冠婚葬祭

October 21, 2019

告別式に親族として出席

今日は告別式。りつはパパが保育園へ連れて行く。シスターズのお昼の用意をして、9:30に出発。道は意外に空いていた。井之頭公園入口付近は、ウィークデイでも混雑しないようだ。ジブリの入り口に人だかり。外国人のお客さんも結構いるみたい。kouekisha kichijojikaikanの駐車場の今日は向かって奥の方。ヘインのライトバンの隣。親族控室は、今日も冷房キツめ。11時から式開始。まず参列者から順にお焼香。参列者は、昨日ほどではないが、数十人は来ているように見える。棺に花を入れる。祭壇に飾られていたFCtokyoの赤と青の花々。赤の花の中には、真っ赤なバラもある。この青い花はなんだろうか。みるみるうちにわかさんのからだの周囲は花で埋め尽くされて行く。お顔の窓が閉められる。ゆりちゃんの挨拶。昨年11月に食道がんが見つかる。その本格的な検査入院をするという前に、マンションの売却が決まり母と兄の住む実家を2世帯住宅に改装した。市民祭りのある18日に引越しを手伝った。その時すでに、声がうまく出なかった。その後、食道がんの他にも転移があることがわかり、放射線と抗がん剤を使った本格的な治療が始まる。なんと100時間の治療を試みた。その後、新年お一日にワカさん夫婦はやってくる。獺祭と手作り黒豆持って。酒もたばこも解禁して。一旦は劇的に良くなって、引越し後今度はもう一つの夢だったbarの開店に漕ぎつく。toritsukaseiに居抜きのいい物件を見つけ、実際には1月と10日、バーテンダー生活を楽しむ。本人は、ほんとうに嬉しそうで楽しんでいたそうだ。ところが7月突然の腸閉塞で緊急入院。すでに転移も多数みつから、手術は不可能な状態。大部屋かに個室、再び大部屋へ。ところが今度は、下半身に体液がたまり、まはや取り除くこともできない状態。容態が悪化、再び個室へ。そして、16日帰らぬ人に。ゆりちゃんは、というこの激動の1年を振り返りつつの挨拶をした。それから、棺と一緒に堀之内の火葬場へ移動。ノンアルを飲みつつ、せんべいやらするめやらピーナッツをつまむ。妻と娘とでたいらげる。わずか1時間足らずで焼き上がる。骨拾い。喉仏が完全な形で残っていた。一番大きな骨壷が用意される。焼き場の人が言うには、これだけたくさん、いいかたちで残っているのはあまりないとのこと。ほんとうかと思いつつも信じることに。帰りは、遺影を持つ役割を与えられる。斎場に帰って、ノンアルとともに食事をいただく。刺身と煮物が美味しかった。天ぷらもたいらげる。若山さんのご母堂の手をとって初めは、のぶちゃんと次に妻と介助。4時過ぎに終了。お千代さんに連絡するとイッシーが数冊持ってきてくれたので、それを一冊明日までに自宅に送るよう手配してくれた。結局、宅急便手配の分は届かなかった。夕餉は、レトルトカレーの日。

cauliflower at 19:22|PermalinkComments(0)

October 20, 2019

ヒット曲がループする葬儀

15:15出発の予定が、ちょっと遅れる。クルマで公益社吉祥寺会館へ。だいぶ早く着く。会場の祭壇横には、FCtokyoの棚と音楽の棚が設けられていた。FCの方には、アマラオのサイン入りのユニフォームが三つ、FCtokyo検定初代優勝者の記事が載った東すぽの紙面。音楽の方は、フライングvシェイプのギターとショールのステージ衣装。BGMとしてワカの楽曲が流れている。ループになっているので、歌詞を覚えてしまう。ダライママと昔ヒッピー、今ラスタ。ワカさんの御母堂とお兄さんに挨拶。親族の部屋で待機。鶴を折るが、まったく覚えていないし、折り方をみてもわからない。のぶちゃんに教えてもらうが、きれいには折れなかった。夜中じゅう折っていたしずよさんのことが話題になる。fuliくんがくる。りつの食事。これが大変だったらしい。コンビニでインスタント麺を買ってくるが、それではまるで足りないらしく、りんごやらなんやら食べくりまくったそうだ。ぞくぞくと参列が集まってくる。お通夜は、お焼香から。まず列席者からだが、長い列になる。あとからわかったのだが、100人近くきて、その3分の2は、FCTOKYOのサポーター友だち。みんなすごくいい人で、結束力がハンパない。イベントでもアウェ戦でもそして今回のような冠婚葬祭でもあっという間に集まるらしい。次に、親族。若山家は2人きりだけど、佐藤家はおおい。といっても3列でおしまい。参列者は通夜振る舞いで別の部屋へ移動。親族は残ってお焼香。そのあと、親族のみの通夜振る舞い。寿司が美味かった。煮物とローストビーフなど。ビールはハートランドが置いてある。ワカがすきだったので、特別に入れてくれたという。ありがたい振る舞いである。りつのおなかはパンパンだ。爆発寸前。21時を過ぎておひらきに。fuliくんがきたので、彼をクルマにのせて、僕は電車で帰ることに。下北経由なので、事務所に寄って、アルシーヴ社分とおちよさん分の会葬御礼を置いておく。帰宅すると、クルマ組より30分ほど遅かった程度。案外電車も早いものだ。

cauliflower at 22:55|PermalinkComments(0)

August 25, 2019

週末に予定していた二つのミッションを完了する

6時、8時、そして9時起床。りつを抱いておりてくる。熱は下がったようだ。シスターズにご飯をあげる。水撒きをする。今日、順番が無茶苦茶だ。朝食のあと日曜日のルーティン&風呂。階段室の2階にCDラックを設置するというので、不法占拠していたショッピングバッグ類を撤去することに。そのために、階段室1階階段下のものを整理する。むだに置かれていたちり紙やシートをまとめて、DVDラックを整理整頓する。それから、2階へ。ショッピングバッグや紙袋、ビニール袋など一応分類してあるので、それを詰め直したり入れ替えたりして、また、古いものや今後使わないだろうものは、思い切って捨てることにした。また、ポストカードと封筒類も一緒になっていたので、それらは、ベッドの横のプリンターが乗っている引き出しにしまう。なんてことをやって、fuliくんが買ってきてくれたポテトと昨日のおいなりさん&妻のてづくりのライ麦パンのローストビーフ・サンドイッチを半分いただく。今週末のもう一つのミッションを行うために自転車でちとからへ。zonmyojiさんに父の墓参り。西友で花を買う。自転車だと30分くらい。線香をあげて手を合わせてあいさつして終了。帰りに、シマホで買い物。猫砂ふた袋を妻の自転車の荷台にくくりつける。あと、消臭剤とか。帰宅後、本日二度目の水撒き。夕餉は、焼きそば。ゆりむにもらったブルーチーズをつまみにプレモル。りつは、わきに二つ保冷剤をつけようとしたが、すごく嫌がる。でも、つけると体全体がひんやりして、とりあえず気持ちがいいみたい。薬が2種類とけこませてあるミストを口にかける。きのしたでかしてくれたらしい。今こんなのがあるんだね。夏恒例のmy行事、ウッドストックのDVDを鑑賞。ジャニス、キャンドヒート、フー、そして最もウッドストック的なアーティスト、ジョン・セバスチャン。

cauliflower at 18:30|PermalinkComments(0)

August 18, 2019

高尾山口をのぼった懐石料理店で忌明け

母の依頼で八王子へ。京王八王子下車5分とあるが、専念寺さんなかなかみつからない。地図上の住所にある番地を探すが、その場所は小学校。ぐるっと一周するとちょうど学校の真裏あたりにありました。入り口のドアを開けようとするとはーちゃんが顔を出す。迷ったと思ったらしく、心配だったご様子。すでに、列席者は全員いらしている。10:00より忌明け。住職さんがみずからで金やお経をセッティングする。読経が始まる。お焼香を順にどうぞとそっけない。takaさんから。人数が少ないので、すぐに終わる。お経を三つ。ただ、正直にいうと。この人あまりうまくない。まるで本でも読み上げているような感じ。お経のあのどくとくなリズム、イントネーションがないのだ。人間としては、良さそうなのだが、読経が良くないというはやはりまずいだろう。そう思っていたら、きみおさんもそう思ったらしく、おれのほうが上手いと。確かにそうかもしれない。そのあと、たかさんとはーちゃんは納骨に。ここからくるまで20分程度かかるところなので、列席者はそのままここに残って待つことに。1時間ほどかかって戻ってくる。12時少し前。タクシー4台で向かう先は、うかい竹亭。古民家風離れで料理をいただく。鮎の塩焼き、あゆの刺身、おくらかき揚げと海老すし、とまと塩ゼリー、タコの柔らか煮、トウモロコシのすり流し、炊き込みご飯など。ビールのほかに、もっぱら田酒をいただく。きみおさんとおくさんのむすめさん(いくよさん)。スペイン語のできる娘さんはカンボジアでボランティア。きみよさんもオランダ赴任(4年間)の時イタリア語とドイツ語で歌を歌ったらしい。きみおさんの兄弟の息子さんたち、滋賀県の親戚と現在高崎単身兄んの男性とか、みなさん出勤時間が早いのにおどろく。6:30に電車に乗るのは、全然普通らしい。やはり、僕がずっと年上。みなさん50代、40代。約2時間あまり。たねやのお土産。水羊羹。高尾山口まで送迎バス。高尾山口から北野まで6駅もある。ただ、京王は特急に乗ると北野、高幡不動、聖蹟桜ヶ丘、分倍河原、府中、調布と早い。帰りは、調布下車、狛江経由、成城学園前行きに乗り、御台橋下車。夕餉は、白身魚のフライ、野菜炒め、ズッキーニ、にんじんなどの具沢山の味噌汁。りつが降りてきて、遊ぶ。クッキーのエコバッグでジッパー開けたりする遊びを披露すると、何回も何回もじっと観察していた。

cauliflower at 23:37|PermalinkComments(0)

July 15, 2019

詩さんのお葬式

7時過ぎに起床。8時25分、つつじヶ丘まで妻にクルマで送ってもらう。母と0utasanの告別式。京王八王子からJR八王子駅へ向かい、手前の京王プラザホテルを左へまがるとすぐ。10時に納棺。妻やそんなに早く行ってどうすんのって言われたけれど、着いてみると親戚はほぼ全員揃っている。0utasanは穏やかに顔で眠っている。すくなくとも不幸せではなかったと思う。そういう表情だった。12時から告別式。浄土真宗本願寺派の流儀というわけではないのだろうが、お香典もお花も一切受け取らない。お焼香は1回。合掌と礼拝。半死半生状態でお経を聞く。亡くなったのは7月7日なので、告別式の後、初七日もやってしまう。2度お焼香した。いったん休憩して、棺桶に切り花を山のように入れる。納棺。男性陣の手をかりて霊柩車にのせる。マイクロバスで焼き場へ移動。最後のお別れをして、われわれは待つ。そろそろ14時。お腹も減ってきたが、焼き場からは柿ピーとかのりせんべいとかバームクーヘン。ビールとお酒。kimioさんの奥さんが母に話しかけてくる。そのままずっと話し込む。焼き上がりを知らせるアナウンス。1階へ降りると、すっかり骨になっている。骨壷に半分くらい。きれいな骨だ。マイクロバスで、keioplaza。精進落とし。クオリティの高い日本料理だった。ビール、日本酒、ハイボールというちゃんぽん。

cauliflower at 22:11|PermalinkComments(0)

March 17, 2019

お墓の護持会の会費納入とユニーククロゼット

8時15分くらいにトイレに起きるが、またベッドに入る。でも妻が起きたので、9時10分前には起きる。朝食後、日曜日のルーテイン&風呂掃除。のぶちゃんがくる。都の女性福祉支援の貸し出しに応募したく、協力を仰いできたので。事業計画書を見せてもらう。条件をクリアすれば最大285万まで無利子で借りられるという。こういう公的な資金援助は、ぜったい利用すべきだと思っているので、二つ返事で協力すると伝える。OKでピザを買ってきてくれたので、母と娘も呼んでいただく。アップルパイもくれる。妻と2階でzonmyojiへ。お墓の会費を納めに。りつのひいお爺ちゃんにあたるわけで、はじめてお参りする。ここは、子ども食堂のほかに子育てサポートなどもやっている。玄関脇の待合スペースで、りつにヨーグルトを食べさせる。そのあとユニクロの千歳台店へ。白い長袖のヒートテックが袖も丈も長くて着にくかったので、2枚買い換える。それとボーダー長袖とジージャン。妻はボーダー長袖とロングスカート。娘はスカートとりつのトレーナー? 。さらに石井で中華風サラダとデュワーズ。信濃屋の方が160円ほど安いが、信濃屋へ回るのはめんどーなのでここで調達。ウェンディーズでポテトのみ購入し、くるまでつくみながら帰宅。家に入って母から言われてびっくり。シスターズったら、あっぷるぱいをかじった。しかも、りんごには口をつけずパイ生地のみ。面をきれいにすくい取った感じ。夕食は鍋におじや&プレモル。

cauliflower at 23:44|PermalinkComments(0)

December 10, 2018

メモリアルのホール

りつに挨拶して、まず登戸へ。水曜日の切符を買う。年末だから混んでるんじゃないかと思ったが、結構空席だらけ。そのあと、メモリードホールへ。予約してあるので、名前を言えば女性がすぐに案内してくれた。エレベータで地下の霊安室へ。2階建でいくつも部屋がある。その一つの部屋を開けて、下に寝ていた。お顔を拝見。すっかりがりがりに頬はこけ、目はくぼんでいる。

cauliflower at 01:26|PermalinkComments(0)

December 08, 2018

今年は何人亡くなったのだろうか。

起きてまんぷくを見る。ちこちゃんを見ないで、シスターズのお掃除。朝食に昨日のほうとおの具とつゆも食べて、りんごも食べて、いつもの目玉焼きも食べたら、お腹がいっぱいになってしまった。土曜日のルーティン。終わると13時を回ってしまった。妻は娘&孫と仙川へ。僕は、昨日残ったおいなりさんをいただく。質問シートをつくるために、精読すると、これがなかなかよいのだ。もっと早く、読み始めていればよかった。この人は、僕の仕事をよく知っているような気がする。horiguchiへ。うちのほかにおちよさんと会社用、たくさん買ってしまった。naokoさんからtel。ginkoさんが亡くなった。はぎまこさんに連絡すると去年みんなに会ったのにと言われた。あれは去年だったのか。去年kamiyamaさんもかっちゃんも亡くなりあんちゃんも亡くなりみんないなくなってしまった。葬式は5日後。ぼくは出張中で列席できない。夕食の前にりつのはいずりを見る。肉豆腐、厚揚げ、きゅうりもみ、納豆、ジャガイモの味噌汁&プレモル。英語でcrawl about on the floor。やはりりつぼうは泳いでいるんだね。

cauliflower at 00:06|PermalinkComments(0)

October 29, 2018

渋谷から朝霞へ

朝イチでチナくん来社。試算表報告の後、一緒にランチはkamuiへ。先日40年ぶりとなったmineのファッツのライブ影像を見せてもらう。けんちゃんボーカルの後ろで、パーカッションを叩くたくさん発見。彼は、第2期のメンバーで、hayamaでライブをやったときに(それこそ40年前)メンバーになったらしい。新曲やった? って聞いたら、それはなかったみたい。ほとんど、ぶっつけ本番だったらしいし。これがきっかけで、本格的に活動再開してくれることを期待します。午後は、仮庁舎で渋谷の取材。プロジェクトがそれぞれあって、個別で進行している。全体像を把握するのはムリ。それでもわかったことは、ginzalineの駅の移設工事は途中で、どこに改札ができるのか、区も把握しきっていないらしい。プロジェクト自体は大変だけど、工事現場を見学するのはすごく面白いと言ってました!16:30頃渋谷から副都心線→有楽町線→東武東上線と乗り継いで朝霞台。そこから徒歩8分の朝霞斎場へ。18:00ジャストで通夜が始まる。列席者は予想通り少ない。お焼香は早く終わる。浄土真宗本願寺派の住職さんりお経は、時折喉をつまらせたが、ビブラートを効かせたなかなか良い声だった。お経のあとの法話は、静かな滑り出し、だが、途中幾度かアクセントのつもりか、声の調子と音量をあげてダイナミックな演出が施される。これは、嫌味な感じ。せっかくいい声なのだから、もっと普通にはなしてもらいたかった。精進落としは寿司や煮物、天ぷらといった三点セットの他に、サンドイッチやデザートなども盛りあわされていて、大量にだぶつく。生もののもちかえりはできないので、お菓子とサンドイッチをお土産に。孫の話や子供の話。よしおさんは今年70。すでに定年後の生活を満喫している感じ。13歳の芝犬の散歩が健康ライフを後押ししているようだ。孫になんかスポーツやらせたいかいと言われてサッカーと答えたら、よしおさんの孫は、クラブチームでサッカーをやっているらしい。よしおさんの希望としては、一緒に山登りをしてくれればと言ってました。床屋さんの娘さんは、hongoのエステサロンに勤め先が変わったとのこと。けんじくんに駅まで送ってもらう。door to doorで1時間ちょっと、意外に早く着いた。

cauliflower at 00:13|PermalinkComments(0)