映画

August 14, 2018

職人芸を見た

朝食の後、水撒き、そしてりつに挨拶。ものすごい大泣き。事務所へ。ishikawaさんへ内校出校の予定日。要するに作業は16日から。suzuki先生の続き。感情を扱っている箇所が2箇所ある。そこにフォーカスして、膨らますことはできるかもしれない。しかし、脳科学のアプローチとかなりかぶりそうな気がする。さてどうするか。若い研究者をフューチャーするという意味は大きい。だから、推薦したわけだが、watanabe先生の話の中心は脳科学で、そこでの話題の大半は脳科学それ自体だ。そうなると、HPの問題設定の中で少し感情にふれる程度の話に、両先生ともなる危険がある。であれば、もう一度撤回して、nobu先生でいくというのも手かもしれない。お昼は、anjaliのカレー。suzuki先生の続き。15:25になってしまったので飛び出す。日比谷シャンテで追想。映画のセオリーにのっとった、破綻のないドラマ。職人芸を見た感じ。しかし、なんといってもSaoirseだ。彼女見たさの映画館だ。ちなみに、ゲール語で自由。性の解放の年が1963年。まさに劇的に変わったとか。初めは実感と違うなと思ったけれど、日本はもっと遅いから、確かにその頃かもしれない。夕餉はタコライスとアボガドサラダ、スープ、赤ワイン。

cauliflower at 23:46|PermalinkComments(0)

June 25, 2018

地域を前面に出しすぎるのは逆効果でないの?

朝一で代々木公園内にある保育所を取材。公園法が変わって、保育施設をつくって良くなったのだ。幼児教育に意欲的に取り組む企業の新しい試み。今、教育は無償化の方向へ動いていて、数年以内に、幼、小、中全てが無償化になるらしい。代々木公園が園庭のようなもの。建物は、日本家屋をモデルにしたそうだ。入り口入ると、土間空間がある。応接室は畳張り。取材後、おすぎとアッキーの3人でねぎしのぎゅうたん。olyのやり取りについておすぎに報告。事務所について、メールの対応など。18時過ぎにぴかでりーへ。ぎょうざと恋愛の映画。うつのみやの学生から招待券をもらったので、見に行く。あだちりかがよかった。おきゃんずきには、たまらない映画。しかし、観光スポットを中心に、うつのみやの資源をこれでもかこれでもかと使い切る感が否めない。でんのつーがきかくにかかわるとこうなるのか。わかりやす過ぎ。夕餉は、サバの味噌煮、トマトのマリネ、小松菜と挽き肉炒め。

cauliflower at 00:14|PermalinkComments(0)

June 08, 2018

アニメが日本の映画をささえている現状

今日も自宅作業。原稿書き。頭から書き始めて、フィニッシュまで行けると思ったけど。原稿は、お昼になってもできない。妻がお弁当を買ってくる。ぼくは、さぬきうどんと天丼。こういう組み合わせはないよね。うどんはコシのある、いいうどん。ただ、ちょっと味が濃かった。14時ジャストに市の市民生活部課税課の女性二人が来宅。図面を見ながら確認。そのあと、実際にそれぞれの部屋を見て回る。建築資材のポイント表にチェックを入れていく。2階のドアに鍵をつけなかったため、一つの家屋とみなされ課税額が増えてしまう。1枚ドアの上部を開けられるようにしたら、それは壁とみなされるため、ドアの面積が減って、減税になった。それから外を見て終了。そのあと最後の追い込みで、とりあえず16:00で完了。かわいぼっちゃとtaへ送信。すぐにレイアウトが送られてくる。さっと見て、beforeと合わせて入稿してもらう。rikyoへ。学外授業実施の書類と出張費の申請。ののくんが既に来ていた。教室へ移動して、macを立ち上げる。今日は最近のヒット作品の分析を中心に、映画をとりまく環境についてランダムに話してもらう。昨年の興行成績を見ると1位から4位までアニメ。6位から8位までアニメ。つまり、興行収入10億円以上の作品のトップ10のうちの7本がアニメ。しかもそのうちの5本は東宝。ののくんに聞くと、今はアニメといっても主たるターゲットは大人だという。それが証拠に最終上映が21時代だったりする。そういうことに驚くわけだが、知らないアニメがけっこうあることにも驚いた。でもののくんはアニメももれなく見ているからすごい。年間800本は1年間封切られる映画の半分には達しているらしい。終了後、今日はののくんと学生さん3人といつものスパイ料理とワインの店zeroで食事。イスラエルのヤンデル・メルローの赤をボトルで。タンドリーチキン、砂肝のアヒージョ、ソーセージ、バーニャカウダなど。ののくんともうひとり下戸がいて、ワインはほとんど3人で開ける。ついでくれたのは嬉しいけれど、パンツにこぼされたのは痛い。すぐにたたいて拭いたら、帰るときにはシミが無くなっていた。



cauliflower at 13:03|PermalinkComments(0)

June 01, 2018

芸能人追っかけ人

朝食後の家事を終えて、BDとDVDをチラ見しつつチェック。ロシェフェールの恋人、マンマミーア、レ・ミゼラブルを見つけ出す。ところが肝心のララランドが見当たらない。さてどうしようと思っていたら、なつがパッケージを持っていたので借りて、すぐ見ると、例のオープニングの高速道路のシーンのメイキングもあるではないか、聞いてみるものだ。16:30に出る。着いてまず独研事務室へ行きGSの招請の手続きと学外講義の申請。出張費の手続きがあるので用紙をもらって、後日一緒に渡すことに。
大量にコピーし、教室へ。先週就活で休んだ女子にレポートの詳細を教示する。今日は出足が遅い。
8人ほどきたところで始める。今日は、まず学外のタウンサーベイについて。なぜshimokitaか。演劇祭、音楽祭、映画祭と3つも大きなエンタメ祭をもつ町は、ここしかないんじゃないか。その他町の特徴とか
最後はジェイコブスで締める。そのあと、らららんどとロシュフォールの恋人のオープニングを見る。デイミアン・チャゼル監督は、じつはジャック・ドゥミ監督、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック主演のこの映画に影響されたというので、比較してみた。川を渡って歌い踊りながら上陸し、その音楽が主題歌となるところは、たしかに似ている。しかし、第一印象は、なんとなくゆるいところかな。これをフレンチっぽいというのだろうか。終了後、学生二人とスパイスの店で食事。泡一杯と赤ワイン(テンプラニーリョ)2杯。ひとりの女性は、saijohidekiの葬式に行ったとのこと。また、芸能人の御宅拝見を自腹でやる人。最近、浅草に狭小住宅を建てて、なんと風呂がベランダにある(?!)。やたら地名に詳しいと思ったら、地図会社にお勤めだった。sakuraisho見たさにリオへ行くような人だし、話題豊富な人だった。kiuchiさんは、「kissできる餃子」公開日の舞台挨拶に参加するとのこと。クラウドファンディングで出資を募り、製作委員会に名を連ねる地元企業にお勤めだという。





cauliflower at 13:14|PermalinkComments(0)

May 14, 2018

2回目はあと10分はやくすれば…

朝一で、DNPに相談。
六本木に行くが今日も満員。先週行った時、30分前にきていただかないと…と言われたので、今日は30分前。でも、だめだった。次は、1時間前だな。そのまま帰宅。自宅作業。doi先生のデータ起こしを読む。なぜかものすごく眠くなる。妻の発案で、水撒きをする。足首を蚊に食われる。まだ、早くないか。りつくん風呂上りは体中真っ赤。熱いのだろうか。孫の表情に一喜一憂することの楽しさよ。仕事の続き。夕食は、生姜のない生姜焼き。ポテトサラダ。志願して、自転車でムヒとブルームテック。sato先生のTASCチェックをチェックする。さすが統計データにうるさい八ッシーは、ざっと何パーセントというような表現はいやなのだろう。ちゃんと調べて正確な数字を示す。そのあたりは、一応先生にご相談ということにした。

cauliflower at 01:18|PermalinkComments(0)

March 08, 2018

1年以上も更新が滞っていたら、だれも見なくなっちゃうよね。

事務所について、さて何から始めようか。緊急性のあるミッションはないし、瞬時に終わるものもない。ならば、HPを片付けることにする。
残念ながら、データは残っていない。Macでつくらなかったからな、と後悔しても始まらない。
しかし、打開策は向こうからやってくれもの。c&lの場合、webサイトに誌面を公開している。
ただしPDF。ダメもとでコピペしたら、なんとテクストデータとして保存できるではないか。
やってみるものだ。c&lに関しては、現在公開中の号の前まで、contentsをコピペすれば、データがつくれてしまう。それと、また悪知恵が働く。
コトモノヒトのページ、手間がかかるわりに、ちっとも面白くない。
マスターベーションしてるだけのページになっている。だったら、やめてしまおう。
danだけは残して、ほかのは基本的に画像とcontentsだけにする。
ランチはトマトソースのパスタ。客はyukorinと僕だけ。雨の日だとこういうこともあるのだ。
もどってから、また続き。途中で、ほかの予習とかをちょっとやって、再び続き。
結局20時までかかってしまった。
本誌は、明日お千代さんに宅急便で送ってもらい、データは一足お先にメールで送ることに。
帰宅すると娘が録画がしたアカデミー賞の授賞式を見ていた。
レディー・バードはオスカー逃したけれど、今一番見たい映画であることには変わりない。
夕餉は、長芋の豚肉ロールと長芋の味噌汁。


cauliflower at 23:26|PermalinkComments(0)

July 26, 2017

女医さんの外科。

朝一でchinaと打ち合わせ。今季を赤字で終えるか、あえて黒字にするか。
経営判断がむつかしい。来期は、大口があるので。
ネットで外科を探すと、事務所に行く途中の路地をはいったところにありました。
この病院をどんな理由ですか、女医さんという項目もあったけど、
シャイな僕はチェックしなかったけれどしとけばよかった。
なんか存在の面白い女医さん。気がつくといきなり横に立っているというのはやっぱへんだ。





cauliflower at 01:22|PermalinkComments(0)

April 23, 2012

学生時代はえーていじいの映画ばかりみていたらしい。

朝 チーズの入ったバケットのようなパン、ハム、レタス、レモ入りオリーブオイル/コーヒー(ワイン)
昼 天津麺、レタスチャーハン、キムチ、杏仁豆腐
夜 かます(焼き魚)、大根おろし、ミョウガと鶏のささみの酢の物、えのき茸と糸こんにゃくの炒め物、納豆、わさび漬け、白菜の味噌汁、御飯

改札でいつも入る海鮮屋さんのご夫婦(たぷん)に遭遇。この前うちのマンションの前を自転車で走り抜けていったけど、自宅がseqagayadaitaなのかもしれない。事務所についてまずC&Lの支払い先の整理。今日はゆうもすぎも自宅なのでchiyoさんとお昼。午後は、riの下調べ。atgの映画かなり見ていたことがわかった。記念すべき第1作nisoyoannaをamazonで購入。ネット検索していたら、ななんとシネダンスがあるじゃないですか。高かったけどこれも購入。あとざっつえんたーていんめんとの5枚ボックス。ほしいものばっかりだ。

cauliflower at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 27, 2012

かつてシドを演じた俳優が挑む究極のエンタメ映画。

朝  パンドゥミ、ハム、レタス、マーマレード /コーヒー(ロースターブレンド)
昼  海鮮丼、茶碗蒸し、漬物、味噌汁
夜 鮭チャーハン、ホタテとトマトのバジルサラダ、ソーセージ・ほうれん草のジャーマンポテト、いたどり
ジェイムソン
晴れ
7時50分起床。カーネーションを見ながら朝食。事務所について一仕事してから、渋谷へ。PA…でかいさいされているozakenの展覧会を見る。写真とナレーション、サウンドスケープ、ライブ音源を組み合わせたインスタレーション。どれも意味があるので、写真とナレーションはすべてじっくり見て・聴いてほしいという注意書き。悪いとは思いつつ、一部すっ飛ばしてみる。出口のところがショップになっていて、Tシャツや書籍を販売している。そこに件のボックスアルバムがありました。もちろん買いましたよ、それが目的だったわけだから。15000円、しかし買ったのは妻です。僕は、お使い。なのに、抽選で1000円券ゲット。ラッキー。去年のライブを収録したCDが3枚、書籍が2冊(装丁がすごく凝っている)、写真のポートフォリオ、絵巻物、などが、きれいな紙の箱に詰められたているもの。そのあとスペイン坂の和食屋で昼食をとり六本木へ。昨日に続いて試写。きょうはuragirinosakasu。げーりー・おーるどまんしゅえんのりあるすぱいもの。これは、面白かった。構成、ほん、撮影、音楽、そしてもちろんキャスティングも、どれをとってもすばらしい。oshiro君が完璧といったのがわかる。エンタテインメント映画の究極を見たという感じ。事務所にもどり、再提出用の企画書づくり。

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 17, 2011

本を読むかぎり年齢を意識することはないが、映像は、もろでちゃうからねぇ。

朝 パン、サラダ菜、ハム、目玉焼き、餡子/コーヒー(ケニア/Aianjaga
昼 お茶漬け、筑前煮(昨日の)
夜 冷奴、筑前煮、ナムル、コンニャク煮、アスパラガス、紫蘇餃子、五目おこわ/プレミアム・モルツ、秋味、一の蔵(日本酒)冷
ジェイムソン
晴れ、突然雨、晴れ、突然雨、晴れ
8時起床。おひさまを見てから起きる。朝食。ミルゥの散歩、野川まで。中2階と風呂の掃除。PCに向かって作業。妻がウォーキングの講習にいくというが、時々雨が降ってくる。自転車は心配なので、クルマで送っていく。せたどうは自然渋滞。戻って「のるうぇいのもり」のDVDエキステンデッド版を見る。本編より少し長い。キャスティングは小説のイメージに近い。しかし、なおこもみどりもいたすぎる。こういうガールフレンドがそばにいたらかなりうっとおしいだろう。小説を読んだ時には、ふたりにいとおしさすら感じたのに。映像ではまったく反対の感情が表出した。りんこときこの演技が過剰ということもあるけれど、ひとことでいえば演出がもったいぶっているのだ。というか、映画そのものより、konumaさんじゃないですが、もうこういう恋愛のできる年齢じゃない、そのギャップが映像だとリアルに表現されてしまう。これもkonumaさんが言ってたことだけど、映画版のテーマはわかもののセックス。春樹の作品はどれもそれが裏の主題ではあるけれど、それが前面に出ている。で、実写でしょ、やっぱり距離を置いてみちゃいますよ、年寄りは。しにあの場合、同じなにでも、もっと…、まぁ、そういうことです。ことばと映像の違いをあらためて知らしめた点では、見てよかった、とはいえるかもしれない。

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 03, 2011

バブルの頃に好きになった映画

朝 パンドゥミ、ハムエッグ、レタス/コーヒー(狛江ブレンド)
昼 ガンボライス(昨日の)
夜 谷中生姜、薩摩揚げ、大根おろし、肉豆腐、秋刀魚の野菜漬け、茄子と茗荷の味噌汁、ご飯 /秋味、酎ハイ
ラム・コーラ
晴れ、曇り
7時50分起床。朝食。ミルゥの散歩。今日は野川まで。中2階と風呂の掃除。妻が先週借りてきて今日が返却日のDVDを見る。「さぶうぇい」、りゅっく・べっそんを一躍有名にし、くりすとふぁ・らんばーと、いざべら・あじゃーに、じゃん=ゆーぐ・あんぐらーど出演の映画。地下鉄ものの先駆け。封切られたのが85年だって、確かぐらん・ぶるー、にきーた、れおんとと立て続けに見て大ファンになり、だいぶあとになってからこの出世作を見たと思う。なのに、ストーリーはおろか出演者やそのたもろもろすっかり忘れていた。今回あらためて見直すと、やっぱり面白い。その後パリに何度も行き地下鉄にも数えきれない程乗ることになるのだが、さぶうぇいを見ていたら、地下鉄の移動もまた違ったものになっていただろう。パリの地下鉄は東京や大阪ほどではないにしろ、たくさんの路線があって、かなり複雑だ。でも、そのわりに乗り降りがしやすいのはルールがあるからだ。路線はすべて進行方向にむかって列車の左側のドアがあく。駅ホームには必ず行き先(終点)が表示されているし、運賃はすべて同一料金、かるね(切符)を買って改札を通れば、乗り換えは自由。出口には改札がない。つまり、目的地と地下鉄出入り口の位置関係さえわかっていれば、すぐに利用できる。
それはさておき、この地下鉄に住み着いてしまった人たちが主人公。地下鉄構内は、彼らの庭であり、仕事場であり、遊び場なのだ。ビデオを借りて見たのは80年代の終わり頃だったと思うが、あんぐらーどに自分を投影していたことはもちろんよく覚えている。ところが、当時あじゃーにに夢中になっていたことをすっかり忘れていた。つんでれ好きは今に始まったことではないが、僕の中であじゃーにはその筆頭カブだ。おざちんの奥方が彼女にそっくりで、やきもちをやいたこともあったような。
で、この三人、今どうしているだろうとすぐにネット検索したら、あれまぁ、そろいもそろってみなさんおじさん、おばさんになっているではないか。あんぐらーどとあじゃーには僕と同い年、ということはmiさんもね。らんばーとは二個下。らんばーとは顔つきがハリウッドの脇役俳優みたいになっていて笑った。あんなに個性的だったのに。というわけで、りゅっく・べっそんとじゃん=じゃっく・べねっくすの作品をまた見てみようかと思ったのでした。ここでもうひとつ思い出したことが。二度目のパリ来訪の時、ベトナム料理屋にべねっくすの「ろざりんとらいおん」で主演を演じたいざべら・ぱすこー女史が入ってきて、われわれのとなりで食事をしたのだ。その時の同伴者は、「にきーた」で秘密警察官役をやったちぇっきー・かりょだったような気がする。彼らは結婚していたはず(その後離婚)。とここでまた豆知識。「れおん」のまちるだはなたりー・ぽーとまんだった!なんてみんな知ってることだけど。
お昼を食べてから、DVDを返却するついでにしまちゅうへ。妻の震災対策第二弾、石油ストーブを買う。それとTANITAのインナースキャナー。内臓脂肪、BMI、体脂肪、筋肉、骨量、基礎代謝、体内年齢、体水分が測れる優れもの。さっそく家に帰ってのってみたら、内臓脂肪が標準をやや越えていた。どうもからだが重いと思っていたら、やっぱりそうか。今後食べるのを少し減らそう、できるのか、おれ。夜は、なでしこを応援。韓国にかなり攻められ、試合内容でみるかぎり完全に負けてましたね。得点こそ2:1だったが、こんな戦いをしていたら、オーストラリアには勝てない。なんとしても立て直してほしい。本音を言えば川澄ががんばっていたのでぜんぜんいいんですけどね。あとは丸山!


cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 08, 2011

試写と散髪、ペルーとジャマイカ。

朝 パンドゥミ、ハム、レタス、マーマレード/コーヒー(イルガチェフ)
昼 鯖の塩焼き、わかめの味噌汁、漬物、ご飯
夜 豚肉の生姜焼き(生姜のかわりに酢)、キャベツ、厚揚げと茄子の煮物、ジャガイモとわかめの味噌汁、ご飯/一番搾り
ジェイムソン
晴れ、
6時50分起床。朝食。銀行に入金する。事務所に出ると、新聞がたまっている。ちよさんは休みなので、ゴミなどをだしたり。新聞をチェックしたり、雑誌を読んだり。bunshunのリストをつくりながら、映画は「ういんたーず・ぼーん」にしようと決めたら、今日が試写の日とわかる。お昼をたべてから、六本木へ。あすみっくえーすの試写室入り口で担当の山口さんにあいさつ。メールで何度もやり取りしていたが、おめにかかるのは初めて。不思議な感触の残る映画だった。ミズリー州オザーク山脈の村が舞台。17歳の少女が弟と妹、母親を世話しながら、世間に立ち向かっていく物語。じぇにふぁー・ろーれんすとじょん・ほーくすがいい。荒廃した村、とげとげしい人間関係が、気温の低さとあいまって、とにかく寒い。全篇に流れるブルーグラスが印象的。ABCで本を物色。笠井さんの本が出ていた。これをいながきさんに論じてもらうとおもしろいかも。渋谷までバス、そこから徒歩でぴーのさん。ふじにいった話をすると、昔はレゲェのフェスもあったよねと。僕は、ジャマイカでサウンドシステムのクラッシュを見たのとキングストンの平均寿命が27歳という話を披露する。matsumotoさんの息子さんは、今、ペルーを旅行中。まちゅぴちゅ、なすかのちじょうえ、ちちかかこ、くすこをまわるらしい。ぼくもこの定番コースだったので、もりあがる。最後は例のドロボー通りで本当に泥棒さんに遭遇した一件とアルゼンチンのブエノスでまんまとやられたチョコレート泥棒で締めくくる。それと、ペルー出国時にあやうくミッドナイトエックスプレス状態になったことも付け加えて。この話は、いつ誰に話してもうける。帰宅すると娘がこーるどぷれいのライブをみていて、くりすとおなじ頭になったと笑われてしまった。

cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)