家づくり

July 18, 2017

本棚製作をかつて事務所の本棚をつくってくれたベルギー人に依頼する(笑)

朝一でヘイン来宅。新居の本棚制作を正式に依頼。
qusumiの切り絵とエッセイのゲラ送る。
sugiさんの原稿がアップ、さっそくチェックする。製品の歴史を単純な進歩史観で綴ったような記述。
事業部によって、記述方法を変える必要があるかもしれない。
ゆうこりんとダイニング、今日のどんぶり塩豚丼。
島根の人のブックレットを読み企画書を修正する。

cauliflower at 23:47|PermalinkComments(0)

July 17, 2017

インテリアコーディネータと10時間のミーティング。

ルーティンはレイコップのみ。
10:30にアキュラ。ほどなくして娘夫婦も。
まず外壁の確認。変更をお願いしてあらたにサンプルを並べてもらう。
外壁はダブルに屋根と軒天の組み合わせをチェック。サッシ枠が黒なので、破風も黒に。
ぐっとしまって見える。
本体工事費にプラスされるその他の工事費用に関する見積もりが出る。
予定を大幅にアップ。今後は、もっぱら削減作業。
いったんお昼休み。TONY'S でランチ。妻が合流。
彼女はGS日米同時放映を見るために午前中の打ち合わせをキャンセルしたのだ。
3種のチーズも美味いし生地がまた抜群に美味い。
わずかながら焦げているその焼き加減が最高だ。
本場ナポリではなくて、NYはトライベッカあたりのピザ。
ヘインにtel。本棚はヘインに腕をふるってもらうことにした。
キッチンのカウンターの下の棚も。
いくらなんでも130万は高すぎるからだ。
午後は、選んできた壁紙を参考に、標準品からまず選ぶ。
似たものがなくて、どうしてもそれじゃなきゃダメというものについては、
価格は上がるがそれを使う。
われわれは、寝室のアクセントウォールにこだわって夢二のデザインを選ぶ。
あと、設備関係の確認と照明。そしてエアコンなど。
それをこなして終わると20時。
なんと10時間以上のミーティング。
駅前のそば・うどんの店でごはん。ぼくはたまごとじ。さすが田舎風。太麺がうまかった。

cauliflower at 00:15|PermalinkComments(0)

July 16, 2017

外壁と壁紙のチェック。

ルーティンをこなして、今日は机の前の本棚を整理。
keikoさんの写真集も封印。約4ヶ月間。
渋谷で待ち合わせて娘夫婦と新橋パナソニックのショールーム。
外壁の確認。紺よりブラックの方がいいみたい。
やっぱり実物のサンプルを並べてみるとカタログとはだいぶ印象が異なる。
そのあと、品川Sangetsuへ。都営浅草線-京急で行けることが判明。
SangetsuのショールームはLilycolorより広く、新揃いがハンパない。
カーテン・ブラインドや床、ファニチャーの張り替えよう布も並んでいる。
10種類選びサンプルをもらう。
パンを買って、渋谷でお弁当。空飯のカツ丼玉子。
komuさんからメール。今日はfuminokaiだった。
幹事だけど欠席。無事終わったようだ。また来年もやるんだって。
sayoちゃんからイラスト完成の知らせ。


cauliflower at 00:58|PermalinkComments(0)

July 02, 2017

ブルータスよお前もか

7時前に起きて、企画書づくりのための資料の読み込み。
掃除、レイコップ、風呂掃除など済ませて、いよいよ書庫の整理。
さんざん考え抜いた末に下した結論、『現代思想』の80,90年代バックナンバーを廃棄。
『ブルータス』お前もか、チェックしながら廃棄。
90年代から2000年代にかけての特集は、性欲が噴出していることだ。
愛人の特集だの絶対裸体だのいい女研究など、とかく世の中は女でまわっていて、
男はそれを追いかけまわすこと。男根上位時代だった。
いまでは考えられないことだ。
だって男のスイートだのお取り寄せガイドだのと
女の子、かわいい文化に完全取り込まれてしまったから。
段ボール箱に詰めた書籍&ミューマはクルマでレンタル倉庫へ。
妻に同行してもらう。一緒に古本屋へ。
カレーパンなど食べて再開。
娘夫婦が手伝いに来る。娘は、一冊一冊吟味するけれど、妻のやり方はずっと簡単。
ぼくが廃棄と言うが早いか、あっというまに紐でくくってしまう。
息子とクルマで二度目の運搬。古本屋へさらに1箱持っていく。
全部で4箱。ほとんど文庫だが、750円のバック。
娘夫婦は銭湯へ。
夕食をはさんで、明日の企画書作り。
やっぱり12時を越えてしまった。

cauliflower at 23:32|PermalinkComments(0)

インテリアコーディネーターとたっぷり12時間の打ち合わせ

猛スピードでダイニング・寝室。ナツの部屋を清掃&レイコップ。
9:25に出る。小田急線下北沢経由で井の頭線に乗り継ぎ井の頭公園下車。
娘たちよりアキュラに先に着く。
インテリアコーディネーターを紹介していただき、早速内装デザインの打ち合わせ。
外壁(サイディング)ダブル、軒天、床、内装ドア、サッシ類(LIXIL)、キッチン(クリナップ)、カウンターの下にマガジンラックと棚、カップボード、風呂(TOTO)、化粧台、トイレ(アラウーノ)、玄関ホール、階段、書庫と階段、など。
オープン階段は却下されついにゼロ。
代わりに、キッチンのハンドムーブ、キッチン壁にエコカラットなど、だったら玄関ホールはライブナチュラルにグレードアップ。
お昼はどんちゃんで生姜焼き定食(ふりかけ付き)。
19:30までかかったので、夜は4人で紅虎軒。餃子、ザーサイ、油淋鶏、白胡麻担々麺、海鮮焼きそば、ビールと紹興酒。


cauliflower at 00:18|PermalinkComments(0)

June 30, 2017

それがどの程度の効力なのか、やっと見えてきた

目を閉じられた時にですね、という表現が使われるということを初めて知った。
信託系の人に改めてお話をうかがう。
だんだんとその効力の実態が明らかになっていく。
それにしても高い。やはり、千波くんにお手伝い願って、自前でやる方がいいようだ。
出社して、午後の打ち合わせのための予習。ノートをとる。
ゆうこりんとタイ。初めてのカレーヌードル。少しむせる。
やはりカレーはごはんだな。
c&lの企画案をプレゼン。顔ぶれも新しくなった企画委員による座談会。
hibataさんは、単独より皆さんと一緒にお話しした方がいいという意見。
老後破産、相続税対策、マイナス金利が折り重なってやってくる現在、我々の家はどうなるのか。
このリアルなテーマをあえて選ぶ意味とは。
様々な分野のプロパーにインタビューをするという企画。
帰り際慌てて採点をする。


cauliflower at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 25, 2017

インテリアへの長い道のり

HORIGUCHIさんのシングルのパッケージを整理。
特にエチオピア、コスタリカはフレンチからハイローストまで堪能している。
アキュラで打ち合わせ。娘夫婦が先に来ていてチェック中。
親世帯は、キッチン、洗面所、トイレなどの確認。コンセント、照明、照明のスイッチ類、ガス、テレビ、Wi-Fiステーションなどの取り付け位置の確認。続けて、フローリング、室内壁とドアの確認。吹き抜けの書庫のオープン階段と書架の位置関係をチェック。
外壁のデザインの方向性を出す。全紺案は却下された。
アイボリーと紺のツートンになりそう。軒天はまだ生きている。
いよいよ来週は、ICを交えて、室内空間の最終チェック。
夕食は、4人でいしがまやハンバーグへ。僕はチェダーチーズとトマトのトッピングと赤ワイン。
ミネストローネが美味かったのは、単にお腹が空いていたからだろう。
SCFはコーネリアスの最終日。ゲストにバッファロードーターの大野由美子さん。
彼女は、今、ジェフ・ミルズとスパイラル・デラックスでライブをやっていることを知る。
小山田くんも知らなかったらしい。
小山田くんのおじいさんは、NHKのアナウンサー。
彼の声が発見されて、今度のアルバムのボーナストラックに収録されるらしい。
小山田くんの5歳の時の声も収録されている。
D.N.A(ダンと読む)のライブ音源をちょっと聴く。
談とコラボできたら面白いのに。

cauliflower at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)