まちづくり

November 14, 2017

若い人は、お金を稼ぐこと自体に後ろめたさがあるようだ

事務所に出て、今日の対談の準備。
牛丼と味噌汁。山の上ホテルに着くとさかもっちゃんもクルマを置いて出てきた。
スタッフとクライアントに続いてiidaさん。行政の人は工場が好きという話。
Koizumiさんが来たところで対談。Iidaさんが話のきっかけをつくり、それにkoさんが応える形で進行する。
途中でわかったことだが、ぼくは経済を広くとらえていて、市場を媒介に供給(生産)と消費のやりとりがあれば、それを経済とみるが、他の人はそうは見ていないようだ。
これを基本にして構成したのが今回の特集だ。
経済をもちだすとどうも儲け話をしたいらしいととられてしまう。
どうせ仕事をするのならノンプロフィットな方がいいという最近の若い人の感性では、経済はうさん臭くみえるらしい。
Koさんが帰りがけじつは僕の送ったレジュメがひらかなくて、読んでなかったという。
そうだとしたら、よく話にのれたものだ。
帰りにタワーに寄る。Courtney Barnett&kurt vileのlotta sea liceとnat king coleのベストを買う。前者はニールとトレーシーが混ざり合ったようなテイストがとてもよい。
Natはオールドミュージック、スタンダードミュージックのお勉強のために買ったわけではないけれど、結果的にそうなった。
先週行ったライブの備忘録をFBに。

cauliflower at 23:38|PermalinkComments(0)

November 09, 2017

消費機会をもっと創りましょうよ、というお話でした

事務所に出て、やっと本日oiさまにお渡しするはずの資料づくり。
サムネールと写真選べばいいだけさ、とたかをくくっていたら、なんと約束の時間まであと十分。
それでも、焼うどんとか食べに行く時間はあるのだから、あんたのいうことはまったくあてにならない。
ダッシュで御茶ノ水yamanoueへ。ロビーにはすでにyukorinとoiさんが打ち合わせをしてました。
まず、Oriの方から。すでに提出済みのデザインの修正。
タイトルと色ベタの広さを変えた3パターンで展開する修正点を支持し、ビジュアルルールのマニュアルをわたす。
モリッシーとジョーさん。一緒に会場へ。ほどなくスタッフが揃うと、続いて今日の主役たちが登場。
Kisoさんとkinoさんは、過去何度も話し合ったり、同じシンポで顔を合わせたりしている。
対談は、放談会のような雰囲気で進む。しかし、ディテールは面白い。
小ネタではあるが、このての話題を拾い上げていくと対談的には十分成立する、と僕は思っています。
予定通り2時間で終了。地下のフレンチへ。最初にビールで、あとは赤ワイン。
2本をブルゴーニュにしたのは正解、だったと僕は思っています。
ここまで、2本の対談はほぼ成功、と僕は思っていますが、さてみなさんの評価は。


cauliflower at 19:04|PermalinkComments(0)

November 04, 2017

美味しいパン屋でランチ

7時30分からの朝ドラを見て、ダッシュでkashiwadaさんへ行くもすでに32番。
なんと先生もきていた。そのあと朝食と土曜のルーティン。現場も見る。
椅子の張り替えの工房にtel。本日は休みのようだ。
kashiwada先生に胸のこととか不安材料のあることを伝えたが、たいしたことはないとまともにとりあってくれない。それどころか、心配しすぎとたしなめられる。
となりで処方箋。ところが、時間がかかるとのことで、一旦帰宅。その後再び薬局へ。
帰宅後、クルマで娘夫婦をピックアップし、経堂のパン屋へ。
量販店の駐車所を利用しパン屋でランチ。おかず系のパンがおいしい。
カフェラテもうまかった。たぶんとなりの小規模マンションがarataさんのご実家。
1階が設計事務所で、スキップフロアを組み合わせたような構造のように見えた。
パン屋の隣の異常に安い八百屋でお野菜を購入するも、結局安かろう悪かろうだった。
ガソリンをいれて、帰宅。夕食はキーマカレー。
対談の準備をするが、本日中にプロットをつくることはできないだろう。

cauliflower at 23:27|PermalinkComments(0)

October 13, 2017

6人まとめてアポどり

朝現場に立ち寄り、コンクリの状態を確認。
なかなかきれいにしあがっている、ように見えた。
なにせ、傘さしながらなので、上部の表面しか見れなかったけれど。
事務所で、まず仮払いの清算。Danの内校のチェック。
今回は、ichikawaさんと付け合せをしながらの朱字戻し。
やっぱり4つ目があるとちがうなあ、なんて思っていたら、
なんと1台分、そっくり転記ミス、ということは校正漏れ。やれやれだ。
oinumaさんからレイアウトが上がってくる。
ゆうこりんとチェックするが、いくつか修正してもらう。
ついでに、もう1パターンつくってもらうことに。
いよいよ、c&lの対談3本のアポどり。メアドを確認して、6人一斉に依頼をかける。
さて、何人返事が来るでしょうか。

cauliflower at 23:31|PermalinkComments(0)

October 04, 2017

角地利用の住み開きの家&庭

朝現場に立ち寄る。いつものあんちゃんが今日は一人で働いている。
昨夜コンクリに見えたのは、砂利を敷いて踏み固めたもの。
聞くと、今日鉄筋をいれるとのこと。そのあと、コンクリを流し込むらしい。
来週から、いよいよ型枠、コンクリートと行く予定。
事務所で、no120の原価表をつくる。ウッチーに請求書を出すのを思い出し、
あわてて0chiyoさんにつくってもらいPDFで送ってもらう。
少し早く出てyayoiに行こうかと思ったら、masaからtel。どうやら、待ち合わせ場所を間違えていた。
yayoiではなく、uenosakuraだった。
途中でアイオリソースのパスタ。ツードリンクという見慣れないランチメニュー。
取材先は、角地にたつ築120年の民家。二階屋で借主は二階に住み、一階は私設図書館にする予定。
ただ今日の取材は、庭である。ブロック塀を取っ払ったのは大正解。
近隣に開かれた家屋になった。紫陽花の季節に来ればよかった。
踏み石を配置を変えて装飾用に。うちもこういうやり方があったと反省。
事務所に帰って、整理と書物リストづくり。
ゆうこりんもdnpに怒っていた。
夜は、はるかちゃんの新ドラマを見る。

cauliflower at 23:18|PermalinkComments(0)

August 23, 2017

カレーならざるカレー

布やスキーバッグなどの粗大ごみをだす。こんなんで納戸を占拠されてていたのでは
たまりません。はやく吐き出しましょう。
一週間分の新聞を整理していたら、汗がぽたぽた垂れてくる。
嫌味を言われながらも、着替えて出社。
Isida先生の質問項目をつくる。
多摩ニュータウンの研究としてみると、とても面白い。
しもきたそうのカレー。
2回目にして下した結論、これはいわゆるカレーではない。
カレーならざるカレーだ。
Ueyamaくんの原稿とMr.Seklの朱を並べてみてわかったこと。
Mr.Seklの朱は、単に長すぎ。Ueyamaくんは、
これは赤字じゃねぇよ、と言いたいだけなのだ。


cauliflower at 22:22|PermalinkComments(0)

August 21, 2017

マクロ経済から都市再生を捉えると…

今日は朝一で可燃ゴミ。いままで放置されていたのように一箇所に置かれていたゴミたち。
なくなると、うれしいですね。
大家さん宅の玄関前の敷石を踏んで出かける。
明治大学でiidayasuhikoさんのインタビュー。
事前につくった質問項目に沿いつつ、頭からだ〜っと喋りまくる。
聞けたいことはみんな聞けたし、新ネタも盛り込まれていた。
ぼくがやることにした。経済学って案外好きなのかもしれない。
13時に終了後、おすぎとkyoeidoのスマトラカレー。
大正13年の創業時から同じ味らしい。
小麦粉は一切使ってませんからね。
おすぎさんも喜んでくれました。
事務所につくとmikameさん来社。Windowsのセキュリティを見てもらう。
やはり、更新前のが残っていたらしい。アンインストールしてもらう。
談話会の講演データを読み、ちょっぴり朱をいれて、Udagawaさんへ送る。
ishidaさんの本を読む。



cauliflower at 23:52|PermalinkComments(0)

July 06, 2017

正確な情報収集と的確な情報発信。防災の一歩はここから始まる。

朝一でmurata女史と日本橋3丁目。町会長さんと事務長さんを取材する。
防災に優れた実績を残した団体として賞をとった町会である。
この地域は、企業も多いが個人商店も多い。
特徴は、昼夜の人口差が極端なこと。1対100ぐらい。
結局は、的確かつ速やかに情報を収集し、適切な場所に届けること。
それが最も重要なミッション、その他のことはできないしやるべきではないという。
終了後、せっかく有名な中国料理店なので、食事をするのが礼儀だと思い、ランチをいただきたいと申し出る。
支払いの時、「社長がみなさんに食べていってもらいなさい」といわれたとのこと。
結局ご馳走してもらっちゃいました。もつ入りタンメンと杏仁豆腐。
事務所に戻って明日の準備。ざっと一番街から歩いてみる。
そのあとp-noへ。やはり4ヶ月ぶりか。
帰宅すると娘が来ている。夫は九州へ出張。集中豪雨で大分に甚大な被害が発生。
ところが、博多は雨すら降っていないらしい。
タコライスとポテトサラダ。娘をクルマで送る。

cauliflower at 00:03|PermalinkComments(0)

July 05, 2017

雀の涙とはよく言ったものだ

書庫の廃棄処分用の書籍を外に出す。山のように積み上がってしまった。
朝一でいすみ市より2名来宅。
千葉の土地について。奥まったところにあるため、私道が設けられている。
私道の半分は我が家の土地。
その私道に接している国道を拡幅するため、
接触している土地を少し売ってほしいという依頼。
こっちは、全部売りたいくらいだけど、相続税の申告書を作成した時、
ここの土地は原野扱い。つまり、ほとんど値段のつかない土地。
どうぞ買ってくださいというと、提示された金額は1万円にお釣りがつくくらい。
35m2とはいえ、狛江の土地の何百分の一。
母の小遣いにはなるのですぐに応じると彼らは大喜び。
いすみ市は今や坂を転がるように衰退中と言っていた。
事務所ついてすぐに昼食。rikyoの校友会Sさんと再会。
52年ぶりの優勝の話で盛り上がる。
昨日に引き続き資料読み。それと、出張旅費の請求書作り。



cauliflower at 23:53|PermalinkComments(0)

June 29, 2017

老後破産の恐怖がまちを壊すというウソのようなホントのお話

sekiさんに早速請求書を起こしてもらう。
昨日kawaiくんに連絡したので、今日はmurataさん、araiくん、yukorinにも請求金額を知らせる。
murataさんから、c&lの取材アポについての問い合わせ。
日本橋の町会長さんは、有名な中華料理店の店長さんらしい。
取材後にランチをいただくことになりそう。
企画立案のための資料読み。
sekiさんとダイニングへ。彼女はいつもと同じのナス味噌、僕は何年振りかの焼うどん。
相続税対策と老後破産の恐怖が生活の場を変容させる。
建築家も都市プランナーも行政も全くの蚊帳の外。
不動産需要がまちづくりのインセンティブになっていることを専門家たちは知るべきだ。
事務所の本の整理。
帰宅すると娘がいた。furiyaくんは出張で、実家にごはんを食べにきたのだ。
アジフライ美味しかったようだ。


cauliflower at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)