撮影

May 29, 2018

都会の真ん中のミツバチプロジェクト

水撒きをして出社。これ定着しそうだな。本日の律っちゃん、また大人になった感じ。事務所に予定どおりの時間に出社。それは、ちゃんと何をやろうか決めてあるから。ところが、たいてい横槍が入る。mr.tanaさんの意味の取らないメールに困惑するyukorin。それはわかる。でも、そのことにかかづりあっている時間はないのだよ。状況を把握して、展望をはかることは、用意ではない。なんとか、打開策を見つけるポーズがとって、その場を切り抜ける。取材ノートをつくる。チキンカレーを食す。TBSへ。さかもっちゃんは、僕を見るなり目を丸くする。さとうさん、全身黒いっすよ!挑戦的ですね。いゃ、よく見てよ、紺だよ。でも、照明の下では、黒に見える。さかもっちゃんは、珍しく白系。靴までも肌色。muroさん、takahashiさんあらわれる。ぼくこんな色で来ちゃったけれど大丈夫かな、というとぜんぜん問題ないって。ほら、いったとおりでしょ。まず、アプローチのビオトープやゴーヤのカーテンをみて、エレベーターで8階へ。


cauliflower at 23:39|PermalinkComments(0)

May 27, 2018

うちの前でドラマの撮影

日曜日のルーティン+水撒き(朝夕)&風呂掃除。ようやく冬タイヤ(171231)→夏タイヤへ(180527)。うちから3軒となりのyuwasaさんちの前でドラマの撮影。「あなたには帰る家がある」。tamaki hiroshiが「何食べに行こうか」と話しかけながらsakurada hiyoriと二人で歩くシーン。うちの前まできた。tamaki さんは背が高くて、ガッチリしているのがよくわかった。本番まで6、7回は撮っていた。その間に、宅配ピザ、郵便配達、ベンツで通りかかった男性。自転車に乗った中年女性とか、こんなところでも、結構人が通るものだ。うちは妻(りっちゃんも)も娘夫婦も母も玄関から、あるいは2階のベランダ越しに見ていたが、斜向かいの男性も2階の窓からガンガン見ていた。なぜyuwasaさんちだったのかはわからない。たぶん、人づてで、たまたまそうなったんだと思う。お昼は、カップ焼きそばとカップ麺カレーを妻と半分ずついただく。DVD「BADDY」を見る。面白かったので、ブルーラグーンから中詰までとピースフルパラダイスからフィナーレまで2度見てしまう。16時に予約したタイヤ館へ。そのまま預けて、ヨーカドーへ。妻は自転車でyurimuのところへ内祝いを届けに行ったので、ヨーカドーで待ち合わせ。つまみ用のスモークチーズや野菜、柔軟剤を買う。服のミストとハイジアの詰め替え用を売っているので即購入。別れて別々に帰宅。タイヤは駐車所のうしろに置くことにした。ビールと赤ワイン。夕餉は、ビーフストロガノフ風とジャガイモと鶏のハーブ焼きなど。両方ともとても美味しかった。りっちゃんの写真がうまく取れたのでLINEで送りあう。

cauliflower at 23:40|PermalinkComments(0)