庭づくり

November 04, 2018

やはり剪定はいつもの植木屋さんに

朝食を食べ始めようとした時に植木屋さんが来る。パンにバターをぬりかけで玄関へ。妻といっしょに庭木を見る。オリーブは、よく生き続けていると感心する。世田谷Eと同意見。この冬を越えるまで様子を見ようということに。庭の一番の大木で、普通の個人宅に植えられているものでは、他に類を見ないそうだ。切るのはもったいないし、いつものように剪定するくらいでいいという。奥の紅葉は、この前助言されたように、もう少し立派な鉢に植え替えて、デッキに置くのがいいと。大木のあいだの空間に良さそうな植物はなさそう。妻はアジサイなどはどうかと尋ねると、植木屋さんはこの場所では、日照がすくなくて、うまく育たないだろうと即答。その時、灯篭の前にぽつんとおかれていた仏さんを発見して、これを置いたらどうですかと提案。この古びた感じが風情があり、その周囲に草が生えてきたら、いい雰囲気の庭になるというのである。それと、yasudaさんちとの境のコンクリードベイの前に、スギかなんかの板をはったらどうかと、これも提案される。妻は、費用のこともあってすぐ同意はしなかったが、ぼくはいい提案をしてくれたと思った。確かに、木と木の間に草木がなくても、景観的にはこっちの方がもつようなきがしてきた。さすが、造園屋さんだと思いました。ところで、この大木今年どんぐりがなって、妻がいくつか拾う。2年間何もなかったのに、そういうこともあるらしい。いずれにせよ見積もりを出してもらうことにした。世田谷Eは断る。日曜のルーティンの後、娘&りつと妻とでshimatyuへ。まず、フードコートでランチ。ひさしぶりに長崎ちゃんぽん。妻は、皿うどん。娘は、肉ぶっかけ。りつは、不満そうに僕の方を見ていた。GAPでりつの服。にしまつやでベビー用品。そして、念願の外置きゴミ箱45kl×2個とこれまた念願のシーブリーズポンプ式のverbena coolを買う。帰宅後夕食は、麻婆豆腐、もやしと牛挽き炒め、中華風スープ&プレモル。

cauliflower at 23:29|PermalinkComments(0)

July 24, 2018

普段の日の水撒き

4:30にエアコンつける。しばらくして目が覚めたら、ちょっと寒い。半袖Tシャツだと肩がひえるのか。夏掛けを肩までかける。7時前に眼が覚めると、今度は上半身に汗をかく。まったくうまくない。朝食の後、水撒き。りつにおはようして出社。小夜ちゃんからイラストのラフ。最後の天地反転がきにいらない。いいアイデアが浮かばず、oinにアイデアをこうことに。dnpにおすぎの原稿をmr.sekiに送った旨を報告。大急ぎでdanno113の企画書ver.3を送る。結局、予備候補の記載がないというメールが来て、再度ver.3.2を送ることになる。指定の16時〆切は守ったけれど、追加はロスタイム。


cauliflower at 01:17|PermalinkComments(0)

June 05, 2018

植木屋さんの知識は本物だ

自宅作業の1日。お昼は妻が狛江のおかずパンを買って来る。ナポリタンとメンチの入ったコッペパン。
りつくんの寝顔を眺めながら、3世代で共食。昨夜きたdanの全ページからdoi先生のページを抜き出し、本文とサブテキストのはみ出しを削除する。両者とも、頭と頭に近いところをカットする。インタビューは、頭に近いところでややだぶつきがあったので、ちょうど良かった。妻はスポーツ。その間に植木屋さんが木の様子を見にきた。だいこんくんは伸びすぎているから、下の方を2/3残し上部を切ってしまえといったが、植木屋さんは、せっかくだから残して、少し風通しがよくなるくらいに切るのがよいという。やはり、専門家の意見を尊重しよう。もみじは、大きな鉢に植え替えて、ベランダにでもおいてはどうかと提案。なるほど傾聴に値するアイデアだ。玄関のオリーブは、やはりかなり危ない状態らしい。ただ肥料など入れてもしょうがないので、あまり何もしないで見守っているのがいいとのこと。水撒きは、夕方だけで、週に2度ほどたっぷりあげるのがよし。あまり甘やかすのは禁物だって。いろいろ教えてもらった。娘が買い物に行った間りつくんをぼくのベットで預かる。20分ぐらいしたところで、泣き出しぐずる。夕食は、レトルトのカレーとピーマンの蒸し焼き。夜、また仕事の続き。



cauliflower at 00:14|PermalinkComments(0)