ブレスト

January 15, 2021

コンテンツをつくり変えればきっといい方に転ぶはず

れいこさんまで一通り終えて10時すぎ。事務所にでる。郵便物や請求書類をチェックして企画会議。企画委員会にはかって、みなさんから感想やら提案をいただく。それをベースにして、企画の趣旨はOKがとれているので、今日は主に構成を考える。まずぼくのプランを伝える。3本の対談というのをやめて、今出ている号とおなじように、連続インタビューでつないでいく。星人と話し合った結果、対談を加えた連続インタビューで構成することに。昨年末の企画会議で提案した対談の登壇者を活かしつつ、あらたに2名加えて7名での展開。Dでやったsaito先生に参加してもらう。で、ヴィジュアルはどうするということになって、二人同時に閃いたのがeijiくんの新作を掲載する案。表紙(巻き)と見開き1点、タテイチ1点の構成。これまでの表紙にはないインパクト。アイロニカルで批評的なスタンスの表紙になるはず。問題はギャランティ。らんちはかむい。日替わりはするめいかと芽キャベツの炒め物。ハッシーから原稿チェックがもどってくる。まさかうんにくれーむがつくとはおもわなかった。はつさんからは、読者から表紙がきにいって注文があったという報告。すぐにQsuに問い合わせると、マルチなそむりえだという回答。TMの随想で依頼した著述家からもOKをもらう。夕食の時に、今日はfuliくんの誕生日だとしらされる。お祝いらしいことをしなくてよかったのか。食後、りつと列車と買い物ごっこ。

cauliflower at 23:21|PermalinkComments(0)

December 03, 2020

二人でも文殊の知恵

一通り朝の仕事を済ませて、しばらくぶりの出勤。しばらくぶりのコーヒーの抽出。2ヶ月ぶりか。冷凍室に保存してある豆の賞味期限を見ると一つは8月何日、もう一袋も10月末日となっている。とりあえず、ドリップしてみることにする。デロンギで挽くと、さすがに香りはややとんでいるが、湯をさし淹れると、風味はかなり残っていて、街中の喫茶店のコーヒーよりは、美味しく淹れられた。冷凍保存でなければ、こうはいかなかったと思う。星人とリアルミーティング。実際、zoomミーティングでも、全く問題なかったが、手を伸ばせばバックナンバーが見れるというのは、悪いことではない。現在最終段階にある今月発行の当該誌で、数人のインタビューがとれたことが役立った。というか、それらが刺激となって、一つの企画に結実した。ぼくの場合は、さらにもう一誌の特集にもインスパイヤされた。構成は連続対談。10冊つくったところで、この企画が立ち上がる。ちょうど4年目の最初の号。なんだかオリンピックやW杯の開催年と同じで面白い。久しぶりにパスタランチ。豚肉のトマトソースとエスプレッソ。やはり、パスタは外で食べるに限る。店を出るときひさしぶりですよ、とオーナーに声をかけると、しょうがないですよこの状態じゃね、と言われた。事務所に戻って、企画のブラッシュアップ。なんとかかたちになりそうだ。キャスティングが秀逸、これは業界の話題になりそう、と自画自賛。Macを持って帰る。夕餉は、蓮根の肉挟みソテー。うまい。もやしの味噌汁もグッド。夜に、クライアントにあることを懇願するが、果たして結果はいかに。

cauliflower at 00:19|PermalinkComments(0)

April 06, 2020

レストランがお弁当屋さんになる

久しぶりに出社する。土曜日に買ったコーヒーをお千代さんに渡す。あと会社のも。そして、何日ぶりかでコーヒーを淹れる。星人と次号の特集の企画出し。このご時世で、取材ものも撮影ものもやりにくい。ならばどうするか。そこで思いついたのが本の特集。じつは、以前苦し紛れにやったことがあった。もうだいぶ前だし、そろそろやってもいいかと思ったら、すでに10年も前のことだった。ラックから取り出してパラパラめくる。スマートグロースが話題になったり、人気サイトのURLを載せて面白がっていた時代だった。10年という歳月は、都市と都市論を大きく変貌させた。このプラン、基本的に執筆者立てて、書いてもらう。これなら、この非常時でも、分けなくやれるだろう。リモート向きの企画だ。もう1本は、タウン誌のある街特集。いずれも、空間より言説が中心になる企画だ。3人でkamuiへ。入り口にテーブルを出して、その上にお弁当や料理が並んでいる。僕は、エビの炒め物の弁当と夕飯用に焼売と春巻きを買う。事務所に戻って、お弁当タイム。三密は不可避だ。多分葬式のお返しのお茶だと思うが、お千代さんが淹れるととても美味しい。その後、企画をつめる。muraさんのルポ記事の検討。二人の感想はほぼ同じ。前提となるふるさととくらふぁんの関係、さらにはGCFの位置付けが明確でないために、単なる「聞いてきました」インタビューになりさがってしまった。冒頭でその辺りのことに触れてから、論を進めた方が良いという意見でまとまった。僕から彼女に伝えることに。緑のページに対するリプライ。それと駅前の校正。納得せざるを得ない。18時過ぎに帰宅。夕餉は焼売と春巻きをメインに肉野菜炒めと豆腐の味噌汁。ワンスアポンナメリカの2幕を見る。

cauliflower at 23:11|PermalinkComments(0)

September 25, 2019

喫茶店に入り浸っていた10代後半、それが役にたつかもしれない

11時に約束通り、kogaさん来社。納品書を持参されて、そこに捺印として返す。その後何かいってきたかとたずねると、奥付にdnpの社名を入れたほうがいいか、聞いてきたらしい。dnpも呆れたというが、だれだって「なんじゃそれ」だろう。とにかく、発刊されたら是非見せてもらいたいと頼んだ。朝返却してくれた原稿2本の確認作業。3人でランチは、roan、ぼくは梅とじのあったかい蕎麦。美味しかった。14時より、abeさん、おすぎ来社で、amtの打ち合わせ。彼は、しもきたとささずかの真ん中あたりにひっこしてきたとのこと。うちでお願いしているカメラマンの顔ぶれに驚く。唯一のじまんだものね。続いて、c&lの企画でルポをお願いしようとするとおすぎは難色を示す。しばらく話し合った末、ルポは星人が、かわりにケースをおすぎがやることに。確認作業の続きとタイトル・リード・プロフィールづくり。19:30帰宅。りつが待ち構えている。スープカレーが美味しかった。りつと一階のリビング、キッチン、洗面所、玄関を3周する。これだけ回れば疲れて寝るんじゃないかと思うけど、そうもいかないのでよ。2階へ抱っこしていく。

cauliflower at 00:37|PermalinkComments(0)

August 15, 2019

おんぶにだっこの企画案と聞きたいことリストの作成

終戦記念日に、お誕生した友人が2名いる。朝一でグリーティングカードを2人に送る。もちろんFBだけど。朝切符を買っていこうと思っていたら、なんだかやることがけっこうあって、11時に出社した。c&lの次号の企画出し。始める前にnaoyaさんの報告。ギャラとスケジュール、それと使用方法について。本人は買取を希望するが、使用は今回限り。さすが、世界的作家は違う。企画案は、今回も星人が提案。2本上がったが、どちらも面白い。というか、僕もうっすら考えていたことでもあるので、すぐに賛同する。サードスペースとミニマムエコノミー。途中食事を挟んでもう1本、ブラッシュアップを頼まれたが、手前にある仕事を片手づけなければならないので、勘弁してもらう。ランチはosho。初めて冷やし中華を頼む。麺は韓国の冷麺に近く、ソースは酸味強め。具はたまご、きゅうり、焼き豚、それとカニ。こういう形でオリジナリティを発揮するのは共感が持てる。企画案の続きをやって、そのあと質問シート作成のための資料読み。精読(ならざる精読!?)すると、かなり面白い議論を展開していることがだんだんわかってくる。Fu先生、入門書や教科書が十全に書けるタイプとみた。自然科学の本における「わかりやすさ」とはどういうものか、ということをよく知っている人なのだ。書き手(ライター)の技量が試されるインテビューになりそうだ。20時までやって帰社。自宅でりつはまだ遊んでいたので少しかまう。夕食は、ズッキーニなどの夏野菜のトマト煮。その後入浴を挟んで、質問シートを仕上げる。いっぱい飲んで、2時20分にsomaさんに送って就寝。

cauliflower at 12:54|PermalinkComments(0)