映画

July 26, 2017

女医さんの外科。

朝一でchinaと打ち合わせ。今季を赤字で終えるか、あえて黒字にするか。
経営判断がむつかしい。来期は、大口があるので。
ネットで外科を探すと、事務所に行く途中の路地をはいったところにありました。
この病院をどんな理由ですか、女医さんという項目もあったけど、
シャイな僕はチェックしなかったけれどしとけばよかった。
なんか存在の面白い女医さん。気がつくといきなり横に立っているというのはやっぱへんだ。





cauliflower at 01:22|PermalinkComments(0)

April 23, 2012

学生時代はえーていじいの映画ばかりみていたらしい。

朝 チーズの入ったバケットのようなパン、ハム、レタス、レモ入りオリーブオイル/コーヒー(ワイン)
昼 天津麺、レタスチャーハン、キムチ、杏仁豆腐
夜 かます(焼き魚)、大根おろし、ミョウガと鶏のささみの酢の物、えのき茸と糸こんにゃくの炒め物、納豆、わさび漬け、白菜の味噌汁、御飯

改札でいつも入る海鮮屋さんのご夫婦(たぷん)に遭遇。この前うちのマンションの前を自転車で走り抜けていったけど、自宅がseqagayadaitaなのかもしれない。事務所についてまずC&Lの支払い先の整理。今日はゆうもすぎも自宅なのでchiyoさんとお昼。午後は、riの下調べ。atgの映画かなり見ていたことがわかった。記念すべき第1作nisoyoannaをamazonで購入。ネット検索していたら、ななんとシネダンスがあるじゃないですか。高かったけどこれも購入。あとざっつえんたーていんめんとの5枚ボックス。ほしいものばっかりだ。

cauliflower at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 27, 2012

かつてシドを演じた俳優が挑む究極のエンタメ映画。

朝  パンドゥミ、ハム、レタス、マーマレード /コーヒー(ロースターブレンド)
昼  海鮮丼、茶碗蒸し、漬物、味噌汁
夜 鮭チャーハン、ホタテとトマトのバジルサラダ、ソーセージ・ほうれん草のジャーマンポテト、いたどり
ジェイムソン
晴れ
7時50分起床。カーネーションを見ながら朝食。事務所について一仕事してから、渋谷へ。PA…でかいさいされているozakenの展覧会を見る。写真とナレーション、サウンドスケープ、ライブ音源を組み合わせたインスタレーション。どれも意味があるので、写真とナレーションはすべてじっくり見て・聴いてほしいという注意書き。悪いとは思いつつ、一部すっ飛ばしてみる。出口のところがショップになっていて、Tシャツや書籍を販売している。そこに件のボックスアルバムがありました。もちろん買いましたよ、それが目的だったわけだから。15000円、しかし買ったのは妻です。僕は、お使い。なのに、抽選で1000円券ゲット。ラッキー。去年のライブを収録したCDが3枚、書籍が2冊(装丁がすごく凝っている)、写真のポートフォリオ、絵巻物、などが、きれいな紙の箱に詰められたているもの。そのあとスペイン坂の和食屋で昼食をとり六本木へ。昨日に続いて試写。きょうはuragirinosakasu。げーりー・おーるどまんしゅえんのりあるすぱいもの。これは、面白かった。構成、ほん、撮影、音楽、そしてもちろんキャスティングも、どれをとってもすばらしい。oshiro君が完璧といったのがわかる。エンタテインメント映画の究極を見たという感じ。事務所にもどり、再提出用の企画書づくり。

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 17, 2011

本を読むかぎり年齢を意識することはないが、映像は、もろでちゃうからねぇ。

朝 パン、サラダ菜、ハム、目玉焼き、餡子/コーヒー(ケニア/Aianjaga
昼 お茶漬け、筑前煮(昨日の)
夜 冷奴、筑前煮、ナムル、コンニャク煮、アスパラガス、紫蘇餃子、五目おこわ/プレミアム・モルツ、秋味、一の蔵(日本酒)冷
ジェイムソン
晴れ、突然雨、晴れ、突然雨、晴れ
8時起床。おひさまを見てから起きる。朝食。ミルゥの散歩、野川まで。中2階と風呂の掃除。PCに向かって作業。妻がウォーキングの講習にいくというが、時々雨が降ってくる。自転車は心配なので、クルマで送っていく。せたどうは自然渋滞。戻って「のるうぇいのもり」のDVDエキステンデッド版を見る。本編より少し長い。キャスティングは小説のイメージに近い。しかし、なおこもみどりもいたすぎる。こういうガールフレンドがそばにいたらかなりうっとおしいだろう。小説を読んだ時には、ふたりにいとおしさすら感じたのに。映像ではまったく反対の感情が表出した。りんこときこの演技が過剰ということもあるけれど、ひとことでいえば演出がもったいぶっているのだ。というか、映画そのものより、konumaさんじゃないですが、もうこういう恋愛のできる年齢じゃない、そのギャップが映像だとリアルに表現されてしまう。これもkonumaさんが言ってたことだけど、映画版のテーマはわかもののセックス。春樹の作品はどれもそれが裏の主題ではあるけれど、それが前面に出ている。で、実写でしょ、やっぱり距離を置いてみちゃいますよ、年寄りは。しにあの場合、同じなにでも、もっと…、まぁ、そういうことです。ことばと映像の違いをあらためて知らしめた点では、見てよかった、とはいえるかもしれない。

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 03, 2011

バブルの頃に好きになった映画

朝 パンドゥミ、ハムエッグ、レタス/コーヒー(狛江ブレンド)
昼 ガンボライス(昨日の)
夜 谷中生姜、薩摩揚げ、大根おろし、肉豆腐、秋刀魚の野菜漬け、茄子と茗荷の味噌汁、ご飯 /秋味、酎ハイ
ラム・コーラ
晴れ、曇り
7時50分起床。朝食。ミルゥの散歩。今日は野川まで。中2階と風呂の掃除。妻が先週借りてきて今日が返却日のDVDを見る。「さぶうぇい」、りゅっく・べっそんを一躍有名にし、くりすとふぁ・らんばーと、いざべら・あじゃーに、じゃん=ゆーぐ・あんぐらーど出演の映画。地下鉄ものの先駆け。封切られたのが85年だって、確かぐらん・ぶるー、にきーた、れおんとと立て続けに見て大ファンになり、だいぶあとになってからこの出世作を見たと思う。なのに、ストーリーはおろか出演者やそのたもろもろすっかり忘れていた。今回あらためて見直すと、やっぱり面白い。その後パリに何度も行き地下鉄にも数えきれない程乗ることになるのだが、さぶうぇいを見ていたら、地下鉄の移動もまた違ったものになっていただろう。パリの地下鉄は東京や大阪ほどではないにしろ、たくさんの路線があって、かなり複雑だ。でも、そのわりに乗り降りがしやすいのはルールがあるからだ。路線はすべて進行方向にむかって列車の左側のドアがあく。駅ホームには必ず行き先(終点)が表示されているし、運賃はすべて同一料金、かるね(切符)を買って改札を通れば、乗り換えは自由。出口には改札がない。つまり、目的地と地下鉄出入り口の位置関係さえわかっていれば、すぐに利用できる。
それはさておき、この地下鉄に住み着いてしまった人たちが主人公。地下鉄構内は、彼らの庭であり、仕事場であり、遊び場なのだ。ビデオを借りて見たのは80年代の終わり頃だったと思うが、あんぐらーどに自分を投影していたことはもちろんよく覚えている。ところが、当時あじゃーにに夢中になっていたことをすっかり忘れていた。つんでれ好きは今に始まったことではないが、僕の中であじゃーにはその筆頭カブだ。おざちんの奥方が彼女にそっくりで、やきもちをやいたこともあったような。
で、この三人、今どうしているだろうとすぐにネット検索したら、あれまぁ、そろいもそろってみなさんおじさん、おばさんになっているではないか。あんぐらーどとあじゃーには僕と同い年、ということはmiさんもね。らんばーとは二個下。らんばーとは顔つきがハリウッドの脇役俳優みたいになっていて笑った。あんなに個性的だったのに。というわけで、りゅっく・べっそんとじゃん=じゃっく・べねっくすの作品をまた見てみようかと思ったのでした。ここでもうひとつ思い出したことが。二度目のパリ来訪の時、ベトナム料理屋にべねっくすの「ろざりんとらいおん」で主演を演じたいざべら・ぱすこー女史が入ってきて、われわれのとなりで食事をしたのだ。その時の同伴者は、「にきーた」で秘密警察官役をやったちぇっきー・かりょだったような気がする。彼らは結婚していたはず(その後離婚)。とここでまた豆知識。「れおん」のまちるだはなたりー・ぽーとまんだった!なんてみんな知ってることだけど。
お昼を食べてから、DVDを返却するついでにしまちゅうへ。妻の震災対策第二弾、石油ストーブを買う。それとTANITAのインナースキャナー。内臓脂肪、BMI、体脂肪、筋肉、骨量、基礎代謝、体内年齢、体水分が測れる優れもの。さっそく家に帰ってのってみたら、内臓脂肪が標準をやや越えていた。どうもからだが重いと思っていたら、やっぱりそうか。今後食べるのを少し減らそう、できるのか、おれ。夜は、なでしこを応援。韓国にかなり攻められ、試合内容でみるかぎり完全に負けてましたね。得点こそ2:1だったが、こんな戦いをしていたら、オーストラリアには勝てない。なんとしても立て直してほしい。本音を言えば川澄ががんばっていたのでぜんぜんいいんですけどね。あとは丸山!


cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 08, 2011

試写と散髪、ペルーとジャマイカ。

朝 パンドゥミ、ハム、レタス、マーマレード/コーヒー(イルガチェフ)
昼 鯖の塩焼き、わかめの味噌汁、漬物、ご飯
夜 豚肉の生姜焼き(生姜のかわりに酢)、キャベツ、厚揚げと茄子の煮物、ジャガイモとわかめの味噌汁、ご飯/一番搾り
ジェイムソン
晴れ、
6時50分起床。朝食。銀行に入金する。事務所に出ると、新聞がたまっている。ちよさんは休みなので、ゴミなどをだしたり。新聞をチェックしたり、雑誌を読んだり。bunshunのリストをつくりながら、映画は「ういんたーず・ぼーん」にしようと決めたら、今日が試写の日とわかる。お昼をたべてから、六本木へ。あすみっくえーすの試写室入り口で担当の山口さんにあいさつ。メールで何度もやり取りしていたが、おめにかかるのは初めて。不思議な感触の残る映画だった。ミズリー州オザーク山脈の村が舞台。17歳の少女が弟と妹、母親を世話しながら、世間に立ち向かっていく物語。じぇにふぁー・ろーれんすとじょん・ほーくすがいい。荒廃した村、とげとげしい人間関係が、気温の低さとあいまって、とにかく寒い。全篇に流れるブルーグラスが印象的。ABCで本を物色。笠井さんの本が出ていた。これをいながきさんに論じてもらうとおもしろいかも。渋谷までバス、そこから徒歩でぴーのさん。ふじにいった話をすると、昔はレゲェのフェスもあったよねと。僕は、ジャマイカでサウンドシステムのクラッシュを見たのとキングストンの平均寿命が27歳という話を披露する。matsumotoさんの息子さんは、今、ペルーを旅行中。まちゅぴちゅ、なすかのちじょうえ、ちちかかこ、くすこをまわるらしい。ぼくもこの定番コースだったので、もりあがる。最後は例のドロボー通りで本当に泥棒さんに遭遇した一件とアルゼンチンのブエノスでまんまとやられたチョコレート泥棒で締めくくる。それと、ペルー出国時にあやうくミッドナイトエックスプレス状態になったことも付け加えて。この話は、いつ誰に話してもうける。帰宅すると娘がこーるどぷれいのライブをみていて、くりすとおなじ頭になったと笑われてしまった。

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)