病気

October 31, 2019

咳を必死でこらえながらの観劇は勘弁願いたい。

やはり、寝汗をかく。気づかないうちに咳をしているのかもしれない。メールの返信などしてから出社。乗り換えがスムーズにいき、45分着と言っておきながら、30分前に出社してしまう。本日は、僕ひとり。USBに格納したshinji先生用の写真が開かない。佐藤用はOKなのだが、saito用が開かない。すでに、Dには送り済み。問題はないが、自分用のストックがないと困るので。事務所でもう一度sakamotoさんから星人に送られてきたギガファイル便からもう一度DLする。タイムアップで事務所を出る。日比谷のJR脇のスペインに入る。ランチにパエリア、しかもサラダバー、ドリンク飲み放題で1000円。コスパ良すぎる。今日は13:30の会。すごくよくて、これは今の花でなければできない作品だ。ショーと合わせて、みりおかられいくんへ、王位継承の仕掛けが随所に詰まっていた。パレード前のみりおのソロは、楽だったら絶対に泣いてしまっただろう。朝から咳があまり出なくてこれならいけるかもと思っていたが、ふぇありーの方で、突然咳き込む。必死でこらえて、発作はどうにか免れた。だから、観劇に風邪はひきたくない。まだもう一回観れるので、その時は治っているだろう。18時前に帰宅。shinji先生佐藤担当分の写真整理。夕食後先方へ送る。

cauliflower at 22:40|PermalinkComments(0)

October 25, 2019

成長著しい孫は、パパと呼ぶ

事務所に出て、まずたすかろらを書く。メールの返事と新たにメール。28日の場所は決まったけれど、時間を聞いていないと言う問い合わせ。ついでに会場であるラウンジの予約を入れる。ところが、インタビュー者からすでに予約は取ったという。なんと手回しのいいこと。なにやら、知り合いがいるとのこと。このひとの交友関係が俄然気になり出す。Omiyaの原稿をsayoちゃんに送ると、下絵を送ってきた。おもわず、景気よくデフォルメしたねと。ランチはおちよさんとパスタ。28日の取材の準備。パリについて資料を引っ張り出す。思い出が蘇る。10年海外に出ていない。行きたいという気持ちはあるけれど、行くならパリだな。りつに自分のノートに貼ったシールをパパにみせておいで、というとしっかりノートをつかんで歩いて行き、パパにむかって、パパらしき声で呼んだ。

cauliflower at 23:44|PermalinkComments(0)

October 14, 2019

お見舞いと買い物

スカーレットを見るために8:00に起きる。朝食。昨夜寝る前に、あんたたちおかしいよ! と妻から散々言われる。wakaさんに見舞いに行くとかあなたから言い出さないし、その件について妹たちと連絡し合わないのはどうみてもおかしいというのだ。この件についてyurimuがLINEしてくるのは決まって私だし…、どうにも合点がいかないという。いや、おかしくないよ、兄弟どうしそういうことはあうんなんだよ、と反論のような言い訳のようなことを言ったが、当然納得されるわけはない。というようなことを20分ぐらい言い合って床についた。しかし、朝目覚めれば、そんなことあったなあ程度。これがいけないのか。普段と変わりなく、朝がすぎていく。休日のルーティン。fuliくんとりつがおりてくる。お昼は、ピザを食べようと。yaokoで買ったらしい冷蔵物。マルゲリータとシーフード&しらすのトッピング。バルミューダで焼いたのがよかった。宅配ピザと遜色ない焼き上がり。じつは、1枚300円を切っている。食べ物にまつわるサプライズが続くが、その最新版。そのあとなつも一緒にお見舞い。再び、個室へ。担当医の話では、もう転院はないとのこと。移動のリスクを考えたうえでの結論。本人との面会。今日は、酸素マスクをつけている。話はできるけど話しにくそうだし、聞く側は何を話しているかほとんど聞き取れない。yurimに通訳してもらう。なつとえりとのぶの女性陣が並ぶとすごく似ているといって笑う。時々痛むらしく、フラッシュを要求する。すぐに看護師さんがきて打つ。みるみるうちに白目になって睡眠状態。モルヒネの力はすごい。そのごまた目をさまし、まるでタイムマシンに乗っているみたいという。時間が飛ぶらしく、前後の関係がわからなくなり、たった今言ったことも忘れてしまうという。yurimがじゃ、さっき三人が似ているという話も忘れちゃったでしょ、と言うと、「そんなことはない!」と直ちに否定。そのことでみんな笑ったことが、僕は面白かった。目覚めたかと思うとまたうとうとしたり、その繰り返し。本人も疲れるだろうからと切り上げる。じょばは昨夜はオールナイトで全感覚祭。千葉が颱風で中止になり、急遽渋谷のライブハウス数カ所でオールナイト開催になった。それに行ってきたのだ。投げ銭ライブだし。サーキット型もどんどん新しいタイプが生まれている。かえって、今度はりつとぱぱも加わって、ユニクロへ。シャツと靴下を買う。夕食は、刺身とささみのフライと海藻サラダ&プレモル。

cauliflower at 00:10|PermalinkComments(0)

October 06, 2019

なんかしてくれてもいいんじゃないか。

9時前に起床。シスターズは、早くメシくれとうるさい。朝食後、日曜日のルーティン。それと、レイコップとDysonのお掃除。朝、霧雨なので、軒下に干す。お昼はカップ麺、ペヤングという珍しい選択。でも賞味期限切れてんですけどね。りつが時々降りてくる。15時にお見舞い。まず百合ちゃんから注意時効。確認して、病室へ。大部屋には、他に2名、もう1人いたけれど、昨日だかに退院したらしい。容態は変わりない。ただ、痛み止めの他に、睡眠導入剤を定期的に入れているようだ。スラッシュとかいう急激に大量の薬剤を投入できる装置がついている。本来は痛み止めとして使用するが、彼は眠れないので使いたいというと、それはダメ。それでは、麻薬の使用と同じになってしまうからだ。モルヒネだからね。妻が買ってきたゲソをしゃぶる。ずいぶん長い間しゃぶっていたが、「飲み込んじゃった」と苦笑い。ゆりちゃんは、あれだけ吐き出しなと言ったのに、と怒る。僕だって、彼の立場だったら飲み込んじゃうと思う。jobaも交えてたわいもないはなし。2時間弱いたことになる。また来るねと言って退室する。しかし、厳しいと言われてもね。何もしないというのは、いかがなものだろうか。本当にそれでいいのか。妻も怒っているけど、それって医の倫理に反するんじゃないの? と思っちゃう。こっちが、延命を諦めても、医療者としては最善を尽くし、植物状態になっても生かそうとするのではないのか。暗澹たる気持ちになる。帰宅後、jobaはFRFをみたいというので、夕食(クリームシチュー)を食べていくことに。プレモルも一緒に。彼は、昨夜久しぶりに大酒を食らったらしい。知らなかったけれど、今年になってほとんど飲んでいなかったと。コートニーをまた見てしまった。最後のfujitaさんとochiさんの朱字を送る。これで明日の入稿はOK。




cauliflower at 19:11|PermalinkComments(0)

September 22, 2019

入滅ってこんな感じか

激しい嘔吐で夜中に数回起きてしまう。同じ玄関側に寝ている母にはバレたようだ。朝になって母は心配してくれる。食欲はまるでない。日曜日だし、そのまま寝ている。昼まで、その状態。この段階では、身体はずっと穏やかだった。食欲がなく、水さえも飲みたくない。「渇き」というものがないのだ。こうやって欲望がどんどん消えていく。目を閉じていても、ふだんなら何かしら考えているものだが、なんの考えも浮かばない。人は、こうやって死んでいくのだろうかと思う。高僧の入滅とは、こんな感じなんじゃないかと勝手に思ってしまった。妻たちは買い物へ。再び、ははげしい嘔吐感に見舞われる。もう何も出ないんじゃないかと思ったが、わずかばかり食べ物が混じっている(海苔のような)。昨夜送られてきたkurumiくんの切り絵とテキストを整理して森さんに送る。たぶん連休中に対応してくれるとは思わないけれど、証拠という意味もあって。床こに着くが、15分もしないうちに吐き気。それから、15分おきに数回トイレへ。さすがに、何も出ない。ゲーゲーやっているだけだが、うるさい。そのために、母の部屋にもとどろき渡り、その度に大丈夫かと心配してでくる。妻たちが買い物から帰った時にもう一度トイレへ。妻は、消毒用スプレーより、キッチンハイターの方が強力で、こっちにしなさいと手渡される。キッチン用とは別に買ったものらしく、素直にそれに従う。母が、あまりにひどいので救急でも呼ぼうかと提案してくれて、妻も同意したが、その動機が妻の場合は、ノロへの過剰反応からくるもので、母のそれとはちがう。ハンセン病患者へのいわれなき隔離政策に関する反発を思った。とにかく、「感染る」ことに対する根源的な恐怖があるのだろう。自分には身に覚えがないのに、感染者がそばにいるだけで、自分も感染してしまう。妻は、数年前のノロ感染がトラウマになっているのかもしれない。もっとも、あの時は、トイレに着くまでに間に合わず洗面所から風呂場から吐き散らしてしまったわけで、状況は、今日のぼくとは違うけれど、ノロの半端ない感染力を思うと、妻の過剰反応もわからないではない。モランの「オルレアンのうわさ」をだすまでもなく、社会学の重要なテーマではある。それから、再び床に着く。ウソみたいに寝入ってしまった。ひるまずっとうつらうつらしていたのに、よくこんなに深く眠れるものだ。目を覚ますと21:30。一瞬、朝? と思う。もちろん、みんな夕食を終えて、静かになったリビングだ。下の方がいきたくなる。妻と母に、吐き気はなくなったと伝える。トイレにはいると、下痢も収まり回復傾向へ。ようやく、白湯を湯飲み一杯分飲む。昼に妻が水筒に入れてくれたものを初めて飲んだ。風呂に入って寝るといったら、妻に反対される。母も賛同。気持ちよくなりたいと思ったが、確かに治ったわけではないから、ここは素直に受け入れて、歯磨きと洗顔、それと体重を計る。51.7kg。やった! 去年の1月時点で、51kg前半だった。それが月を追うごとに微増。奈落に落ちる前は、53.7kg。その前の週には54kg台の時もあった。グラストンベリーのケミブラを録画でみる。フジで見たより、VRがずっと立体的に見えた。画像もクリア。ステージ後ろのスクリーンの大きさとかが違うのだろうか。シスターズが2人してトイレ。妻に砂がないと言ったら、ちゃんと買ってきてくれていたのだ。感謝。トイレの清掃。今夜も休肝日。休肝日は、自分から決めるものではなく、強制的になされるものだ。逆に言えば、こういうことでもなければ、休肝日などつくない。

cauliflower at 22:06|PermalinkComments(0)

September 21, 2019

突如奈落に落とされたようなこの身体感覚はいかに?

なつを見るために8時に起きる。終わったあと、すぐにkashiwadaさんへ。29番。日曜日のルーティン。半分やって、kashiwadaさん。血圧測って薬をもらう。お昼は、カップ麺。賞味期限は6月で、とっくにキレている。(夜の異変の原因はこれじゃないかと思うがエビデンスは取れない)りつを抱っこして寝かせる。horiguchiでコーヒーとaosanでパン。OKストアへ回る。夕方、りつを風呂に入れる。突如嘔吐感が襲いかかる。一気に奈落へ着き落とされる。トイレへ駆け込むか否や、本日口にしたものを一切合切出してしまう。そりゃすごかった。数年前のノロウィルスの感染が思い出される。しかし、出してしまえばもうムカつきもなければ、違和感すら感じない。いったい何だったんだろうか。台所の片付けの手伝いをやって、しばらく横になることにした。天井をまっすぐに見上げて、からだを伸ばし、両手を腹の上で組む。いつもこうやっていると、左側を上にするように、寝返りをうつが、今日はそれをしたいと思わない。また元の姿勢。 じっと同じ背を伸ばした姿勢で、上を向いて寝る。天井の照明は消してベッドのサイドライトの光がややまぶしくと、リビングのテレビの音が聞こえる。でも、まったく気にならない。そのままの姿勢で、母が風呂に入っている間中寝ていた。もちろん熟睡したわけではなく、さりとてうつらうつらしていたというわけでもない。脳は活動しているし、聴覚を中心に知覚情報は入っててくるのだが、感覚が遮断されている感じ。奇妙な経験だ。そのあと、風呂に入る。40度の水温が少し低く感じられた。風呂から出て、シスターズにおやつをあげてケージに入れる。いつものように、11時半過ぎに就寝させる。はなにおやつ。するとトイレ。夕食の時間から、今日は、何回トイレの世話をしただろうか。これが原因か、と今は思うが、多分違うだろう。いつもより早く就寝。

cauliflower at 00:28|PermalinkComments(0)

September 15, 2019

孫を連れてお見舞い

日曜日のルーテイン+風呂掃除。録画したあーちゃんのミュージック・サロンをチラ見する。放送中のラスト・タイクーンをチラ見する。まだみりおはno.2なのに、すでにトップのような貫禄のある演技をしている。もちろんとむさんのトップは揺るぎないけれど、この時点で次期トップは決まった、とファンにいわしめるような態度である。おすぎが原稿をあげてきた。正直心配ですぐに読む気にはならなかったが、原稿の出来具合によっては、連休が吹っ飛ぶ可能性もある。覚悟を決めてしっかり読む。ところが、予想に反して、逆に不安を吹っ飛ばすような上出来の原稿だった。できる限りわかりやすく書くのが条件だが、その哲学の狙いは絶対外しては困る。二律背反の枠組みのなかで、かなり完璧に近い形で書いてくれた。僕が書いても、こんなにわかりやすくはならなかったと思う。お昼は、賞味期限切れのかっぷらーめん。妻は、汁なし担々麺。妻は妹に食べさせたいとお弁当をつくる。昨日と同じとうきびご飯。今日は、白だしで炊いたので、味が薄くないかというが、そんなことはなく、昨夜のより美味しかった。出汁巻も美味い。そのあと、りつとパパママ&妻とでお見舞い。入り口でじょばと合流。のぶりんは、腰が痛み今日はパスとのこと。わかはさらにやせた。なにせもう入院3週間。その間何も口に入れていないという。水すら飲んでいないのだ。りつは最初緊張しとていたが、だんだんとなれてくる。一度看護婦さんが寝返りをうたせにくる。今の所床ずれは免れているようだが、やせすぎて骨が飛び出したような状態になって、それが痛むらしい。FCとうきょうの話になると、妹とスマホでみていたとのこと。決して悪い試合ではないのに、なぜゴールがなかったのか。これで、リーグトップはかわらないが、かしまに勝ち点1差。帰り際に、それでも、くちもとがさびしくて、するめのようなものをかんでいるというので、じゃぁ今度買ってくるねと約束する。定員オーバーになるのでじょばは歩いて帰ってもらう。帰りに石井による。おかずや寿司などを買う。りつは病院内をかなり長い距離歩いたようだが、成城ぱんの前で少し歩く。帰宅後、プレモルとわた入りで焦がした烏賊。わかさんに今度持って行こうと思うが、少し柔らかすぎるような気がする。夕食は、レンコンのはさみ焼き、トマトのマリネ、寿司、ハンバーグ、ビーフンのサラダ、そしてとうきびご飯、味噌汁。2階がおりてきて、パン屋さんのロールケーキなどをいただく。夜は、FRFの2日目を観る。

cauliflower at 00:06|PermalinkComments(0)

June 24, 2019

複数のウィルスによる感染症は大人の方が深刻

朝から雨。娘はkashiwadaさんに受診表を出しに行く。9と10。30分ぐらいかな。朝食のあと、僕が出ようとすると、妻がりつとママと母をクルマで送っていく。事務所について、コーヒーを淹れてからしばらくしてこりん星人。さっそく取材箇所の相談。現状、盛り込み過ぎの感があって少し減らせないかと考えていたというので、結局「雲の上」をやめて、丸太を大胆に使った宿泊施設一つにする。これなら、日帰りも可能かもしれない。Dのweb用のデータを整理して、Raに送る3人でランチ。いつものkamuさんが満席。ohsyoにする。プレミアム・チャーハンにする。確かにプレミアム。スープもプレミアムかもといったらそんなことはないとこりん星人にきっぱり否定される。事務所に戻って、olyの僕担当の4pの修正確認。さっそくdnpに送る。そのあと二つのデスクトップを整理。先週のインタビューをデータ起こしに出す。帰宅すると元気そうなりつくん。慈恵医大へ紹介状を書いてもらって、行ってきたりつの病状はやはり手足口病。確かに、部分的に発疹。飛沫感染でまれに大人にも感染るらしい。大人の方が深刻で、口内炎かと思ったら手足口病だったケースがあるとのこと。ひどくなるとフローリングの床も歩けないほどの痛みがあるらしい。まあ、感染しないことを祈るほかない。

cauliflower at 23:48|PermalinkComments(0)

May 26, 2019

妻を襲った詰まると激痛の病

8:15に起きてしまう。というのも、今日はニチビが始まる前ぐらいに起きようと思っていた。でも目が覚めてしまった。朝食のあと水を撒く。日曜日のルーティン。2階と13時くらいに出て仙川へ行こうと決める。そして、その時間まで片付けなどをしていたら、妻が突然腹痛を訴える。今までとは、桁違いの痛みらしい。すこし横になるという。十分程度横になったが、いっこうに収まる気配はない。むしろますます痛みが増しているらしい。約束の時間になるので2階に状況を伝ると娘が降りてくる。休日だが、あいとぴあは開いているというので、すぐにtelする。しかし、先生はいるが、検査のようなことはできない。娘が救急車を呼ぶべきかどうかの判断のサポートをしてくれるサイトへアクセスする。呼んだ方がいいというので、妻は近所に知られたくないと拒んだが、ぼく娘の判断で救急へ連絡。救急車はすぐきたが、ストレッチャーに乗せられて、車内で血圧を測ったり問診したりお腹を押したり、座らせて背中をおしたり。これが一番痛かったらしい。結局、じけいいだいへいくことになり、娘が付き添うことに。それにしても、出発するまでに20分ぐらいかかる。ぼくとfuliくんとりつは残り、とりあえず検査結果を待つことなった。16時頃fuliくんにtelが入る。CTなどとった末に出た結果尿路結石とのこと。それじゃ痛いはずだ。fuliくんと率も一緒にくるまで病院へ迎えにいく。くるまのなかで話を聞く。激痛が続いてとくに検査で背中から腰のあたりを叩かれた時にものすごく痛かったらしい。しかし、検査中だんだんと痛みはおさまってきて、なんで私はここにいるんだろう、と自問したそうだ。母が尿路結石になった知り合いの話をしてくれたが、とにかく最初は猛烈に痛いのだが、ある時点で、すうっと痛みが消えるんだそうだ。母が言うには、石が尿路をおりてきて、膀胱に落っこちれば、それで痛みはなくなるらしい。妻も同じようなことをいっていた。嘘のように痛みが消えたらしい。くるまに乗ってから痛みはほとんどない。帰る途中でヨーカ堂へ。フードコートで銀だこ。そのあと食材を買う。帰宅。自転車で喜多見へ行くと、靴の修理の看板すらなくなっている。焼肉屋の隣の靴修理に入って、靴を見せると、これは削って作るしかないと。それならば、Rさんのところで修理してもらおう。よーかどうでかったイカフライとえだまめをつまみにプレモル。夕餉は本マグロの刺身に冷汁。

cauliflower at 23:10|PermalinkComments(0)

April 05, 2019

弊社の通信事情と復活する咳

洗面所の引き戸を開けっぱなしで歯を磨いていたので、りつが降りてくるのがわかった。今日は、見送りができました。満面の笑顔で挨拶する。嬉しい。スカイステージの録画が忙しい。平成のトップの代表作100本を一挙放映だって。さて、何本録画できるだろうか。事務所について、ちなから報告を聞く。売り上げの極端に少ない案件で、資料費は別の案件に付け替えていた。粗利が多くなりすぎると、全体の粗利率が上がってしまう。それは、実態と異なるので、そういう処理をしたていたが、実は決算時には、それはあまり意味がないとわかった。赤にならなければ、正直に数字出す方がいいとアドバイスされる。なるほど、全く誤って理解していた。ランチは、豚肉と春野菜のつけ麺。冷たいせいろとあったかい汁のマリアージュ。これは美味しい。蕎麦湯もちゃんと飲めるしね。対談のフィニッシュ。マッキーの主張はすでによく知られているので、JINさんの主張を中心に書いたが、これじゃこの特集でのマッキーの立ち位置がわからなくなる。果たしてこれでいいのだろうか。こりん星人からクレームが出そう。エフティさんとエヌティさんが来社。うちの通信事情を見てもらう。J-comとは別に電話回線はある。考えてみれば当たり前だ。そのことを忘れていたため、混乱したていたのだ。ビジネスホンと家庭用との中間に位置するホームテレホンの提案。電話代付き6000円かける84回。この数字に驚く。上司に電話して、なんとかこの数字で新しくしてもらうことになった。こりん星人は、それでも納得ゆかないご様子。Dの一部デザイン変更についてchiakiにご相談。面白い方向に実現しそう。昼過ぎから咳が復活。いったい何回ぶり返すのよ。夕餉はライススープ。できたてほやほやをいただかないとコメがスープを吸ってしまって、雑炊になってしまう。なってしまった。


cauliflower at 21:10|PermalinkComments(0)

March 28, 2019

妻も母も、そして僕も体調悪し。

今度は、妻の体調悪くなる。めったにないことだけれど、お腹の調子が良くないのだ。朝食のパンにまったく手をつけないなんて、これまであったかしら。母もお腹の不調を訴えている。ノロ? とおもったが、そうではなかったみたい。僕は、起きてすぐにkashiwadaさん。17番だった。先生は、すでにきていた。妻は、寝る。kashiwadaさんに行って、薬をもらう。抗生物質をやめて3種類。メールなどしているうちに、お昼になってしまう。カップ麺。鶏。妻は、よく寝ている、やはり寝不足ではないか。2階は買物。お肉とサラダを買ってきてもらう。対談を進めるが、1枚にも満たない。りつをお風呂にいれて夕餉。娘が生姜焼きをつくってくれた。豆腐の味噌汁も。ごぼうのサラダと白菜とキュウリの積むもののようなあえ物。韓国海苔をいただく。関係省庁にメールする(?!)。

cauliflower at 01:05|PermalinkComments(0)

March 25, 2019

咳と洟水が止まらない

あいかわらずあせをかき、トイレにもいく。7:30にめざましがなって起きる。絶不調。熱があるんじゃないかと体温計ではかるが、メモリは35度。体温計がおかしいんじゃないかと思う。朝食後、ジェンヌのお掃除をしてレイコップまでいつも通りやる。りつを見に行って、娘の家の体温計を借りる。36度。どうやら熱はないらしい。咳き込みながらも事務所へ。洟もよく出る。ふつうは鼻づまりになるのだが、それはなくて水っ洟。DのHPの見積書と請求書をつくり、塩事業の書類もつくる。そんなことをやっていたら、コーヒーを淹れるのをすっかり忘れてしまった。お湯まで沸かしたのに。3人でかむい。野菜たっぷりあんかけ汁そば。中国人の女性と日本人男性の4人組は、紹興酒を飲みながらランチらしい。帰りがけ、女性6人のグループが入ってくる。今日は、団体客の日なのだろうか。事務所に戻るとqusuからメール。なんと修正が入っている! すぐにTの清水さんにtelするも本日は有休。印刷所の森さんのケータイを教えてもらいすぐにtel。連絡がついたので、校了にもかかわらず、無理して修正してもらう。たまたまいたからよかったけれど、そうでなかったら…そして難物さんの原稿だったとしたら…ぞっとしない話だ。今度はこりん星人からmuraさんの修正原稿が送られてくる。何度も読み、またしても頭を抱えてしまった。コメントにたとえばこんな感じで、と書いたテキストがコピペされていたり。まったく反映されていないのだ。こりん星人にとりあえずぼくのコメントを伝える。今回は、二人共々玉砕である。咳はどんどんひどくなるので、19:30に退社。夕餉は、チャーハンとバジルソースのバーニャカウダ。かしわださんからもらった薬を飲む。咳のくすりも入っていたからか、短時間で咳が収まる。どんだけ強い薬なんだ?

cauliflower at 00:06|PermalinkComments(0)

March 11, 2019

妻がかぜをひく

本日も汗をいっぱいかく。朝方着替える。朝食の支度をしていると妻が起きてくる。ついに熱になった。すごくつらそう。こっちは自宅作業の予定なので、洗濯とか掃除とか一部手伝うことにする。朝風が強く、雨も降っている。ゴミ捨ては、たっぷり。母は、袋は一つでいいとケチるが、どうみたって2ついるでしょ。雨が止んで、陽も出てくる。洗濯もの外に干すことに。そのあと、企画書づくり。お昼は、妻が風邪にもかかわらず、おいなりさんをつくってくれる。2階の住人も一緒に下で食べる。午後は続き。これは楽勝かと思いきや、そうは問屋はおろさない。りつを風呂に入れる。浮き袋の空気が抜けていくので心配すると、りつは浴槽で立っている。夕餉は、ロールキャベツ。スープがうまかったので感激。食後、今日は他に誰も入らないので風呂は僕一人。でも、風呂洗いもやるのだよ。企画書のフィニッシュ。こんなに現代思想でいいのだろうか。でも、明日で64歳。もう定年だから、いいってことにしよう。

cauliflower at 01:10|PermalinkComments(0)

January 20, 2019

2階にのろさんがやってきた

むすめがノロにかかったらしい。fuliくんがりつを抱いて降りてきての報告だ。らしいというのは、医者に診てもらったわけではないかで、インフルという可能性も否定できない。いずれにしても、感染していたところで、まだ潜伏期間中。症状が出るのは、おそらく明日以降だ。やれやれである。日曜なので、9時前に起床。それから、はな、つき、ゆきのお掃除して朝食。妻と昨日、ふれっしゅねすで回し食べしてもの、確実に染ってるねと諦める。日曜日のルーティン+風呂。昨夜暗くて後部座席にのせたままにしてあった、チァイルドシートを設置する。前向きは、シートベルトの位置が普通なので難なくつけられた。fuliくんは、ほんとは休日出勤だったが、ネット環境のもと遠隔操作とTV電話で自宅作業。でも、散歩はしたほうがいいので、感染を防ぐためのスプレー・クレベリンを買ってくる。昨夜アナウンスした件にまつこうかんけいしゃのみレスあり。お昼はお茶漬け。妻はりつと妹のところへプレゼントをもっていく。世田谷さんが来宅。ohtomoさんが退職で変わってkusunokiさんが担当に。やるべきことはいろいろやまのようにあるけれど、やれる時間のことを考えて、みどりのデータ起こしをやることにした。ところが、眠くなって、同じ文字を何ページにわたって打ってしまった。それも、一回だけでなく何回も。正直これは情けない。娘は、つまのつくったおかゆさんを2階で少し食べたみたい。はやく良くなってほしい。夕食は、fuliくんとりつ。麻婆豆腐、わかめスープ。りつは、今夜はご機嫌が良くない。ママが床に伏しているからだろうか。母子のシンクロニシティ。

cauliflower at 23:25|PermalinkComments(0)

August 21, 2018

りつがタオルをつかんだり舐めたり…

今日は、水撒き。案の定蚊に刺された。りつに挨拶するも、本日は無視モード。こういうのがまた面白いのだな。事務所について、早速資料づくり開始。こりん星人がもうすぐ来るので、コーヒーを淹れてしまう。人選とタイトルはすでに決めてあるので、狙いを書けばいいだけなのだけれど、本や資料を読み込まないと書けないので、大変なことは大変なのだ。ちょっともたつくとズルズルと遅れる。ランチは、ダイニングで本日のサービスランチ。塩カルビ炒めと唐揚げ2個。ここの唐揚げが美味い。カリッと上がっていて、中はジューシー。帰ってきて再び資料づくり。こりん星人からクレーム。ラベル印刷はexelデータをいったんwordで読み込むため、マスに入らないからと言って文字のQ数を小さくする必要はない。マスを増やせはいいのだ。決局20:40までかかってしまう。イッシーからchap2のhanbaiの前半が来る。帰宅するとりつを連れて妻が2階からおりてくる。fuliくんは熱が下がらなくて近藤さんへ行ったとのこと。娘も風邪気味らしい。夕餉は、冷奴と野菜炒めとコーンスープ。りつはタオルを掴んでしきりに舐めたり顔にかけたりして遊んでいる。送った資料の一つが100年後ではなく1000年後になっていたことに気がつく。なんかこういう数字の間違いをずいぶん前にやった覚えがある。恥ずかしい。


cauliflower at 23:54|PermalinkComments(0)

March 02, 2018

リアルに真っ二つの子爵

事務所に出て、olyのここ一週間やりとりされた原稿類を整理する。
宙さんの一次抽選のエントリー。どうせあたらないし、と思いながらもとりあえずエントリーする。
仮に当たったとしても、1万2000円は高いっすよね。いくら前列だとしても。
フジの第2弾発表。Jが多いのは、いつものことだけど、どちらかというと好きじゃないのがおおいのは、どうだろうか。
ランチは、パスタ。プロシュートと新玉ねぎのビヤンコソース。
それと、ドルチェはイチゴのムース。春ですなぁ。
緑が5日に発行になるので、確認のためにもう一度見積書を作成する。
片付けと新聞のピックアップをチェック。
やっぱり見たら見たらで、これはアプローチすべきだったな、という記事にでくわすものだ。
ikegayaさんが、面白い脳の話を書評していた。
ひと頃、脳機能を左脳、右脳に分割して捉える研究が話題になった。
この本は、それならば、いっそのこと左の脳をもつ人間と右の脳をもつ人間に二つに分けちゃえ、ということが書かれているらしい。
これは、すこぶる面白い。身体をふたつにしてしまえ、というのだから。
想像力が駆り立てられた。真っ二つの子爵だ。
帰宅する間中、ずっとこのことを考えてしまう。
夕餉は、はんぺんとチーズのオムレツ。マナガツオのグリル。
ohnishiさん撮影のムラージュをぺらぺらめくり、togawaさんのメタサイコロジーの解説を読む。
やっぱり、勉強は面白い。

cauliflower at 23:41|PermalinkComments(0)

November 28, 2017

喉の痛みが咳へと変わるだろう(yamashita風)

午前中Dの企画書をブラッシュアップ後、現場経由で事務所へ。
カツカレーのランチ。甘辛カレーという新メニュー。
ちょっとコショーがきつい印象はあるが、概ね美味しかった。というか、ちょうど食べたかった味。
メールや原稿整理などして、ヅカへ。このあたりから咳がひどくなる。
こんな咳をコンコンしながら、観劇するのは嫌だなぁ。今日は星組さん。スカピンのあとは映画もの。
ベルリン初のトーキー作品の上映がストーリー。
さゆみとあーちゃんは、ずっとまえからコンビだったように見える。いいトップだ。
レビュー90周年を記念するレビユーを中心とするショー。ヅカもの。
それはともかく、咳をがまんしながらの観劇はしんどい。どうしても散漫になる。
それより、左右のおとなりの女性はうるさいと思ったんじゃなかろうか。すみませんでした。
夜はまぐろほほ肉のカツレツと赤ワイン。アルコールを流しこんでも咳はおさまりません。
帰りにストナを購入。総合感冒薬だけど、とくに咳に効くらしいので。
ひさしぶりに寝酒をひかえる。


cauliflower at 10:02|PermalinkComments(0)

August 29, 2017

だいもんはすっかりトップだ

慈恵医大へ。皮膚科の僕担当の女医さんは、傷を見るなり、
「わ〜、ずいぶんきれいになりましたね。もう大丈夫ですよ(パチパチ)」
と手を叩いて喜んでくれました。
というか、女医さんは、とにかく傷を治すことが一番の目標。
あとは、関心がないようで、まだ頭が痛いというと、
「あんまり痛みがひどいようだったら、また脳外でみてもらいましょう」
といいながら、以前のカルテをみせてくれた。
左薬指の指輪から、この人は家庭ではどんな奥さんなんだろうか、
といろいろ想像がわいてくる。
まぁ、面白い人なんだろうとは思うけど。
昼過ぎに出社。オマチマン&小夜ちゃんが長期連泊している新潟のホテルに
宅急便でできあがったばかりの『c&l』とイラストを送る。
ランチはパッタイ。明日の取材の準備と『談』の執筆準備。
夕食を家族と一緒に食べる。オムレツと笹かまと春巻きを鶴齢のロックでいただく。
確かに日本酒に氷を入れて飲むのはOK。
しかし、氷が溶けないうちに飲まないとダメみたい。
Takarazuka Revue 2017のDVDを見る。



cauliflower at 22:24|PermalinkComments(0)

August 10, 2017

脳震盪のようなものではぜんぜんないですよ。でも、ロキソニンは効く。

朝一で慈恵医大。皮膚科で案の定かさぶたはがし。
この女医さん、これが楽しみだったみたい。
一枚きれいに剥がれるのかと思いきや、バラバラて丸まってるみたいできたない。
それを開けたピンセットが入っていたセロファン製のようなケースの上に並べていく。
なんかこの女医さん、やることがおかしい。
一昨日も昨夜も頭が痛いと伝えると、脳外科の先生にお手紙を書いてくれて、次にそっちへ回りなさいと。
さすがに脳外科は待って入る人も少ない。
自分の番が来る前に、看護師さんが血圧を測ってくれたが、その直後にドカーンという音。
直下型の地震。妻にメールすると、やはり揺れたとのこと。千葉の北で震度3。
脳外科は若い男の先生。救急で診てもらった時のCTの画像データをみながら、話は聞いてくれたが、おそらく大したことはないだろう、偏頭痛のようなものかもしれない。
ベッドに頭を打った時に脳震盪をおこした可能性もあると。
抗生物質はやめて、別の塗り薬をもらう。脳外科では、ロキソニンをくれる。
毎食後に飲んでもかまわないようなことを言う。
帰宅して本日は自宅作業。妻が買ってきたワンコイン弁当のあとさっそくロキソニンを飲む。
インタビュー原稿3本とゆうこりんの原稿チェック。
解体業者が来宅。スチール本棚を廃棄してくれるとのこと。
庭の大きな石もみんな持って行ってくれるそうな。4tトラックで4万くらいらしい。
解体費の見積もり120万は、アキュラの予算とほぼ同額。ちょっと関心。
仮住まいヘ行って2度目のバルサン。
田中さんの質問項目作り。ハッシーから締め切りは17時とメールがきたが、ごめんなさいで、21時にしてもらう。結局21:30に送る。
ツイピークス後半30分を見る。キング・クリムゾンのライブも少し見る。


cauliflower at 23:41|PermalinkComments(0)

August 08, 2017

ロキソニンがこんなに効くとは

今日は1日自宅作業。
朝起きた時から頭が痛い。今日はひどい。
enrikoに相談するとロキソニンの服用を勧められる。
はじめて飲む。それが効いたのだ。こんなに効くとは思わなかった。
こんなことなら、早くから飲めばよかった。
スキマを書き始めて、就寝するまでに仕上げるつもり。
インタビュー記事の一本が戻ってくる。手を入れてよかった。
ueyamaさんから悲鳴のようなメール。
Oの田中さんに出したメールの返事。こっちは、決してめげません。
そのあとも続けるが、結局12時半で切り上げる。
じつは、もう枚数ぴったり。やめてもいいのだ。


cauliflower at 01:20|PermalinkComments(0)

August 07, 2017

フロント前で仮眠、恥ずかしくないか、ぜ〜んぜん

朝一でOinumaさん。c&lの一部を入稿。表紙とケーススタディ。
お昼はshinodazushi。これからしばらくは、そば以外に鮨もメニューに入れよう。
ホテルのフロントでちょっと仮眠。
Oでcameのフィードバック。なぜに2時間。
事務所で、インタビュー原稿のチェックを出すために原稿整理。
自分で書いてないのに、自分がだすのは気が進まない。
ひさしぶりに21時まで。
帰宅するとACの取り外しが12日。ということは、最後の一夜はエアコンなし?!


cauliflower at 00:36|PermalinkComments(0)

August 04, 2017

その痛み、外傷とは関係ないかも!?

事務所に着いてc&lの入稿計画について話、すぐにshimokitaクリニックへ。
頭の右側から後ろにかけて痛みがあるというと、もしかするとおでこの外傷と関係ないかもしれないと。ここには神経が集中していて、膿んだところが神経を刺激して、痛みを出ている可能性も。
まあ慈恵医大の抗生物質をそのまま飲み続けてて、どうしても痛みが酷いようなら痛み止めを出しますよと。
結局、診てもらい、安心をもらった、ということか。
お昼は、初めて蕎麦屋のroanへ。ふつうがおいしい蕎麦屋。そぼろご飯とざる。
表紙やらケーススタディの入稿用材料をつくる。けっこう時間がかかってしまった。

cauliflower at 01:14|PermalinkComments(0)

August 02, 2017

詳細なスケジュール表をつくる

スペアキーを2つつくる。喜多見のセブンの真向かい。
キッチン側のドアの鍵は特殊でスペアからは複製できないらしい。
murataさんから新小岩の原稿が戻ってくる。ポートレイトの整理。
4人の顔と名前が一致していないことが判明。murataさんに尋ねる。
アマナで中川の空撮を検索すると、いくつかヒット。使えそうだ。
ゆうこりんは危険地域を知らせるいざりの看板写真。こっちを表4に。
ところで、ゆうこりんは左頭部が痛むらしい。外傷はないようだが、あったらやばいぞ。
今日も焼うどん。2日続きで、しかもうどんばっかり。
DANのスケジュールをつくる。これで18時すぎてしまった。
夜になると頭部の右側(頭皮? 内部?)が痛くなる。
メガネのテンプルが耳にあたるためか、はたまた薬を塗布するためか。
サバの味噌煮。野菜のトマト炒め。豆腐の味噌汁。
映画音楽家のドキュメンタリーを30分ほど見る。面白いのだが、テンポが早すぎ。



cauliflower at 23:51|PermalinkComments(0)

August 01, 2017

音に全身が包まれるとはこのことだ

朝一で燃えるゴミ。袋がたっぷり5つ。
事務所にいく。昨日の続きで、談の取材の整理。みなさんに確認のメール。
ishikawaさんを呼んでスキマのイラストをピックアップ。
murataさんにダメもとでインタビュー原稿のリライトをお願いする。通った。嬉しい!!
18:30に代々木上原で待ち合わせるも、電車は遅れる。
会場で娘と合流。シガー・ロスの東京公演。相変わらずのオールオーバー音楽。


cauliflower at 01:37|PermalinkComments(0)

July 31, 2017

FUJI御一行の帰宅

7時に起きてすぐに洗濯。ロールパンと久しぶりにコーヒー。
おとうさんが記憶喪失症だって!? ひよっこが予想しない展開に。
終了した洗濯物は、ドラムにそのままにして、自転車で慈恵医大へ。45分に間に合いすぐに順番。
ツンツン系の女医さん突然「痛いかもしれないけれどかさぶたはがしちゃいましょ」。
「えっなんで!?」きたなくなるからってむりしなくても…。
すぐにピンセットではがしはじめたけれど、「う〜む、やはりムリかな」。けっきょくそのままに。
飲み薬をもらって、乾いても塗り薬は塗るようにと言われる。
帰宅後、敷布団を干すことに。
『談』の依頼とその関係で、TASCとメールのやり取り。
病院の帰りに買ってきた冷しきつねうどんを食べる。
仕事の続きをし、うつらうつらしていたらFUJI御一行の帰宅。
妻のただ今の声に驚き、ベッドに思いっきり頭をぶつける。その後この時の痛みが続く。
巻機と鶴齢のお土産。日本酒のジュレも。ひさしぶりのアルコール。プリンも半分もらう。
妻は、今度は彼女らをくるまで送っていく。
山道登りでなぜスピードが出てしまうのか。
くだりは、やはりとても緊張するなど、僕の苦労をやっとわかってくれたようだ。
夜、冷凍ご飯を野沢菜や漬物でいただくと美味しい。寝る前に久しぶりのウイスキー。


cauliflower at 01:17|PermalinkComments(0)

July 30, 2017

タオルケットで十分だった

少し気温が低いので、エアコン入れずに寝たが、汗はかかなかった。
汗をかかないのは悪くない。でもなぜ、こんなに違うのか。
結局のところ、布団をかけて寝ていたからだ。昨夜はタオルケットで寝た。
昨日昼間そうして寝ていたら、汗をかかなかったから。
こんなことなら、もっと前からそうするんだった。
ようやくロールパンを食べる。ひさしぶりに目玉焼きをつくる。
ほんとうにひさしぶりで、卵がうまく割れなくて、黄身が崩れてしまった。
昨夜からまだ小雨。洗濯をして部屋干しする。
インタビュー依頼者へ返事。エンタメのレポートを採点。
結果はわかっていたし、エンタメのプロでもあるわけで、Kさんは前期1同様今回も満点。
昼過ぎにのぶちゃんがくる。ピザを土産に。OXの500円切ったマルゲリータ。
もちもち系で、値段で判断すれば、これはこれでいいのかもしれない。
きゅうりに甘い味噌。母はなまでそのまま出してくれればいいのに、甘い味噌をたっぷりかける。
母はなんでも押し付けてくる。ぼくも年を重ねていくとこうなるかもしれないので、文句をいうのはやめよう。
娘がトロンボーン・ショーティの動画を送って来た。これもみたかった。
うちの猫どもは、とにかくうるさい。にゃんは飯くれ飯くれ、はなはそれに加えて外出せ外出せ。
動物病院の先生に従って、この機会に家猫にすべきかもしれない。

cauliflower at 23:11|PermalinkComments(0)

July 29, 2017

洗濯物と布団類、危機一髪!

朝猫のトイレの砂を換えていたらはながご飯を要求。彼女はは、ささっとたいらげて今度は外へ行きたいと要求。まったく欲望に忠実な猫ちゃんだ。
母が散歩の途中でサンドイッチを買ってきてくれた。でも、まだおにぎりも残っているし、カツサンドはほとんど買わないし。
で、やはりおにぎりにした。炙りたらこ。
昨日大量に放出した洗濯物を2回に分けて洗濯機。
布団とパット(妻は今使ってないので、汗でぐっしょり濡れたぼくのと交代して)2枚、さらに湿気をとるパット、そして上掛け布団を干す。
午前中晴れてほんとうによかった。というのも、15時すぎたあたりから、雲行きが怪しくなる。
じつは、この時寝ていた。母が、洗濯物取り込んであげようかと上がってきた。
すぐに起きて一緒に洗濯物と布団類を取り込む。なぜか、はなも
そんなことをしていたら、そのすぐあとゴーッ!という轟音とともに集中豪雨。
そうとうひどいらしく、妻のiPoneにもお知らせが来たらしい。
LINEでやりとり、FUJIもずっと雨で、びしょびしょになったようだ。
オザケンは入場規制。妻はネリをみていたため、入れなかったみたい。
娘の夫は前の方に行っちゃって妻は心細そう。僕が行けてればよかったのに。
さて、もう見るものは終わったと思うが、きっと緊張しているだろうな。心配。


cauliflower at 00:11|PermalinkComments(0)

July 28, 2017

体温が平常値にもどると気持ちはずっとよくなる

朝一で慈恵医大へ。妻にクルマに比較的空いている。外科ではなく皮膚科へ。
今度は、ツンツン系の女医さん。入院の必要はないときっぱり。
熱がすこし下がる。37度後半。内服薬ととんぶく。それと塗布用の塗り薬。焦げ茶色。
妻は八面六臂の活躍。娘をピックアップしにいくついでに、にゃんさんたちもピックアップ。
にゃんさんたちにとってはよかったはず。一泊しただけだから。
母がおにぎりをつくってくれる。ばたばたしながらも、妻と娘はでかける。
何度もねては起きるを繰り返す。
ゆりちゃんが来る。ははとしみずやへ。天ぷらをかってきてくれた。
夕飯は、穴子、にんじん、なすの天ぷら。
とんぷくを飲むことに。
前泊しているジョバくんは、ものすごいあめで、テントが浸水したらしい。
妻たちは無事帰れただろうか。
さて寝ようかよと思い体温計、なんと36度。熱がひくと調子が良くなる。

cauliflower at 01:15|PermalinkComments(0)

July 27, 2017

えっ入院だって!?

お昼をはさんでO社の会議。場所はDNP。直帰して、怪我の具合をみると、かなり膿んでいる。
あたまにも近いし、これはやばいと思い、妻が慈恵医大に連絡、救急で外来。
外科にかかり(またしても女医さん、しかもかわいい)、そのあと脳外科へ。
人生二度目のCTスキャン。
診断の結果、脳の状態は正常だけど、入院の可能性もありと。何がそんなにひどいのか。
この段階では、まだFUJIにいくつもりだったが、結果的にあきらめることに。
急遽、娘の夫がさ参加することに。
だんだん具合が悪くなる。よろよろするのがすごくやだ。
早めに寝るが、トイレになんども起きることに。

cauliflower at 00:39|PermalinkComments(0)

July 26, 2017

女医さんの外科。

朝一でchinaと打ち合わせ。今季を赤字で終えるか、あえて黒字にするか。
経営判断がむつかしい。来期は、大口があるので。
ネットで外科を探すと、事務所に行く途中の路地をはいったところにありました。
この病院をどんな理由ですか、女医さんという項目もあったけど、
シャイな僕はチェックしなかったけれどしとけばよかった。
なんか存在の面白い女医さん。気がつくといきなり横に立っているというのはやっぱへんだ。





cauliflower at 01:22|PermalinkComments(0)

March 06, 2012

うどんは食べられるようになったぞ。

朝 おかゆ
昼 ゼリー
夜 うどん
曇り、晴れ(暖かいをこして暑いくらい)
7時30分起床。猫のトイレやコーヒーなど淹れる。食欲はまだ。でも、妻が何か食べなきゃダメとお粥をつくってくれた。半分食べたところで、再び嘔吐感。薬を飲まないでよかった。朝一でkondoせんせい。下痢の薬を出してもらう。かわりに、咳と痰の薬は、妻にあげる。奥さんだけでは心配だったので、先生にもたずねると、いいよと言うので。妻に駅まで送ってもらい事務所へ。入稿用の写真を整理し対談の原稿整理。ここで突然思い出す。arai君からきたポートレイトをダウンロードしてなかった! すぐにtel。よく海外へ行くので心配したが、すぐにつかまった。よかった。Dが届くも、それどころではなく、あわてて用意してゆうと本郷へ。Oさんに入稿。tmの仕事、4月から別の人におねがいすることになった旨を伝える。もともと、フォーマットつくっておしまいの仕事なので、当然執着もないようで、よかった。自宅へ直行。父の世話で来ていたyuriちゃんから、goto君の近況を聞く。先週末にもと劇団仲間の葬儀があって、その席でgoto君にあったのだが、そのかわり果てた姿に言葉を失ったと言うのだ。アル中で、廃人のようなたたずまい。いろいろ聞くとこれはぜったいにまずいと思ったが、何をどうしていいやら。とりあえず、けいことかに相談してみることに。原稿書きのあいまに、fctokyoのacl開幕試合を見る。じょばもきている。で、結果は2:0で勝利。かしわとの雪辱を果たす。夜おそるおそるうどんを口にするが、ちゃんと完食できました。吐き気もなくなった。これが快復の兆し?!

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)