August 02, 2019

ガラス製お釈迦様

関西出張。毎月大阪駅・梅田駅に下車している。新横浜で、いつものように焼売弁当とお茶を2セット。新幹線の同じ14号車なので、まずさかもっちゃんにお弁当を渡す。読書ののち名古屋通過確認後、お弁当タイム。新大阪下車、そのままJR在来線で大阪駅へ。初めて(たぶん)阪神に乗車、尼崎経由で鳴尾へ。駅でfuluさんと待ち合わせて、タクシーで目的地の幼保連携に向かう。タクシーの運ちゃんに地図を見せるも団地内には入れないと、目的地とは違う幼稚園の前へ連れていかれる。そこで降りて、地図を頼りに目的地を探す。ぐるっと大回りして、やっとたどり着く。園長先生はお住職さん。緑の庭づくりの概要を伺う。湧き水とせせらぎとビオトープからなる庭。植生が40種類以上、すべて今回植えたもの。玄関横にコンクリート状の土間のような場所があるが、この庭ができる前は、ここと同じような何もない空間だったというが、あまりの違いに唖然。やはり、緑と水辺があるとないでは、全然違う。緑がもっと広げればよい。まず最初に園長さんにインタビュー。地下水を利用としたが、ボーリングの結果水質で問題があり、完全循環型の水環境にしようと思ったが、それは諦めたという。ただ、いいせせらぎができていて、メダカがたくさん泳いでいる。緑と水辺のおかげで、生きものがたくさんくるようになったという。2階の多目的ルームからベランダに出て庭を眺める。団地の側には桜並木があり、庭と連続することでより広域の緑地空間になっている。2階ステンドグラス製のお釈迦様。uchidashigeruさんつくった仏壇に収まっていた。1階にもどって話の続きを聞く。震災で全壊したお寺さんを再建するらしいのだが、世界のandoに設計を頼んだらしい。聞くと、今回の庭は、実際には1200万円かかったとのこと。助成はわずか100万なのに。園長さん自ら運転手になって、JRの最寄り駅まで送ってくれた。途中、ライトの愛弟子遠藤新の武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)を除いて新大阪へ。さかもっちゃんと改札近くの居酒屋で飲む。名古屋に用事があるというfuluさんがちょっとだけ付き合う。店の前に、551があるというロケーション、迷うことなく肉まんを土産に。たっぷり酒をいただく。じつは、帰りの新幹線でも、さかもっちゃん差し入れのハイボールを飲みながら語り合う。新横浜までずっと話し続けたが、何をそんなに熱心に話したか忘れてしまった。

cauliflower at 14:30|PermalinkComments(0)

June 18, 2019

ビオトープをつくるならこうこなくっちゃ

なつを見ながらおきる。朝食は、なんとフロントを越えて一旦外へ出て飲み屋へ。このパターンははじめて。和定食は、鮭と鯖の2択。それにご飯と味噌汁と海苔と漬物。シンプルこのうえない。フロントでさかもっちゃんと合流。一緒にタイムズへ。レンタカー屋さんは、向かのビッグカメラの入っている商業施設にある。受付して、そのビルの駐車場へ。一旦駅前に止めて、kuraさんを中央改札口へ迎えに行く。みんなクルマに乗り込んで、取材先のsuzugzsakiの小学校へ。駅から10km。UAの団地に隣接している。遠く海が見える。立った当時ははストアも商店も入っていて賑わっていたのだろうが、今は支援が必要な人のいる施設に。12時30分前に校長室へ。まず、担当の教頭先生に挨拶。この先生まったく僕のタイプ。顔だけじゃくて、話し方や態度が僕好み。それから、びおとーぷを案内してもらう。ここは、ちゃんとびおとーぷになっていて、何より水があるし、タニシやメダカがいる。かつての飼育場が、今は、みんながくつろぐテラスに生まれ変わった。撮影と説明を聞きながら巡ってといると、巨大なスズメバチと遭遇。樹液を吸っている。kuraさんがあみで、教頭さんが殺虫剤で仕留める。しかし、2匹目がやってきて消えた。取材終了後、ファミレスを探すがない。結局ホテルへ戻る。kuraさんはチェックイン。やはり、簡単に食事して、そのまま飲み屋へというコース。軽く食べるとすれば、お好み焼きかとなる。とりあえずお好み焼きか、ということだ1フロアお好み焼き屋が入っている。広島お好み焼き物語に入る。お姉さんが2人一生懸命だったので焼くんじゃへ。牡蠣スペシャルと海物語。牡蠣は、牡蠣とイカ天、海物語は、生エビ、生イカ、とびこ、大葉。どちらもそばを入れる。うまかった。プラスがんすと子持ちこんにゃく。&プレモルとハイボール。がんすとは、広島の魚肉練り物商品。いかにも、居酒屋のつまみのようで美味しかった。その後、広島駅のホテルのさらに裏側を散策。昭和な飲屋街。バルタンは17時ちょっと前にあけるというので周囲をウロウロしていると、飲み物先で開けてくれる。2階へ案内されるが、僕らの後にどんどんお客が入ってくる。日本酒で攻める。昨日のところとは打って変わって、地酒を注文すると、店主自ら一升瓶を抱えて、テーブルの上で講釈。これは、とても良い。酒も美味いし、肴が酒飲みメニーで当を得ている。実に気に入った。このまま、20時過ぎまで。これでホテルへ帰る。

cauliflower at 22:50|PermalinkComments(0)

November 12, 2018

高齢者と子どもたちが混じり合ってすごす場所。

起きてBSでまんぷくを見る。朝食会場へ。ちょうどさかもっちゃんが降りてきて、一緒にテーブルへ案内される。muroさんが一人で食事をしていた。9つの小皿にもってあるのは、とろろ芋とか明太子とか大根おろしとか、ご飯のおともばかり。なのに、キーマカレーをよそってしまった。味海苔はたべたけど、納豆は食べずじまい。外の雨は強くなる。9:15に出発。30分ほどで目的地。まず、園長さんにお話を聞く。同席した長い三つ編みのツインテールの女性は娘さんだろうか。雰囲気のある人だ。庭園の話が中心だが、やはり施設の説明が多くなる。高齢者と園児が上手に混ざりあっていたように思う。園内通貨は高齢者にとっていいインセンティブになっていた。雨が小ぶりなったので。さかもっちゃんは、一足早く外に出て撮影。われわれは、園と施設内を見学。随所にアイデアが盛り込まれた建物。とにかく広い。この広さが、いろいろことを可能にしている。アミューズメント施設のようだ。温泉のほかに床屋やマッサージ施設。散歩用の道は、よく利用されているようだ。鳥居があったり棚田があったり、小川が流れていたり、さかのぼりができるスロープがあったり。デイサービス内のジムのバイクはこの庭園を眺めながらこげるように配置してある。一通り見学した後、1日限定20食のランチをご馳走になる。野菜中心のおかず。味噌汁は煮干し。じゃがいもと鶏肉の味噌炒めは美味しい。デザートの葛餅は繊細な味。聞くとやはり高齢者用に口当たりが良いように工夫してあるのだそうだ。それを美味しく提供しているところが良い。施設の食堂のとなりがカフェ。カフェなので近隣からも食事にたくさんの人が来る。muroさんがぼくとさかもっちゃんに体験させたいといっていたウォーターベッドのマッサージ機を体験する。なるほど気持ちが良い。普通のマッサージ機だと痛いのだが、これは十分我慢できる。さかもっちゃんはトートバックをご購入。くまものが好みらしい。みなさんにお礼を言う。お土産をもらう。レンタカーで空港へ。土産はカボス風味の明太子と冷凍の鶏天。18時前後に帰宅。夕餉は、出来合いのハンバーグとラビオリサラダ。茅乃舎だしのコンソメスープ。それと土産の明太子をあける。

cauliflower at 19:00|PermalinkComments(0)

August 04, 2018

蚊が活発な時にわざわざ外に出るバカ

先週はパスしたので、土曜日のルーティンをこなす。水撒きするとハーブ園に今日は5匹。しかも、昨日より確実に福よかになっている。品川のリード。たった150字程度なのに、まるまる1時間はかかってしまった。妻がバインミーを買ってくる。やっぱり酢の物があってのバインミー。そのあとも外には出ずに夕方の水撒きまで。ようやく、自転車でヤマダまで。めあてのものはわからずやめる。というのも、macから引っこ抜いてもってきたはずが、机の上に忘れてきたため、わからなかったのだ。ここからふぁいんでスキンガードとうなこーわ。妻が買ってきたイカふらいと茄子漬けをさかなにプレモル。そのままだらだらと夕飯。もち豚の味噌漬け焼きとゴーヤチャプルーに茄子の味噌汁。なぜか風呂で青年は荒野と悲しくてとあのすばらしいを口ずさむ。出てからもその続きでにほんのしあわせを聴く。TVをみると蚊は朝方と夕方に人をさすのだという。まさに水撒きの時間を彼らは狙っていたのだった。


cauliflower at 22:45|PermalinkComments(0)