プレゼン

December 25, 2020

人を呆れさせてしまうのはよくないです

朝一で、さかもっつぁんの作品をプレゼンする。といっても、彼のつくったプレゼンデータをもとにハッシーにメールを書いた。バタイユを引用してあらたにタイトルをつける。昨夜はそう思ったが、メールをかいているうちに、テキストのタイトルにもなっている今のでもいいと思うようになり、結局そのままでいくことにした。しかし、バタイユなんて読んでなさそうなひとたちに、果たして意図は伝わるだろうか。僕は、逆にどんどん好きになっていく。妻と娘はこうよーしゃへ。少し遅れて出る。久しぶりの事務所。おちよさんが年賀状のラベル印刷のデータを微調整している。昨年僕が懇願して、ラベル印刷をやってくれた。そのことをすっかり忘れて、切ってはりだけたのんだものと勘違いしていた。そんなぼくにおちよさんは本気で呆れたご様子。妻にもおちよさんにめいわくかけているんじゃないか、よくお礼をするんですよ、といわれているんだ、と告ると「ほんとうにそうですよ」とうなづかれてしまった。じつは、かなり劣化し始めている。まじに心配になってきた。ランチはかむい。もしかするとはんとしぶりかもしれない。イカの炒め物。う〜む、この味ですよ、僕が欲しているのは。やっぱりここはおいしい。事務所にもどって、手紙にギャランティを書き入れる。朝計算はしておいたので、それを印字する。その手紙を雑誌と一緒に封筒にいれて、おくるのはどうするんだっけ、とぼけたことをいうものだから、おちよさんに愛想疲れてしまった。やれやれ。ともわれ、年賀状と「c&l」の発送のいちぶはできたので本日のノルマは達成した。帰宅するといきなり2階でりつをみることに。今日ははしこ車だ。電車もたくさんあるけれど、クルマもたくさんある。夕餉は、肉とピーマン、じゃがいもの炒め物。食後は、チーズケーキ。母が取り寄せたうなぎと一緒に入っていた冷凍品。なんと、賞味期限が来年の11月。でも、解凍したので、食べることにしたのだが、いい感じの甘さで、美味しかった。

cauliflower at 23:41|PermalinkComments(0)

December 16, 2020

マスクをして話しながら、合間にマスクを上げて食べ物を口へ運ぶ

朝イチでtaitokuの都市づくりかへtel。チェックをちゃんと進めていてくれて、もうすぐPDFで送るとのこと。それを確認して、onさんにtel。2p修正追加のお願い。ぼっちゃさんに年賀状本日入稿できるかの確認。なんとか夜に数パターンをおくってもらうことに。11:30にアリシアを聴きながら出勤。その前に、バーガーキング でランチ。チーズバーガーとポテトとコーラという定番コースを持って2階にあがり、窓際のカウンターに座り南口商店街を見下ろす。ウーバーがうろうろしている。13時ジャストに事務所の玄関に着くと、すでにイッシーがきていた。さっそく色校の戻し。macを開くと、午前中依頼した修正があがっていたので、それをふくめてイッシーに渡す。無事色校を全ページ戻す。今回は、本当にやばいと思ったが、taitokuの担当者がすばらしい対応で、なんとか間に合わせることができた。上をきにして自分で判断できない人とかやたら表現にこだわり細かいところをいつまでも直し続ける人とかなにより単純に見るのが遅い人とか、可能性は無限にあったにもかかわらず、そのどれでもなく、フツーに速やかに対応してくれたのがよかった。私はまったく運が強い。そのあと雑務を片付けて、お千代さんの死にそうな声が朝陽のような晴れやかな声に変わったのを確認して日比谷へ。入り口でJin先生と合流。あやうく2階へ行きそうになるところを制して一緒に6階へ。すでに3人の先生はいらしていて、SDで座っておられた。さっそく企画案のプレゼン。珍しいことに、hi先生から質問と苦言。サブタイトルの都市がひっかかったようだ。お二人の先生からも同じような質問。少し議論をして、タイトルとサブタイトルを入れ替えることに。メール参加のkoizumi先生のコメントも参考に、人選を再考することに。のさらに、問題提起のようなイントロダクションをいれることに。「なるべく時短で」の掛け声のもと、会議も少し早めに切り上げて、懇親会の会場hagetenへ。SDの飲み会は、手酌が基準。生の後は1合徳利片手に。途中、jin先生とつい夢中になってマスクをとって大声で話していたら、一番端のtoriさんが飛んできて「あの、食事をする以外はマスクをとらないで」と注意されてしまいました。時短で早めにお開き。20時過ぎに帰宅。ぼっちゃさんから年賀状のデザインが上がってきた。3パターンから家族みんなの意見も聞く。りつがカクカクの牛を選んだのは意外だった。こんなご時世だから4色使ったカラーモーちゃんに決定。名刺と「c&l」の内校をプリントアウトする、見るのは明日。

cauliflower at 23:25|PermalinkComments(0)

December 08, 2020

やはりリアルで顔が見えるのは良いことだ

今日は、企画委員会の事前会議。ものすごく焦ったのだけれど、開始時間を1時間遅くしたので、別に焦らなくてもよかった。れいこさんもできました。アリシアを聞きながら。事前会議は、それなりに有意義だった。企画の対談の登壇者がクライアントの担当者の同級生。登壇者予定者は、ある団体の会長さん。クライアントの担当者も要職についているが、皆さんそういう年齢になったということですね。プレゼン途中に担当者が口を挟んだ。滅多にないことで、「なんかやばいことがあったか」と一瞬ひるみんなだが、まったく反対で、「僕の駒場時代の同級生」という話。で、企画内容もクライアントも力を入れ始めていることで、真にタイムリーだと、好意的な反応。ひとまずよかった。オンラインミーティナングでの開催を打診したが、社内の通信環境が整っていないので、やはり当分はリアルでの開催になった。まあ、年に数回のことだから、お顔を拝見するだけでも、目的といえばそれもいいのかもしれない。ミーテイングは12時前に終了。帰りがけ妻にランチしようかと提案すると、すでに娘とkoyoshaで食事中とのこと。タイミングが悪かったのだと自分に言い聞かせ、僕は表参道で降りて、いつものリオンではなく、隣のアジア系料理屋でガパオランチ。帰宅後、すぐに昨日の続き。夕方には仕上がる。夕食は餃子。妻が皮を買ってきたので、久しぶりの手作りだ。フライパン二つ分できたので、一つは妻が、もう一つはfuliくんが焼く。羽付き餃子というより全個一体型。しかも、小麦粉ではなく片栗粉を用いたので、食感はもちもち系。でも、今日はあんがうまかった。味付けと量のバランスがgood! りつも大満足。夜は、ブラッシュアップとポートレイト選び。zoomの録画をスクリーンショット。ところが、sakai先生の内蔵カメラのクオリティが低いのか、ピンが甘い。霞がかがったような写真。時折質問を挟む自分の顔が映るが、外付けカメラなのでピンも質感もバッチリ。これからは、相手のPC環境を確認してからやるべきかもしれない。今夜は休肝日なので寝るまでデータをつくって送っておしまい。


cauliflower at 13:42|PermalinkComments(0)

October 01, 2020

書き手のカップリングには、いろいろなタイプがあるものだ。

今日のミッションは、hira先生の趣旨説明を作成すること。そのためには、まず21世紀の楕円を読み込むことで、さっそく読み始めた。お仲間であるuchi先生とは、思想的にも社会との向き合い方においても非常に近いところがあるが、それよりもそのエクリチュールにおいてきわめて近似しているのだ。気骨な割に文体はカジュアル。口語体で、末尾に「ね」が頻繁に登場する。しばしば自身や読者への呼びかけや同意確認が出てくるところも似ている。お二人は当然わざとやっているのだろうが、日本の論段界では珍しいのではないか。本の帯には、uchi先生の推薦文まで載っているし。もっとも、お二人は協働でちいさな会社を立ち上げていて、縁も深い。それもあってか、読み始めてすぐに全体がつかめた。お昼(昨夜のカレー)を挟んで、夕方までには読み終える。何箇所かポイントをあげて、それを機軸に書くことにする。17時すぎに、horiguchiまで買い物がてら散歩。夕餉は、まずサモサでビール。これがメインだと思ったら、娘からこれ「おかずじゃないよね」の一言。ちゃんと別にメインディッシュがありました。YOUTUBEを途中で遮断されてりつは泣きじゃくる。しかし、サモサが気に入ったらしく、もう関心は食べる方へ。食後、にゅうにゅうのパフォーマンス。さすがにおねだりしておいて、すでに気持ちはよそに。まぁそんなもんだ。hira先生の趣旨をハッシーに送って本日の仕事終了。残念ながら、24時を回ってしまって、1日中に送るという約束は、またしても守れませんでした。

cauliflower at 11:28|PermalinkComments(0)

September 23, 2020

なぜかこぼれちゃうものがあるのだよ

雨が降ってないので、りつは自転車で行く。朝イチで質問シートを作成するための資料読み。shinoさんは、生粋の人文系オタク、というのは失礼だけど、僕にはそこが魅力的に思う。文章のリズムが肌に合うのだろう。机の調子は良い。高さがいいみたい。引き出しの中のレイアウトが良いので、使いやすい。複合機が隣にあるのも便利。座ったままで、プリントアウトができる。妻が娘とファミマへ行って、おにぎりとチーズチキン、コールスロー。ドリンクは和紅茶。すぐにミッションに取り掛かる。まるくすさんから取り掛かる。しかし、こっち方面は、本当に遠ざかっていたな。昔はこんなんばっかりだったのに。そういえば、日本人の評論家の文章を読んでいない。まぁ、小説も読んでいないけれど。三菱UFJからtel。面接日を変更してもらう。オンラインミーティング二つ予定に入れる。夕方りつが帰ってくる。ご機嫌。でも僕は仕事の続き。夕餉は、大根と肉。昨日のカレー。食後、すぐに仕事。でも結局、2本しかできなかった。21時すぎにチェアも納品になったし。

cauliflower at 01:16|PermalinkComments(0)

August 18, 2020

次号特集のプレゼンは、予想通りすんなりとおる

6:30にトイレに起きるも、もどってまたベットに滑り込む。うつらうつらしながら。7:00起床。乾燥とかはしたのだが、れいこは休む。半蔵門へ。ネットでasahiの記事を読む。活字版より、web版の方が若干長い。そういうものなんだね。10:00少し前に2階へ上がる。星人にプリントしてもらった企画書をもとに次号、次々号のプレゼン。ぶっくれっととコロナ後の2本。いずれもとおる。順番はコロナ後から。震災の時同様に、次号以降も、たとえば年1のペースでとくしゅうするのもいいんじゃないかという意見。会議などはオンラインでもいいんじゃないかと思っていたのだが、高齢の方はPCに慣れていないだろうという配慮。それよりも年に1回ぐらいは顔を見た方がいいのではというべつの配慮から。なるほど。こっちだって、いついくかねしれないわけだから。駅で別れて、僕は事務所へ。おちよさんとかむいへいくも休み。かわりに王将で冷やし中華と餃子。午後おちよさんは、PCの点検。くっすーの2校をチェックし戻す。ノムさんの2校も。大急ぎで、確認して速達で送る。机の上の整理などして、帰宅途中でyamadaへよる。プリンターを見る。確かにブラザーのはほぼ業務用。ただしキャノンもA3出力の機種を出している。しばらく各メーカーのを見ていたら、店員がやってきてキャノンの機種を指差して「それはいま在庫ありますよ」と。しかし、それと同じ水準のものだと、エプソンやブラザーの方がいいともいう。ところが、今どれも在庫切れで、入荷の日にちもわからない。なら薦めるなよといいたくなる。結局在庫が1台あるというエプソンを購入。税と長期保証込みで79,671-は高かったが、インク交換をほとんどやらずにすみそうなのとA3出力ができるのが決め手となった。一旦帰宅して、クルマでピックアップ。夕餉はスープカレーとくるくるソーセージにプレモル。プリンターの梱包を解こうとしたがりつをかまってしまう。今日は、ペンギンの画像の合間に電池の画像を見せたら、なぜかおおうけ。しばらく、電池画像で笑い、最後は、妻やママにも見なさいと、僕のmacまで連れてくる。なにがそんなに受けたのが最後までわからなかった。

cauliflower at 23:04|PermalinkComments(0)