその言葉をすっかり信じてしまったらしい。商店街で苺大福と塩大福、それから精肉屋の評判のコロッケとメンチ、イカフライを買う。電車で仙川へ。しまほでモーちゃん用のえさを買う。自転車で帰宅。ものすごく眠くなり、机に突っ伏して少し寝る。夕餉は、いかふらいとメンチにポトフとバケット&プレモルと赤ワイン。イカフライは、いかがふっくらしていて美味しかったしポトフには大満足。

cauliflower at 22:41|PermalinkComments(0)

March 19, 2020

中華を堪能、初のビンテージ紹興酒

事務所に出て、一本メールをする。インタビューの依頼。用意をして取材地に向かう。その前に、バーガーキングのワンコインセット。ここのポテトは🍟美味いと思う。神泉下車して青葉台タワーへ。ふるさとちょいすのインタビュー。ぼくはカメラマンですが。終了後、事務所に戻って、資料整理。祖師ヶ谷大蔵へ。やまちゃんと会食。今日は中華。きをてらった料理はなくて、どれも普通に美味しい。前菜盛り合わせ、蒸し鶏のラー油ソース、蛍烏賊、豆苗、大根のピクルス、チャーシュー、卵とじ五目春巻き、信州サーモンと九条葱の甘辛煮、金華豚バラ肉の塩麹煮込み、福建あんかけ炒飯、本日のデザート と10年ものビンテージ付き紹興酒、堪能しました。

cauliflower at 00:13|PermalinkComments(0)

March 17, 2020

横浜駅前のファッションビル内にある居酒屋でぬる燗をいただく

午前中、企画書の暫定版をつくりお茶を濁す。でも、とりあえず送っておいてよかった。中途半端て゜はあるものの約束は果たせたからだ。お昼は、妻がお弁当を買ってきてくれた。唐揚げ弁当。15時過ぎに出て登戸経由で武蔵小杉、横浜まで。バス停に座っていたら、星人がくる。彼女も、同じルート。横国へ。大学構内乗り入れのに乗ったら、大学中央は、停留所の目の前。指定された応接室へ。ここもエレベーター降りて目の前。すでに先生は座っていた。早速インタビュー。なかなかインパクトのある先生だ。どこかで聞いたことのある声の感じ。メディアだったか本物だったか忘れたが、確かに耳にした声だ。時折、自分の言動に反応して、薄笑いをする。これがどこかで見たような(あったようん)気がするのだ。あらかじめレジュメを作っておいたので、それを参考にどうしても伺いたかったことを尋ねた。ほぼ、こちらの質問に答えてくれた。寄付かリターンを求めての投資・融資か、大きく二種類に分けられる。僕自身寄付にはあまり熱心ではないので、寄付したいと思う心情はよくわからない。しかし、世の中の多くは、けっこう寄付したがっているようなのだ。確かに行動経済学に注目が集まるのもわからないでもない。こうした他利的行動の動機を研究するのは面白いかもしれないが、当事者である本人たちはそうしたことにはむしろ関心はない。クラファンの原理的な研究が少ない理由もここにある。と、先生が自ら言っちゃいけないんじゃないかしら。循環する帰りのバスにちょうど間に合った。駅まで20分くらい。終点で下車。星人がモアーズに燗酒の店があるので、寄っていかないかと誘われる。迷わずに同意。ぬる燗と銘打って店名にもしているくらいだから、やはり迷わずぬる燗に。ぼくは乾風、宝劔、彼女は庭のうぐいす、春鶯囀、肴は、季節野菜の浅漬け、エイヒレ炙り、串おまかせ、ホワイトアスパラ山菜天麩羅。最近、出張も一緒になることがないので、こうして呑むのもひさしぶりなんて話ながら。1時間を少し回ったくらいでおひらき。東横線小杉乗り換え南武線という来たルートを折り返えして帰宅。夕餉は、おかずとあさりの味噌汁をいただく。


cauliflower at 11:39|PermalinkComments(0)

March 12, 2020

誕生日に食べるのはもーもーちゃん

トイレが心配で、事務所に着くなり確認。すっかり水は引いていて、ペーパがごそり。一気に流すと、きれいに流れ落ちた。何度か試したが、水は快調に流れる。ただ、帰るときわかったのだが、小を回すとOKだが、大だとつまるみたい。koikeさんにtelする。今、すごく詰まっていて、大至急きてほしい、とはいかないみたい。明日も怪しくて、週明けになる可能性もある。確認のメールなどしてから、ランチに。寿司にしようかハンバーガーにしようか、と悩んでいるうちに、なぜかステーキ屋に。しかも200g。100gじゃちょっと物足りないが、200gはやはり重い。150gが適当。新メニューとして採用してほしい。事務所に戻って、さかもっちゃんから送られてきた駅前の写真7点をDL。今回は、都市の写真になっていて、ぼくには80年代の空気が漂っているように見えた。ただ、1点となるとやはりまつやと浅草駅だ。メールを書く。読書はうちでもできるので帰宅。amazonから久保さんの著作2冊とやまぎわさんの対談集(新書)1冊。久保さんのを拾い読みする。夕餉はついにすき焼き。ゆりむのお返し。さすがにいい肉だった。600gを5人で。65歳の誕生日にうしをいただく。すき焼きといえば、ネギと春菊と糸こんにゃくと豆腐。ほんとは麩も入れるのだがストックがなく、残念ながらoff ?!。食後にショートケーキ。いちごが一個まるごと乗っている。スポンジケーキのなかにもぎっしり。ケーキの部分よりいちごの体積が優っている感じ。妻が、慈恵医大の向かいの洋菓子屋で買ってきた。

cauliflower at 23:42|PermalinkComments(0)

March 01, 2020

買い物と候補者選び

妻がぼくより早く起きてねこのトイレとかやってくれていた。聞くと、昨夜酒を飲まず、早く寝たので朝方1時間おきに目が覚めたらしい。熱はまだ少しあるようで、すでに3日続いている。ころなでないことを祈るばかりだ。母もまだ熱があると言ってるし、在宅の方がリスクが高いかもしれない。朝食後日曜日のルーティン+風呂の掃除。談話会の候補者選び。一昨日買った本を参考にして、やはり、2名を加えて、5名新規にエントリーすることにした。お昼は、担々麺のカップ麺と昨日買ってきたおいなりさんを半分ずつ。食後妻と歩いて買い物に。2階は、経堂へ行ったらしい。ここからへ寄って、信濃屋へ。デュアーズを2本買ったら、カードのタメがなくなって、現金を足すことに。さみっとへ。こっちにはおはぎがあった。母に買って帰る。帰宅後、再び続き。夕餉は、うどん。みつせ鶏とおあげさん。さっぱりすっきり系の汁がすごく旨かった。それとプレモルは、今日も僕1人。きりんを2階と見た後、さらに残りをやる。なんとか、11時半に完成。Tへ送って終了。


cauliflower at 23:58|PermalinkComments(0)

February 14, 2020

やっぱり4本はムリだった

起きるとつきちゃんうんちちゅう。困るな、臭いし。もーちゃんも待っている。朝食の準備をすると、りつが降りてくる。きょうはご機嫌いいみたい。僕は、いつもより早めに出る。まず、danの請求書関係。でも印刷費が来てないのでペンディング。原稿に着手。時間かかるんじゃないかと思っていたら、わりとスムースに進む。ランチは、パスタ。新玉ねぎと生ハム。これは美味しい。午後は、花壇。これも意外に早くかけてしまう。もしかしたら、4本いけちゃうかも、って思ったけど、やっぱりムリでした。でもノルマは達成。僕としては上出来だ。夕餉は、てっちゃん。ちょっと高いけど、美味しいからね。ハイボールは、美味しい方がいいや。

cauliflower at 10:53|PermalinkComments(0)

January 23, 2020

今回も正解。こんなところにいいフレンチがあったとは…

国立のフレンチ。今回はみちに迷ったりしませんでした。一番乗りで、次に来た旦那さんに、今日はちゃんとこれましたか、と聞かれる。19時には全員揃う。まず、シャンパーニュで乾杯。アミューズから洒落ている。肉料理は頬肉のワイン煮。料理は申し分ない。奇をてらったメニューはないかわりに、きわめてオーソドックスな料理を申し分ないサーブで提供される。魚と肉の間にシャーベットが出る。そして、デゼールの前には、チーズの盛り合わせ。ロックフオールもシェーブルも美味しかったが、ハードタイプのコンテが美味かった。今日のワインは、ボルドーの白とローヌの赤。両方とも申し分のない味わい。ヅカの話ができて満足。帰りに僕らの話を聞いていたのか、オーナーシェフが「この前mayamikiさんががいらっしゃいましたよ」と。mayamikiがこのあたりに住んでいるとは知らなかったが、おそらくジェンヌの間では人気の店なのかもしれない。

cauliflower at 01:19|PermalinkComments(0)

January 16, 2020

抜糸された前脚は痛々しいが、本人は喉を鳴らしている

つきちゃんを横浜の病院へ。彼女は、ほんとうにおとなしい。静かに、こっちを見ている。ピックアップの時に使ったルートを行く。これまで2度30分程度と早く行けたが、今日は、多摩堤通りが二子までやや渋滞。まぁこれが普通なんだろうが、環八に出るまでに約束の時間にはつかなそうなので、妻にtelしてもらう。しかし、環八から三浜に入ると空いていて、結局10:40ちょい過ぎにはついてしまった。駐車場がいっぱいで隙間に停めることになって少し時間をとられる。つきちゃんは順調に快復している。今日は、抜糸して包帯も取れた。怪我剃られて手術跡も痛々しいが、本人はわりとけろっとしている。先生も喉をゴロゴロしていると驚いていた。次回からそれいゆで、と思っていたら、もう少し見ていたので次回もうちに来て欲しいと。会計をして、13000円。受信料が5000円。レントゲンもとったし…。それで納得。患者とはいえお客様だ。みすみす5000円を逃すわけがない。さすがイケメン先生。商売上手。病院を出て、いつものコースでIKEAへ。早めのランチ。今日は、牛の頬肉の赤ワイン煮をいただく。妻はローストビーフといつものケーキ。2人で4433円。ファミリー会員だと100円引き。あまり嬉しくない。今日は、ミートボールなどを買って帰宅。すぐに、自転車に乗って印鑑証明を取り、三菱UFJにどっさり入金し、ファミマでねじまき鳥のチケットゲット。帰って、シラバスのお清書。と思っていたら、なんと英訳をつけることになっていた。あわてて、昨年のシラバスを検索する。昨年は、教務が英訳してくれていた。今から辞書引きながら、あるいは自動翻訳で英文をつけていたら、明日どころかいつ終わるかわからない。今年、1、2の構成を大きく変えたが、その趣旨説明はほとんど変えずに、去年の英訳を流用することにした。これですっかり疲れてしまった。りつが帰ってくる。風呂に入る前に、僕の机の前でひとしきり遊び、離れたくないと泣き喚く。夕餉は、僕だけうな丼。昨日みんなは食べて、僕の分を残してくれていたのだ。肝吸いも。太っているわけではないが、ふっくらしていて肉に甘みもあってとても美味かった。

cauliflower at 00:05|PermalinkComments(0)

January 12, 2020

動物見るより新幹線、そして土産は新幹線の靴下

目覚ましが2つ、両方とも設定時刻は違うけれど、ちゃんと作動して大きな音をたてる。朝食のあと今日はレイコップと風呂掃除。掃除は、明日。11時40分に家を出る。今日は、2階といっしょに電車で吉祥寺に行く。吉祥寺に着くと、まず食事をしようとマルイの7階にあるMUJIのレストランへ。少し並んでいたが、10分もまたないうちに席がとれる。4品のランチ。デリの中から、4つ選ぶ。ビーフシチューと卵焼きとカリフラワーと鶏肉のカレー炒めとレンコンの肉詰め。それに白飯と味噌汁。早速りつに白飯と鶏肉を献上。すぐにばくばく食べ始める。そのあとがすごい。ずっと食べ続ける。小皿にとりわけてなくなると足す。すぐに口に運ぶ。というぐあいに、大人4人が食べ終わるまでりつは食べ続けたのであった。そのあと、いよいよ井の頭自然文化園の動物園へ。傘をさすほどではないにせよ雨が落ちてくる。入口を入るとすぐにモルモットふれあいコーナー。すでに長い列ができている。ふれあいはあとにして、ヤギ、カピバラ、カモシカ、ヤクシカ、オオコウモリ、テン、キツネ、ムササビ、タヌキ、アナグマ、マーラ、ヤマネコ、アカゲザル。そのあとスポーツランドの新幹線にママと乗車。八の字の線路を3周する。一番前に乗っているが、なんか緊張気味で楽しそうな表情ではない。そのあと消防車に2回乗る。ネズミのいるセンターでオムツ交換。アトレ吉祥寺内のトレ二アート。鉄道グッズ専門店。りつに僕はスプーン、妻は新幹線の靴下。ママは、Tシャツ。kitamiのサミットで買い物。夕餉は、みつせ鶏を入れたみつせ鶏スープの鍋。五輪アジア最終予選対シリア戦。1対2で敗れる。2戦2敗で予選敗退が決まる。


cauliflower at 23:53|PermalinkComments(0)

January 10, 2020

もう15分はやければ一緒に食べることができたのに、残念至極。

はなもゆきも快食快便。じいじの朝は忙しい。つきもケージの中で動き回っている。出社して机の上を見ると、またしてもohmura先生宛の封書。再送した住所も違っていたということか。これは、星人が印字したもので、そもそも間違って表示されていたのだった。昨年の10月4日に、打ち合わせに行った場所の住所をそのまま書けばよかったわけだが、それが見当たらない。星人曰く、僕が先生とメールのやり取りをして、その返信メールに住所が記載されていたという。先生とやりとりしていたのは星人だとばかり思っていた。物忘れがひどすぎる。そんなだから、お千代さんに最近ボーッとしていると言われてしまうのだ。執筆に早く着手したいのだが、もう一つ気になっていた方に取り掛かる。塩の原稿依頼。まずは、美味しいから。京都のお姉さまに依頼、次に、大津のお兄様へ。文面をほぼ共有しているので、メアドと依頼内容がわかれば簡単だ。麦が主演する春樹劇場の予約サイトにアクセス。昼間の公演だが、ほとんど完売しているシートに、ポツリと空きがみつかる。早速ゲットする。生麦を見るのははじめて。妻からHospitalが異常に混んでいて、まったく終わる気配がないので、先に行っていてくださいというメール。45分になったので、3人でkamuiへ。日替わりは、鰹と炙り烏賊ゲソの炒め物。鰹のたたきがこれでもかこれでもかと持ってある。今までに食べたことのない料理。食べ終わってお会計をしようと思ったら、妻がやってきた。もう少し早くきてくれれば一緒に食べられたのに。彼女は、五目餡掛けそばを注文した。席に座るのを見届けて我々は事務所へ。danのスケジュール表をつくる。こうやってつくってみると、現状がよくわかる。かなり厳しい。そまさんとおすぎとボッチャに送る。

cauliflower at 19:16|PermalinkComments(0)

January 08, 2020

年をまたいで原稿依頼。いずれも快諾で順調な滑り出し。

りつが保育園に行く8時前は、まだ雨は降っていなかった。振り出したのはその40分後ぐらい。黒白は餌をもらいにきたが、全てらげるとどこかへ行ってしまった。雨の中を出社する。昨日原稿を依頼したmiura先生から快諾をいただく。なんと現在ロスに滞在中。HPを見て、バックナンバーのラインナップがすごいと褒めてくれた。著作の延長戦のような原稿依頼だが、依頼に沿う形で執筆するといってくれた。昨日のminatoさん同様に、shimizuさんから正式な依頼書を送ってもらうことに。日本政策金融公庫からtel。書類を見たので、来週面会したいという。ochiyoさんに報告。ランチはkamui。日替わりは鶏と大葉、カリフラー、スナップエンドウの塩炒め。カリフラワーは言わずもがなだが、大葉の香りがいい感じに鶏肉に馴染んで美味かった。緑の台割りをつくりチェックしてもらう。2p増やす提案は、予算の都合で却下。代わりに2p減らして、結局増減なしの昨年と同じに。danのmatsuura先生のデータ起こしの後半を読む。やはり、著作をもう一度詳細に読むべきだと認識する。昨日と同じ時刻に帰宅する。

cauliflower at 19:20|PermalinkComments(0)

December 27, 2019

迷った末にぼうっと光る灯籠を発見

朝HORIGUCHI。今日は、星人の分。ニューイヤーとロス・クレストネス200gづつと決めていた。ニューイヤーはまだ飲んでなくて、なのに推薦するのは憚れるが、極端にはずれることはないと思つたので。事務所について、事務所では、年内最後のコーヒーを淹れる。質問シートをつくり始める。予定では、午前中に終わるはずだが、ランチ前で3/1。ランチは、カムイへ。はじめてここの油淋鶏をいただくが、まずいわけがなく、これが本場の味かと驚く。午後は続き。そして、約束をはるかに超えて。5時40分ほど。hiさまは御用納めですでに退社。教えてもらった個人のメアドに送る。皆さんにも送る。おちよさんと星人に挨拶をして、おちよさんに切手を貼ってもらった賀状を携えて退社。代々木上原に降りて、グーグルマップで目的地へ。ところが、そうは問屋がおろさなかった。激しく迷ってしまった。道が左右にも、上下にも入り組んでいる。途中まで行って、これはぜったいに迷うと思いもう一度出発点に。地図の公園を地上に発見。それを頼りに歩いているうちに灯篭を発見。なんとかたどり着く。すでに3人はビールを飲みつつ前菜をつまんでいた。ここは土鍋料理の専門店。突き出しが、白飯なのだ。お茶碗に一口大のごはん。なるほどそうきたか、である。やまちゃんは、ほぼ回復したらしくそのあとの日本酒も普通にたしなんでいた。お造りとアボガドと肉の和え物、ローストチキンのお寿司などを次々に頬ばる。酒は、冷蔵庫へ案内されてお客が選ぶ仕組み。無名の酒蔵の酒が意外にうまかった。最後は、田酒。魚は鰆の照り焼き。いよいよ本日のメインディッシュ。土鍋がやってくる。ローストビーフとうにが乗っている。それをそれぞれにサーブしてくれるのだ。ウニご飯は、ローストビーフなしの方が僕は好き。最後は、グレンフィリットの13年をストレートで。ウイスキーをストレートで飲んだのは何年振りだろうか。香りも味わいも、そして何より雰囲気も、ストレートに勝るものはない。帰るとき僕がトイレに入っている時に事件が起きた。彼女はとつぜん床に戻してしまったのだ。体調がわるかったのだろう。この店は、料理のよかったけれど接客が素晴らしい。この事件の処理においても、お客を責めるどころか、むしろいたわってくれたのだ。ご老人の女性も心配しないで、気をつけておかえりくださいと。というわけで、とても満足なぐるめのかいになりました。

cauliflower at 18:46|PermalinkComments(0)

December 25, 2019

スペシャリストにアルバイトをお願いすると自分の立ち位置が変わることがわかった

りつはぽーとしながら保育園へ。僕は、HORIGUCHIさんたちより。おちよさんと会社用。たぶんまた、明日もくると思う。事務所について、wada先生の校正ゲラを確認。お千代さんから、宛名をプリントしたゲラをいただく。残念ながら、3箇所見つけてしまった。原稿の段階で、見落とした僕のミス。それはそれとして、フォントのポイント数と行のあきを変えたものを数通りつくってくれた。ハガキに合わせて、全体に少し小ささめなのもありがたい。少し早めに3人で蕎麦屋。寒いので、3人ともせいろはやめて、あったかい蕎麦。それと下仁田葱の天ぷら。大きなのが3本。葱の風味がほどよい。事務所にもどって、宛名をシールに印字しハガキにはる。ここでも、左右の幅を短くして、綺麗な仕上がり。ところが、シール用の紙の色がグレーで、ハガキの白地に貼ると、いかにも貼り付けたという感じになってしまった。僕は、そういうものだと思い気にならなかったけれど、お千代さんはかなりがっかりしたご様子。だいたい、この年賀状のラベルシールの仕事は、負担だったようだ。また、僕としても、こういうかたちのアルバイトをお願いしたことがなかったので、普段とは違った印象を持った。なんであれ経理関係の仕事は、専門性が伴うもので、常にお願い仕事だが、今回のはいわゆるアルバイト仕事。たのみかたも変わってくる。とうぜん仕事の評価もちがってくる。面白いものだ。まさちんの本を読む。後半の今回のインタビューのテーマにかかわるページは読んだのだが、前段のくだりはじつはちゃんと読んでいなかった。それもあって本気で読み始めたら、これがおもしろい。いわゆるまさち節全開なのだ。みんなもかえったので、僕も19時15分に切り上げて帰宅。

cauliflower at 22:56|PermalinkComments(0)

December 24, 2019

穴子とパエリアとコンビーフとチョコレートケーキと…

りつはベビーカーからこっちをずっと見ている。でも、何も考えていないいね。少し早く着く。さっそく、昨日の続き。思っていたより、早く進む。起きた時は、10時すぎまでかかるかなと思ったけれど、案外早く終わりそうだ。12時少し回ったところで出る。検索ルートに出てきた明大前経由で行く。一度戻ることになるので、損したように思うけど、じつはこのルートが一番早い。キャットニップを読みながら。1巻は、次々に病気になるしどんどん亡くなる。ちっともさわやかな気分にならないけれど、ねこちゃんたちとの距離は縮まっていく。出る前に、アイテムの少ないのを片付けていこうと思ったのが行けなかった。約束の時間には間にあわないかもしれない。でも、角の穴子めしの店に入ってしまった。客は1人。大将が話しかけてくる。たばことしおのひとがよく来るそうだ。観光ですか、と聞かれたので、そのたばことしおで打ち合わせなんですよというと、驚いていた。穴子は、夜食べるとまた旨味が増すらしく、そのわりに安く提供していると自慢顔だ。いい酒もありますね、というと、いやいやメニューにのせてないのもあって、といって九頭龍(大吟醸)の一升瓶を見せてくれた。ただなぜか、黒龍の箱に入っていた。あわてて、hatsusakaさんにtelするが呼び出し音が聞こえない。とにかく急いで向かう。それでも、5分遅れで着く。エレベータ出口で2人に挨拶。なんどもTELされたようですが、応答すると返事がないと。それはこっちのセリフですよ。そもそも、呼び出し中とメッセージがでるのに、肝心の声が聞こえない。こういうことが時々ある。事前に資料を送ってもらっているので、スムーズに進む。ふたたび、以前のスタイルに戻ったので、こっちとしてはやりやすい。同じようにプレゼンをすればいいのだから。行きと同じコースで帰る。事務所に戻って、再び続き。結局、予想通り19時には終わる。帰宅すると、fuliくんもいて、これからりつにクリスマスプレゼントをあげるところだという。大きな紙箱やつつみがいくつもある。でてきたのはぶりおという木製のおもちゃのジオラマ。駅とトンネルがついた、楕円形のテーブル。さっそく、ぺいぺいや新しく妻からもらったVSEを走らせる。みんなはもう食べ終わったが、僕は夕餉の時間。かえりにしなのやでかってきたドメーヌアザンプティ375mlをのみながらパエリアをいただく。コンビーフとスモークサーモンも。最後は、tadaさんからとどいてたチョコレートケーキ。今年は、軽くてふわふわで、これがまたとても美味しかった。

cauliflower at 00:04|PermalinkComments(0)

December 07, 2019

ちょっと贅沢なタンゴとフレンチのごはん

朝ドラを見るために8時前に起きるのではない。今日は、11:15に外出するからだ。土曜日のルーティン。レイコップはロングバージョン。ただ、りつがママと降りてきたので、少しかまう必要があって、メンテナンスは、レイコップもdysonも明日に持ち越される。いろいろ手間取り、結局11:30近くになる。ところが、駅にいてホームに立つと上り下りともに大幅な遅れ。9時過ぎに起きた人身事故によるものとアナウンスしていたが、今の遅れは、経堂で緊急停車の情報が入ったためとのこと。これはやばいかなと思ったが、青山一丁目に12:25に着く。青山ビルとは直結していて、会場のレストランはB1で入口入ってすぐ。社長に挨拶、受付の裏の二人がけのテーブル席。ハモンイベリコベジョータのリエット、マッシュルームのフラン、牡蠣のムニエル、サーモンの燻製ワカモレソース、有機野菜のサラダ、リブロースのローストビーフ、デザート、コーヒー、スパークリングワイン、赤ワイン。妻は、すべてがプティだという。でも、このくらいの方がいいと思うけどね。ぼくは、アルゼンチン風の肉料理の店というので、シェラスコ料理を想像していたが、ふつうのフレンチタイプだった。食後、ステージが見える場所に移動。ヴァイオリンとピアノによるタンゴの演奏会。オープニングはアヴェ・マリア(カッチーニ)。アヴェ・マリアが200曲ぐいあると聞いて驚いた。タンゴ(アルベニス)、エル・チョクロ(ビジョルド)、首の差で(ガルデル)、ヴィダ・ミーア(フレセド)、想いの届く日(ガルデル)、ジェラシー(ゲーゼ)、ボーデル1900(ピアソラ)、鮫(ピアソラ)、アディオス・ノニーノ(ピアソラ)&アンコール。ピアソラを3曲聴けてよかった。社長に挨拶して直帰。yoshida先生と、matsuura先生から、快諾のご返事。忘年会の日とその1日前の日にまとめる。

cauliflower at 23:40|PermalinkComments(0)

December 01, 2019

コーヒー屋と鍋とワイン

トイレに2度起きが、日曜日なので9時に起きる。日曜のルーティン&風呂洗い。昨夜の続きを少しやる。お昼過ぎ、2階とkomaeへ。まず、horiguchiで星人のとおちよさんへのお歳暮用を購入。どこでお昼にしようかと悩みfuliくんがBYカフェを下見したが満席。箱そばもアウト、結局マクドになる。いつもより少し贅沢してグラン・ガーリックペッパーとポテトとコーラ。りつがポテトをぼりぼり食べて、おやつ用の持参したパンも口いっぱいにほうばる。いったいこのこのお腹はどうなっているのだろうか。りつの食欲は、異次元だ。カルディでモンティアーノ2016が50%引き。正月用に購入。それでも2750円は清水の舞台から…である。2階と別れて、妻とぼくはOXで買い物。ペーパーを買い忘れたのでもう一度horiguchiに寄って帰る。自宅で昼の続きで、原稿と写真整理。インタビューとさかもっちゃんから送らせれてきた写真と一緒に鼎談の入稿。夕餉は餃子鍋。白菜、ネギ、人参、大根、肉団子と餃子。それと、OKでカリフラワーを買ってくれたのでいつもの蒸し焼き。それとプレモル。食後maekawa先生の原稿整理とqusumiくんへ1月号の締め切りを伝える。15日前後は、確か大きなライブがあるようなことを聞いているので、今回も締め切り間際で慌てそうだ。シスターズに寝る前のおやつをやる。今日はめんどーなので、タワーに二人入れたら、案の定ツッキーがユッキーのを横取りする。普段の食事は、ユッキーの方が旺盛で、ツッキーは細いのだが、おやつは逆だ。

cauliflower at 23:38|PermalinkComments(0)

November 27, 2019

字数が突然少なくなって、焦る。

今日は自宅作業。出かけるまでのワンセットを済ませ、早速執筆に向かう。改めて字数を確認。ぶっ飛んだ。たった2500wではないか。すでに2000w、しかも中心になる話題が登場するのは、まだだいぶ後。さてどうしたものか。うまくすれば、あと少し書けばいいので、早く終わるかもしれない。妻が、帰りにべっからいでパンを買ってきてくれた。ソーセージパンやポテト入り、それにピザ風味とか。朝のコーヒーは、ハイローストだったが、ランチはフレンチで。午後続きをやるが、思うように進まない。短くする方が難しいのだ。だらだらと書いたものを、丹念に削っていく。楽勝だと思ったらこれがなかなか難しい。途中で眠くなっちゃうし。後100時くらいになったところでりつくんご帰還。しばらくかまって風呂に入れるのを手伝う。ひとりで立って洗いやすくポーズを取ってくれるし、風呂桶に入れば、お湯をかけやすくしてくれるし、1週間見ない間に確実に成長している。風呂から上がって、今度は夕食だ。その後、みんなも食事。煮物もししゃもも美味かった。その後自分の風呂の後、原稿を仕上げる。割とリズムはいいと思ったが、mikiさまはどのように思われるだろうか。

cauliflower at 01:32|PermalinkComments(0)

November 07, 2019

先週観劇したはずなのに、憶えていないシーンがあるのはなぜ?

事務所に出る前にユニクロ。この前買ったシャツの白を購入。ノーアイロンはいいですよ。出るとお千代さん。彼女は添付ファイルを送るのが嫌みたい。でも一応塩の報告はしておく。ランチは、スペインへ。花組夜を観劇。18列21番は、左寄りのまんなか。この前より後ろだけれど、オペラがあるんで大丈夫。オープニングは、華やかでたのしい。フェアリー・テイルをよくると、まったく憶えてないシーンがあった。しかも、重要なシーンで、これ憶えてないのやばくない!?って言われそう。本の作者がシャーロットだったという場面。たぶん本気で寝てたんだと思う。咳はするし、左右のファンは、どう思っていたんだろう。穴があったら入りたい。でも今日は、ちゃんと観ましたぞ。休憩に白ワイン。ショーは、涙流して観てました。もちろん嘘だけど、中詰以降は、眼をウルウルして観ていたのはほんと。次期トップのレイちゃんをあきらとマイティーがしっかりささえるから、心配しないでね、というメッセージがビンビン伝わってくるステージだった。レイちゃんは、なんか貫禄でてきたし、マイティーははまり役で、すごくいいショーに仕上がっていた。華ちゃんが予想を超えてよかったのが嬉しい。でも、今回を最後に、もうさゆみしを見れないなんて、寂しい。いつもはリオンでディナーだけど、今日はシモキタにした。エキウエのKIKUを覗くとドリンクのみのサービスになると言われ、すぐにそばのてっちゃんに入る。グランツベースのハイボール2杯が効いたのか3000円になってしまった。でも、焼き鳥はどれも美味しかった。12時過ぎに帰宅。

cauliflower at 11:31|PermalinkComments(0)

November 06, 2019

ジャパナイズに慣れてしまうと、かえってドメスティックなものが恋しくなる

10:30に事務所。まずはdialyから。ランチは星人とえきうえへ。tairyourikenkyujoでガパオ。スープもガパオもやや辛め。本場タイからシェフを招いたからか、この辛さは本国タイのそれに近づけたのだろう。でも、辛さは注文できるらしい。戻って、カフェのデータ起こしを読む。もう少しネタをていきょうしてもらうべきだったか。書いてみないとわからないが、少し足らないような気がする。酒をたべる人を読む。ほんとうにこんな民族がいるのか。正真正銘ほんとうに酒しか飲まない(食べない)らしい。そういう場所をフィールドに選ぶ人類学者、それも若い女性がいるというのにも驚く。先週執筆依頼を出したのに、未だ返信なし。その酒しか飲まない民族のいるフィールド調査中かもしれない。20時前に帰宅。あいかわらず、大人の食事をくれとぐずっている男子1人。夕餉は、お豆とレンコンの入ったキーマカレー。歯磨きしたくないと再びぐずる。

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)

November 05, 2019

お疲れ様会がよければすべてよし

りつは病院に寄って行くみたいだ。事務所について、まず塩の請求書をつくってもらう。pdfにして僕に添付で送ってくれれば、それを転送するよ、と伝えたところで、前回送った日付はいつだったかメールの履歴を見る。すると、お千代さんから直接送っていたことがわかって、なんだ、それならお千代さんに頼めばいいじゃん、となる。そのようにいうと、彼女は当然知っていて、しぶしぶ送ってもらった。彼女は、このpdfにするのが苦手、しかもそれをクライアントに送るのはもっといや。それで、知っていても知らぬふりをしていた様子。ランチはoshoでチャーハン。餃子3つおごってもらう。前回は僕が奢ったので、その借りを返したのだという。oshoはお一人さま3個×2人の場合、お一人さま6こを頼んだ方がお得と教えてくれる。親切だと彼女は喜ぶ。一旦事務所に戻った、再び今度は新宿経由で森下へ。森下の出口を間違える。しかも、わざわざ反対方向へ歩き出してしまう。電車遅れて遅刻すると言っていた星人の方が早く着いていた。すでに撮影中。oh先生も来ている。onishiさんに挨拶すると、kajishitsuがダブルブッキング。学習塾の授業中だった。そこで、急遽あなぐらへ変更。もうひとりのtsukamoto先生が到着、オーナーのtanakaさんを交えての鼎談。あらかじめつくっておいた質問項目が、少し抽象的すぎたかなと思ったが、そこはみなさんよく理解してくれていたので、終わってみれば非常に充実した鼎談となった。それにして、ここが個性的なスペースになっているのは、彼女のキャラに負うところが大きいね。強固な信念に基づいているからこそ、スペース、システム、オペレーションの独特なゆるさが実現しているのでろう。終了後は、お店の人にいい店はないかと尋ねて紹介してもらった店にみんなで繰り出す。昼間は印刷所で夕方から酒場になるお店。基本立ち飲みだが、雰囲気がいい。しかも、つまみが抜群に美味い。素材がいいからなのか、簡単メニューなのにどれも美味いのだ。酒は、岩手のもの。BGMは黒人音楽中心にレコードをかけている。非常に楽しいひと時だった。

cauliflower at 12:54|PermalinkComments(0)

October 15, 2019

今度は、まんすりーの方の依頼

朝一でhoriguchiへいくと今日は定休日。なにやら撮影もしている。事務所について、意を決して、原稿依頼。コンタクトから依頼書を出す。これまで、ほんとうにコンタクトが取れたのかわからないままタイムアウトになったり、そんなんが多かったので、ダメもとでやったら、意外に早く返信がきた。愛煙家だとみずから名乗るほどで、うってつけの候補者。ところが、現在執筆途中のものが佳境に入っていて、新しい原稿依頼はすべて断っていると。そう言われたら仕方ない、何ヶ月か経ったら、また依頼してみよう。もう1人は、大学の名簿にメアドは記されていない。意を決して版元にtelする。著作のあとがきに編集者担当者への謝辞がのっていたが、なんと塩で執筆をお願いした著者と同じ担当者だった。2月前と同じ方法、つまり、担当者に取り次いで(転送して)もらい、返信してもらう方法をとる。ランチは、再びステーキ屋。今日は200gにチャレンジ。フリードリンク制のスープに、ワカメをトッピングすることができることを知る。ごま油を垂らすことも。美味しかったが、さすがに200gは多い。150gぐらいがいいな。事務所に戻る。Suzuki先生から快諾のメール。やはりこの方法は効くわ。

cauliflower at 00:30|PermalinkComments(0)

October 12, 2019

これまで経験したことのない超大型颱風接近中

8時ちょい前に起きて、スカーレット。僕の中では戸田恵梨香といえばスペックだが、スカーレットでようやくそのキャラを払拭できそうだ。朝ドラが終わってから、もっぱらTVは台風情報を繰り返し伝えている。狛江市にも大雨警戒情報が出るが、その後多摩地区に大雨特別警報が発令される。また、和泉地区を中心に避難勧告も。15時過ぎくらいから、多摩川の兵庫島を中心に二子玉川の河川敷の映像が流れるが、すでに完全に水没している。背の高い樹木が数本水面から顔を出す程度。かつて大駱駝艦が兵庫島で舞踏公演を予定していたが、舞台やトラックもろとも川の藻屑と化したが、今回の台風19号をそれを遥かに凌ぐもの。今後さらに被害が拡大する恐れがある。自転車を上に上げて、倒すしておく。妻がゴミ箱とか鉢植えとか地上に置かれているものは、みんな避難させる。ノキアがしばられている。お昼は、白飯を海苔でいただく。あとインスタント味噌汁と妻が玉子焼きをつくる。とにかく白い炊きたてご飯の美味しいこと。そのあとも、ずっと台風情報。家の中にいる限り、風の音もそんなにしないし、ただ、玄関の小さいのぞき窓に雨が打ち付ける。東風はめずらしい。たまりばも中止。明日の千秋楽は、やるようだが、今日は中止。

cauliflower at 18:03|PermalinkComments(0)

October 02, 2019

楽しみにしていた寿司はLOに間に合わず、ひさしぶり紅さんに

りつを送り朝食。今日の資料を印刷する。何と言っても64枚。予習をして、macでえぐち。小田急も千代田も銀座も寝ながら。12:35にATについてしまった。ほどなくして星人。続いて、おすぎとタカシくん。13時よりインタビュー。ビルの設計は大変だなと思っていたけど、ここは、オフィスと公共施設の複合施設。ホールのような大変さはないけど、用途が違えば、オペレーションも異なる。素人は、コンプレックスにすれば、その多様さが賑わいをつくると単純に思ってしまうが、そんな簡単なものではないようだ。ユーザーがちがえば構成も変わるし、デザインだって変わってくる。複雑にすると大変だけど、ちゃんとやろうとすれば、必然的に複雑さへ向かっていくことになる。ポートレートの撮影で、屋上庭園へ。ここには、真ん中のスペースが庭に開放されていて、面白い空間を作り出している。エレベーター室も壁面を作家に開放して作品を作らせている。屋上の塔やのヘリを歩くことができるようになっていて、ぼくは途中で退散したが、タカシくとおすぎは、空中散歩を楽しんだ。いや苦しんだ(⁈)。となりのtodaの1階で開催中のエキシビションをみる。70年万博でこんのつとむが提案したプレゼン資料が展示されていて面白かった。事務所に戻って塩の請求書を提出。でも、請求漏れがあって再発行に。edの続きをやる。すでに枚数を超えているが終わらない。明日に持ち越し。今日こそ寿司と30分に出たが、45分がLO。仕方なく久しぶりの紅さん。厚揚げとスティックが美味かった。


cauliflower at 23:33|PermalinkComments(0)

September 18, 2019

昼は中国本土、夜は台湾、な〜んだ?

りつはお腹がゆるいみたい。食欲がないというのも心配。英文学女史から返信。丁寧な辞退のメール。ほぼ同じテーマで、ほぼ同じ頃の〆切。おなじ内容の原稿を2本つくるのはしんどいというごくまっとうな理由。昨日のこともあるので、くいさがるのはやめてあっさり従う。事務所ついて、まずおちよさんにdnpの請求書を修正してもらう。pdfで送る。昨日jpgデータに変換してもらった緑の写真データ2年分のDL完了のメール。さかもっちゃんからTMU他の緑の写真が送られてくる。原稿の続きをやり、ランチへ。かむいの日替わりは、とうものこしとたらの炒め物。これが、また美味しかった。タラを炒め物に使うというのは初めて。北京の研修旅行の成果じゃないかしらとお千代さんは嬉しそう。事務所に戻って、再び原稿。なんとか5分の3までたどり着く。19時半に帰社。りつは元気だがごはんを食べないらしい。保育園では食べたらしいが。夕餉は魯肉飯(ウーローハン)。初めて挑戦したとのことだが、美味しかった。

cauliflower at 23:35|PermalinkComments(0)

September 14, 2019

とても美味しいとうきびご飯

土曜日のルーティン。そのあと、レイコップとdysonのクリアランス。袋麺のそばが9月1日が賞味期限。きれていたが、天かす乗せていただく。りつとママと妻とで仙川へ買い物。ユニクロ、カルディ、トモスといつものコース。ユニクロで、長袖のボーダー、柄違いで5枚目。カルディは狭いので、ベビーカーで移動するとりつが棚の商品を手当たり次第引っ張り出すので、入り口の前のsarutahikoとなりのベンチにすわったり、だっこしたり、回ったり。テーブルの上にドリンクを置いて何か食べている子供を指差して、カーっていうのはやめましょう。トモスの入り口の前のテーブル席で一休み。寝そうになる。そのあと、しまほへ。おむつやらティッシュやら、かさばる荷物がたくさんあるので、先にひとりで荷物を駐車場のクルマに置きに行く。そのまま寝る。かなり本気で落ちる。りつは全然寝なかったらしい。いなげやに寄って帰宅。南房総の停電はまだ続いている。へたすると27日まで復旧しないかもしれないというおそろしいことをいっている。numaも停電地域に入っているようで心配。早くフッキョュウしてほしいものだ。妻が買ってきたチキンの黒胡椒でプレモル。夕食は、omachiマンがおくってくれたとうきびを生のままご飯炊いたとうきびご飯。とうきびが信じられないくらい甘い。おかまをあけると、薫りがふきだしてきた。もちろん美味しかった。夜は、まずFRFの第一日目。深夜、BSでおしんをまとめて観る。たなかゆうこの演技というより、存在感がすごすぎる。というか、はしだすがこの本がおそろしい。これを出勤前に見せられた人たちはその日大丈夫だったのだろうか。嫁と姑問題に還元できない深みのある内容だ。海外の、とくに東南アジアやアラブ諸国でモーレツに観られたらしいが、おしんの何がそんなにうけたのだろうか。ヨーロッパでは逆に反応薄かったんじゃないのかな。いろいろ考えとしまった。来週の土曜深夜もきっと観ると思う。

cauliflower at 23:25|PermalinkComments(0)

September 13, 2019

モロッコ料理でぐるめ会

今夜のグルメ会はモロッコ料理。何年振りだろうか、るーじーるにいつものメンバー。やまちゃんは、沖縄旅行初日の夜、ホテルの部屋でつまづいて頭部を強打。出血して、帰宅後経堂の病院でMRIをとって治療もしたとのこと。深刻な事態にはならなかったようだが、今でも頭部が痛く、頭痛もするらしい。関連性はあると思うが、味覚に違和感があるらしい。一部の食品や飲料に味が感じられないというのだ。たとえばコーヒー。香りも感じられず、美味しくない。なので、今日は、ワインも料理も控えると宣言。ちょうど2年前の夏、ぼくも頭部の一部がなぞの陥没。慈恵医大で脳外科と整形外科、皮膚科と回って調べてもらったが、一応異常ではなかった。そんなことをはなしているうちにオーダーしたスパークリングワインがくる。乾杯。定番の海老パンとサラダモロッカン。ローストビーフ、蛸など。そしてメインはクスクスロワイヤル。ワインは、フランスの赤と白1本づつ。最後にデゼール。四種類全部たのんで取り分けた。デザートの美味い店は、料理も美味いという定説通り。終わりよければすべてよし。帰宅後、風呂上がりにさゆみの特別番組を見る。

cauliflower at 14:09|PermalinkComments(0)

September 04, 2019

2年間で溜まった資料を廃棄処分

りつは元気に保育園。朝一で、ATM経由で郵便局へ。23期同期会の参加費を払い込む。喜多見駅に向かう途中できららの玄関から子どもを抱いた保母さんがでてきた。ちらっとみただけだからよくわからなかったけど、りつだったかもしれない。夜なつが今日は立ち乗りで散歩に出たらしい。事務所で、請求書をつくってもらう。塩の執筆予定者の確認。いずれも、大学の教員案内にメアドが記されていない。一人は作家。今回も出版社に聞くしかなさそうだ。ランチはkamui。日替わりは、油淋鶏。やはり、ohshoより格段に美味い。まぁ、単純に比較できないけれど、鶏肉も違うし、タレも違う。事務所に戻って、olyの資料の整理。まとめてダンボールにつめておいたので、ファイルこど順番に出して、どんどん廃棄する。17年にスタート。プリントアウトしたもの、コピーした資料などだが、面白いことに17年から18年のはじめまで、ちいさな📎を使っているが、その後、中型サイズ使用するようになる。ちょうどその交代時期にあたったらしく、見事に世代交代していた。星人もあわせると、ビニール7袋。なんのための資料だったのか、空しいものがある。oly借用の飼料類を、dnpへ返却する用意をする。記号と事件の映画の章を読む。ポスト構造主義の影響をもろに受けて、読書してきたわけだが、いったい現代思想の何がそんなに僕を惹きつけたのだろうか。昨夜は、68年を基点に、パリ、日本、中国と比較しながら、アメリカの緑色革命を位置づけ直す必要性を感じたが、今夜は、80年代前後の現代思想の再検討だ。自分の歴史も、時間と距離を置くことで、少し違った見方ができるかもしれない。夕食は、オムライスとスープ。なぜか突然ひとかけらの純情が聴きたくなり、3回連続で聴いた。

cauliflower at 23:50|PermalinkComments(0)

August 31, 2019

めびうす広場でなつまつり

はなとつき、ゆきのせわをしていたら、8時を5分も過ぎてしまった。なつを見てから朝食。土曜日のルーティン。りつとママは病院。fuliくんはりつと帰宅、ママは新宿へ行った。ママが帰宅後、われわれも食パンに昨日の牛挽きを乗せオーブンして食べる。fuliくんを残して、りつとママ、我々夫婦でkomaeなつまつりへ。はじめ泉龍寺をざっとめぐり、一度カルディで買い物(ぼくはトイレ)して、第2会場のめびうすへ。テーブルと椅子がちょうど3人空いたのですぐに確保する。クラフトビールはどれにするか悩んだが、やはり籠屋ブルワリーの3カップ。こまえふれっしゅほっぷIPAは狛江産ホップを使用した早摘みバージョン。あとごーるでんえーるとこまえほわいと。おれんじぴーるとこりあんだーが爽やか! とちらしに書いてあったが、ほんとうにそうだった。ぴたってぃの揚げピザといちかめの唐揚げ、あおぞらふーどこーと出汁巻たまごをつまむ。りつの食欲全開、じさんしたパンをぺろりと食べた後出汁巻をくれくれというのでいいなりにあげていてら、あっという間になくなってしまった。帰宅すると18時。夕餉は、麻婆豆腐と白菜とアンチョビいため&プレモル。左側の腰のあたりに痛み。ロキソニンをもらい、湿布を貼ってもらう。

cauliflower at 23:09|PermalinkComments(0)

August 26, 2019

蒸し鶏にわさびソースときたか

りつは熱は下がったが、元気がない。笑顔もない。ママは会社休むことに。僕は、シモキタ駅の券売機でパスモにチャージと履歴印字。コーヒーも持ったのでなんにも言わないだろう。早速資料のチェック。採用とボツのやまにお千代さんは反応。お昼は、かむいの日替わり。蒸し鶏のわさびソース。これが美味しかった。若鶏のプランチェにはマスタードソースというのは定番だけど、きょうの料理はあえて和の調味料わさびを合わせる。また、全体にトマトの酸味がよくまわっていてその相性も抜群。「大将、いい仕事してるね」という感じだった。事務所にもどって、続き。採用組からさらに半分以下にな絞る。そして、わかる範囲でメアドもチェックする。そんなことをやっているうちに、20時近くになった。一応、企画書に落とすところまではやったので、本日もミッション完了、ということにしておこう。21時に帰宅。すでにりつは2階へ。ごはんちゃんと食べられたらしいし、熱も下がった。でも、元気がなくて、今日もママに甘えていたとのこと。夕餉はカレー。素揚げされたベビーコーンがあって、アスパラといっしょにのせて食べた。それと白ワイン。ボトルをよく見たら、シャルドネだけど国産だった。



cauliflower at 22:56|PermalinkComments(0)