アート

October 24, 2017

ぼくはサヨラマで描く蔵前が見たいのだ

朝現場で進展具合を見るも、何も変わっていないし、相変わらず池ができている。
いつもは地下道だが、今日はモノリスまで地上ルートを使う。空の下はいい。
10時よりサービスのガイダンス。sekiさんは、きちっとした企画案をつくる。
そしてそれを、ほとんどアドリブなしに読み上げる。
みんなはどう思っているかわからないが、ぼくはこの朗読のようなプレゼンが気に入っている。
ぼくもこういう風にやりたいものだ。
昼はねぎし。牛タンととろろ、麦飯、テールスープ、それに味噌漬け。
ゆうこりんはここの2階で岩盤焼きハンバーグを食べたそうだ。
午後は、顕微鏡とカメラ。定刻通り16時終了。
タワーを物色。アボリジニの歌で始まるネイパームの新譜は、ボーカルとギターのみ。いたってシンプル。
事務所につくまえに、紅さんでハイボールと焼きとん。牛すじ煮込みとがつぽん。
メールの返事のあと蔵前のスキマの下絵をチェック。
両国橋をもう少しフォーカスして、雷門通りより北側は、思い切ってカットしようよと提案。
必要最低限の修正で、かなり印象が変わるはず。いや、変わって欲しい。
一気に原稿発注するつもりが、明日にもちこし。



cauliflower at 23:57|PermalinkComments(0)

July 20, 2017

イラストが上がったきた

fujiさんからメール。ueysmaさんの原稿のフィードバックの準備ができたとのこと。
sugiさんの原稿もフィードバックできると。25日か26日。
彼らは一人づづ個別に、でもぼくもfujiさんも両方に付き合わなければならない。
お昼にオマチマンとサヨちゃん来社。大須のイラストが完成。
緻密度は、過去最高かも。サヨラマ面目躍如。
オマチマンは23時間走って東京だって。
スペイン料理へ連れ立って行ったら、秋田でも行きつけのスペイン料理店があるとのこと。
ラテンアメリカのtamuraさんから執筆快諾のメール。
ラテンアメリカとコーヒーはよく合う。

cauliflower at 01:09|PermalinkComments(0)

June 24, 2017

ミクロな世界をマクロ化して本当に面白いのか

レイコップが帰ってきてから初めてのゴミ捨て。
ハウスダストの塊のきめが細かくなった感じ。
よくぞこれだけ取ってくれたという感謝の気持ちでいっぱいになる。
録画したCafe Breakを見ながら、ダイソンでお掃除。
都美館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展を鑑賞。
40分待ちはいい方なのだろう。
しかし、よく引っ張ったなというのが正直な感想。
ボスが2点の他、同時代のネーデルランド派の作品も多数来ているが、
同展覧会の主役は「バベルの塔」
というかそれだけという展覧会だった。
しかも300倍にして高解像度の画像を展示する意味ははっきり言ってない。
芥子粒より小さい人間たちがあのサイズに収まっているからいいのであって、
それをあたかも顕微鏡で見る感じで、
「わ〜ちゃんと表情まで書き込まれている!」なんて喜ぶのはバカである。
双眼鏡で見ている人もいたが、もうあきれてものが言えない。
帰りにM.Le Bihanでパン、小田急地下でコロッケと寿司、母には牛肉弁当。


cauliflower at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 03, 2012

圧巻の合掌図の新作

朝 パン、ハム、レタス、茹で玉子、ジャム/コーヒー(コロンビア)
昼 シラスとズッキーニのペペロンチーノ、コンソメスープ、サラダ/コーヒー夜 シシャモのフライ(昨日の)、イカフライ、ポテトサラダ、マカロニサラダ、玉子焼き、茄子の漬物、おかひじきの味噌和え/スーパードライ、日本酒(備前雄町 無濾過生原酒 隆/冷)
ジェムソン
晴れ、曇り、晴れ(雨という予報はハズレ)
平塚市美術館で開催されているきのしたすすむさんの展覧会へ行く。小田急線本厚木下車、平塚行きのバスで日産車体前へ。東海道線で行くよりはいいと思ったが、バスの30分を入れると片道2時間。けっこう遠い。展覧会は圧巻。鉛筆で丁寧に描かれたポートレイト、祈りというテーマで、Dの次号のヴィジュアルにぜひ掲載させてもらいたい。夜はW杯アジア最終予選の初戦。ホームで臨んだオマーン戦、予想通り3対0で快勝。本田、前田、岡崎が得点。

cauliflower at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)