取材

November 12, 2018

高齢者と子どもたちが混じり合ってすごす場所。

起きてBSでまんぷくを見る。朝食会場へ。ちょうどさかもっちゃんが降りてきて、一緒にテーブルへ案内される。muroさんが一人で食事をしていた。9つの小皿にもってあるのは、とろろ芋とか明太子とか大根おろしとか、ご飯のおともばかり。なのに、キーマカレーをよそってしまった。味海苔はたべたけど、納豆は食べずじまい。外の雨は強くなる。9:15に出発。30分ほどで目的地。まず、園長さんにお話を聞く。同席した長い三つ編みのツインテールの女性は娘さんだろうか。雰囲気のある人だ。庭園の話が中心だが、やはり施設の説明が多くなる。高齢者と園児が上手に混ざりあっていたように思う。園内通貨は高齢者にとっていいインセンティブになっていた。雨が小ぶりなったので。さかもっちゃんは、一足早く外に出て撮影。われわれは、園と施設内を見学。随所にアイデアが盛り込まれた建物。とにかく広い。この広さが、いろいろことを可能にしている。アミューズメント施設のようだ。温泉のほかに床屋やマッサージ施設。散歩用の道は、よく利用されているようだ。鳥居があったり棚田があったり、小川が流れていたり、さかのぼりができるスロープがあったり。デイサービス内のジムのバイクはこの庭園を眺めながらこげるように配置してある。一通り見学した後、1日限定20食のランチをご馳走になる。野菜中心のおかず。味噌汁は煮干し。じゃがいもと鶏肉の味噌炒めは美味しい。デザートの葛餅は繊細な味。聞くとやはり高齢者用に口当たりが良いように工夫してあるのだそうだ。それを美味しく提供しているところが良い。施設の食堂のとなりがカフェ。カフェなので近隣からも食事にたくさんの人が来る。muroさんがぼくとさかもっちゃんに体験させたいといっていたウォーターベッドのマッサージ機を体験する。なるほど気持ちが良い。普通のマッサージ機だと痛いのだが、これは十分我慢できる。さかもっちゃんはトートバックをご購入。くまものが好みらしい。みなさんにお礼を言う。お土産をもらう。レンタカーで空港へ。土産はカボス風味の明太子と冷凍の鶏天。18時前後に帰宅。夕餉は、出来合いのハンバーグとラビオリサラダ。茅乃舎だしのコンソメスープ。それと土産の明太子をあける。

cauliflower at 19:00|PermalinkComments(0)

October 03, 2018

行き帰りダッシュの京都出張

朝もはよから姉妹のトイレのお掃除。そのあと、朝食のしたく。それでもまんぷくをゆっくり見ることができない。なんとかならんもんか。町田経由で京都へ。車中でnobuさんの論文を読む。四条烏丸の大丸に入っているイノダコーヒーサロンで待ち合わせ。Tのお二人はすでに席に座って待っている。先生は時間通りにくる。次回講演会の打ち合わせ。内容につていての確認と、当日の段取りについて。先生はさいきんごるふをはじめたとのこと。といっても学内でやっている同僚はほとんどいないとのこと。しかし、あのhonjo先生とときどきクラブで顔を合わせるそうだ。打ち合わせ後すぐに駅へ引き返し、のぼりの指定を大至急でゲット。おみやもピックアップし帰路につく。車内で、また読書。せっかくMacを持参したが、結局開けずに17:30には家に着く。すぐにプリントアウトとkawaちゃんにポートレイトのOKだしと後記を送る。部屋の窓から良い匂いがしてくる。となりはカレーか、いいなぁと思っていたら、なんと我が家でした。ドライカレーとサラダ。そのあと、olyの確認。

cauliflower at 00:09|PermalinkComments(0)

April 25, 2018

コミュニケーションの原理と応用

10時に出社。すぐに、昨日から始めた原稿整理。ykrからメール。
昨日おすぎが送ってくれた原稿チェックを、さらにykrが手を入れる。完璧な原稿にあげてくれたらしい。
これを、最終原稿とすることに。そして、原稿から履歴を削除する。
ただ、macとwindowsのアプリの問題か、履歴削除の作業が、両者でうまく連動しない。
メールのアプリの問題かもしれない。なんとか、2次原稿完全版をつくり(といっても間の医療がごっそり抜けているが)oly,dnp,arcおよびスタッフに配信。大急ぎで出て、渋谷でC&Cでロースかつカレー。
慶応義塾大学三田キャンパスへ。hiさんと哲学のkashiwabata先生の面会。tmの執筆依頼。
先生はたばこは嗜まないが、アルコールは飲むようだ。赤ワインか焼酎が好みとか。
なるほど酒好きか、とわかりやすいサインが身体から出ていた。
先生の独創的なコミュニーション論をtmでも展開してもらうことに。
hiさんは58だが、音大を目指す夢があるという。素敵なことだ。
そんな話をしていたら、田町から京浜東北に乗ってしまい気が付くと大井町。
事務所に戻って、早速届いたtanaさんのFBへの対応考える。ツッチーに相談し、結論は、やはり修正して戻すことにする。翻訳を急ぐtanaさんとkobaさんがやりあったことなど聞く。
とりあえず、進めた方がいいという助言に従う。
コミュニケをやり始めるが、どう進めたらいいのか見当がつかずひとまずここまで。
帰宅するとニャンがみんなの木に行ってお注射されたのだと。奥歯に歯垢がたっぷりたまっているらしく、それで食欲もなかったらしい。ウルちゃんと比較して、にゃんはくちがぜんぜんくさくないねぇ、と言ってたのに。
キッチンにスチーム・トースターバリュムーダが鎮座ましましていた。
パンがむちゃくちゃ美味しくなるらしい。明日が楽しみ。



cauliflower at 20:47|PermalinkComments(0)

March 01, 2018

玄関ホールを一つにしたのは一番の成功だったかもしれない

午前中、yoneyamaさんの著作を読み直す。あらためて、よい論文だと思った。
kitamiの中華料理屋でランチ。麻婆豆腐定食。もちろんご飯にかけていただきました。
新宿まで各駅で。もちろん寝させていただきました。
総武線で西千葉まで。1時間5分。しばらくポーを読んでいたのだけれど、また眠ってしまった。
駅について、モリッシーと電話。今月22日より再び本社へ。120年史の編纂に携わるようだ。
そのため15日頃までは財団に顔を出すが、それが最後になるとのこと。そのご挨拶。
その前に一杯やろうということに。そうなると12、3あたりかな。
yukorinと待ち合わせて、yoneyama先生の研究室へ。学部長室は広い。
家と家族について。理不尽なものを理不尽なものとして受け入れること。
家族をうまくマネージするためには、リテラシーが必要という話。
うちの玄関ホールが半公共的なサードスペースになっていると報告すると、すごく興味をもってくれた。もうすぐ4世代同居になるというと、それにも驚く。話しながら、僕自身も驚いた。
再び西千葉から引き返す。新宿のタワーで、メロディのライブ・イン・ヨーロッパを購入。
夕餉は、鶏つくね、ブロツコリと玉子のサラダ、牛蒡と人参の入った味噌汁。よいとを呑む。
メロディを聴く。ライブ盤がオリジナルアルバムと違うところは、演奏の随所に即興が溢れ出ていること。それとものすごくエモーショナルなのだ。やっぱりライブ行くんだった。後悔。


cauliflower at 22:40|PermalinkComments(0)

December 11, 2017

穴がぽっかりあいて、そのまわりをぐるぐる回されている私たち

色校が明日出るので、入稿したレイアウトをPDFにしてクライアントにおくる手配をしてもらう。
そんな作業やメールを出しているうちにギリギリになってしまった。
千代田線-日比谷線-都営三田線経由で三田へ。慶應義塾大学で0h!ya先生のインタビュー。
やはり思った通り、先生はこちらの質問事項を整理しまとめて、自らストーリーづけて、一気に話し始める。1時間半。講義を聞いているようだった。穴がぽっかり空いていて、その周りをぐるぐる回っている私たち、という比喩はぼくの思いつき。それを文字通りナッジしたのだ。
今回は、問答がうまくいって、実りあるインタてビューになった。
かえりにtakuさんと中華。今度彼は、20分ほどの映画を撮るらしい。
事務所に帰って、入稿レイアウトをプリントアウトして、朱字の付け合わせをしてしまう。
明後日の待ち合わせなど。約束の時間より1時間近く遅刻してdnp来社。
スケジュールについての打ち合わせ。しかし、確認するくらいしかできないのにね。
oriはセッキーの登場で、勢力分布に変化が出始めていると。なるほどね。
氷を買って帰る。中華丼というか野菜のたっぷり入った牛丼をいただく。
会津ほまれを熱燗で。

cauliflower at 23:49|PermalinkComments(0)