講義

July 13, 2018

音楽関係の人たちと少しコネクションができそうな予感

今日も出だしが遅い。結局スタートしたのは18:56。聴講生の方が早く来ているってのはどうだろうか。
yagiさんのミュージック・ツーリズム論。発表の中身は、去年のものさほど違わない。加賀温泉郷の事例は、皆さん興味深く聞いていたけれど、集客が2000人というと、はてビジネスとしてはどうかという疑問も。まちづくり系の雑誌をやっている身としては、自治体の協力は必須だけれど、音楽業界にもっと関心をもってもらいたい。それこそ、ソリューションとマネジメントがカギを握ると思う。学生の中には、アビーロード詣でをして、びーとるずつーりずむを実践した人やじゃにーず系を追っかけて、結果的にツーリズムしていた人もいた。二人とも女子というところが今っぽいね。この二人を中心に、shimokitaサーベイのノートをちゃんと書いてきたのには、ちょっと嬉しくなった。意外にみなさん町歩きが面白かったらしい。来年講義があれば、続けてやりたいものだ。来年といえば、yagiさんの呼んだ聴講生は、結構有名な方だった。そなー・じゃぱんのしかけにん。そもそも、わいえむおーのライブに関わっていたひとで、バルセロナのそなーには、8年前から参加しているとのこと。直感的に気が合いそうな感じの人で、(まあぼくの一方的な愛かもしれないが)、来年は、GSでお呼びしたい人だ。yagiさんは、明日全国の大学が集合する合同の公開授業で喋らなきゃならないというので、打ち上げは、いつものメンバーで。そうしたら、utsunomiyaの御仁は、なんと従業員数百人以上の会社社長だった。終わってみれば、今年の講義はまぁなんとか成功したのではないかと思う。



cauliflower at 23:26|PermalinkComments(0)

July 08, 2018

しもきたくるーじんぐ

日曜日のルーティン。もうだいぶ陽は高いけど水撒き敢行。予定より少し早くまず事務所に向かう。メールをDLして、ベニ鮭のおにぎりとわさびのきいたおいなりさん。西南口で待ち合わせ。中国女子1名
欠席。サウスステージのジャグバンドみたいなのを見ながら、しもきたざわおんがくさいのパンフをもらう。ビレバンからほんだげきじょうへ抜けるコース。一番街商店街からルルドへ。そして北口周辺を歩いて、最後に南口商店街。ゴールはばるぼらカフェで打ち上げ。人数が減ったのに、ウェルカムだった。オーナーに感謝です。みなさん一応面白かったみたい。18:00前に解散。ゆにくろで短パンとすててこを買って帰る。ばるぼらのパスタがどーんときたのだが、帰宅後、妻と母と夕餉のおかずだけ。さわらのみそ漬けと冷奴、ほうれん草の煮浸し。本日のりつは一段と可愛かった。




cauliflower at 23:02|PermalinkComments(0)

July 06, 2018

二人は、ある意味対極にいるプロデューサーだ

taimeiくんは、基本まじめで誠実。ちゃんとサービスもしてくれる。そもそも、トレンドには敏感なんで、常にネタが新鮮というのもいい。タレントさんの名前もちゃんと言えるしね。shujiくんとは対極だという評価は、本人は首を傾げていたが、学生の感想も、僕と同じ。この二人に続けて話をしてもらって正解だった。プロフィールの紹介から始めるのも大正解。その人となりを知るところから、興味を持ってもらえればいいわけですから。ただ、LtLBとMARIAのライブ動画を見せないままに終えようとするので、ぼくからのリクエストということで、動画をみせることにした。そうしたら、学生の一人がLtLBは気に入ったと感想。さらに、癒されたとも付け加えた。中国の方なので、どこがツボだったのかはいまいちわからないけれど、そういう感想をもらえただけでもよかったのではないか。とっくちっくなるあぷりがあるとは知らなかった。あとあらためて感じたことは、taimeiくんのメロディラインがぼくにとってはツボだということ、また意外にも彼の書く歌詞も結構ハマっているということ。だから、LtLBをなんども聴いてしまうだろう。懇親会は、ゼロがいっぱいだったので、ベトナムへ。そういえばshojiさんは、ベトナムに半年勤務した経験があった。メニューのチョイスは彼にお願いした。生春巻き、バンセオ、空芯菜のにんにく炒め、海老の炒め物/333×2本







cauliflower at 18:35|PermalinkComments(0)

June 22, 2018

芸能界の裏話は、この手の講義の鉄板だ

午前中資料の整理など。出社のついでに画材屋へ寄ろうと思ったら、店がない。そういえば、この前も探してなかった。はやくおもいだせよ、だ。おちよさんとろあん。つくねどんとせいろ。今日の蕎麦はとくに美味かった。デスクワークとolyの提案を口頭で伝える。コピーなどあるので少し早めにでる。きすまいるのパーカッションが今年の僕の誕生日に亡くなったというではないか。あっちゃんと町田に見に行ったのは、今年になってから。まだ57。わかすぎる。芸能界のこねたをあいだにちょちょっとはさみつつ、タレントよりの話をするとそれでつかみはOK。途中、カラオケ上達法などの脱線話が入れば、あとはなんでもきいてくれる。やはり、一番受けた。何より、彼はエンターティナー。話が面白い。重要なことはちゃんと話してくれるし、まぁ、志向が合うしね。終了後の食事には3人。ハラスメントにあまりに神経質になると、エンタメビジネスは沈没する可能性がある。この業界を生き抜いてきた男がいうのだから、間違いない。しかし、てんかのほりぷろ。かれはゆうかにごしゅうしんだったようだ。タンドリーチキンとソーセージとばーにゃかうだとぱてとばけっと。泡をいっぱいのんで、テンプラニーリョを1本あける。かれは明日石川日帰り出張。日曜日は、きすまいるのパーカッションの音楽葬。



cauliflower at 00:07|PermalinkComments(0)

June 01, 2018

芸能人追っかけ人

朝食後の家事を終えて、BDとDVDをチラ見しつつチェック。ロシェフェールの恋人、マンマミーア、レ・ミゼラブルを見つけ出す。ところが肝心のララランドが見当たらない。さてどうしようと思っていたら、なつがパッケージを持っていたので借りて、すぐ見ると、例のオープニングの高速道路のシーンのメイキングもあるではないか、聞いてみるものだ。16:30に出る。着いてまず独研事務室へ行きGSの招請の手続きと学外講義の申請。出張費の手続きがあるので用紙をもらって、後日一緒に渡すことに。
大量にコピーし、教室へ。先週就活で休んだ女子にレポートの詳細を教示する。今日は出足が遅い。
8人ほどきたところで始める。今日は、まず学外のタウンサーベイについて。なぜshimokitaか。演劇祭、音楽祭、映画祭と3つも大きなエンタメ祭をもつ町は、ここしかないんじゃないか。その他町の特徴とか
最後はジェイコブスで締める。そのあと、らららんどとロシュフォールの恋人のオープニングを見る。デイミアン・チャゼル監督は、じつはジャック・ドゥミ監督、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック主演のこの映画に影響されたというので、比較してみた。川を渡って歌い踊りながら上陸し、その音楽が主題歌となるところは、たしかに似ている。しかし、第一印象は、なんとなくゆるいところかな。これをフレンチっぽいというのだろうか。終了後、学生二人とスパイスの店で食事。泡一杯と赤ワイン(テンプラニーリョ)2杯。ひとりの女性は、saijohidekiの葬式に行ったとのこと。また、芸能人の御宅拝見を自腹でやる人。最近、浅草に狭小住宅を建てて、なんと風呂がベランダにある(?!)。やたら地名に詳しいと思ったら、地図会社にお勤めだった。sakuraisho見たさにリオへ行くような人だし、話題豊富な人だった。kiuchiさんは、「kissできる餃子」公開日の舞台挨拶に参加するとのこと。クラウドファンディングで出資を募り、製作委員会に名を連ねる地元企業にお勤めだという。





cauliflower at 13:14|PermalinkComments(0)

May 25, 2018

baddyの展開力に感服

朝一で原稿執筆。と言っても続きだけど。水撒きもしてみる。まあ10分くらいだから、日課にしてもいいかな。なんとしても、12時までには終えたいと思いつつ、結局、TASCに提出したのは、14時。開かなかったらTASCのメールを開けて、horiuch先生の1稿とsatoさんの2稿をDLする。お昼は、娘が助六を買って来てくれた。講義の準備をして、16:50に出ると、自転車の前に妻。rikyoについて、上田さんのbaddyのコンセプトノートと歌劇の座談会をコピーする。教室に入ると、いつも彼女が席に座っている。机を移動してこの字形にするが、彼女は、黙々と資料らしきものを見ている。いつもことだけど、手伝ってもいいんだよ、といいたくなった。ツーリズムに関心のある彼女に、hironakaさんを取材した談を差し上げる。紹介した新書は、すぐにamazonでゲットしたようだ。その彼女から、レポートの課題がよくわからないという指摘を受けた。じつは、先週もそんなことを言われた。そこで、再びヅカに触れながら、そのことについて話すと伝える。まずbaddyの解説。この作品がいかにヅカ的でないかを説明する。話ながら、改めてそうだなと納得する。一緒に見ながら、ほんとに面白いと思ってしまった。本気で、LGBTへのオマージュじゃないかと。ブルーラグーンから中詰への展開、またバッディの悪事からロケットを経て、パレードへの展開も出色の出来。DVDを見ながら解説しつつ話していたらいい時間になろつてしまった。FRF もちょっぴり見たけれど、結局タイムアップ。みんなは、やはりわからないまま、レポート執筆なさるのだろうか。kiuchiさんと今日はスペインバル「casa del guapo」で食事。


cauliflower at 16:51|PermalinkComments(0)

May 18, 2018

まちおこしにエンタメは活かすには

朝一で自宅作業。なので水撒きをする。参考文献を読み直す。FRFの会場マップや書籍からフェスに行く動機を調査した外国人研究者のレジュメをコピーする。大学に少し早めに行って、コピーのコピーをする。教室に早めに入るといつも早くくる女子が今日も来ている。なにやら数式の書かれて資料を読みながらノートをつくっていた。机をこの字に置き直すが、彼女は一切手伝わない。彼女は、終了後机を元の位置に置かなくてもいいよというのに、片付けようとする。少々変わっている女子。先週の授業では奇声を上げてみんなを驚かせていた。KTペリーが好きらしい。先週休んだ彼女は、ほかの大学を卒業後すぐにBDに入ったらしい。来週は就活で、講義に間に合わないかもしれないと。講義は始めユーミンのHIKOUKIGUMOのアルバム1枚を取り上げるライブを紹介する。そのあとFRFのDVDから映像を見せながらアーティストや参加者のコメントを聞きながら、FRFについて話す。順不同にランダムにパフォーマティブに話すのがいいみたい。レポートの課題を知らせる。音楽を流しながら、課題について説明したら、学生の1人(ダンスの人)に、ボリューム下げてください、大事なことなんで聞き落とすと困るからと、注意を促された。そういえば、去年の履修者が遊びにくる。フエルサブルータの関係者と知り合いになったらしい。終了後、先週一緒に食事した彼と、今日はスペイン料理の店へ入る。テンプラニーリョの赤を飲む。宇都宮の彼の会社は、五光。今や新卒は、女子ばかりらしい。男子主体の企業であっても、変わらないといけないと思っていると。編集の業種は、もともと女子が多い職場。でも経営陣は男子主体なので、その意識のギャップをどう解決していくかが課題らしい。宇都宮は、ジャズだけじゃなく、田臥のいるバスケ、あと自転車王国なので、コンテンツは豊富。そのストックをどう町おこしに活用できるかが課題だと。競輪にファミリーを呼び込もうと躍起らしいが、案の定苦戦しているらしい。彼の上の息子は大学院生で、お父さんが院生になることに理解がある。スパークリングワインとスペインの在来種の赤ワイン。シーフードのサラダと牛タンの煮込み。彼は、東急のホテルに宿泊するとのこと。1時に帰宅。takekyoからLINE。帰りの電車が一緒だったようだ。気がついたんだったら、声かけてくれればいいのに、と返信したら、自分が酔ってたのでやめたらしい。しかし、彼女はしらないところで、僕をよくみかけているみたい。

cauliflower at 21:37|PermalinkComments(0)

May 11, 2018

やはりしぶさのショック効果は絶大。キモいという声も上がる

今日見せるDVDをチョイスしたりしていたら、自宅作業の方が効率がいいことがわかって、切り替える。レジュメをつくる。結局時間切れで、中途半端なものになってしまったが。
にゃんの血尿はとまらないし、缶詰を水で溶いてスポイトで強制給餌。半分も食べてくれない。
妻は、娘と豆蔵くんはkinoshitaHへ。帰宅後は聞くと、未だに2700g。
生まれた時からほとんど体重が増えていない。いしいでローストビーフ丼を買って来てくれる。
レジュメづくりの続き。16:45ごろ出る。ついていつものようにロの字型に。
留学生は、こういうことを率先してやらないひとたちらしい。
FRFの画像を見せて、どうして今フェスが注目されているのか。気に入った音楽を聴きにいくから、これまで聴いたこともない音楽に出会うために参加するに変わってきた。その分析は、次回にするとして、今回はフェスの源流であるロックフェスとか野外ライブやシアトリカルな音楽を紹介した。
ワンステップフェスティバルのDVDをみせたら、サディスティックミカバンドにいの一番で反応してた。しぶさにもみなさんすごく興味を持ったご様子。
なんかやばい。気持ち悪いという声も聞こえる。調子付いて土方巽を見せる。
グラストントとウッドストックも。
いったん帰ったはずが、kanbeさんkiuchiさんが再び教室へ引き返してきて、なんと食事に誘ってくれた。いつも荷物をたくさん持っているので、食事に誘っても来ないんじゃないかと思ったそうだ。??? どうしてそう思ったんだろう。
ベトナム料理屋へ。kiuchiさんは、まっすぐにBBB。お主知ってるね。
カクテルの町宇都宮に暮らしながら、カクテル以外の酒ならなんでも飲むらしい。
utsunomiya東口の再開発にJVで参加するらしい指定管理者。
2023年までに、線路を敷いてLRTを走らせる計画。彼は、
大滝さんと山下が好きらしい。kanbeさんは、ハマる発生機序が知りたいらしい。
今度、hironakaさんの本をもっていくことにしよう。
ところで、kiuchiさんは金土の授業を取るため今夜はメトロポリタンに宿泊。
水曜日は、朝から4時限とって日帰り。kanbeさんはkanamechouで徒歩で通っているそうだ。


cauliflower at 23:30|PermalinkComments(0)

April 27, 2018

なんであれ倍多いと食べきるのは難儀

昨夜のコミュニケーションのレイアウト、dnpの人たち忙しくって、取り急ぎよろしくね、だって。
まあ、本位じゃないけど、oinの許可もらって、olyに送る。本当にこれでいいのか。
ヅカ関係のDVDをチェック。DVDは、見ないとダメなんで、当たり前だけど大変。
妻の不在を狙って視聴。しかしなぜblu-rayの外付けがないんだ?
お昼は、カップ麺とソーセージロールパンを1/3。fujiさんたら、やると言っておきながら、できないからあなたたちお願いね、だって。
そりゃないんじゃないかい。おすぎもyukoも困惑しているし、怒ってるし。
早めに池袋へ。Macつながるけど、音声がでない。教室にメディアセンターの人3人が来る。で、原因は大元のボリュームがゼロになっていたらしい。それじゃ、音出るわけないわ。
セッティング終われば、今日は、14人。プリントが足りない。まず、映像をと思ったら、トレイが開かない。いったん全部落として、再度立ち上げたら、開いた。
スターシステムとファンクラブ。NHKの録画を見せて、休憩を挟んでディスカッション、のはずが、結局しゃべくりまくってお終い。次回こそ、ディスカッションにしたい。
事務所に戻る必要がないので、池袋駅前のRIKIで食事。
タンシオハツナンコツカワネギマポテサラエダマメと生ビール&ハイボール。
そうしたらもってきたさらには、焼き鳥焼き豚共に2本づつ。見た感じは2〜3人前。
帰り新宿から急行に乗ったら、久しぶりに寝てしまい登戸まで。




cauliflower at 18:12|PermalinkComments(0)

April 20, 2018

ヅカの魅力を伝えるのが僕に課せられたミッション、なんてね

朝一で、講義の資料をつくる。といっても、今日見せるDVDを選んだだけだけど。
結局、me&になる。これのフィナーレとパレードを見せればヅカのエッセンスは伝わるだろう。
しかし、肝心なものがこのフィナーレには欠けていた。
最後のパレードで、トップさんが羽根をつけないのだ。
メガネの見積もりをつくり、お千世さんに数字のチェックをお願いすると、案の定間違いがポロポロ出てくる。
やはり見てもらってよかった。
olyのyさんからchap1のFBが来た。あれ、ちゃんと見てたんだ、てな感じ。
来週は、本気でスタンバイしてないといけないのかな。
妻が巻物とお稲荷さんを買ってきてくれた。それと、少しカップ麺。
準備の続き。ハッシーから火曜日のインタビューの質問シート作成の督促。やりたいけど、時間切れ。池袋へ。30分前につく。コネクタもきているし、コピーも取れて準備万端。
まず、FRFの動画を流しておく。
18:35にスタート。イントロをまたしゃべり過ぎてしまった。
イントロのつもりが2時間強。休憩を挟んで、後半は映像を見せる。
予定通り、フィナーレとパレード。
全員ヅカは初体験。驚いた人もいたけれど、機会があれば実際に見てみたいという男性がいた。
ファンが一人でも増えれば、エンタメに貢献したことにはなる、と思う。
事務所に戻る前に、餃子とチャーハン、冷やしトマトにハイボール。


cauliflower at 20:46|PermalinkComments(0)

April 13, 2018

自分史上最高の動員数

朝一で質問カードをつくろうとはじめるが、その前に片付けなくてはならないものがあって、いつものようにズルズル後ろへずれ込む。
コーヒーも飲んだのだが、妻が朝霞へ行く時間が近付き、結局、一緒に出ることになった。
信越の裏の小料理屋でランチ。かき揚げ丼付きもりそば。ここの蕎麦は細くて、こんがらがっている。
かき揚げは、タレが濃くて、天ぷらも黒くて硬い。
妻は、きしめん肉野菜炒め。こっちは、家庭料理で、可もなく不可もなく。
妻は成城学園前から急行、僕は各駅。
事務所に着いて、バックナンバー問題。お千代さんは厳密、僕はいい加減。
そしたら、danの追加発注。うちのは、リザーブでTより75冊。
今期初の池袋。まずコネクタ問題を解決にメディアセンターへ。
教室でセッティングするも、Wi-fiの自動アクセスがかってにSoftbankのサーバーへ。
諦める。すると学生が次々に押し寄せる。24人は来た。過去最高。しかも留学生が4分の3。
日本人は、なんらかでエンタメにかかわる人ばかり。あと、超ミーハーとアイドルオタク。
10人分でも余るだろうと高をくくったら、まるで外れた。コピーを2度取りに行く。
さて、講義。エンタメとはで1時間半、自己紹介で30分。
これからも全員が来たとしたら、一緒に食事もムリだろう。


cauliflower at 10:23|PermalinkComments(0)