グルメ

January 15, 2021

コンテンツをつくり変えればきっといい方に転ぶはず

れいこさんまで一通り終えて10時すぎ。事務所にでる。郵便物や請求書類をチェックして企画会議。企画委員会にはかって、みなさんから感想やら提案をいただく。それをベースにして、企画の趣旨はOKがとれているので、今日は主に構成を考える。まずぼくのプランを伝える。3本の対談というのをやめて、今出ている号とおなじように、連続インタビューでつないでいく。星人と話し合った結果、対談を加えた連続インタビューで構成することに。昨年末の企画会議で提案した対談の登壇者を活かしつつ、あらたに2名加えて7名での展開。Dでやったsaito先生に参加してもらう。で、ヴィジュアルはどうするということになって、二人同時に閃いたのがeijiくんの新作を掲載する案。表紙(巻き)と見開き1点、タテイチ1点の構成。これまでの表紙にはないインパクト。アイロニカルで批評的なスタンスの表紙になるはず。問題はギャランティ。らんちはかむい。日替わりはするめいかと芽キャベツの炒め物。ハッシーから原稿チェックがもどってくる。まさかうんにくれーむがつくとはおもわなかった。はつさんからは、読者から表紙がきにいって注文があったという報告。すぐにQsuに問い合わせると、マルチなそむりえだという回答。TMの随想で依頼した著述家からもOKをもらう。夕食の時に、今日はfuliくんの誕生日だとしらされる。お祝いらしいことをしなくてよかったのか。食後、りつと列車と買い物ごっこ。

cauliflower at 23:21|PermalinkComments(0)

January 03, 2021

三ヶ日最終日はプレモルとケンタパーティ

9:00起床。額面状の冬休みは今日まで。明日から、また7:30起床の1日が始まる、はずだれど、明日になってみなければわからない(!?)。朝食はお雑煮とおせち、そして御神酒。もちが大好きなぼくは、三ヶ日とはいわず、冬の間雑煮でもいいくらい。稲穂の舞がなくなったので、大七純米生酛を燗酒にしていただく。生酛は古来からの酒造りで、杜氏の腕にかかっている。畢竟、味は複雑になる。止むを得ずチンして燗にするわけだが、同じ50秒にしても、微妙に風合いが変わる。それが面白いのだ。しばらくは楽しめそうだ。冬休みのルーティン。午後から、2階とふれあいまで散歩。行きは触れ合いの下の小公園まで歩く。カルビーのスナック「ベジたべる」が気に入ったらしく、しばらく笑いながら「ベジたべる」を連呼する。といっても、あっち行ったりこっち行ったりですぐにはたどり着かない。ミルゥの散歩コースだったが、常に早く帰りたいモードのミルゥとならたぶん10分くらいで着くだろう。それから、ふれあいまで一人で坂をのぼる。ふれあいは、家族連れで溢れかえっていた。ボール遊びや凧揚げ、ネット持参でバドミントンを講じる親子(?)もいた。この前砧公園で買ったシャボン玉を娘がどんどん量産するのに、りつはまったく関心を示さない。この前も、うちのデッキでパパがやってもすぐにあきたと母が言っていたが、ほんとうにそうだった。それから、ふれあいの反対側から地上へ降りる。ロマンスカー の白と青と千代田線を見る。電車に乗って成城へ。ぼくはiPhone以外何も持たずに出たので、妻に切符を買ってもらった。切符を見るのも使うのも10年ぶりくらい。2階も珍しそうに眺めていた。ケンタを何ピースも買い、アンデルセンでパン。帰宅途中、ファミマでプレモルを購入。dカードのポイントで買おうとするがバーコードがうまく表示できず、結局妻に現金で買ってもらう。帰宅後夕食まで、ものすごく眠くなり、ちょっと寝てしまう。夕餉は、ケンタパーティー。あいかわらず、りつは早く食べさせろと喚き散らす。2階から昨日のすき焼きをご飯にぶっかけていただく。生ハムのサラダとかも。フライドチキンとビールは相性抜群。


cauliflower at 23:11|PermalinkComments(0)

January 02, 2021

どこも家族だけのお正月

8時にトイレで起きる。すぐにベッドに戻ると速攻で寝入る。すぐに目覚ましがなって9時を知らせる。瞬間1hou rsleep。お雑煮とおせちの朝食2日目。もちろんお酒付き。りつが降りてくる。朝からお調子もの。冬休みのルーティン。終わってみると1時45分。箱根はなんと創価大が往路優勝。4度目の出場での快挙。2階とgo to 初詣。喜多見の氷川神社。ここは参道が長いので、鳥居を潜らずに神社の外からお参りだけしようと思ったが、参拝者もそう多くないので、お参りしてしまう。帰りにshinanoyaで大七純米生酛を購入。夕餉は一緒にすき焼きをする。牛が500g以下しかないというので、300g足してもらう。りつが18時過ぎに降りてきて、ちゅるちゅるめんめんちょうだいと喚き散らすので、予定を変更して、早めに始めることに。まずfuliくん推薦の高額の近江牛からいただく。すこししょっぱい。母が砂糖などを足すと、いい感じ。プレモルの350mlが1本しかない。買うのを忘れたのだ。しかたがないのでfuliくんと母に飲んでもらうことにして、僕は越後稲穂の舞を呑むことに。ランクを少し落とした牛の第二陣。一緒にネギ、春菊、糸蒟蒻、エノキの野菜類を投入。この間、りつが2度も皿を床に落とす。そのたびに床掃除。すき焼きは野菜もおいしい。とくにネギ。春菊もすき焼き以外で食べることはほとんどない。しめはご飯に残りのタレをふっかけてすき焼き丼。りつは準備中を連発。

cauliflower at 14:23|PermalinkComments(0)

January 01, 2021

呑み仲間は妹、それがいいのよ

新春は9時起床。お雑煮と煮物ときんぴら。それからお掃除。でも、リビングとキッチン。キチンは昨日やってないので念入りにしないとね。なんてそれでも一生懸命やったので終了したのが13時。ぴったりにとりさん来宅。なんと正確な。スパークリングCABAでかんぱい。そのあと大七の純米生酛。快気祝いも兼ねてご相伴にあづかる。これは、成城石井でお歳暮としてクライアントに贈ったが、じつは飲んでいなかった。それがshinanoyaにあったのだ。なんといっても燗酒が美味いという。で、CABAが開いたところで、これをあける。まずは常温でいただく。一言で言えば、ふくよか。全体に余裕がある感じ。美味い酒というのはこういうことか。とりさんも激しく同意する。これをのみながらおせちへ。タコやアワビやみんながあまり手を出さなそうなものを集中的にねらう。この手の肴は、普段の食卓には登らないし、酒と食してこその味わい。わかさんの思い出やごとうくんの思い出、意外に知らないことがけっこうあった。ごとうくんは蜷川ばり灰皿投げたりしたらしい。わかさんも生姜焼きが自分のイメージと違うといってちゃぶ台返しをしたらしい。すぐに頭に血が昇りキレるらしいのだが、同じように忘れるのも早く、数時間するとそんなことがあったことすら忘れて、普通の自分に戻ってしまうらしい。そんなことをはなしているうちに大七は空き、2本目の越後稲穂の舞ももうわずか。その頃は母の髪の話題。とりさんはしきりにさわって、ファンキーだファンキーだと喜ぶ。調子に乗って僕もさわってみたが、たしかにふさふしていて気持ちが良い。あたかものきあのよう。妻がくるまで仙川まで送る。夜テレビをつけると、「あてなよる」をやっている。漬で呑むの巻。テレ番をチェックすると、なんと12:30から連続放送するというではないか、さっそく録りました。鈴木明子さん、意外な一面があることを知りました。

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)

December 30, 2020

レイコさんの下取りでkojimaへ

8:00起床。冬休みのルーティン。昨夜母は入らなかったので、風呂洗いはパス。お昼は、お茶漬け。永谷園のお茶漬けの素わさび味。そのあと、二手に分かれて、ぼくはまずkojimaへ。レイコの下取りで現物を持参する。すぐに処理完了。そのあと、shinanoyaへ。お正月用に大七純米生酛。おせち料理とのマリアージュは最高だそうだ。燗酒もいいというので買ってみました。それといつもの稲穂の舞大吟醸。元旦は、とりさんがくれば、ぼくとfuliくんと3人。日本酒は足りちゃうだろう。それから、horiguchiへ。aosanの客が列をつくっている。コーヒーはニューイヤーとラ・パルミラ、そして3番。一足先に帰宅。fuliくんとりつはデッキでシャボン玉をやったようだ。母の話だとりつはあまりきょうみをみせなかったらしい。hattaまで4を読む。アイスランドが、寒くて自然エネルギーが豊富という二つの要因がデータセンターの立地条件を満たし世界的に注目されているらしい。夕餉は、豆腐鍋。柚子胡椒や生唐辛子でいただく。湯豆腐てはなく鍋、というところがいいのだが、休肝日のため楽しみは半減。

cauliflower at 23:09|PermalinkComments(0)

December 29, 2020

窓拭き専用シートをなぜもっと早くつかわなかったのだろうか

8時に起床。甘いパンを3種類少しづついただく。冬休みのルーティン初日。その後、窓拭きを始める。一昨日、外側窓を水洗いしたので、今日は、乾拭きの必要がない窓拭き専用のシートを使う。これは便利、なぜ今まで使わなかったのか。ただ、冬場でもどんどん揮発していくので、夏場では、片側1面やっておしまいだろう。今日の天候だと、窓1枚の両面が限界。妻の寝室とリビングと母の居室東側と南側2枚。お昼は、塩味の袋詰ラーメン。これはおいしい。午後は、原稿の続き。妻と二階は次大夫堀公園へ。トンネルにネッシーが描かれていた。夕餉は、生姜焼きとキンピラ。この前買ったカバを飲む。ドライだがブドーのフレッシュさが強く感じられる。おいしいスパークリング。

cauliflower at 00:34|PermalinkComments(0)

December 24, 2020

クリスマスにはサンタさんがくることになっている

10:30から執筆開始。といっても昨日までのところをブラッシュアップから。どうも引っかかって、素直に進まない。こういうのは、まあいいか、とみてみぬふりをして進めても、最後に手を入れざるを得なくなる。だから、手を入れた方がいいのだが、どこをどう直したらいいか、この段階では認識できない。とはいえ、とりあえず進める。くろねこがamazonの荷物を持ってくる。りつにあげるクリスマスプレゼントだ。お昼は、ホットサンドにしようと、torimasaに自転車飛ばしてコロッケを2ケ買う。それと骨付きチキン。一口サイズで食べやすい。残っている10ピースを全部さらう。コロッケサンドとチーズトマトの2種。どっちも美味しかった。午後は原稿の続き。眠くなって生産性は限りなく低い。夕餉は、ピッツァとスープ、それに骨付きチキン。ブレモルで。20時に玄関ベルがなる。サンタさんがやってきた、という想定。玄関の階段には、みんなが買ったプレゼントが積んである。りつを呼ぶ。あんまりたくさんあって、どれから開けるべきか、本人も悩んでいる。まずは新幹線。3両編成×2、赤と青。さっそく電池を入れろとせがまれる。もちろん入れましたよ。レゴはだれだろう。これは組み立てなきゃならないので、ひとまずおくとして、次にビッグサイズのはしご車。これはママから。これもタイヤなどをくみたてないとならない。そして、僕のプレゼントのブリオの坂道セット。新幹線も走れるレール幅。よかった。

cauliflower at 01:32|PermalinkComments(0)

December 23, 2020

湯豆腐に燗酒、これテッパン

さあ今日はぐんぐん進むぞ、と鼻息は荒かったのだが、午後には失速。まったくいつもと同じだ。午前中おちよさんからtel。僕が郵送した書類を確認したとのこと。年末調整の3枚の用紙の2枚に、住所の記載がもれていた。よくみたはずだったのに。捺印は3枚にもれなくあったとのこと。お昼は妻がお弁当を買ってきてくれた。母が穴子の天ぷらとったので、僕は、銀鱈西京漬焼き。妻は残った鶏の柚子胡椒焼き。銀鱈はとても美味しかったが、妻の柚子胡椒も美味い。komae駅前の店だけど、ハズレがない。午後買い物がてら散歩。サミットでプレモル、ここからで龍角散ののどすっきり桔梗タブレット。この前品切れだったが、今日はたくさん並んでいた。産学官連携の激選成分「桔梗の根」「小豆」「抹茶」配合。この味好きだわ。帰ってすぐに執筆に取り掛かるも、ものすごい睡魔に襲われる。脱出するのに数十分かかってしまう。書出しに手間取る。Qは質問シートの最初のフレーズを活かして、あっさり書いたのだが、その初発のAで躓く。それでも、なんとか軌道に乗せられる目処はついた。りつは、レーシングカー速いね、クルマ速いねを連発。動詞がつくようになった。夕餉は、2階と別々に、僕らは角煮と湯豆腐。燗酒でいただきました。

cauliflower at 23:29|PermalinkComments(0)

December 22, 2020

昼はピッツァ、夜は鰻、なあんだ?

昨夜2日置いて返事を書いたが、その返事がきた。ダメ元だと思っていたが、首の皮一枚でつながったのがとても満足、的な内容。まぁ、こっちとしてもこういう付き合いでだらだらと、でも途切れずに付かず離れずというのは願うところだ。さあ原稿をと開いたところで、お昼のお誘い。kitamiのとぅってぃ。11:30に出て、45分には入れたので娘と僕は一番乗り。ぼくはtoday's menu。ピッツァ マルゲリータ。サラダ付き&ホットティ。ここはパスタも美味しいが、ピッツァもいい。程よいもちもちがトマトソースによく合う。駐輪させていただいたお礼で、ウイスキーを2本購入。帰宅後、原稿執筆のため、もう一度データ起こしを読み直す。話の流れに沿いつつカジョュアルに書くべきか、やはり、自分のつくったプロットに則って、再構成すべきか、なやむところ。そんなこんなで書きあぐねていたらメール便が届く。おちよさんが年末調整の提出書類と資料の不足分の請求、amexの使用明細。それらを大急ぎで書き込んでダッシュで郵便局本局へ。5人待ちだったが、間に合った。夕餉は、鰻丼。母がみんなで食べようと、通販サイトで頼んでくれたのだ。小ぶりだがふっくらしていて、美味しかった。でも、残念なのは休肝日で、晩酌できなかったこと。

cauliflower at 00:32|PermalinkComments(0)

December 16, 2020

マスクをして話しながら、合間にマスクを上げて食べ物を口へ運ぶ

朝イチでtaitokuの都市づくりかへtel。チェックをちゃんと進めていてくれて、もうすぐPDFで送るとのこと。それを確認して、onさんにtel。2p修正追加のお願い。ぼっちゃさんに年賀状本日入稿できるかの確認。なんとか夜に数パターンをおくってもらうことに。11:30にアリシアを聴きながら出勤。その前に、バーガーキング でランチ。チーズバーガーとポテトとコーラという定番コースを持って2階にあがり、窓際のカウンターに座り南口商店街を見下ろす。ウーバーがうろうろしている。13時ジャストに事務所の玄関に着くと、すでにイッシーがきていた。さっそく色校の戻し。macを開くと、午前中依頼した修正があがっていたので、それをふくめてイッシーに渡す。無事色校を全ページ戻す。今回は、本当にやばいと思ったが、taitokuの担当者がすばらしい対応で、なんとか間に合わせることができた。上をきにして自分で判断できない人とかやたら表現にこだわり細かいところをいつまでも直し続ける人とかなにより単純に見るのが遅い人とか、可能性は無限にあったにもかかわらず、そのどれでもなく、フツーに速やかに対応してくれたのがよかった。私はまったく運が強い。そのあと雑務を片付けて、お千代さんの死にそうな声が朝陽のような晴れやかな声に変わったのを確認して日比谷へ。入り口でJin先生と合流。あやうく2階へ行きそうになるところを制して一緒に6階へ。すでに3人の先生はいらしていて、SDで座っておられた。さっそく企画案のプレゼン。珍しいことに、hi先生から質問と苦言。サブタイトルの都市がひっかかったようだ。お二人の先生からも同じような質問。少し議論をして、タイトルとサブタイトルを入れ替えることに。メール参加のkoizumi先生のコメントも参考に、人選を再考することに。のさらに、問題提起のようなイントロダクションをいれることに。「なるべく時短で」の掛け声のもと、会議も少し早めに切り上げて、懇親会の会場hagetenへ。SDの飲み会は、手酌が基準。生の後は1合徳利片手に。途中、jin先生とつい夢中になってマスクをとって大声で話していたら、一番端のtoriさんが飛んできて「あの、食事をする以外はマスクをとらないで」と注意されてしまいました。時短で早めにお開き。20時過ぎに帰宅。ぼっちゃさんから年賀状のデザインが上がってきた。3パターンから家族みんなの意見も聞く。りつがカクカクの牛を選んだのは意外だった。こんなご時世だから4色使ったカラーモーちゃんに決定。名刺と「c&l」の内校をプリントアウトする、見るのは明日。

cauliflower at 23:25|PermalinkComments(0)

December 10, 2020

これまで普通にできていことが、どうもできない、というかかみあわないのだ。

今始めれば夕方までには終わるし、例の駅前のリードもつくれて楽勝じゃん、と思いきや、そうは問屋が下さなかった。本日中に原本を送るようなことをいっておきながら、肝心の原本をぼくがもってかえったとけいりさんはのたまうのである。原本を送る前にハッシーにpdfを送ってかくにんしてもらうことになっているが、その原本がぼくのてもとにあると。残されている原本らしきものは、捺印してところをみても、印刷に見える。手で擦っても、朱肉がてにつくことはない。お互い責任追及をしたところで、真相はわからない。だったらはやく送って処理してしまいたい。再度送るも、今度は彼女のPCではひらかないという。そのまえに送った送り状もpdfが開かずよめなかったとのこと。この互換性の悪さとそれもきっかけの一つだと思うが、彼女のPC嫌いがまた始まったようだ。そのやりとりの途中で、妻と娘と駅前の寿司屋へ。反対側のやはり駅前のイタリアン入ろうと思ったが、ボリュームがあり、パンも食べなきゃいけないみたいなのでやめる。でもそれが大正解。前から気になっていた店だったが、初めて入った。ライチタイムで握りもちらしも味噌汁付きで驚きの1000円。ネタはいいし、ボリュームもいい感じ。青さの味噌汁がまたうまかった。すっかり気に入ってしまいました。帰って、再び請求書の続き。結局、僕の送ったPDFをもとに彼女のexcelデータを修正。最初からこうやればもっとずっと早く終わったはず。結局、本日のミッションにとりかかったのは16時を回っていた。これではやれることも限られている。写真をfixしようと昨夜プリントアウトしたものを参考に、写真を選ぼうと思ったら、データがこわれているではないか。あらためてさかもっちゃんに送ってもらう。彼とたまたま連絡ができたから良かったものの、やばい、やばい。いつものようにとりあえず、18時20分まで。シスターズにご飯をあげて、夕食の支度。りつとママの椅子をセットして、テーブルセッティング。今夜の夕餉はカレイの煮付け。りつがよく食べたのにはびっくり。食後、りつとちょっと遊ぶ。めがねのひもで、きょうも雨降りごっこ。

cauliflower at 22:54|PermalinkComments(0)

December 07, 2020

原稿2本目の執筆に着手

朝イチでkashiwadaさん。14番は早い。食後、いつものようにれいこさんなどやっていたら、順番がきてしまった。先生から検診の結果を聞いた日から、休肝日を週に2回続けている、と言ったら褒めてくれました。不思議と飲みたいと思わないので、続けられたのだと思う。薬をもらって帰る。来年1月の中旬に検査をやって、下旬にちょうど薬が切れるので、それをもらいながら検査結果を聞く、いいアイデアだ。帰宅後、原稿執筆の準備。妻にお昼を買ってきてもらう。親子丼。妻はカツ丼。食べ終わってから、久しぶりにコーヒーを淹れる。ゆっくりであるが原稿執筆は進む。


cauliflower at 01:14|PermalinkComments(0)

November 21, 2020

これぞ和と洋の完璧なるフュージョンだ

7:30に起きる。土日時間ではなく、いつもと同じ。ヅカにいくからだ。でも、れいこはちゃんとやったぞ。東京takarazuka劇場につくと、自動発券機の前に長い列ができている。葛折りになっているのは、初めて見た。発券だけなので、すぐに入れたけれど。ところが、きゃとるれーぶの整理券はすべて終了。今回は、1階20列18番。ようやく全席埋まって、あとは生オケが入れば、通常の形態になる。パンフの原田さんの演出ノートを読んでいたら、じつはまだ苦労が絶えないらしい。ジェンヌたちの舞台での立ち位置とか、演出・振付においてそうとうな修正を余儀なくされたようだ。人数を変えたり、向き合うシーンでの掛け声はプレスコをもちいたり。今回は、オーケストラボックスに橋がかけられていた。逆向を逆手に取るしたたかな演出もあり、心強くはあったが、大変は大変だ。それはともかくとして、1部の和物レビュー、2部のミュージカルともに、申し分のないすばらしい作品となっていた。welcome takarazukaのリフレインが深く余韻を残すが、和洋折衷などという概念を軽く飛び越えて余りある舞台となった。和と洋のフュージョンの完成形をみた思いだ。雪月花をあしらった和服と舞台美術。背景の下弦の月が次第に大きくなり最後は満月になった。ピガールは、僕の最も好むところの男女のとりかへばや物語。たまきちは化粧ひとつで男装の麗人と本来の男役とを使い分けるという離れ技をやってのけた。ヅカだから、いやヅカでなければできないことだ。最後のふたりたまきのマジック! これはみごとというほかない。個人的にはちなつとれいこさん推しだが、さくらもよかった。コロナ禍でみた3本、甲乙つけがたいなぁというのが正直な感想だ。満足感をたっぷり抱えて帰宅しました。夕餉は、石井のハンバーグをおろし柚ポン酢いただきました。お腹も満足。

cauliflower at 00:29|PermalinkComments(0)

November 14, 2020

評判のブーランジェリーのパンがまずいわけがない

8:45起床。7時前後にトイレに一度起きるがまた寝てしまう。で、目覚ましで起きたのだが、妻がはなちゃんのトイレ掃除をしてくれていた。ふだんだったら物音で直ぐ起きるだが、トイレ掃除のガチャガチする音に無反応だったとはよっぽど深い眠りだったのかもしれない。朝食。ベーコンエピと食パンはは、いずれもsunouchi。昨日たべたいとーよーかどーのとはそもそも次元が違う。パンがちがう。少し硬いのだけれど、それはむしろよい印象を与える。土曜日のルーティンはフルバージョン。テレビを消して、エノケン全集を聞きながら。妻は3枚かけてねていて、毛布はやたら大きい。なので、時間がかかる。終わると13時を回っている。おにぎりをつくってくれる。りつは2階ですでにお昼を食べたのにもかかわらず、またおにぎりを食べている。大食漢で、ゆくすえは力士か。妻と2階は買い物へ。すぐにつまが帰ってくる。かかとが痛くて、歩けないらしい。ぼくは、由布院からきた修正をゲラに転記する。抜字や誤植が3箇所。あとサブタイトルのQ数を下げる。彼らがかえってきてから、今度は僕が自転車でshinaちゃんへ。DB赤と鶏軟骨の唐揚げ。帰りに自転車に乗って少し走り出すと前方からくるま。書面右によけると歩道なので、左に避けようとしたら。「わっ」という声。直ぐ後方の左側に自転車。乗っていた女性が声をあげたのだった。何事もなくてよかった。
































































cauliflower at 18:04|PermalinkComments(0)

October 28, 2020

じつはこれってグルメの旅なのか

エールを見つつ起床。朝食会場野の葡萄へ。バイキング形式だが、ビニール手袋着用。マスク用のビニール袋とアルコール殺菌用品もくれる。感染対策は徹底している。和食にするが、嬉しいのは鶏飯があったこと。9:40にロビーで待ち合わせて、レンタカーを駐車してある隣のビルへ。まず、目的地である保育園へ向かう。園長先生は周囲に感染者が出たため、濃厚接触者ということで自宅待機。なので、保育園の女性職員が担当してくれた。庭園内には入れないと言われていたが、彼女の計らいで、中に入らせてもらう。写真撮影を行うが、中に入れなかったら写真は撮れなかったと思う。とても、いい園庭だった。植生を計画的に行い、蝶も来ている。虫もたくさんくるらしい。新たに作った壁に沿って作られたベンチがすごくいい。園長さんの熱心さが伝わってくる庭だった。将来的には、住民も利用できるように開放したいという目標もある。すごく好感のもてた庭だった。市内へ移動。国際通りにクルマを置いて昼食。あまりに人通りがなくて驚いた。シャッターを下ろして店も多く、廃業したホテルもあった。食事をしたお店は二階だったが、僕ら以外にお客は来なかった。ランチビールといただいた炙り牛の丼は美味しかった。料理が来たと同時にキャッシュ&デリバー。よほど経営が厳しいのではと思ってしまった。空港へ移動、Mr.ONOを下ろして、僕らは斎場御嶽へドライブ。残念ながらビーチを見ただけで帰路に着く。チェリオのさんぴん茶を購入。空港に戻って、今度は福岡へ。時間があると思って、ヅカの2次抽選のエントリーをしたら、搭乗手続きが始まって、途中でキャンセル。飛行機に乗って離陸後、再びエントリーとしようとしたらWifiがつながらず諦める。機内ではジャズをは聴く。福岡空港から博多市内までは地下鉄で2駅。近い。JRのホテルは、きれいで普通のサービスが心地よい。すぐにヅカのチケット購入のアクセス。取れてよかった。マツコウ同窓会の新会長からメール。ルクールの欠本ぶんをデータ化してくれた。同じホテルに泊まっているMr.Muroiと3人で食事。イカの姿焼きももつ鍋も品切れ。3人とも非常に落胆したが、アナゴの刺身が食べられたのは衝撃だった。

cauliflower at 01:20|PermalinkComments(0)

October 22, 2020

どんでん返し。

朝一で質問シートづくり。まだ、資料を読み切れていないので、まずそれをしなければ。お昼を食べて、午後からいろいろ回るはずが、講演会に出席するので、本日中に質問シートを送れないとメールしたら、それはお願いしている業務ではなく、業務を優先して欲しい、と返信。で、LINEもしたのに、すべてキャンセルして、今日は自宅作業に変更。妻がべっからいでおかずぱんを買ってきてくれた。ぼくは、コーヒーを煎れる。妻にはペルー・フェスパ農園のフルシティ。僕は、サンタカタリーナのフレンチ。午後から、質問シートづくり。yamada先生、ものすごくシンパシー感じるので、ちゃんと作りたいのだけれど、質問するところがない。ケースバイケース。夕食は、魚のフライ、ボテトのワンプレート。ナスの味噌汁。それから、また質問シートづくり。結局時間内には終わりませんでした。


cauliflower at 01:09|PermalinkComments(0)

October 16, 2020

ささやかながら本日はグルメの日

パパは朝早かったので、りつはママが自転車で送る。朝一で、メールの受信と発信。その後質問シートをつくるために、iwano先生の本の続き。そして読了。続いて間髪おかずに執筆…といくはずだったが、案の定ムリ。そのあと、hirakawa氏のもつくって…なんて、やっぱりムリだった。11:40に自転車であたらしくできたcafeへ。すでに一組のお客さん。テーブルは残り2つ。娘に言われて早く来てよかった。ぼくと娘はカルボナーラにスープとサラダをつけて、ドリンクはホットティー。カルボナーラを店で食べることは滅多にない。大体美味しくないとわかったいるから。ところがさにあらず、ここのはとても美味しかった。卵黄と生クリーム、それにちょこっとほうれん草。そのコレスポンダンスが絶妙。塩味、アルデンテ共にベストだ。かわいいコーヒーポットに入ったサラダがまたお洒落。きゅうりは細切りで、トマトのカッティグがまた素敵。ドリンクは、ハーブティだった。店内にはファンタスティックなイラストが数点かかっている。どうやら、この店の料理担当のお嬢さんはイラストレーターで、彼女の作品らしい。イラストの他に雑貨なども売っている。とにかく、全体にセンスがいい。気に入りました。komae駅の券売機の前まで自転車でアプローチしてパスモのチャージ。帰宅後再び読書の続き。8,9章のデリダは、復習のようで役に立ったが、彼の師匠であるmarionについて書かれた10章が面白かった。marionに俄然興味が湧いてきた。夕餉は、fuliくんの土産の浜松餃子。皮は薄いが、あんこが非常に美味しい。今日は、ちょっとしたグルメの日になった。そういえば、wakaの1周忌だ。

cauliflower at 00:04|PermalinkComments(0)

October 09, 2020

手づくり料理とは、美味しい料理のことなのだ

朝雨なので、今日もクルマで送っていく。fuliくんはそのまま出張へ行く。インタビュー前の事前打ち合わせなど。Dのインタビューのうち2本がオンラインになったため、ポートレイトの撮影をどうしようかと相談する。今回2名を二人のカメラマンに撮影してもらうことにした。二人とも持ち味が異なるので、面白いポートレイトがとれるのではないかと少しわくわくしている。とくにたっくんは、ソニーのモニターが使えるか試したいと言ってるので、期待度も高い。sakamochanは、前号で初めて挑戦して、それなりに結果が出せているので、楽しみなところだ。Dの2人目が決まった。日程もfixできた。ほんとうは、対面でやるつもりでいたのだが、日程がおしているのと、その週の3日間が出張なので、実施できる日にちは2日しかない。やむなくオンラインにした。スケジュールの決定などをクライアントに報告した。お昼は、横須賀海軍のドライカレー。もちろん冷凍だ。午後は、c&lのアポの続きをやる。ひとり断られたので、代案を考えた。その検証。夕方、今度は孫を迎えに行く。じいじいぶうぶ大活躍の日となった。夕餉は、鍋の季節の始まりを告げるおでん。妻曰く、かやのやのだしを使った手づくり。確かに、味がすっきりしている。おでんの素特有の「これでも感」がなくて、くちあたりもよい。インカのめざめを使用したので、通常のじゃがいもよりほくほくしていて柔らかい感じ。ねりものや袋は、ツユがしっかり滲みて美味い。やはり手作りはいいのう、などとおやじなことを言ってしまいたくなった。風呂に早く入って、21時よりサッカー観戦。今年初めての国際親善試合で対戦相手はカメルーン。日本は、はじめて全員ヨーロッパ海外組で望んだ。試合そのものは、悪くはなかったが、さしてよくもなかった。結果は無得点ドロー。見せ場は一つ、久保が試合終了直前に放ったフリーキック。ほとんど入っていたが、キーパーのナイスセーブに阻まれた。さて、あすは特定健診。なので、今夜は21時以降食事も飲酒も禁止。

cauliflower at 00:16|PermalinkComments(0)

October 04, 2020

行は電車で帰りは歩き。散歩にはちょうど良い

日美とともに起床。朝食後、日曜日のルーティン。午前中にヤマトがamazonの注文品をもってくる。いつもの女性担当者は、ジャパネットさんへの配送があるようだが、約束は18時過ぎでも、今用意できてれば、ピックアップしますよ、というありがたい申し出。すでにジップロックに包んであるので渡す。今日髭剃って数日お休みの予定でいたが、今日すでに剃れなくなってしまった。午後14時を回っていたが2階と成城へ。行きは電車を使う。ケンタで遅いランチ。柚子七味チキンを食す。三角の角地のあるテーブルがあいていて、りつをそこに座らせる。りつは簡単にお昼を食べたらしいのだが、ポテトだツイスターだとばんばん食べる。食後歩いてヤオコーで買い物して帰る。りつは家に着く少し前に寝落ち。Dのアポどりの準備。夕餉は、ヤオコーでお刺身を買ったのでそれをメインに。赤身と烏賊と鯵と帆立の盛り合わせが980円。この値段でこのクオリティ。満足しました。ゆっきーとおはなも大満足。おすぎに企画書を送る。

cauliflower at 23:24|PermalinkComments(0)

September 14, 2020

どでかいおにぎりがお昼

Dの登壇者はすでにピックアップしてあるが、そのデータづくりとテーマ出し。これがなかなか手がかかるのだ。昼食は、妻がおにぎりを買ってきてくれた。たらこと混ぜご飯それがどっちもでっかい。

cauliflower at 01:29|PermalinkComments(0)

September 12, 2020

ちくわきゅうりと谷中生姜をつまみにプレモル

Macをたちあげると、moriさんから昨日送ったテキストを流し込んだ校正ゲラが上がってくる。早っ! すぐに目を通し、自転車で本局へ。郵便でゲラ戻し。昨日インクを2本買ったので、たぶんこの仕事が終わらない限り、この一連の作業は続くのだろう。帰って、土曜日のルーティン。霧雨が少し強くなったので、クルマでりつを皮膚科へ。ルーティンの方はフルバージョン。途中妻が迎えに行く。結局掃除が終了したのは13時。お昼は、かるでぃぶらんどのカップ麺。なんと皿うどん。おもしろいのは、麺を取り出して、スープの素をカップに入れてお湯をさす。1分後、そのカップに麺をぶち込む。逆転の発想だ。さすがにおうちなので、カップではなく、陶器の容器にいれた。水分が多めで、スープに麺が使っている感じ。それでも麺は皿うどんなのと、スープの味があの皿うどん。まあ、合格点。そのあと、2階とヤオコー成城店へ。何か食べたいものない? ととわれた時、平台冷ケースに鯵の干物。しばらく干物たべてないなぁと思って「鯵の干物」というと、即採用された。あと、今日は谷中生姜とタクアンも。帰りのクルマでりつは寝てしまう。帰宅後、少し早めに谷中生姜とちくわきゅうりをつまみにプレモル。夕食は、大根おろしで鯵の干物。もやしときゃべつをよだれ鶏用のソースで炒めると、これがなかなか美味かった。今日は白いごはんが美味しく感じられた。ふだんならふりかけとか欲しくなるのだが、白飯のままが美味しい。青梗菜の味噌汁も美味かった。りつがおりてきて、今日はシールを貼ったり剥がしたりして遊ぶ。

cauliflower at 23:42|PermalinkComments(0)

August 31, 2020

〆切が近いのに、二つ返事で引き受けてくれました

朝一で仕事。ずっとメアドがわからず、足踏み状態が続いていた。もう一度、名前から検索してみると、これまで開けたことのないサイトへ。そうしたら、トップベージにメアドが明示されていた。なんと。それと、著作のアブストラクトも公開されていた。しかも、それには本人の出典が明記されていた。さっそくアクセスすると、論文がそっくりアップされているではないか。さっそく読みましたよ。ついでに、GPYさんのWebサイトにアクセスすると、彼のメアドも開示されていた。ほかに中村先生の書評までアップされているとは。そのことより、先生がGPYさんの著作を読んでいることにも驚いた。いずれにしても、執筆依頼書をつくるにあたって、大いに参考になった。そして、いざ依頼へ。妻はかーぶすへ行ったので、帰りにお弁当を買ってきてもらった。いつも肉なので、今日は魚。銀鱈の照り焼き。これは美味しかった。じつは少し焦げた皮が旨いのよ。なにせ〆切まで2週間ちょっと。断られるのを覚悟で依頼したのだから、もうひとり可能性のありそうな人をと思い、GPYさんにも依頼しておこうと思った。ところが、びっくり。2時間も経っていないのに、genka先生から返信、しかも快諾。いくら、書きやすいテーマとはいえ、普通はすなおに首を縦には降ってくれないもの。若いからなのか、あるいは依頼書を読むと著作をしっかり読んでの依頼と思ってくれたからなのか、とにかく〆切も大丈夫とのこと。誠にラッキーだ。ohhashiさんに返事をする前に、依頼しておいてよかった。これで、ohhashiさんには、とりあえず約束通り依頼はできたと伝えることができた。妻が銀行へ行くというので一緒についていく。スーパーで酒買って薬屋で「のどすっきり」を購入。ついでに、駅の券売機でPASMOの残額履歴を印字する。娘がりつをピックアップしにいく。夕餉は、2階のカレーをいただく。少し足らないので、レトルトの銀座カリーも別盛りする。やはり、手作りは美味しいと思った。スパイシーで味が微妙に揺れている。それが良いのだ。レトルトは、なんとなく味が人工的なのである。ありしあを聴く。

cauliflower at 23:20|PermalinkComments(0)

August 09, 2020

西陽の存在を忘れていた。それがなければ、もっといいビアガーデンになっていたのに

昨夜寝たのは27時だった。僕の運転が怖いといういつもの話。ちょうど東宝のところで、右折しようとしてた時前の1台(右折のウインカーをだしていた)の横に侵入してきて、すぐに右折したので、僕はそも後ろに付いて同じように右折しようとしたのだが、それが非常に危険だった、と彼女はいうのだ。彼女に言わせると前の車が右折しようと待っている時に、なんでそれを追い越すようにして右折しようとするのよ、というのだ。どうやら彼女は前のクルマの右どなりにいて、右折して行ったくるまが見えていなかったらしい。それで僕に怒鳴ったわけだが、僕にはもう1台の右折したクルマのあとをついていこうとしただけだった。二人は別の風景を見ていたのだ。だったらドラレコに録画されているわけだから、それを見ればいいじゃんということになった。で、朝である。さっそく取説を出してきて、録画を再生する方法を見ていたら、なんとこのドラレコmac対応ではないようだ。朝食と水撒きと日曜日のルーティン。そのあと、昨日購入したタープを設置する。妻のイメージとfuliくんのアイデアをくんで、2階のベランダの手すりにロープを結び、下側のロープは、1階の庭木に結んでみた。案外いい感じになったので、これでよしとした。お昼は冷やしうどん。そのあと、妻は買い物。ぼくは、爪とぎにされたクロスの修復。といっても、半透明のビニールを直ばりするだけだけど。接着剤のついた側を壁にそのまま貼ってしまう。まだ被害の少ないところは、きれいにはれるけれど、リビングのドアの横は、クロスが一部剥ぎ取られていたりしたので、上から貼っても傷跡が見えてしまう。さらに表面が少し盛り上がってしまう。まあ、ぼろぼろのままにしておくと、またその上を爪とぎしそうなので、かっこは悪いけどこれで満足しなければ。17時くらいからタープの下にプールとヘリノックスを並べてビアガーデン。ちょっぴり風があってそれは気持ち良いのだけれど、西陽がすごい。これはタープでは防げない。fuliくんがまめをかってきてくれたが、妻が買ってきた海老のえびせんに猛烈反応したのはりつ。美味しかったらしく、手が止まらない。妻が枝豆と唐揚げをだしてくれた。BGMはサンダーキャット。次回は、西陽対策。

cauliflower at 23:51|PermalinkComments(0)

July 28, 2020

少しすすんだのかな。

朝、雨は降ってないので、りつとパパは自転車で保育園へ。さて、今日のミッションは、緑の原稿書きのためのデータお越し、のはずだったが、おすぎからおくさんのインタビュー原稿がくる。まずはそのチェック。前半はスムースに進むが、やはり、途中から文がよじれる。こういう躓きは痛い。手を入れ始めると深みにはまっていくから。でも、今回は持ち直す。お昼は、妻がかーぶすなので、お弁当を買ってきてもらう。ボリュームたっぷり生姜焼き。母の角煮は美味しそう。妻のアジフライは肉厚。昼食後も原稿チェック。

cauliflower at 01:34|PermalinkComments(0)

July 05, 2020

大雨のはずが一転、晴れ間も覗く夕暮れのデッキでスパークリングワインをいただく

昨日さぼってしまったので(といっても他にやるべきことがあったのでできなかっただけだけど)、日曜日のルーティンをしっかりやる。溜まったゴミも捨てて洗浄し、dysonはフィルターも水洗いする。お昼は、残っていたライ麦パンにたまごやきゅうりをトッピングしていただく。その後、りつがジージブーブに乗りたそうだったので2階と一緒にそのジージブーブでまずyaokoへ。最初母娘で買い物に行くが、りつも降りるというので男衆で追いかける。しばらく店内を見ていたが、今度は店へ出たいというので、付き合って外へ出る。店の向かいのマンションに公開空地があって、草がいい感じい生えていて、長靴をはいたりつは嬉しそうに歩きまわる。ところが、蚊が飛んでいるし、その草茫茫の地面に犬の糞のよう物を発見。急いで引き上げることにする。しかし、りつはもっとそこにいたかったらしく、母子が帰ってくるまでぐずる。次に電車を見ようと、世田谷線へ向かう。豪徳寺の手前あたりで、ねこ電車に遭遇。りつの好きな踏切だし、さぞや満足してただろうと思ったら、りつは寝落ちしていた。いつものパターンだ。それで、千歳船橋経由で自宅へ。途中で妻の元実家そばにできたカレー屋を確認する。さらに、テイクアウト專門のコーヒーショップも見つける。帰宅する頃には雨も止む。りつも目を覚ましたので、デッキにレジャーシートを敷いて円形線路にプラレールを走らせる。青ぺーと白ぺーだ。我々は、昨日買ったカバを空ける。辛口でスッキリ。少し風はあるものの日がさしてきて気持ちが良い。蚊取り線香を炊くが、思ったほど蚊は多くない。妻が、今日買った骨付きチキンのグリルをほぐしてもってくる。りつは、麦茶とポップコーンとチキンで満足。なつと妻もちょっぴり参加。この調子だと、ベランダリゾートは間違いなく定着するだろう。妻がタバコを買ってくるというので、代わりに僕が行くことにした。ついでにパルミジャーノとデュワーズを買う。夕餉は、そのパルミジャーノを使ってトマトソースのパスタ。5人分を二つの深鍋で同時に茹でてつくる。トマトソースは、瓶詰めを利用し、それにikeaのミートボールを入れる。赤ワインを空けようかと思ったが、プレモルで我慢する。

cauliflower at 22:55|PermalinkComments(0)

June 29, 2020

半径500m圏内の街歩きを楽しむ

今日は天気。りつはパパといっしよに自転車で保育園に。僕は出社。まず、電話対応。インタビューの対応について、撮影を強要するあまり、嫌な印象を持たれても困るのでほどほどに、ってそんなこと僕が一番よくわかってます。皆さん何かにつけて心配性ですね。でも、それ相手に対する気遣いというよりも、保身ですから。そのことをよく自覚してください。本日の地図の最新版をコピーする。急いでハンバーガーとポテト。グローバルリングに着いて待っていると、すぐにomachimanとsayoちゃん、さかもっちゃんがくる。続いて星人、クライアントの二人。まず、Ranpo通りから郷土資料館(休館)とみょうにちかんを外から鑑賞。意外に小さい建物。ダイヤゲートは初めて。駅の上なので、車両の出入りがよく見える。なぜ黄色をやめて突然青にしたのかという疑問。大阪万博で使用されていたようなイスが何台も置かれた歯科。ウォーホールやデュビッフェが展示してある。不思議。南池袋公園のカフェでみんなでお茶をする。生搾りレモネードは、本当にレモンが半分氷の下に。区役所の屋上庭園「豊島の森」。どうやら、星人と取材の後に訪れていたらしいが、まったく記憶がございません。サンシャインシティに入り、1階を縦断する。乙女通りには、ポツリポツリとfujoshi。Hareza池袋の三つの建物は、屋上廊下でつながっていた。変わっていない東口地下を抜けて、西口へ。omachimanは車を停めているのでここで別れる。我々は、演芸場向かいのてしごとやで打ち上げ。フルさんは今日で最後。とりさんは、弱いんですよと言いながらそれなりに飲んでいる。娘さん二人は飲めるのに奥さんが飲まないので、家飲みはしないらしい。今日の一押しはぼうしゃでした。盛り合わせとポテトサラダがうまかった。

cauliflower at 00:09|PermalinkComments(0)

June 26, 2020

テストでうまくいっても、本番は必ずうまくいかない

自宅作業は、動画を見ること。そしてexcelのリストをつくること。先週、僕の画面では共有できていたのに、実際には僕だけ見えていて、みんなには、僕の顔や表情だけが映し出されていた。また、音楽隊の動画が20分近く映し出されていた。僕のモニターには、4人のアーティストが出演していたのに。なので、今日は、もう一度復習の意味で動画を写すことにした。お昼は、蕎麦屋のカツ丼。ここのは普通に美味しい。カツも美味しいし、卵とじがまた美味しい。出汁がうまいのだな。もう一台のmacをモニターとして利用する方法を考えた。golのメールで参加して、ホストに招待してもらう。なんとかうまくいったので、ホストの方でYouTubeを映し出すと、ちゃんと招待したゲストの画面に、それが映し出される。いろいろ試してみたが、ほぼ大丈夫。これでいけると思ったので、一度両方とも落とす。再度立ち上げて講義を始めようと思ったら、なぜか招待客のカメラが粋になってしい、おまけにハウる。どうしてこうなっちゃうのだろう。講義開始ギリギリ手前で、モニターを諦める。さて、講義であるが、やはり、画面共有ができたり、できなかったり。最初学生さんの皆さんが並ぶモザイク型でスタートしたのに、しばらくしてそれもいつものようになり、今日もまったくうまくいかない。しかし、講義自体は話したいことは話せたので、まあいいといいうことにしよう。本日の授業に出席しているのに、レポの提出が確認できていない学生が2名。やはり心配になって、二人にメールをしておく。

cauliflower at 01:32|PermalinkComments(0)

June 20, 2020

自粛は終了。美味しいものばかりの宴再開。

8:40に目覚ましがなる。妻はすでにおきてシスターズのトイレの清掃を済ましている。僕は、もうちゃんも含めて、みんなにご飯をあげる。我々のご飯の後、土曜日のルーティン。すべて丁寧にやる。途中です風呂掃除もやり、終わってみれば13:00近く。りつがママと降りてくる。じいじブーブーと車に乗りたそうだったので、軽くドライブに連れて行くことに。要するに、プジーに乗せて周囲をぐるとしたのである。成城のアグリに行くが、まるで列車は見えない。区民会館の前でゆっくりはしると小田急線が続けてくるが、よく見えない。ぐるっと回って帰宅。りつは満足したのだろうか。お昼はカレーヌードル。いつものようにおいして食べられない。この前からそうなのだが、インスタントのものを美味しいと思えなくなってきている。からだが受け付けないうな気がするのだ。気のせいだといいのだが。二階と一緒にクルマで買い物にヨーカドーへ。今日も地上3階のパーキングへ。りつをヨーカドーのベビーカーに乗せる。大量の、買い物など済ませて、daisharinへ。真っ赤なボディは可愛い。子どもを乗せるリアーシーとが、フードを被せているのでちょっと大袈裟な感じがする。fuliくんが乗って帰る。我々は、クルマにノットかえる。荷物を下ろしているとタイムアウト。すぐに出る用意をする。大根くんのお誘い。部屋に入ると、はっと、すぎもとさん、まっちゃんがきている。こういうメンバーだったのか。スパーキングワインで乾杯の後、僕は日本酒を所望すると、aramsaaが出てくる。市販されていないし、居酒屋でも出てこない逸品。ほとんど一人で飲むことになる。その後お土産に買って行ったオーメドックのシャトーの逸品。大根くんの奥さんは割烹の女将どれも美味しいものばかり。

cauliflower at 01:25|PermalinkComments(0)

June 17, 2020

予定のミッションにたどり着かない

本日も自宅作業。MeetのタブにYouTubeをあげる。普通にクリックして、普通に画面を表示する。自分のMacではうまくいく。問題なく切り替わるし、画像も音声も途切れることなくスムースに転換できる。ただ、招待者が同じように見ているかとなると話は別で、それはこっちではわからない。まぁ、トレーナーの人もよくわからないことがあるらしく、また、しばしば更新されたりもするので、とりあえず、まあいいかとなってしまう。昨夜メールしたmitsuruさんから返信があったので、それにまた返事を書くと、今度はtel。じつに10年ぶりくらいで声を聞く。打ち合わせで伺う日を決める。じつは一旦決まったのだが、彼女はまだ準備ができていない、それでもいいかと言われたが、やはりものは見たいので、日程をずらすことにした。星人からaxsがすごいことになっているというメール。今月末に久しぶりに僕も打ち合わせに加わることにした。彼女の方から、こんな感じはどうか、とこれまで制作されたものの何点かを送ってもらう。本の小口を平積みして見せるというのは、それなりに面白かったが、星人にも見てもらうことにした。お昼は、昨夜のにぎり。鮪や貝や甘海老など。「c&l」のhiroiさんの代替案。iidaさんに頼んでみることに。ところがメアドが紛失。探して見つからず、仕方なくWebサイトのフォームから依頼することに。外部からの依頼は、大学に申請しなくてはならないルールを設けた大学があって、メンドーだけど申請書を送る。「c&l」をとりあえず片付けて、Dの3人目、当初の候補者が辞退されたので次点候補にアプローチするはずが、すっかり疲れてしまい、明日に持ち越し。夕餉は、カレイの煮付け。美味しかった。daikonからtel。19日に明けるので、早速飲み会のお誘い。ハットも来るというので、くわも誘ってみよう。奥様の手料理は美味しすぎて、居酒屋というより割烹料理店。美味いワインを買って行こうか。

cauliflower at 22:55|PermalinkComments(0)

June 04, 2020

正門周囲の緑の環境プランは秀逸だ

朝一でハッシーにメール。昨日Ohhashiさんに話したDの進捗状況について。つまり、アポどりの経過報告&今後の見通し。こういう内容でも、ちゃんと伝えようとすると、4,50分かかってしまう。検索した電車に乗ろうとすると、すぐに出なくてはならない。駅で箱そばでも食べて…というプランは消滅。電車は空いてはいるが、日常にだいぶ戻った感じではある。本日の資料を読む。上野駅について大学へ向かう。ちょうど正門前で二人と合流。先に撮影をしようと思ったが、一応今回の取材の窓口・shimazoeさんに挨拶する。しばらくして、正門入口付近にkimizukaさん登場。取材場所のmichihirobaを案内してもらいながら、説明を聞く。30種類以上の低木の武蔵野の在来種を混植するというアイデアはとても良いと思った。常緑樹にまじってイチョウや紅葉などの落葉樹も植えられている。今は新緑がここちよいが、秋になれば紅葉も楽しめるというわけだ。公道と大学の境には高い塀が続いていたが、塀を取っ払いセットバックして植樹したので道幅がずっと広くなった。まさにコンセプトであるmichihirobaが実現したのだ。所々にベンチがおかれているが、ちょうど年配の男性が腰掛けていた。すわると、目の前に赤煉瓦の旧校舎。まだ実験模索中だが、いずれは大学の端から端までmichihirobaが続くはず。そのあと、今回の計画の代表者shimizu教授に補足説明を受ける。かなりいい偶然がつづいたのも良かったようだ。話の流れで、校内の自然林を散策。足のくるぶしや手を蚊にやられる。muroiさんが大きく虫とかかれた軟膏をかしてくれる。約3時間強、じっくり聴いたろうだった。終了後、谷中方面に向かい、muroさんおすすめのYANAKAビアホールで簡単な打ち上げ。アウグスビールと谷中ビールをいただく。アヒージョや焼いたシメサバ、焼豚、谷中生姜&ちくわ、焼いた枝豆も美味しかった。

cauliflower at 23:17|PermalinkComments(0)

June 03, 2020

行列のできるラーメン店の極上スープと肩を並べる豚汁の汁

10日ぶりぐらいに事務所に顔を出す。請求書が一通と購読している雑誌が一冊。僕の机の上にあったのはこれだけ。だから事務所に出る必要はないんじゃないか、と本気で思うわけである。まず、約束の藝大の資料をPDFにしてさかもっつぁんに送る。メールをあけると、mariko先生からインタビュー快諾の返信が来ているではないか。あてずっぽどころか大当たりをひいてしまった。ootsuki先生に感謝しなければいけないな。さっそくスケジューリングをする。先生の方で候補日を2日あげてくれた。卓さんにtelするとどちらもOKとのこと。ぼくも0Kなので、おすぎとハッシーにtelするも二人とも不在。Tは0hさんに伝言。お過ぎは夕方につながった。mariko先生とうっちーのQ&Aでのワンセルフライティグになったことと、でも東京で撮影はやることになった旨を伝える。どうせ原稿書かないでいいわけだから、Qをつくってみないか、とおすぎに打診すると、「ぼくはライターとしてこの仕事をしているので、そんな注文は受けられない」とけんもほろろに断られてしまった。ちゃんといつも通りの原稿料ははらうよ、と言ったらやっただろうか。「そんなかきもしない原稿料もらうわけにはいきません」ときっぱり断ったら、少しは見直したかもしれないけれど、やはり、今回も彼の限界を露呈した結果に終わる。ところでそのうっちーは、東京に仕事部屋を借りていたことが判明。撮影はそこでやることになりそう。お千代さんは弁当持参なので、ひとりでランチ。開店したばかりの豚汁屋に入る。人気no1のごちとん定食。アジフライがついて、通常980円が760円は安い。そして美味しかった。豚汁の汁がこんなにうまいとは。人気ラーメン店の凝りに凝った自慢のスープ、的なところがあるうまい汁だった。野菜が縦長に切ってあるのと、肉が豚バラというのがまたよし。午後は、緑の取材先資料を携帯仕様に綴じなおし、3部コピーする。途中でDELPがなくなり、三省堂に買いに行く。20時前に帰宅。たらの肉巻きという、つまみ系としてもいけるおかずが旨かった。

cauliflower at 23:06|PermalinkComments(0)