思想・哲学

February 26, 2021

身近に当該企画の研究者がいて驚いた

昨夜送った企画書を読み直し、プレゼンで話す内容を復唱する。初めて照明をセッティングする。白熱灯が使えるのが良い。蛍光灯(cold white)と白熱灯(warm)、その中間のneutral(ニュートラル)の三色使える。アーサーにちょっと横に行ってもらって正面の飾り棚にクリップする。ちょうど良い光の加減。消すと、こんな暗い顔になるのかと驚く。やはり照明を買ってよかった。11時前に入室。uenoさんと初めて挨拶を交わす。彼は、なんとレジリエンスを勉強中。そんな人がいるのも驚きだが、身近なところにいたとは二度びっくり。彼は心理学の方だが、企画書にその単語を発見してびっくりしたらしい。企画案のプレゼンはスムースに進む。今年度は2.0。やはり、きちっと詰め切っちゃうのがいいみたいだ。ほぼ、企画書通り。お昼は、妻がお弁当を買ってきてくれた。sennoshyo。海老、メンチ、ハムカツ揚げ物3点盛り。それとインスタントの味噌汁。母はにぎり。13は多いというので、妻3貫、僕1貫もらう。15時より、今度は「c&l」のリモートインタビュー。最後におまけで、都市を文学的に表現
することにいま再び面白いと思っていると伝えると、彼もそれは面白いとは共感してくれた。文学的表象としての都市という、手垢にまみれた切り口だけど、今、結構面白いかもしれないなと思った。


cauliflower at 14:45|PermalinkComments(0)

February 25, 2021

夜中に企画書を送るのは久しぶり

朝イチで資料読み始める。切り抜きを捨てなかったので、それを読み直す。そのまま丸ごとはさすがに使えないが、基データなので、補いつつ使うことに。お昼は、外へ。二階が自転車を使っているので、歩いてまずhoriguchiへガテとコロンビアをもう一回購入。とりあえずkomae駅まで。三叉路の中華料理は、残念ながら満席。外にカップルが1組待っているので、諦めて駅まで別のルートで戻る。いろいろ見たが、結局寿司屋に入る。奥のカウンター。ドア近くに女性客2名と男性客。コロナ禍にもかかわらず、大きな声で談笑。どうやらパチンコが好きらしく、自分がハマったことを、大声で話す。もうぱいがどうのこうのという話も聞こえてきて、どうやら麻雀もやるらしい。むかしあたいヤンキーやっててさ、っていう感じの姉ちゃん。そうしたら、寿司屋の体格のいい姉ちゃんもそっち系で話が合うようだ。カウンターの奥には一人しらこを食す女性。コップ酒を飲みながら、という下北の海鮮屋にいたパン屋のおばちゃんのような佇まい、かどうかはわからない。今日の握りは、ねたがイマイチだったが、妻の穴子丼はうまそうだった。一切れもらったが、本当に美味かった。帰宅後、意図しないうたた寝。でもそれで頭がスッキリする。企画書を作り始める。年間テーマを2本つくる。それに合わせて、3本分の個別テーマ。それにあわせて、キーパーソンを挙げておく。これで、イメージがしやすくなったと思う。というより、こっちの狙いもはっきりししてくる。夕餉の準備までに最低でも1本分をつくってしまおうとこ思ったが、全く間に合わなかった。夕餉を挟んで再び取り掛かるが、いつものごとくりつが遊べと迫る。りつのフリーフオームのダンスは見ていて面白い。つい付き合ってしまう。母が入らないので風呂に入り、10:40ごろからリスタート。結局、夜中の2時に終了。Tへ送ってしまって就寝。休肝日でよかった。




















































































































































cauliflower at 14:12|PermalinkComments(0)

February 09, 2021

あと4分の1、それができない。

今日こそ午前中が試金石。で、10時からやり始めるんだったんだけど、そうはいかないんですよね。そういうものです。原稿を書き始めるとメールとかいろいろな連絡がはいってくる。結局、始められたのは11時すぎ。

cauliflower at 01:24|PermalinkComments(0)

February 03, 2021

ひと月延長が決まる

メールを開けると、請求書を出したいのだけれど名目はこれでいいかとか、もらっていた金額が書かれていたペーパーをなくしたとか、しょうもない内容のものが多い。しょうもないは言い過ぎかもしれないが、要は朝イチでやり始めようとした仕事が、結果後回しになってしまう。こういうことが多すぎますね。それでも、11時からスタートする。夜中に送られてきた書物のレイアウトと似顔絵のイラスト。ここ何回か、ポートレイトがよく似ている。今回もそっくりだ。上手な似顔絵というのは、その人らししさがほのかに滲み出ている。3人の違いが見事に感じられる絵なのだ。お昼は、妻がすみれやさんでお弁当を買ってきてくれた。僕は、ハンバーグで妻と母はカツ重。午後は、「c&l」のインタビューの準備。ぞうろくさんがひとり断られたとのこと。その代案を星人が提案。知らない人だが、プロフィールを見ると良さそうなので同意する。星人は、一度取材したことのある人だが、一度は辞退。今回予定しているsaito先生と同じで、テーマの概念に距離を置いているからだ。そういうのが2人もいる必要はないということらしい。それでも、粘ったところ、いっそsaito先生と対談というのはどうかと提案されたらしい。僕はもちろん同意しました。夕餉は、ポークのブロックのシチュー。料理している途中で味見をすると、肉が硬く、少し臭みもある。さて困ったと妻は頭を抱えたが、40分近くそのまま煮込んでいたら、すっかり肉は柔らかくなり、臭みも消えた。こんなふうに変化するとは、料理って面白い。赤ワインをあける。fuliくんに勧めたが、ワインは顔が赤くなるので今日はやめておくと。妻と母もちょっぴり。基本1人で楽しむ。昨夜はハイボールが美味しくできて嬉しかったが、本日もうまく入れられると良いのだが。しぇいむが始まる。

cauliflower at 23:09|PermalinkComments(0)

January 19, 2021

花吉論争の後遺症が今再び蘇る

6時半にトイレで目が覚め。非常にすっきりしている。でも、まだ起きる時間には、1時間ある。やはり、再びベッドにもぐりこむ。目覚ましで2回目の覚醒。う〜眠い。2度寝は、こうなるのだ。わかりきっているのに。朝食とれいこさん。昨夜途中で読むのをやめたonojiroの花田論。そのあと、kogawa先生の花田と吉本。おそらく40年ぶりぐらいで読み返す。先生の吉本嫌いを真に受けてそのまま受容。それから、10年近くはぼくも「なんだ、結局吉本かよ」で通した。その後sesonの研究会で突如シンパになった。imaizumiさんとizumiさん。池袋に足繁く通うようになって、突然機会は訪れた。吉本さんに講演をやってもらい、そのあとosawaさんやhashizomeさんと会食をした。それはともかく、ぼくの吉本さんの評価は、そんなぐあいに揺れ動くのだけれど、今はどうかというと、やっぱりレトリシアン花田の側へ返り咲きかな。などと懐かしくも面白く読んだ。そのあと、yamada先生のデータ起こしを読む。これがなかなか読み応えのあるもので、hirakawa先生とiwano先生の話(原稿)を読み終えた後だと、なおのこと面白い。今回のDは、この3人が複雑に絡み合いリンクしあって、今までにない特集になりそうだ。お昼は、市販のピザにさらにトマトとチーズをトッピングして美味しい。それと、たまごサンド。サンタカタリーナを淹れる。午後は、データお越しの流れで、karataniさんを読む。yamada先生は、かなり問題を共有しているようにみうけられる。結局すべての道はmarxに行き着く。

cauliflower at 18:16|PermalinkComments(0)

January 08, 2021

8日以上かかって原稿を仕上げる

朝食の後、れいこさん。10:30にスタート。この調子でいけば、夕方にはTに渡せると思う。順調に進んで、お昼は3人でチャーハン。おちよさんからtel。業務連絡の後、予想外な情報を知らせてくれた。なんとkashiwaの美容室に行った時、都内の事務所に週に何回か通っていると伝えたところ、美容室の人に訝しがられたとのこと。そんなことがあっていいのか。身近にこういうことが起こるとすごくいやな気持ちになる。みんなどうかしている。あ6ヶ月もすれば、現在の状況がほんのイントロに過ぎなかったことが判明するだろう。…ほんとうに? 午後も続き。そして、17時に完成。読み直して、細かいところを修正して無事送り出す。なぜか、トルバトールのライブを聴く。

cauliflower at 18:14|PermalinkComments(0)

November 26, 2020

徹夜に近い原稿執筆なんて、何年ぶりだろう

ブックリストの校正が上がる。ポートレイトイラストもあがっているので、いよいよ残るはediだけだ。今回こそそうならずにいくはずだったのに。なぜこうなるのだろう。お昼は、助六を買ってきてもらう。良いテキストにであったので、これはささっといくかと思ったが、甘かった。夕食まで、とにかくカリカリやって、夕食を挟んで再びカリカリ。今日は休肝日なので、そのままやり続ける。結局終わってみれば3時30分。ここ数年なかったことだ。でも、この調子だと明日の入稿は全ページいけそうだ。

cauliflower at 23:10|PermalinkComments(0)

November 20, 2020

インタビューはやはりリアルがいい

朝イチで三菱UFJのサービスビューローへ。ベストインカムの解約。市ヶ谷に来たので、麹蔵でランチ。鶏飯と唐揚げの定食。鶏飯の感動は薄れたが、ここの唐揚げは美味い。タレがいいのだろう。その後御茶ノ水のyamanoueホテルへ。1時間早く着いたので予習を少し。カメラマンを筆頭に、スタッフが順番にやってくる。最後に先生。わりと背が高く、ネットに公開されているポートレイトのイメージとはだいぶ異なっていた。インタビューは、ほぼレジュメの順番に進める。人柄なのか、話っぷりもソフトだが、内容は相当に高度だ。一通り話が終わり、ハッシーが質問。それに答えながら、最近の若者意識の傾向を分析し合う。蘇る60〜70年代になるのもなぁと思っていたが、そうはならなかった。それでよかったと思う。さかもっちゃんに新宿まで送ってもらう。帰宅して、風呂へ直行。こういうのはいいですね。りつと新幹線で遊ぶ。DのTのHの原稿チェックが済んだものを、saito先生とshinohara先生に送る。


cauliflower at 00:52|PermalinkComments(0)

November 13, 2020

こういう人を実感派経済学者というのだ

電車に乗ると、「すみません乗り遅れて、まにあいそうもない」という悲鳴のようなメール。彼は時間を1時間間違えていたのだ。ぼくも、地図を見間違えた。中延の駅と荏原中延駅の間に商店街があって、目的の珈琲店は、その真ん中あたり。荏原中延を中延と間違えたため、逆方向に進んでしまった。さかもっちゃんからtel。店にたどり着くと、すでに全員集合していた。先生は大きなテーブルの中央に鎮座ましましている。改めて自己紹介。それと風邪をひいていて、時々咳き込むことがあることを断っておく。シナリオの最初の質問はとばして、この本の成り立ちや反響の凄かってことなどを聞かなくても反してくれて、その調子で話はどんどん進んでいく。とはいっても、途中でシナリオの順番にもどって、聞き直すと、ちゃんとそれに応えてくれて、終わってみれば、ほぼ聞きたいことは聞けた。途中よくしられた先生のおなかまでもあるコラムニストが入店。先生は、もう十分でしょと言って、インタビューを終えたそうだったが、もちろんそうはいかない。もうちょっとききたいことがあると食い下がる。それからまた1時間ちかくインタビューを続け、全体で2時間のインタビューは終わる。そのあと、移動して撮影をする。黒板の前で少し高めの椅子に座ってもらう。これが、思いの外カッコい死写真になった。全員バラバラになって帰宅。夕食は大好きな三色そぼろ丼。禁酒(たった1日だけど)明け最初の飲酒。やはり酒は美味い。

cauliflower at 18:13|PermalinkComments(0)

October 31, 2020

今度こそ本当に資本主義は終わるかも。

本日のオンラインインタビューの招待状を昨夜送ったが、14時スタートではなくて、13時だったらしい。メールを開いたら、星人からそのメッセージ。慌てて、sakai先生に後ろへ1時間ずらしてもらう。結果的に余裕ができて、僕的にはよかった。土曜日のルーティン・フルバージョン。お昼は妻の手作りコロッケパン。論文を読み上げるつもりだったが、準備不足。結果インタビューは、即興的に。まあ内容は面白かった。ついに資本主義が社会主義になる時代。それは、ゾンビ資本主義かポストポストネオリベラリズムか。

cauliflower at 00:29|PermalinkComments(0)

September 29, 2020

時間があるとああしたいこうしたいと悩んでしまいます

りつが目覚ましをもてあそんでいたので、肝心な時にはならなかった。妻の目覚ましで目が覚める。朝食の後、れいこをやって、仕事を始める。登壇者を見直して、趣旨を確認する。少し手を入れたものもあるが、そのまま行ってこいのものもある。お昼は、妻がかーぶすの帰りにお弁当。僕は、青椒肉絲。妻は春巻きと鶏。半分づつシェアする。午後も続き。その間、提案1と提案2を合体して1本にしようとか、1と2の人選を入れ替えようとか、いろいろ考えて、その都度これはいい! と確信するのだが、わずか10分後には否定されている、自分に。夕方まで、補遺を作り直し、質問シートに取り掛かる。大根おろしを手伝い夕餉。あんなにたくさんすったのに、大根おろしの存在に気づかない人もいた。秋の初めの大根は辛いらしい。擦り下ろした残りの汁を母が飲むが、かなり辛かったみたい。

cauliflower at 01:37|PermalinkComments(0)

July 09, 2020

初めてのオンラインインタビューはひとまず成功。

りつはママが運転する自転車で保育園へ。13時にさかもっちゃんが来るので、まず部屋の整理整頓。リモートの写り込みに気をつけないとね。予習も少しやっておく。お昼は、早めにお弁当を買ってきてもらう。鶏のタルタルソースと三色そぼろ丼。ちょっと味付けがくどかったかな。13時ぴったりにくる。iPadでzoomに参加してもらい、ブルートゥースでイヤホン。これなら、内蔵スピーカーを使わなくていいので、各自音を聞けて、オンライン会議も問題なく進めることができる。準備万端。会議を開始し、待っているとハッシーが参加。久しぶりなので、ご挨拶。でも、モニターを通してなので、「こんにちは、お久しぶり」ぐらいで終わってしまう。そのうち、本日の主役先生が入室。さすがら慣れてらっしゃる。見た目は、びんぱちの映画に出てくるようなやさぐれ青年。もちろん悪い意味ではなくて、けっこう僕は好きなタイプ。ギリギリになってしまったが、ちゃんとレジュメは読んでいただいたようで、ほぼその順番に答えてくれた。予想した通り、その新しい学問の概説をしてくれたが、それは、イコール先生の考えで、その意味ではちゃんと先生の言葉になっている。僕の「…とは何か」的な哲学的問いに対しても、真剣に応えてくれた。約2時間。初めてのオンラインインタビューとしては、ひとまず成功だ。ハッシーのダメ出しもなかった。そういえば、午前中妻は喉が変だと耳鼻科へ行ったら、逆流性食道炎の薬をもらったらしい。因果関係はいかに。

cauliflower at 00:15|PermalinkComments(0)

December 19, 2019

ビッグバンとは大爆発ではなくて、どこまでも整然とした世界らしい

事務所に出て、本日のインタビューのための予習を少しやる。12時少し前に出ると、商店街で星人に遭遇。新宿の万世で今日はハンバーグと豚汁。20分ほど前に山の上ホテルに着くとヒーさんはすでにきている。梅の間へ案内される。ほどなくして、araiくんとおすぎが到着。先生は、開始時間に到着。あらかじめ質問シートを送ってあるのでそれにそって進めてもらおうと思ったが、最初の質問への応答だけで、30分以上費やしてしまう。時間という独立したものなどなくて、あるのは時空。ビッグバンというと大爆発を想像するが、そうではなく、宇宙誕生は整然とした静かな世界で、それが膨張し続けているというのだ。物質というものはないとか、波であるものが粒子の状態を示す場合があるという説明の方が納得しやすいというのは、確かに説得力がある。最後に決局のところ、時間というまったくべつの次元を考えるべきなのだが、今のところそんなものができるのかどうかもわからないという。先生はひも理論には否定的。それだけはよくわかった。終了後、会計をしようとすると、5階へ案内された。結婚式の待合室らしいのだが、客室と一緒になったフロアだ。そのまま帰る。新宿でヘリーボーンのパンツをピックアップ。帰宅して、りつを風呂に入れた。夕餉は生姜焼き。

cauliflower at 00:27|PermalinkComments(0)

December 16, 2019

唯物主義は唯一物理主義

りつは朝まで起きなかったらしい。よほど、疲れていたのだろう。保育園児は、人並みに忙しいのだな。事務所につくと、みずほからtel。政策金融公庫を紹介するので、そっちに当たって欲しいと。つまり、自分は窓口にならないから、勝手にやってくれ、ということか。早速、連絡すると、すでにうちの決算書は見させてもらったとのこと。とりあえず、必要書類をDLして、書き込むことにする。そまさんから質問シートの督促メール。明日には送ると返信。ランチはかむい。日替わりはおしまい。なので汁そばにするが、道路にたてかけられていたメニューの日替わりの具が汁そばのそれだった。たんなる貼り間違い、でも、鶏とゴロゴロ野菜たっぷりが食べたかったので、僕としてはぜんぜんOK。事務所に戻って、質問シート作成のために、金曜日ちゃちゃっと読んだ本を読了。「力」というものの本質が理解できた。構造と力、全然問題ないと確信する。構造主義は結構いいとこついていたのだな。それと、ニューマテリアリズムは、文字通りの唯物主義だとわかった。といっても、唯物理主義。数学ではなく物理学の優位性。5〜6年前の逆じゃないか。帰宅後夕餉が終わる頃、2階が降りてくる。fuliくんが土産に買ってきたプラレールの線路。プジョーのカレンダーをトンネルにしてゼンマイ式の新幹線を走らせたら、それなりに楽しい。小さなオーバルを1周するのを見ているだけだが、そんなんでも面白いのだ。やはり、線路は続くよ、にしていこう。ママはドイツの木製ブリオを買わせたいらしい。プラレールと互換性があるらしいので、クリスマスは日独連盟でいこう。これを書いている間オルケスタ・アラゴーンを聴く。78回転レコーディングス・コレクション1953-57。チャランガはよいよ。

cauliflower at 22:22|PermalinkComments(0)

December 11, 2019

時間と運動の狭間で、なぜか晴れやかな気持ちになる

7時起床。すぐに乾燥機を始動。そのかわりレイコップはパス。喜多見に着くと、また電車が遅れている。車内のデジタルサイネージでは、下北沢で客同士のトラブルがあったためと報告。どうせ男性が、押されたとか足踏まれとかして、キレたのだろう。そんなんで会議間に合わなくなっちゃうなんてなんと理不尽なことよ。それでも、半蔵門へ行くときは10時開始で家を8時40分にでたので、15〜20分の遅れはリカバリーしてしまった。今日の会議は、企画書を読み上げながら、丁寧にプレゼンする。3本の企画は、いずれも、前回プレゼンしたものをブラッシュアップ。趣旨は、理解してもらっているはず。1のクラウドに質問が。まあ、いわれたことは、われわれも考えていたので、参考にすることに。2は人材の有効活用という側面もあると星人には伝える。来週の本番でも、この順番でやることになった。終了後、星人は渋谷へ僕は新宿へ。半蔵門線で永田町下車そのまま陸続きで赤坂見附まだ歩き、丸ノ内線で新宿。メトロプラザのUA新宿店でパンツを探す。ほしかったヘリーボーンが見つかった。即購入。不思議なのは、展示されているものが、どれもどれもSだということ。僕はとても嬉しいて。裾丈を調整、引き取りは17日以降とのこと。事務所に出て、chiakiに年賀状のデザインの依頼。それと、お千代さんに宛名シールの入力をお願いするための整理。送りあっている人は毎年同じ顔ぶれ。70人強。全盛時代は200人近く出していたのに。今や3分の1。そのあと、インタビューの予習。同じ章をもう一度繰り返して読むことを最近始めたが、これをすると、そのひとの考えがはっきりと浮かび上がってくる。ニュートンの運動法則が十全に生きているのがわれわれの生活している世界。そのことがいまさらながら了解できた。そうすると、視界が一挙に開かれたような気がした。なんか清々しく感じたのだ。シスターズを寝かしてから、最近ほの字のジェンヌのトークショウを見る。なんという至福の時間。


































cauliflower at 23:38|PermalinkComments(0)

December 04, 2019

人類学者は、すべからく共通するキャラをもっている

りつはごきげん。バイバイもできました。家を出て、ケーキ屋さんに寄って行こうとしたけれど、本日は休み。しかたなく、FROでカヌレ5個にする。新横浜にだいぶ早く着く。焼売弁当とお茶を買い、お千代さんに弊社の伝票の書き間違えの件を伝える。白紙のデータがないので、送り直してもらうことにする。行きも帰りもシャーデー。3枚聴く。タイムマシンの本を読む。新横浜から名古屋まで約1h20mini。掛川を追加したあたりで、焼売弁当。食後すこし寝たかったが、結局起きていたら名古屋駅。地下鉄東山線で本山へ。ここで名城線に乗り換えて駅一つ。地上に出るとNagoyadaigaku校内。農学部まで徒歩7〜8分。中心部から離れているからか、寒いし風も出てきた。研究棟の1階まで迎えに来てくれた。汚いんですよと申し訳なさそうに研究室へ案内してくれたが、これまで入った部屋の中ではむしろきれいな方。ネパールの話から、エチオピアの話へ。文化人類学のように、入り込んで、住み込めればいいんだけど、とやや悔しそうにいう。それでも、最初は7ヶ月フィールドに出てたらしい。今、学内の業務もあって、2〜3週間後やっととのこと。来週から学生を連れて、ベトナムへ行くとのこと。自分は書くのが下手だというけれど、そんなことはない。雑誌に発表されたエッセイを読む限り、人にちゃんと読ませることのできる人だとわかる、などと褒める。アフリカで唯一植民地化されず王政が維持されたマイナス面が今のエチオピアの骨格をつくっている。皮肉なものだ。怖い話もいろいろ聞く。女性はすべからく性的対象と捉えるというのは、困ったものだ。しかし、この考えは伝統によるものとは限らない。調査に入った西洋人や東洋人の態度や行動も深く関わっているのだという。一方、ねたはたくさんあります、とにこにこしながら話す。やはりこの人は人類学者だと思った。帰りがけ、栗のお菓子や名古屋コーチンのプリンのスウィーツが美味しいよと紹介してくれた。名古屋駅の高島屋の食品売り場のコンシェルジュに問い合わせると、それはうちではあつかっておりません、上のキオスクでお尋ねくださいと。それで早速いってみたのだがなかった。決局なごやきゃらめるさんどとokadayaの味噌煮込みになってしまった。帰りの新幹線ではプレモルとチーズクラッカー。19:30前に帰宅。りつにいろいろせがまれる。oinさまにteidan朱を送る。


cauliflower at 23:04|PermalinkComments(0)

December 02, 2019

コンテクストを知るためには、丸ごとすべてを受け入れる必要がある

りつを保育園に送って行こうとしたら、雨が強くなる。クルマで送っていくことにする。ベビーカーは積まないで、帰りは妻にクルマを出してもらうという算段。朝食に昨夜のカリフラワーをチンして食す。パルミジャーノはもったいないので、市販のパルメザンをふかける。この安っぽい味も悪くない。レイコップなどを済ませて出る。塩の請求書をつくってもらって、ついでにメールで送るところまで。ドキドキしながらやられたようだが、ohbatanから返信がきて安心したみたい。鼎談のcap。こういう編集原稿は上手にかけてる。やはり得手不得手というのはあるんだよな。僕が書くと味も素っ気もないものになるはず。おすぎも割とうまい。ルポの校正。ランチはせいろとかき揚げ丼。インタビューのゲラ校正。クライアントとインタビューイーにチェックしてもらうために送る。星人は苦戦しているようで、まだアップしていない。帰りに登戸で水曜日の切符を購入。その水曜日に面会する人類学者が現地の子どもに投石された理由が、彼女のエッセイでわかった。宗教が人間皆平等と説くとして、貧乏人は金持ちからその金を奪うことも、時に奨励することもあるということだ。他者と他者の文化を知ることは、並大抵のことではないと改めて思う。異文化理解の本質をもっと掘らなきゃダメだ。夕食はポトフだったが、りつがごねて、そのお守りを仰せつかったため、大好きなポトフを味わうことはできなかった。りつにせがまれ、ケースからプジョーくんを出すことに。そして、絵も描いた。

cauliflower at 23:19|PermalinkComments(0)

November 28, 2019

30年前までまだ生きていたてっちゃんの写真が見つかった

朝一でhoriguchiさんへ。もちろん、ozakenを聴きながら。自宅用と事務所用。一緒にポイントをつけさせてもらい、ちゃっかり自宅用へ還元。事務所はひとり。星人より朱字。大宮は、imaさんからも戻ってきていたので、両方を合体。インタビューの朱字と写真についての提案。それで思い出した。もう20年近く前になるが、コーヒーをつくった時に、ぼくも署名原稿を書いていて、そのページにtetsugakukafeのドキュメントを載せたのだ。yoshikawamamiさんに撮影してもらったもの。当時はまだアナログの時代。紙焼きの写真があるはず、と記憶をたよりに探してみると、やっぱりありました。僕の事務机の真ん中の引き出し。まどかっちとこりんせいじん、そしてmamiさんとのフランス旅行のスナップ写真。かめちゃんたちとのたぶん忘年会の写真、それからおすぎの出版記念会のスナップとぼくの講演の記録。それらのなかに、しっかり保管されていました。あらためてみると、すでに故人である提唱者がマイクを持って話している。そうとうに貴重だ。これを載せることにした。インタビュー者にも報告する。ランチはスパニッシュで、今日は肩ロースのブランチェ。本屋によって、フリクションのマーカーを購入。事務所で、校正ゲラの整理など。イッシーに写真のデータ化をお願いする。帰宅時はもちろんmarikoさん。じょばくんがきていた。本日3人で帰国したとのこと。りつを少しかまう。ドラレコの請求書ととびかんで開催中のこーとーるどのチケットが送られてきた。朝エントリーして残り2枚とあったので応募したのだ。先着順だったのか。残念ながら、一人分だった。あと、くろねこさんの登録完了の通知。



cauliflower at 00:09|PermalinkComments(0)

November 14, 2019

やりたい企画がすんなり通っていい気分

母が出がけに、ガスストーブを出してくれないかという。小屋裏にあるので、急いで取ってくる。石油ストーブは使わないでほしかったので、これで我慢してくれるといい。床暖房とエアコンとガスストーブ。そんなにいるんだろうか。年寄りだからしかたない。事務所について、昨夜送った企画書を見直していると、重要な間違いを発見。予備候補に挙げていた先生は、検索した人ではなかった。予備校の数学の先生。超オツムのいいひとそうなので、てっきりこの人だと思っていた。本をよく見たら、著者と翻訳者ともうひとりyoshidaさんのプロフィールが載っていた。確かに奥付にも目次にも表紙にも名前はない。なので検索してみると、それらしい人がでてきて、よく確かめもしないで企画書に記載してしまった。慌てて調べ直すと、量子力学の専門家としてウィキにも載っている。あわてて、作り直し、大急ぎでsomaさんに送る。そんなことをしていたら、予定していた電車にまにあわなくなってしまった。早めのお昼をとって…、という目論見は打ち砕かれた。予定していた電車どころか、その後発車の電車にすら、あやうく乗り損ねるところだった。somaさんに15分遅れるとメール。結局、10分遅れて入場。そんなこんなであわただしく始まった企画会議。ぼくは、少ない時間のなかで、熱弁をふるいましたよ。そのかいあって、一発で新案に決まった。虚擬戯に通底するXが、物理学の最前線の問題と深く関連するというあっと驚くアイデア。これが通ってしまうとは、正直本人が驚いている。しかし、ぼくとしてはうれしい。さてどんなインタビューになるのか、今から楽しみだ。ただ、同姓同名であやうく恥をかくところだった一件についてじつは後日談がある。確かに同姓同名だが、名前の漢字が違っていた。まったく恥ずかしい限り。しかもそれをおしえてくれたのがhiさん。穴があったら入りたいところ。企画会議に続いて談話会、なんと担当者がむかしおせわになったohhashiさんだった。そして、かつてのコンセプトに少し戻ったという。よい知らせ。企画料と制作費を分けて支払うのはどうかという提案は、断った。この企画は、やはり最後まで仕上げてなんぼなので、現状どうりでお願いすると返答すると、じつはnihonさんも同じ考えだったと。ミニチュアの展示をみる。米粒より小さいサイコロに六つの丸を書くなんて正気じゃない。驚嘆のふた文字で、空いた口がふさがらない。こんないいかたあるのか?? 遅い昼食ベッパーさん。ハンバーグと目玉焼き。帰りにタワーによって、遅ればせながらバドゥのデビュー作とヴァイブのコンピを購入。事務所によって本などを置く。20時に帰宅。夕餉はカレー。

cauliflower at 23:50|PermalinkComments(0)

November 11, 2019

10年前に買った本を読む

朝起きて、早速布団乾燥機に働いてもらう。朝食をとって歯磨きしたり、朝の用事をすますとちょうど50分。ふんわりして布団に活気がみなぎる。今日は自宅作業。昨夜おおばたんに快諾もらったメールを送ったが、その返事が来ている。wadaさんが希望する個店名出しは、やんわり拒否される。僕はいいと思うんだけどね。まさちんの10年前の著作を読む。出てすぐに購入したが、読もう読もうと思いつつそのままになっていた。後半から読むも、思っていたとおりきわめて示唆に富む本だった。量子コンピュータ時代の到来を完全に予感していた。まさちんはやはり只者ではない。お昼は、妻が韓国ジャージャー麺を作ってくれる。もちろん賞味期限ギリギリだ。午後は、ろヴぇっりの続き。夕食を挟んで読了。りつを風呂に入れる。夕餉は、めかじきのフライ。野菜炒めなど。りつとキッズ向け踏切動画などをみる。

cauliflower at 23:06|PermalinkComments(0)

October 07, 2019

20年間進歩なし。神様はきっとそういうだろう。

りつはいつもより早く30分過ぎにfuliくんと保育園へ。入稿データPDF版を印刷する。色校出稿前に、文字修正の確認は済ませておく。それと、書物の入れ替え。matsunagaさんより64号がほしいという読者からの要望について、問い合わせてきた。すぐにお千代さんに確かめてもらう。まだ、5さつほどある。それで、すぐに用意して送る。この号は、risakuさんのサントビクトワールの作品が載った号。あとokazakiさんとかshimojoさんとかインタビュー者みんな大物ばかりの豪華本だ。今、ちらっと読み直したら、今号の登壇者もくわえれば、視覚の百科全書がつくれるかもしれない、と思った。あと悔しいのは、editは、明らかに64号の方がよく書けていたこと。進歩ないなぁ。お昼はkamui。午後から、対談のアポ取り。結構時間がかかってしまった。19:30に帰社。りつは、食事が終わって、ぼくのあとを付いて回る。夕食はロールキャベツとクリームシチュー。ところで、行きも帰りもイヤホンつけっぱなし。音の深みが違う。重低音重視なのがよい。

cauliflower at 00:02|PermalinkComments(0)

September 30, 2019

ご存命なら対談という手もあったかも。

7時に起きてしまう。朝食の後、キッチンマットを燃えるゴミとして出すため切り刻む。コーヒー6袋持って事務所へ。dから支払い書。満額にはならなかったが、ゲラ校正やそのための最終段階の編集作業をやらずにすんだので、まぁ妥当な数字かもしれない。これから、ギャラの分配を思案しないと。インタビュー謝礼など整理して、c&lの原価表作成。ランチは、3人でかむい。あんかけ汁そば。キノコと牛がどっさりのっている。サイドメニューは冬瓜の挽肉あんかけ。大森さんの視覚論を読み直し、こころとは何かを読む。これは使えそうだ。大森さんがご存命ならば、fujitaさんochiさんとの対談というてもあったかましれない。共有しているところが多々ありそうだから。星人と再見積もり。企画料と編集費をわけて、編集費はページ単価にするというアイデアはよい。19:30に出る。帰宅するとみんな食べ終わり。fuliくんも帰っていた。りつは、紐で引く電車のおもちゃをひいて歩き回っている。牛肉炒めとリンゴときゅうりのサラダ。りつは、階段に座り込んでグルスキーを引っ張り出すが、重くてうまくページがめくれない。ぱらぱらまんがの猫のきまぐれを見せるが、案の定あまり興味を見せない。グラフもそうだったが歌劇もさゆみ一色。BDやらグッズやらマーチャンダイジングもさゆみ景気。明日から消費税が10パーセントに、こっちも駆け込み需要か。

cauliflower at 23:11|PermalinkComments(0)

September 01, 2019

現代思想と霊性、ぼくには意外な組み合わせ

8:30起床。妻が起きて、TVつけてがたがたやっていたのでおきちゃった。昨日、kamae駅前のイタリア食堂のブースで買ったあんぱん。あんこがきめ細かくてたっぷりはいっていて美味しかった。パンも合格。朝食は目玉焼き。日曜日のルーティン&風呂掃除。SSで一週間のまとめtakazuka news。さゆみとあーちゃんのショーの稽古場風景など見る。お昼はカップ麺・エスニック。8月が賞味期限。少し超えてしまった。それが原因ではないだろうが、軽くお腹の調子悪し。昨日から腰も痛く、貼り薬をしているのだが、腰といっても左側の少し上の方。内臓疾患が原因の腰痛なのかもしれない。りつとママと妻は買い物。僕はパスして読書。koizumi先生のドゥルーズ本の最新刊など。ひさしぶりの小泉節に浸る。夕方水を撒く。ところが、その後、通り雨。妻にメールするとaobaのレジが混んでるらしい。雨は収まったが、車で迎えにいく。水炊き屋の前でピックアッフ。帰宅後、amazon注文品が4冊。うちkitamurasaeさんの著作が3冊。机の上に平積みしておいたら、娘が見つけて、買おうと思っていた本だったらしい。ぼくは先週はじめて知ったけれど、娘はだいぶ前から知っていたらしい。まずは随想をお願いするところから。夕餉は、シュウマイと中華風スープ&プレモル。

cauliflower at 21:30|PermalinkComments(0)

August 21, 2019

記憶の書き換えが日常茶飯なひとには馬耳東風だった

りつを送る。今日もごきげんがいい。角を曲がるまで手を振っていた。午前中は、今日のインタビューの準備。必要なところをメモる。妻が出た後、12時すぎに僕もでる。駅のマクドでエグチ。ポテトとコーラ。新宿からJRで市ヶ谷へ。hoseiの角を靖国通り側からアプローチしようとしてたらさかもっちぁん。近くのパーキングに入れきたらしい。聴くとまだ通達はきてないとのこと。肝心の内容を忘れていたので、改めて尋ねると、もう何年も作動していなかった自動取締機(Mシステムみたいな)が突如名神で使用されて、それにまんまと捕まってしまったのだ。場合によっては免停になる可能性もあるらしい。ふじみざかの入り口には、すでにtaの二人はきていた。すぐにおすぎも。予定より5分ほど早く研究室へ。質問シートを昨夜提出したのでなんか言われるかと思ったら話題でず。ぼくは謝ったが、「あ〜はい、はい」ぐらいの反応。取材をはじめると、真摯に応えてくれる。わりとカジュアルな話し方の人で、本の印象とちょっとちがっていた。「〜的な」をふつうに使うひと。わりとやばい話でもすうっと出てくる。殺す時ぶっ刺した瞬間、被害者は「痛てえっ!」とか「痛てててて」というらしく、「うっ!」という声は決してあげない。コナンのようなことには絶対ならない。このコナンのようなことはないという比喩は、その後何度も出てくる。ようするに、殺人というものは、取り立ててトピックになるようなものでなくて、日常とそんなに変わらない。平凡なものらしい。約2時間、思い出の書き換えの常習犯は、事実確認のように頷きながら聞いたのでした。新宿UAに入り、3シーズン切れるカジュアルなジャケットとパンツを購入。30%引き。念願のトートバックも買う。こちらは40%引き。タワーでマガジン購入。事務所により帰宅。みんなと一緒に夕餉。りつが保育園で5歩歩いたというが、うちでは6歩歩く。

cauliflower at 23:40|PermalinkComments(0)

August 19, 2019

やはり最後は意識の問題へ

りつは、笑顔で保育園へ。新幹線で、SRとinuiさんのインタビュー原稿を読む。2人ともあらためて読むと面白い。名古屋を越えたところでランチ。いつもの焼売弁当。新大阪から、御堂筋線で千里中央。ここから大阪モノレールで阪大医学前。歩いてciEへ。早く着いたので、みんなを待つ。集まったところで、研究室へ。予想通りの感じの人。耳がお悪いらしく、声は大きくと言われる。あたまのところで、まず躓く。というかこの趣旨普通はわからないと思う。お聞きしたいことがポイント。ほぼ、質問シートの順で進む。一つの質問に対して、真摯に応えてくれる。案の定、この段階で、1時間と30分。話は続く。ほんとのところ3次元ではなく、2次元でもいいんじゃないかという意見に賛同してくれる。科学者でありながら、人文的センスのある人。最後に、エステティックのはなしになり、人文的な言説がでる。同じ彫塑を見るのでも、両眼立体視の研究者の立場で見ると、ここしかないというポイントがわかるのだけれど、それは往々にして作家や批評家がここだと指示するところとはずれるのだそうだ。もちろん研究者は自分の方が正しいと思っています。終わった後におまけでDで最近取材した3人の脳の人の印象をうかがった。Wの人のことはよく知っていて自分のところにもきたことがあるという。ただ、自分を人体実験にするのはやらんだろうと行っていた。自由eneの人ももちろん知っていてポアンカの数式もよく知っている。しかし、先生の評価は低い。ホメオシスタスを維持するだけのことで、それが感情をコントロールしたとしても、それだけのことで、それですべてがわかった気になってもなあ、という感じでした。ハードプロブレム解明の道はまだまだ遠いのだ。最後にカメラマンが質問して終わり。たっぷり3時間。歴代2番目ぐらいか。元来たルートを引き返す。前回入った居酒屋へ。久しぶりに串揚げなど頼む。酒は褒美田。新幹線では、おすぎがビールを買ってくれたので、それ飲みながらまたよく話してしまった。お土産に買った漬物二つを南武線に置き忘れてしまった。

cauliflower at 22:48|PermalinkComments(0)

August 12, 2019

取材準備で休みがチャラに

休日のルーティン。水まきやったら、雨が降り出した。お昼は、朝のライ麦パンのサンドイッチとカップ麺。強烈に辛いような顔をしていたけれど、そうでもなかった。妻と娘はりつを連れて買い物。fukuoさんの質問シートづくり。掃除したり、孫と遊んだりする合間に、ちょこっと書いては、また資料を読み…、なんてことをやってたら、いつのもにか夕飯になり、孫がパパとママをつれておりてきて、結局21時から残りに着手。終わったのは12:30を回っていた。

cauliflower at 11:56|PermalinkComments(0)

August 06, 2019

聖書は確かにネタの宝庫だ

りつはベビーカーが動き出すと身を乗り出してバイバイをする。家を出る前にメールを何通もする。10:30に出社。メールの続き。インタビューの日程調整。12:00に出て、ひさしぶりにまつや。神泉経由でゆーろへ。えいがびがっこうであだむす・あっぷるの試写。北欧映画のあのテイストが蘇る。野いちごのベルイマン、ドライヤー、トリアーときて、イェンセンか。日常が続いている。なのに、突如非日常が挟み込まれるように顔を出す。すべては必然性のなかにありながら、ときおり具有性が飛来する。不思議な映画。事務所に戻って再び日程調整。contentsづくり。いつもやってもらっていたものをやる。朱字あわせ。20:30過ぎに帰宅。りつと少しあそぶ。夕餉は紅茶豚。ひらたさんのぽーくは美味い。

cauliflower at 23:28|PermalinkComments(0)

July 19, 2019

昔取った杵柄

朝雨が少し。ベビーカーにカバーをかけるが、いつも裏返し。りつは嫌がりながら行く。出社して、まずRikyoの紙袋漁り。最後の最後に、探していたカイヨワの4象限が出てきた。家探ししてよかった。その後も資料づくり。お昼は、1人でまたwakatake。今日は鰻ざくじゃなく、鰻玉子。出汁巻に小鉢にも玉子。玉子尽くしだ。olyからコミュのなおし。やはり、脳の写真でもタレントさんがモデルだと肖像権。7→5、それってうまくいくのか。17時ちょっと前に教室にはいると、またお一人様がいらっしゃる。たぶん自主勉強が好きなのだろう。yagiさんの領収書を事務局に届ける。鍵とコネクターを受け取る。PCを立ち上げて動作確認。あいかわらず五月雨式に集る。まず、kamedaさん発案のマップから。プロフィールから話し始める。最近まなんだことは、いきなり本題に入らないで、毎節を十分話し込むこと。しつこいくらいやるのがよろしい。そのあと、事例など出すとどんどん時間が経っていく。休憩してから、後半はカイヨワ。こっちも懇切丁寧に話すと、あっと言う間に時間が経って、22:05。結局、ディスカッションはできず、乾燥をもらっておしまい。でも、みなさんうまくまとめてくれました。まあ、外交辞令だとは思うけど、面白かったと言ってくれたので一安心。毎回まち歩きは、好評だった。あと、ヅカが約1人、ウケたのは嬉しかった。終了後、kilincityで夕餉。牛タンとカポナーゼと蛸のカルパッチョ。ハイビームと角ハイボール。

cauliflower at 01:17|PermalinkComments(0)

July 03, 2019

昨日書いたようにはうまくいかなかった

今日は、朝一で吾妻橋。企画案2本は、すんなり通った。ところが、昨日一番苦労した2本目の企画より、1本目の方に軍配。理由は、2人が再登場で、1人は年配すぎると。どうも、事務局の前任者が推薦していた人だったことも落とされた理由かもしれない。しかし、問題がないわけではない。3人のうちの1人が、新鮮味に欠けるというのである。それでも、決まったのでよかった。マッチの展覧会をみる。

cauliflower at 00:13|PermalinkComments(0)

July 02, 2019

影の恩師のお導きで企画書をつくる

りつを送り出す。雨が降らなくてよかった。ジェンヌのお掃除と朝食。事務所について、早速企画書作りのための資料読み。ひさしぶりにじっくりmatsuokaさんの文章を読む。なぜかすらすらよめて、すっと胸に落ちる。昔取った杵柄とはよく言ったものだ。それに、やっぱり面白いわ。学者じゃないからいいんだろう。まず、資料を読んでmatsuokaさんのインタビュー趣旨をつくる。お昼はハンバーグと目玉焼き。そのあと、2本目の特集趣旨を書く。たぶん背中の本棚にあるはずと踏んでいたかいよわが書籍と文庫、2冊あった。両方とも線が引いてあった。思いの外時間がかかってしまった。お昼すぎ渡すと言ったのにが、17時を回ってしまった。すぐに送ったけれど返信がこない。すでに、大学へ行ってしまったのかもしれない。そのあと、TMの原稿依頼を1件。長い方は、残念ながらタイムアップ。帰宅して、りつに挨拶。インスタ映えのお姿を娘のスマホで確認。りつは、よその子と比較してもかわいい。孫びいきもいいとこだね。夕食はカレー。

cauliflower at 23:58|PermalinkComments(0)

May 09, 2019

思想をやるにはトレーニングが必要

りつを見送って朝食。事務所についてまず本日提出用の資料をつくるにあたってoinさんにtel。最終ページの見開きを加えてPDFにして持参することに。しかし、どうやっても印刷できないページがあるのはなぜだろうか。11時30分過ぎにここすでカレー。大人のスパイシーカレーなるメニューを食す。なるほど、こうなったか、という感じ。ここすはスープカレーもメニューにしていたが、上手な模倣は本物をこえることもあるという見本。眠眠打破のワンクラス上をホームであける。なのに、電車のシートに座るなりとろんとしてくる。うつらうつらしながら新宿駅。少し早めにものりすへ。oinさんに、朝一で対応してくれたことに感謝の挨拶。彼女が産休から復帰。うちの娘も今週復帰したところ。なんだか嬉しい気持ちになる。会議は、まず全体の進捗状況を報告。olyから例のいりょうかんけいにかんして、いつぐらいにできるかという報告をsekiさんから。yamadaさんと彼女から写真機関係の確認。休憩を挟んで、今度は僕の担当のコミュニケーション関係。olyと印刷所及び弊社とのやりとりで、ズレが生じていたことが判明。お互いに話し合うことで、穴はうまく埋まったようだ。会議終了後おすぎと執筆原稿について話し合う。彼いわく、今度のはむつかしいと。しかし、従来そっちの方向でやってきていた。たまたま最近の特集がそっちでなかっただけだ。しゃべってないことは書けませんよとかsatoさんのあたまのなかにはいることはできませんとか、とにかくできませんの一点張り。まあ確かにわからないではない。というかよくわかっている。gendaishisoはそれなりに訓練が必要だし、まがりなりにもぼくはそのトレーニングを少しはやってきた。それと同じ水準で書いて欲しいということ自体が無謀なのかもしれない。とわいえ、もう少し足してもらうことにした。帰りにスウェードの質感を持つ ポリエステル100%の半袖シャツを買う。色はうすいブルー。さらにタワーによってジャズピアノのコンピ3枚組1500円を購入。帰宅してりつとぱくぱくコミュニケーション。ほんとうにこれは、ふたりでしかやらない挨拶だ。

cauliflower at 00:20|PermalinkComments(0)